第16回 住宅ローンは本能の産物

債券を買うと、半年に1回、利子が支払われる。アパートを誰かに貸すと、毎月、賃料を受け取れる。キャッシュフロー(お金の流れ)は同じなのだから、不動産は金融商品の一種だ。 株式の信用取引では、証券会社からお金を借りて、証拠金…

続きを読む →

第14回 複雑な金融税制が招く不幸

相撲界が今、野球賭博問題で大きく揺れている。親方や大関が賭博に興じていたのは許しがたいと、みんな怒っている。 野球賭博は、プロ野球の勝敗に賭けるギャンブルだ。ところでサッカー賭博というのもあって、こちらはサッカーJリーグ…

続きを読む →

第13回 英語できぬ役人のお節介

日本人は英語ができない――みんなそう思っているけれど、これは実は正確ではない。世界には、英語で意思疎通できるが読み書きが苦手なひとがたくさんいる。それに対して日本人は、英語が読めるけど、話す機会がないので上達しないのだ。

続きを読む →

第8回 優待もらっても損の逆説

マレーシアの首都クアラルンプールからバスで1時間ほどの山の中に、ホテル、遊園地、ショッピングセンターからカジノまで揃えた巨大なテーマパークがある。写真で見るとまるでラスベガスみたいだが、僕はまだ行ったことがない。それなの…

続きを読む →

第6回 金融界に潜む「カオナシ」

宮崎駿の『千と千尋の神隠し』にカオナシというさびしい魔物が登場する。いつもお面を被っていて、みんなに好かれようと黄金をばら撒くけれどそれはただの土くれで、自分では声を出すことができず、話をするには他人を飲み込んでその声を…

続きを読む →