第80回 効率化を妨げる規制の弊害(橘玲の世界は損得勘定) 


話の種にと思って口座をつくり、残高のないまま放置していたカンボジアの銀行から、「入金がないと口座を閉鎖する」との通告を受けた。どうせ使っていないからそれでもいいのだけど、せっかくプノンペンまで行ったのにと思いなおして、いくらか送金することにした。

近所の銀行を訪れると、外為窓口は隣の駅の支店に統合されており、いつのまにかなくなっていた。その代わり電話ボックスのようなものが置かれていて、それで手続きするのだという。

正面にモニタがあって、椅子に座って「外国送金」を選ぶ。「ただいま3人待ち」の案内が出て、本を読みながら時間をつぶしていると、15分ほどして、マイク付きのヘッドフォンをつけるよう音声が流れて、モニタに女性の顔が映し出された。

その銀行のATMカードで本人確認し、あらかじめ用意していた送金指示書をスキャンして担当者に送る。ここまでは順調だったのだが、そのあとは驚かされることばかりだった。じつはその銀行の普通預金口座にもほとんど残高がなく、別の銀行から現金を下してATMで入金しておいたのだが、その取引を証明できる書類を見せろというのだ。

「ネット銀行なので通帳はない」と説明すると、上司に相談しているのかいきなり画面が真っ暗になった。しばらくして現われた女性は、「今回は特別にお受けしますが、次回以降、正式な書類がないと送金をお断りします」という。マネーロンダリング対策で送金の原資を確認しなければならない事情はわかるが、わずか10万円でこんなふうに怒られるとは思わなかった。

次に問題になったのは、カンボジアに送金する際のコルレス(中継)銀行で、指示書には複数の銀行が挙げられていたので「お任せします」というと、顧客の指示がないと手続きできないという。それで、たまたま目についた日本の銀行を指定したところ、ふたたび画面が真っ暗になって、こんどは「日本の銀行をコルレスにするなら理由の説明が必要です」という。

これもマネーロンダリング対策で、「なぜその銀行から直接送金しないのか」ということなのだろうが、とりたてて理由があるわけでもなく、「そんなこと先に教えてくれよ」と思いながら、リストのいちばん上にあった外国銀行に変えた。女性は能面のような表情で「わかりました」というと、また画面が真っ暗になった。送金情報を入力しているらしいが、こちらからはなにがどうなっているのかまったくわからない。

そうやって10分ほど待たされて、ようやく現われた女性から手続きの終了を告げられた。テレビ電話のボックスに入ってから1時間がたっていた。

日本ではサービス業の生産性の低さが問題になっており、銀行も支店の統廃合と省力化に努めているという。だがテレビ電話の導入で窓口よりかえって手間が増えるなら、生産性は悪化し顧客も怒り出すのではないだろうか。規制でがんじがらめにしながら効率を上げようとすると、みんなが迷惑するということだけはよくわかった。

橘玲の世界は損得勘定 Vol.80『日経ヴェリタス』2018年12月2日号掲載
禁・無断転載

コメントを閉じる

7件のコメント

  1. 海外送金などが簡単かつ安価にできるという触れ込みで
    ビットコインなどの仮想通貨に期待していましたが、

    投機商品としての色彩が強すぎて、
    結局使えないことが周知されてしまいました。

    私もわずかながらビットコインを買って
    Peachでの海外航空券決済に使ってやろう
    と考えていましたが、いまだ導入されてませんね。

    円でもドルでもユーロでも仮想通貨でも、

    その価値を担保する

    「共同幻想」(金でも軍事力でも鉱工業でも農業生産力でも)

    がないと成り立たないのですよ。

  2. 橘先生に釈迦に説法かと思いますが、Fintechの時代ですから、今は銀行送金よりも圧倒的に安くて便利なサービスがあります。

    Trasferwise
    ベトナムドンもあります。

  3. ですよね。規制だらけで。
    先日もカンボジア経由でイスラム系テロ組織に送金しようとしたら、いろいろ手続きがあって諦めました。
    他にも地下カジノの資金洗浄も大変で。

    昔は日本の規制が甘かったので、よく人身売買の資金洗浄をしたものですよ。規制撤廃してほしいところです。

  4. >日本ではサービス業の生産性の低さが問題になっており、銀行も支店の統廃合と省力化に努めているという。だがテレビ電話の導入で窓口よりかえって手間が増えるなら、生産性は悪化し顧客も怒り出すのではないだろうか。規制でがんじがらめにしながら効率を上げようとすると、みんなが迷惑するということだけはよくわかった。

    日本では、サービス=無料奉仕 – 無料、おまけの意味。
    無料または割引価格で提供されるもの。

    と考えられているので、どうしても生産性が低くなるのです。

    飲食店などで、サービス料として10%いただいております
    などと書かれていると、支払いの時気分が悪くなるので、
    商品価格に含まれている場合が多いですな。

    欧米などではチップの習慣があるので、
    銀行窓口でもサービスを受ければチップが要るのでしょうか?

    ともあれ、欧米ではサービスを受ければチップが要るこからこそ
    「DIY(Do It Yourself)」精神を育んできたとも言えます。

    橘さんには、海外口座であっても
    安易に既存のサービスに乗るのではなく、
    いかにして低コストで送金するかをやってほしいですな。

    海外FXで出金口座をそこにするとか。

  5. 銀行業の規制はいろいろと不思議が多いかも。
    統合でAとBがAB銀行になったのが、当方はA銀行時代から口座をもっていて、
    統合後B銀行が持っていたネット口座関連のサービスを付けてくれと頼んだが、
    当支店開設口座では取り扱いできないので、
    元B銀行だった支店で口座開設しなおしてやってほしいと言われた。
    当時統合して10年以上経ち、システムも統合済みだった。
    外様へのサービスもこれだから、内部はもっと酷いんだろうなぁ。

  6. たとえば、カンボジアでビットコインなどの仮想通貨を受け取って

    同等額のガンポジアの通貨でもUSDででも銀行に入金してくれる業者が

    いれば、わざわざ既存銀行を使わなくても外為が可能ですね。

    各種税法や外為法に抵触するかもしれませんが、

    仮想的ななにか
    インターネット上のサービスでもなんでもの
    支払いで送金したことにすれば、
    税金もかからないかも。

    インターネット上の商品、たとえば画像ファイル一つでも
    その価値を適切に評価することは困難だから

    簡単な脱税の手口にも応用かのうです。

  7. 今週は、けんか正のエネルギーで久しぶりにストレス発散。
    だけど、彼はセコウさんに喧嘩うったわけじゃないよ‥
    政治家は、何年かいっぺんに選挙の洗礼を浴びるので
    日本を洗濯しない、自浄努力しない官僚に喧嘩うったぁ
    さすが、高知市が生んだ三菱印にリスペクト
    彼ら優秀な投資家の支援で、新しいベンチャーが勃起する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

投稿したコメントが表示されない場合は、SPAM判定された可能性があります。詳細はこちらをごらんください。