トランプに学ぶ「安倍3選」の必勝戦略 週刊プレイボーイ連載(342)


「なんの成果もないじゃないか」とさっそくいわれているトランプ大統領と金正恩委員長の「歴史的」会談ですが、私たち日本人にとっては、とりあえず北朝鮮からミサイルが飛んでこなくなって、Jアラートで右往左往しないだけでも大きな成果でしょう。

「モリカケ」問題で逆風下の安倍首相ですが、その言動を見るとトランプ大統領をじつによく研究していることがわかります。その安倍首相は米朝首脳会談後にトランプ大統領と電話会談を行ない、「拉致問題について取り上げていただいたことに感謝申し上げた」と述べ、金委員長との直接対談に意欲を示しました。

アメリカの政界を揺るがすロシアゲートでは、2016年の大統領選でトランプ陣営が、ロシアの情報機関に依頼してヒラリー・クリントンに不利な電子メールを大量流出させたり、SNSでフェイクニュースを流すなどの世論工作を行なったと疑われています。特別検察官(元FBI長官)の捜査ですでに関係者が起訴されており、その深刻さは「モリカケ」の比ではありません。しかしそれにもかかわらず、トランプの支持率は40%を大きく下回ることはなく、最近は逆に上昇しています。

社会心理学はこれを、「部族」同士のアイデンティティの衝突で説明します。アイデンティティは「社会的な私」の核心にあるもので、それを攻撃されると脳は実際に殴られたのと同じ痛みを感じます。

アメリカの白人保守派は自らのアイデンティティをトランプと一体化させているので、「リベラル」のトランプ批判を自分への攻撃とみなし、理屈もなにもなく衝動的に反発します。これはヒトが旧石器時代から、さらにはその前のサルと未分化の頃からもちつづけてきた部族同士の殺し合いの感情です。

トランプはこのことを(本能的に)よく知っているので、「リベラル」からの批判をすべて「フェイクニュース」と切り捨てます。敵に弱みを見せれば味方の信頼は失われますから、部族抗争ではこれは正しい戦略です。その代わり今回の米朝首脳会談のような大掛かりなショーを実現させ、成果があってもなくても、支持者に「俺たちの大統領がデカいことをやった」と思わせればいいのです。

アメリカは共和党と民主党に二極化しているといわれますが、両極のあいだには広大なグレイゾーンがあります。このひとたちは「保守的」ないしは「リベラル的」かもしれませんが、政策ごとに是々非々で判断し、なによりも自分と家族の生活がいちばんだと思っています。トランプはこの中間層を引きつけるために、どれほど世界から批判されても「アメリカファースト」の保護主義を貫き、「雇用」と「治安」を強調しますが、これもきわめて理にかなっています。

これを安倍政権に当てはめれば、「モリカケ」で譲歩することになんのメリットもなく、ただ頭を低くして嵐が過ぎ去るのを待てばいいということになります。その代わり経済の好調をアピールし、日朝首脳会談で「デカい」ショーを演出することが、3期目の自民党総裁を確実にするもっとも合理的な戦略になるのでしょう。

『週刊プレイボーイ』2018年6月25日発売号 禁・無断転載

「朝日」はなぜこんなに嫌われるのか? 週刊プレイボーイ連載(341)


「朝日」はなぜこんなに嫌われるのか? そう訊ねれば、たちまちいろいろな答えが殺到するでしょう。かつては慰安婦問題で叩かれていましたが、最近は「どうでもいい話を針小棒大に報道する」というのが定番の批判のようです。それを「ネトウヨの遠吠え」と嘲笑するひとたちもいて、この話題は収拾のつかない罵り合いになっていきます。

それぞれ言い分はあるでしょうが、議論の泥沼から一歩退いて眺めれば、世界じゅうで同じような憎悪の応酬が起きていることがわかります。典型的なのはアメリカで、「親トランプ」の(白人)保守派と「反トランプ」のリベラルの衝突のはげしさは日本の比ではありません。

「朝日」は戦後民主主義という日本独自のサヨク思想を代表しています。冷戦の終焉によってソ連、中国共産党、北朝鮮、マルクス主義を礼賛するこの奇怪なイデオロギーは破綻しましたが、それにもかかわらず「むかしの名前」でへたくそな歌をうたいつづけているというのが、「朝日ぎらい」の標準的な説明でしょう。

しかし、理屈が間違っているのなら、それを指摘すればいいだけですから、「しょーもないなあ」と呆れることはあっても、SNSなどに見られる底知れぬ憎悪は説明できません。そこには、なにか別のちからがはたらいているようです。

「安倍一強」に象徴されるように、日本の「右傾化」が止まらないといわれています。しかしもしこれが事実だとすると、「右」方面のひとたちは、自分たちが望む社会にどんどん近づいているのですから、毎日を気分よく過ごしているはずです。しかしネットを見るかぎり(個人的な知り合いはいないので)、彼らはなぜかいつも怒っています。

この奇妙な現象のもっともシンプルな説明は、世界は「右傾化」しているのではなく「リベラル化」しているというものです。声をかぎりに「正論」を叫んでも思いどおりにならないからこそ、抑えようのない怒りが込み上げてくるのです。

21世紀を迎えて、AI(人工知能)などのテクノロジーの急速な進歩を背景に、私たちは「グローバル化・知識社会化・リベラル化」の巨大な潮流に飲み込まれることになりました。しかし残念なことに、すべてのひとがこの急激な変化に適応できるわけではありません。こうしていたるところで、「アンチグローバリズム・反知性主義・右傾化」というバックラッシュ(反動)が起きるようになったのです。

しかしこれを、レイシズム(人種差別)と結びつけるのは誤りです。トランプ支持者は白人の優越を主張するのではなく、自分たちを「見捨てられた白人」だといいます。これが「白人アイデンティティ主義」で、「白人という以外に誇るもののないひとたち」のことです。同様にネトウヨは、「日本人という以外に誇るもののないひとたち」と定義できるでしょう。

アイデンティティは「社会的な私」の核心で、これを心理的に攻撃されると、脳は物理的な攻撃と同じ痛みを感じます。いま世界のあちこちで(もちろん日本でも)起きている事態は、「リベラル化」と「アイデンティティ化」の衝突と考えるとすっきり理解できます。

そんな話を書いた『朝日ぎらい』が、朝日新聞出版社から発売されました。「私たち、そんなに嫌われてますか?」という帯を書店で見かけたら、手に取ってみてください。

『週刊プレイボーイ』2018年6月18日発売号 禁・無断転載

待機児童問題で語られない「ゼロ歳児を預かる費用は月額40万円」 週刊プレイボーイ連載(340)


安倍首相の「側近」とされる政治家が、党員向けの会合で「『パパとママ、どっちが好きか』と聞けば、どう考えたって『ママがいいに決まっている』」と述べました。「生後3~4カ月で、『赤の他人』様に預けられることが本当に幸せなのだろうか」として、「待機児童ゼロ」を目指す政府方針について、「慌てずに0歳から保育圏に行かなくても、1歳や2歳から保育園に行けるスキームをつくっていくことが大事なのではないか」と発言したとのことです。

日本は「先進国の皮をかぶった身分制社会」なので、夫は会社に滅私奉公し、妻は子育てを「専業」にする性役割分業の抑圧がつよく、それが日本人の幸福度を大きく毀損していることは間違いありません。私自身も子どもをゼロ歳から保育園に預けていたので、「こんなに小さいときからかわいそう」という周囲の“善意”がどれほど残酷なものであるかも知っています。そんな日本社会の既得権層を代表する政治家(オヤジ)の、あいもかわらぬ無理解に絶望するひとは多いでしょう。

しかしここは冷静になって待機児童問題の対策を考えると、意外なことに、この「オヤジ」の発言はそれほど間違っているわけではありません。

「男女平等」が徹底された北欧でも、出産後しばらくは家で子育てをし、保育施設に預けて共働きするのは1歳児からというのがふつうです。しかしこれは、「ママがいいに決まっている」からではありません。ゼロ歳児保育のコストがきわめて高いため、育休期間にそれまでの給与の10割を支給するなどして、家庭に保育を代替させているのです。

こうした事情は日本も同じで、もっとも「手厚い」保育が行なわれる認可保育所の場合、ゼロ歳を預かる費用は東京都の平均で月額40万円、年480万円です。それに対して平均的な保育料は月額2万円強で、差額はすべて国や自治体が補填しています。「子どもを産んだ女性に一律毎月30万円払ったほうがマシ」という異常なことになっているのです。

それにもかかわらず、待機児童は高コストのゼロ歳児に集中しています。しかしこれは日本の母親の就労意欲が高いからではなく、ゼロ歳で「保活」に失敗すると1歳児の選考で不利に扱われるからです。

こうして「保育園落ちた、日本死ね」になるわけですが、1人あたり月額40万円もの税を投入する施設を自治体がおいそれとつくれるわけはありません。こうして待機児童対策は口先だけのものとなり、親の不信感はますます募っていくことになります。

こんな理不尽な事態をなくすにはどうすればいいのでしょうか?

それは北欧のように、高コストのゼロ歳児の育児を家庭で行なうよう政策的に誘導するとともに、そこで浮いた予算と人手を使って、「保活」に必死にならなくても1歳児から確実に保育園に入れるようにすることです。それと同時に、利権のかたまりである認可保育園の改革も必要でしょう。

政治は結果責任です。前提が間違っているとしても、そこから出てくる政策が現状をすこしでもよくするのなら、多少の忍耐も必要かもしれません。

参考:鈴木亘『 経済学者、待機児童ゼロに挑む 』(新潮社)

『週刊プレイボーイ』2018年6月11日発売号 禁・無断転載