フィリピンPHOTOツアー

作家・橘玲(たちばなあきら)の公式サイトです。はじめての方は、最初にこちらの「ご挨拶」をご覧ください。

第68回 幸せに必要なお金、おいくら(橘玲の世界は損得勘定)


アメリカは「超格差社会」だといわている。それがどのような社会なのか、具体的なデータで見てみよう(1ドル=110円で換算/端数は四捨五入)。

まずは所得の比較。アメリカの世帯数は1億6500万で、下位90%の1億5000万世帯の平均所得額は360万円。それに対して上位0.01%=1万6500世帯は32億円で下位90%の900倍になる。

次は資産だが、下位90%の世帯の平均純資産(資産―負債)は920万円。上位0.01%は4000億円でその差はなんと4万倍以上だ。毎年の所得が蓄積されて資産になるのだから、資産格差は所得格差よりもずっと大きくなる。

その結果アメリカでは、下位90%のひとたちが総純資産に占める割合は全体の22.8%しかなく、上位0.01%の超富裕層は資産全体の11.2%を占めている。

上位0.1%の富裕層と比較しても、超富裕層は所得で8倍、資産で9倍ゆたかで、極端な富の集中は明らかだ。このような数字からはアメリカが0.01%によって支配されているように思えてくるし、そのように主張するひとも多い。

しかし視点を変えてこのデータを眺めると、アメリカ社会の別の側面が見えてくる。

所得分布で上位5%以上10%未満では、平均所得額は1600万円だ。資産分布で上位1%以上10%未満では、平均純資産額は1億4000万円になっている。さらに、下位90%と上位10%%を分けるボーダーラインは所得で1300万円、資産で7200万円だから、アメリカでは10世帯に1世帯が所得でも資産でもこれよりゆたかだということになる。

さまざまな幸福の研究では、お金は幸福感に影響するものの、一定額を超えるとそれ以上お金が増えても幸福感は変わらなくなる。暑い夏の日のビールのひと口めはものすごく美味しくても、その感動はだんだん薄れていって、やがて惰性で飲むようになるのと同じだ。経済学でいう「限界効用の逓減」で、ひとの感情はほとんどのことに慣れるようになっているから、お金でもこの法則が通用するのだ。

所得が増えても幸福感が変わらなくなるのはいくらだろうか。これはアメリカで年収7万5000ドル、日本で年収800万円とされていて、奇しくも日米でほぼ同じだ。これは一人あたりなので、世帯ではおおよそ1500万円になる。一方の資産では、金融資産(預金や株式など)が1億円を越えると幸福感が変わらなくなるという研究がある。

幸福の研究では、お金のことを気にすると幸福感が下がることがわかっている。世帯収入1500万円、金融資産1億円というのは、日々の生活でお金のことを気にせず、老後の経済的な不安もなくなる水準なのだろう。

データからわかるのは、アメリカでは上位10%の世帯の大半が、所得でも資産でもこの基準を越えていることだ。「超格差社会」とは、国民の10世帯に1世帯(おおよそ10人に1人)が、「幸福の限界値」を上回るゆたかさを手に入れたユートピアでもある。だからこそ、そこから取り残されたひとたちの絶望がより深まるのだろう。

参考:小林由美『超一極集中社会アメリカの暴走』

橘玲の世界は損得勘定 Vol.68『日経ヴェリタス』2017年6月11日号掲載
禁・無断転載

カテゴリー: Column, 橘玲の世界は損得勘定 | 1件のコメント

『幸福の「資本」論』あとがき


新刊『幸福の「資本」論』から、出版社の許可を得て、「あとがき」をアップします。

***********************************************************************

この本が生まれるきっかけは「幸福な人生」の土台についてライターの渡辺一朗さんからインタビューを受けたことで、それをもとに過去の著作をアップデートするかたちで一冊にまとめました。東日本大震災を受けて2011年7月に『大震災のあとで人生について語るということ』(『日本人というリスク』として講談社+α文庫に収録)を出版したときに「人生設計についてはすべて書きつくした」という気持ちがあったのですが、今回、「3つの資本=資産のポートフォリオ」という視点から「幸福論」をまとめてみるとまた新しい発見があったことに気づきました。人的資本と社会資本については新たな知見も加え、より詳細に論じられたのではないかと思っています。

かつて、「幸福」は神の専売特許でした。しかしダーウィン以降の私たちは、もはや神に頼ることはできません。幸福は主観的なものですが、だからこそ「自分の幸福」については自分で考えるしかないのです。

この本で書いたことはさまざまな研究によってエビデンス(証拠)が示されていますが、それでもあらゆる幸福論と同様に、私の個人的な体験に基づいていることは間違いありません。

40歳でフリーエージェントになったとき、人生をできるだけシンプルにしたいと考え、それ以来、日々の生活は本を読むことと文章を書くこと、そしてときどきサッカーを観ることだけで、ほとんどなんの変化もありません。テレビ出演などを引き受ければいろいろな刺激を受けられるかもしれませんが、「キャラ」が合わない気がするのでその気になりません。その代わり、1年のうち数カ月を旅にあてています。

経済的に独立した一介のもの書きとして、どんな組織にも所属せず、誰に遠慮する必要もなく好きなことを書き、(批判も含めた)読者の声を社会資本とし、誰も読んでくれなくなったらそれでお終いだと思っています。ささやかなものですが、私にとってはこれ以上望むもののない幸福な人生です。

もの書きになってからずっと、この仕事は「読者を探す旅」だと考えてきました。その一方で、読者もまた著者を探しているはずです。

あらゆるひとに適した、普遍的な「幸福の法則」はありません。この本もすべての読者が満足することはないでしょうが、それは仕方のないことでもあります。しかし心理学者は、どのようなアドバイスが有用なのかを明らかにしました。その原則はとてもシンプルです。

ひとは、自分と似ているひとからの助言がもっとも役に立つ。

この本が、「私に似た」あなたの人生になんらかの役に立てば幸いです。

2017年4月 橘 玲

カテゴリー: お知らせ | 2件のコメント

規制緩和なんて、しょせん私利私欲? 週刊プレイボーイ連載(293) 


学校法人「加計学園」が愛媛県今治市の国家戦略特区に大学の獣医学部を新設する計画で、安倍首相の関与をめぐって国会が紛糾しています。森友学園問題では、理事長夫妻の特異な教育方針に心酔したのは昭恵夫人で、校名に自分の名を冠して寄付金集めの道具にされるなど、首相は「困った妻に振り回される夫」の役回りでした。しかし今回は、首相自らが権力を行使したのではないかというのですから疑惑はより重大です。

なにが問題になっているのか、論点は2つあります。

(1)文部科学省と獣医師会は「全国的に獣医師の数は足りている」として、50年以上にわたって獣医学部の新設を認めてこなかったが、この規制は正当化できるのか。

(2)規制緩和するとして、獣医学部はどの地域にどれほどの定員で新設し、誰が運営するのか。設置場所と事業者の選定は公正な手続きで行なわれたのか。

獣医学部の新設については民主党政権時代にも検討されたことがあり、規制が既得権を守っているだけとの認識はあったようです。税金を投入しているわけでもないのに、需要に合わせて獣医師の数を調整しなければならない理由があるとも思えません。供給が多くなればサービスの悪い獣医師が淘汰されるだけですから、消費者にとってもよいことでしょう。

だとすれば問題は、「どこに誰がつくるか」にあります。そして前文部科学次官の証言などを見るかぎり、その経緯は権力の陰に覆われているといわざるを得ません。

獣医学部の新設が認められたあと、内閣府は公募を行ないますが、手を挙げたのは加計学園と組んだ今治市だけでした。これは一見すると、競合者がいないのだから公正に思えますが、報道によれば、京都府が京都産業大学と組んで名乗りをあげていたものの、公募条件が突然、「獣医系大学のない地域に限り」に変わったため、地域内にすでに獣医学部がある京都府は諦めざるを得なかったといいます。これは「あと出しじゃんけん」以外のなにものでもありません。

安倍首相の関与については、内閣府の文書に「総理のご意向だと聞いている」との文言があったり、「総理は自分の口からは言えないから、私が変わりに言う」との首相補佐官の発言を前次官が証言するなど、ぞくぞくと傍証が出てきています。加計学園の理事長を首相は「腹心の友」と呼んでいるのですから、規制緩和を利用して支援者に便宜を図ったと見られても仕方ないでしょう。

国家戦略特区は、「岩盤規制に風穴を開ける」という大義名分で、トップダウンの強い権限が与えられています。規制緩和の正統性は、権力と結託して甘い汁を吸っている既得権益を破壊し、「消費者主権」のもとで市場を活性化させていくことにあります。既得権が「岩盤」となっている業界では強引な手法が必要なこともあるでしょうが、それだからこそ運用にあたっては常に公正をこころがけねばなりません。

規制緩和の名のもとに自分たちも甘い汁を吸っているなら、そんなものを誰も信用しないのは当たり前です。「改革」の掛け声だけでけっきょくなにも進まないのは、けっきょくこういうことなのでしょう。

『週刊プレイボーイ』2017年6月12日発売号 禁・無断転載

カテゴリー: Column, そ、そうだったのか!? 真実のニッポン | 10件のコメント

あなたがいまここに存在することがひとつの奇跡


新刊『幸福の「資本」論』から、出版社の許可を得て、プロローグの「あなたがいまここに存在することがひとつの奇跡」をアップします。

***********************************************************************

この本を、まずはきわめてシンプルな事実から語りはじめたいと思います。それは、

あなたがいまここに存在することがひとつの奇跡

ということです。

とはいえこれは、哲学や宗教、あやしげなスピリチュアルの話ではありません。父親と母親が出会い、2人の遺伝子からたまたまひとつの組み合わせが選ばれてこの世に生を受け、さまざまな出来事を体験し、多くの出会いや別れがあり、現在に至るまでには膨大な数の偶然の積み重なりがあります。この偶然を「奇跡」と呼ぶならば、これは誰でも知っている当たり前のことをいっているだけです。

そうした偶然のなかでもとくに強調したいのは、

いまの時代の日本に生まれたということが最大の幸運である

ということです。

ここで、すぐにあちこちから批判の声が聞こえてきそうです。日本経済は四半世紀に及ぶデフレに苦しみ、非正規雇用やワーキングプア、ニートや引きこもりが激増して、若者はブラック企業で過労自殺するまで働かされ、老後破産に脅える高齢者には孤独死が待っているだけだ、というのです。

私はこうした日本の現状を否定するわけではありません。しかしその一方で、この島国から一歩外に出てみれば、「下を見ればかぎりがないが、上を見るとすぐそこに天井がある」という現実にたちまち気づきます。

戦争や内乱で故郷を奪われ真冬の荒れた海を渡る以外に生き延びる術のない難民たちや、IS(イスラム国)の狂信者集団に支配されたひとびとのことだけをいっているのではありません。冷戦が終わって、アジアや中南米では多数の市民を犠牲にする武力衝突は起きなくなりましたが、中東やアフリカにはいまだに権力の過剰や空白に苦しむたくさんのひとたちがいます。それに比べて日本は治安が安定し、敗戦から70年以上も戦争とは無縁で、世界第3位の経済大国で、国民のゆたかさの指標である1人あたりGDPでも(一貫して順位を落としているとはいえ)世界でもっとも恵まれた国のひとつであることは明らかです。

これは、昨今流行りの「すごいぞニッポン」の話ではありません。いまや日本だけでなく世界じゅうの国で、深刻な社会の対立や分断が露呈し、ひとびとは自国の政治に大きな不満を持ち、ときに激しい怒りをぶつけあっています。日本の近隣を見回しただけでも、「民主主義」にはほど遠く民衆が声をあげることすらできない国はすぐに思いつくでしょう。これが、「下を見ればかぎりがない」という意味です。

だったら「理想の国」はどこにあるのでしょうか。戦後日本はずっと、アメリカを「民主主義の教科書」として崇めうらやみ、同時に反発してきましたが、そのアメリカで稀代のポピュリストであるドナルド・トランプが大統領に選出され、全米各地ではげしい抗議デモが起きています。いまやアメリカと日本で、どちらのデモクラシーがよりマシなのかわからなくなってしまいました。青い鳥はどこにもいないのです。

国連は毎年、1人あたりGDPや健康寿命、男女平等、政治・行政の透明性、人生における選択の自由度などを数値化して「世界幸福度ランキング」を発表していて、その上位は北欧など「北のヨーロッパ」の国々が独占しています(それにつづくのがカナダ、オーストラリアなどアングロサクソンの移民国家です)。最近では「ネオリベ型福祉国家」と呼ばれるようになったスウェーデンやデンマークのリベラルな政治・社会制度はさまざまな面で日本よりすぐれており、雇用制度や教育制度など見習うことは多々ありますが、それを「幸福な理想社会」と呼べるかは別の話です。

デンマークでは非白人移民の国外追放を求める国民党が閣外協力ながら政権の一角を占め、オランダの総選挙では「ヨーロッパのイスラーム化阻止」を主張するヘールト・ウィルデルスの自由党が大きく票を伸ばしました。世界でもっともリベラルな国々は、「反移民」「反EU」の右派ポピュリズムが跋扈する社会でもあるのです。

これは、「北のヨーロッパ」にあまり住む気になれない私の個人的な感想というわけではありません。東南アジアのビーチリゾートには、北欧の「幸福な国」から移り住んできたひとたちがたくさんいます。長く寒い冬を避けるのがいちばんの理由でしょうが、彼らと話をすると、「あんな社会で暮らすのはごめんだ」という愚痴がいくらでも口をついて出てきます。ここでは詳しく述べませんが、北欧は個人主義が極限まで徹底されたきわめて特殊な社会なのです。

日本がこれから必死の努力で「改革」を行なっても――もちろんこれは必要なことですが――そのゴールは、自由で平等で暮らしやすいかもしれないけれど、移民問題で国論が二分し、ものごころついてから死ぬまで「自己責任」「自己決定」で生きていくことを強いられる社会です。これが、「上を見るとすぐそこに天井がある」という意味です。

しかしだからといって、絶望する必要はありません。

「知識人」を自称するひとたちは、「資本主義が終焉して経済的大混乱がやってくる」とか、「社会が右傾化してまた戦争に巻き込まれる」とかの不吉な予言をばら撒いています。しかし過去100年間を時系列で眺めれば、私たちが暮らす社会がずっと安全になり、ひとびとがゆたかになったことはあらゆる指標から明らかです。――そしてこれは、時間軸を300年、500年、1000年、あるいは1万年に延ばしても同じです。

かつての日本社会は、ごく一部の特権層しかゆたかさを手にすることができませんでした。しかし現在では、より多くのひとが「幸福の条件」にアクセスできます。江戸時代であれば、あるいは明治や昭和初期であっても、「平民」が幸福について語るなど考えられなかったでしょう。

だったらなぜ、「三丁目の夕日」が理想化されるのでしょうか。多くの社会学者が指摘するように、“憧れの昭和30年代”は、ゆたかさでも犯罪率でも、男女差別や身分差別でも、あらゆる指標で現在よりはるかに暮らしにくい社会でした。その“嫌な時代”を高度経済成長後に振り返ると、「若々しく希望にあふれていた」ように錯覚するのです。

ひとは事故や犯罪、戦争や天変地異などネガティブな出来事に強く引きつけられます。悲惨な事故が起きるとマスメディアは大々的に報じますが、「危機一髪で事故を防いだ」という話はニュースになりません。これはメディアが偏向しているからではなく、視聴者がなんの興味も持たないからです。

私たちが生得的・遺伝的に強いネガティブバイアスを持っている理由は、凶暴な肉食獣がうようよする旧石器時代のサバンナで、のんびり日向ぼっこするのと、いつもびくびくして周囲を窺うのとで、どちらがより多く子孫を残すことができたかを考えればすぐにわかるでしょう。メディアはこのネガティブバイアスを利用し、陰惨な事件が毎日起こっているかのようにふれ回っているのです。

「江戸時代といまを比べても意味がない。問題は(デフレや右傾化で)いまの日本社会がどんどん生きづらくなっていることだ」との反論もあるでしょう。しかし「日本が世界の頂点に立った」とされる1980年代は(私は20代で体験しましたが)、有名大学を卒業し、官僚になるか一流企業に就職する以外に社会的成功への道のない時代でした。

80年代末のバブル経済でこの構造にひびが入り、それまで社会の底辺にいた(ヤクザと同類の)ひとたちがきらびやかな衣装をまとって登場しますが、バブル崩壊と暴対法(暴力団対策法)の施行でその抜け穴はたちまち塞がれてしまいました。

しかしその後、グローバル化の荒波によって日本社会の構造は根本から揺さぶられ、それまでつぶれるはずがないとされていた大手金融機関が次々と破綻する経済的混乱を経て、敗戦直後の焼け跡闇市以来はじめて、一介の若者が徒手空拳で大きな富を合法的につかめる時代がやってきました。

冷静に歴史を振り返れば、「経済的成功への機会」という意味で、現在の日本が過去のどの時代よりも恵まれていることは間違いありません。すなわち私たちは、いまの時代の日本に生きているというだけで、とてつもない幸運に恵まれているのです。

だとしたら考えるべきは、この「奇跡」と「幸運」を活かし、どのように「幸福な人生」をつくりあげていくかでしょう。

これまで私は、何度かこう述べました。

ひとは幸福になるために生きているけれど、幸福になるようにデザインされているわけではない。

私たちを「デザイン」したものは長いあいだ「神」と呼ばれてきましたが、いまではその神の名が「進化」であることがわかっています。生命誕生以来の長い進化の歴史は、ヒトの身体だけでなくこころをもつくってきました。私たちが笑ったり、泣いたり、恋をしたり、絶望したりするのも、すべて進化のプログラムとして理解することが可能です。そしてそのプログラム=遺伝子の目的は、宿主である私たちを幸せにすることではなく、ただひたすら自らの複製を増殖させることです。

遺伝子に組み込まれたプログラムは強力ですが、環境に合わせて素早く変化する能力を持っていません。これが「ひとは原始人のこころをもってアスファルトジャングルを生きている」といわれる由縁で、人生のさまざまな困難も、世界のあちこちで起きている悲惨な出来事も、その大半は遺伝子のプログラムと現代の価値観が整合的でないことが理由です(より詳しい話は拙著『言ってはいけない』をお読みください)。

しかし、こうした困難を前提としてもなお、「幸福な人生」を実現する戦略は可能です。それは私たちが暮らす世界がじゅうぶんにゆたかで、高度なテクノロジーがあふれているからです。人類はいま、そのアドバンテージを使って、進化が課すきびしい制約を乗り越えようとしています。

本書では、「金融資産」「人的資本」「社会資本」という3つの資本=資産から、「幸福に生きるための土台(インフラストラクチャー)」の設計を提案しています。この考え方はきわめてシンプルですが、だからこそとても強力です。本書の提案にのっとって正しく人生を「設計」すれば、誰でも「幸福の条件」を手に入れることができるのですから。

「そんなうまい話があるわけがない」と思う方もいるでしょうが、本書を最後まで読めば納得してもらえるのではないかと私は考えています。なぜならこれは、論理的=経済合理的に考えればそれ以外にはないという意味で、普遍的な話だからです。

 

カテゴリー: お知らせ | 5件のコメント

『幸福の「資本」論』が発売されます


ダイヤモンド社より『幸福の「資本」論』が発売されます。私にとっては、久しぶりに人生設計について書いた本になります。

発売日は16日(金)ですが、都内の大手書店では明日から店頭に並ぶ予定です。

Amazonでも予約が始まりました。電子書籍も同日発売で予約可能です。

この本では幸福の条件を「金融資産」「人的資本」「社会資本」の3つの資本=資産のポートフォリオ最適化戦略として考え、そこから人生の8つのパターンを考察しています。それが「貧困」「退職者」「ソロ充」「プア充」「リア充」「お金持ち」「旦那」「超充」です。

私たちは、金融資産を金融市場に投資することで金銭的な利益を、人的資本を労働市場に投資することで収入とやりがいを、社会資本を共同体に投資することで幸福感を得ています(この「幸福」には、愛情や友情のような絆のほかに、社会での評価も含まれます)。

この3つの「資本=資産」をどのように組み合わせるかで生き方が決まります。だとすれば、幸福へと至る最適なポートフォリオとはどのようなものなのでしょうか?

その答えに興味のある方はぜひ手にとってみてください。

カテゴリー: お知らせ | 7件のコメント