経済的独立を達成し、 嫌な仕事はさっさとやめよう!

出版社の許可を得て、11月30日発売の新刊『マンガ 投資のことはなにもわかりませんが、 素人でも株でお金持ちになる方法を教えてください』の「はじめに 経済的独立を達成し、 嫌な仕事はさっさとやめよう!」を掲載します。書店でこの2人を見かけたら、その成長を活躍をぜひ読んでみてください。

******************************************************************************************

FIRE(ファイアー)はFinancial Independence and Retire Early(経済的独立を達成し、アーリーリタイアする)の略で、2000年前後に成人したミレニアル世代や、それにつづくZ世代など、アメリカの若者たちのあいだでいま大きなムーブメントになっています。新型コロナ禍で経済的な不安が高まったこともあり、日本でも注目が集まりました。

FIREを目指す若者たちは、徹底したミニマリストの暮らしをし、パートナーと共働きで収入の2~3割、あるいはそれ以上を貯蓄や投資に回して、効率的に富(金融資本)を蓄積しようとしています。ひと足先にFIREを達成したひとがブログでノウハウを提供し、SNSでお互いに励まし合ってもいるようです。

「経済的独立」というのは、1990年代にアメリカで唱えられた「自由」についての新しい考え方です。自由はそれまでずっとこころの問題だとされてきましたが、じつはもっと大切なことがあります。それは経済、すなわちお金です。

あなたは自由について高邁(こうまい)な理念をもっているかもしれませんが、生活費を得ている組織の上司から意に添わない(場合によっては道徳や法に反する)仕事を命じられたとき、それを敢然(かんぜん)と拒否できるでしょうか。ここで躊躇(ちゅうちょ)するとしたら、「クビになったら生きていけない」と不安に駆られるからでしょう。あなたの(高邁な)自由は、お金によって拘束されているのです。

人生を自由に生きるためには経済的な土台がなくてはならない。――この身も蓋もない真実を突きつけたところに、「経済的独立」の衝撃がありました。それが20年以上の時を経て、いまの若者たちに再発見されたのです。

アーリーリタイアメント(早期退職)も同じく、90年代にブームになりました。アメリカでは退職してから夫婦で旅行を楽しむのが理想とされていましたが、70歳や80歳を過ぎてからだと行けるところもかぎられてくるし、パートナーが病気になったり、死別しているかもしれません。だったら50代、できれば40代で引退して好きなことだけして暮らすというのはたしかに魅力的です。

ところがこうしてアーリーリタイアした人の多く(ウォール街のトレーダーなど)は、数年後にまた仕事に戻ってきました。なぜなら、毎日が退屈すぎて張り合いがないから。

ヒトは社会的な動物なので、他者からの承認(感謝や称賛)を得たときにいちばん幸福を感じます。おしゃれな店でのデートや豪華な結婚式で「いいね!」をもらう“リア充”もいるでしょうが、現代社会でもっとも大きな承認を得られるのは仕事での達成感です。

アーリーリタイアを目指すのは、いまの仕事が「好き」ではないからでしょう。しかしひとたび「経済的独立」を達成すれば、上司のパワハラやセクハラに耐えて会社にしがみつき、嫌いな仕事を歯を食いしばって続ける必要などありません。「好きを仕事に」して、そこでたくさんの評判を獲得できるなら、アーリーリタイアの必要などないのです。

金融市場や株式投資について学ぶのは、お金持ちになってゴージャスな暮らしをするためだけではありません(もちろんそれを否定はしませんが)。会社(給料)にも、家庭(配偶者)にも、国家(年金)にも依存せずに生きていけるだけの富を獲得するほんとうの目的は、「自由」を手に入れることなのです。

「人生100年」の時代には、「好きな仕事をずっと続け、自分らしく生きる」ことが理想のライフスタイルになっていくでしょう。だとすればFIREとは、「経済的独立を達成し、嫌な仕事はさっさとやめよう!」という運動です。

あなたもそのための第一歩を、ここから踏み出してください。

『マンガ 投資のことはなにもわかりませんが、 素人でも株でお金持ちになる方法を教えてください』発売のお知らせ

講談社より『マンガ 投資のことはなにもわかりませんが、 素人でも株でお金持ちになる方法を教えてください』が発売されます。発売日は11月30日(月)ですが、大手書店などにはこの週末には並ぶと思います。

Amazonでは予約が始まりました。電子版も同時発売です。

ロングセラーとなった『臆病者のための株入門』など、これまで資産運用について書いてきたことを 北野希織さんがマンガにしてくれました。

広告代理店音羽アドに勤める鈴木なつみ(24)と山田翔太(26)が、たまたま窮地を救ってもらった親会社音羽エージェンシーの立花玲子(年齢不詳)から、株式投資と人生設計の基本を教えられる話です。原作者もびっくりの、楽しくわかりやすく 、かつしっかりした内容になっています。

書店でこの2人を見かけたら、その成長を活躍をぜひ読んでみてください。

******************************************************************************************

ベストセラー作家・橘玲氏がこれから株をはじめる人に伝えたい投資の基本

投資初心者のバイブルと呼ばれている『臆病者のための株入門』『臆病者のための億万長者入門』の著者が、素人でも明日から実践できる株の買い方を教えてくれる。

******************************************************************************************

※本書のタイトルは、経済評論家・山崎元さんの『図解・最新 難しいことはわかりませんが、お金の増やし方を教えてください!』(文響社)を参考にしたものです。―いろいろ考えたものの、これを超えるパターンを思いつけませんでした。このタイトルを快諾してくださった山崎元さんと、編集者で共著者でもある大橋弘祐さんに感謝します(書店さんは、いっしょに並べてもらえるとうれしいです)。

2028年にアメリカに「左派ポピュリズム」の大統領が誕生する? 週刊プレイボーイ連載(4532)

歴史的な大接戦となったアメリカ大統領選はバイデンが勝利宣言しましたが、トランプはまだ敗北を認めていません。決着までにはしばらくかかりそうですが、それでも米紙ニューヨークタイムズの出口調査ではいくつか興味深い傾向がわかってきました。

ひとつはラティーノ(中南米からの移民)のトランプ支持が予想外に多いこと。男性は36%(バイデン支持61%)、女性は28%(同70%)ですから、「メキシコとの国境に壁をつくる」という大統領に、その壁の向こう側にルーツのあるひとたちの3分の1が投票したことになります。

「キューバやベネズエラから逃れてきた移民には社会主義への拒否感がある」「熱心なカトリック信者が多く人工妊娠中絶に反対」などともいわれますが、それよりも「(選挙権のある)合法な移民は不法移民をこころよく思っていない」の方が説得力があります。

米国の市民権を取得したラティーノの多くは低賃金の仕事に従事しています。ルーツが同じだからといって、(仕事で競合する)不法移民に市民権を与えようとする民主党の政策に必ずしも同意するわけではないのでしょう。

さらに不可解なのは、「人種差別主義者」であるトランプへの黒人票が4年前より増えていることです。出口調査ではトランプに投票した黒人女性は8%(バイデンは91%)ですが、黒人男性は18%もいます(同80%)。アメリカ全土に燎原の火のように広がったBLM(黒人の生命も大切だ)の抗議行動にもかかわらず、黒人男性の5人に1人はトランプを支持しているのです。

これについても諸説ありますが、そのなかでも説得力があるのは「オバマ時代の8年間でも黒人の暮らしはまったくよくならなかった」でしょう。だったらオバマの副大統領だったバイデンも同じで、トランプの方がまだ期待できると考えたのかもしれません。メディアはトランプに「レイシスト」のレッテルを貼ることに夢中になりすぎて、現実を見失ったようです。

ラティーノと黒人票の獲得でトランプが予想外の健闘を見せたのに、なぜバイデンは「史上最多」の得票数になったのか。それは若者から圧倒的な支持を受けたからです。18歳から29歳の有権者では、62%がバイデンに投票したと回答しています(トランプは35%)。

とはいえ、穏健なリベラルであるバイデンの政策が若者たちの心をとらえたわけではないでしょう。彼ら/彼女たちの本音は「トランプでなければ誰でもいい」で、民主党の予備選ではより過激な左派(ラディカルレフト)のバーニー・サンダースを支持していたはずです。

かつては「若者は改革志向のリベラルで、年をとるほど保守的になる」とされましたが、近年では「若いときの政治傾向は年齢にかかわらず一貫している」と考えられるようになりました。だとすれば、高齢者層が退場し、より若い有権者が加わることで、アメリカ社会は急速に「リベラル化(左傾化)」する可能性があります。

今回はトランプに投票した、現状に不満をもつ黒人やラティーノなどマイノリティが、こうした理想主義の若者たちに合流することも考えられます。だとすれば、4年後は無理でも8年後の大統領選では、アメリカに「左派ポピュリズム」の大統領が誕生しても不思議ではないと「予言」しておきましょう。

参考:National Exit Polls: How Different Groups Voted(The  New York Times)

『週刊プレイボーイ』2020年11月16日発売号 禁・無断転載