麻薬合法化で移民キャラバンは解決できる? 週刊プレイボーイ連載(364)


近代のリベラリズムは「普遍的な人権」を掲げ、奴隷制や人種差別などの「悪」とたたかい大きな成果をあげてきました。これはたしかに素晴らしいことですが、社会の利害が対立する状況ではリベラリズムは試練に立たされます。

その典型がヨーロッパの難民問題で、内戦を逃れ、着の身着のままで長い旅を強いられたシリアのひとたちの人権を擁護しようとすると、国内で「極右」勢力が台頭して政権の基盤が揺らぐため、世界でもっともリベラルな北欧諸国ですらなりふりかまわず「排外主義」に突き進んでいます。中米からアメリカを目指す移民キャラバンも同じで、トランプの反移民政策を批判するリベラルも、4500キロを徒歩やヒッチハイクで踏破して国境にたどり着いた数千人の願いを無視しています。

これをリベラルのダブルスタンダードと批判するのは容易ですが、問題の解決にはなんの役にも立ちません。人生と同じく、社会的な理想もどこかで妥協を余儀なくされるというだけの話です。

「民主化」の名の下に国家を破壊してしまった以上、ヨーロッパのリベラルはシリア難民を前に立ち往生するしかありませんが、アメリカのリベラルには中南米からの移民を救済する方法があります。

移民キャラバンの参加者たちは、故郷を捨てた理由は貧困ではなく、犯罪組織から逃れるためだと口々に訴えます。エルサルバドルやホンジュラスなど中米の国々は、マラスと呼ばれる麻薬カルテルの抗争で、近年、急速に治安が悪化しているのです。

メキシコが経済発展にともなって麻薬の取り締まりを強化したことで、犯罪組織は摘発を避けて、コカインなどの大規模な処理施設を中米のジャングルにつくるようになりました。1人あたりGDPが3000ドルに満たない貧しい国々で、麻薬カルテルの抗争に勝ち残れば夢のような富を手にすることができるようになったのです。その結果、どの組織も十代の若者を強引に勧誘し、裏切ることができないよう全身に(顔にまで)刺青をいれさせ、殺し合いの最前線に送り込んでいます。

権力が不安定な中米の小国がこうした苦境に陥っていることはずいぶん前から知られていましたが、アメリカはずっとそれを放置してきました。こうして、ひとびとは自分や子どもたちの生命を守るために移民キャラバンに参加するほかなくなったのです。

だったらどうすればいいのでしょうか? これは、理論的にはすでにこたえが出ています。アメリカがいますぐ「麻薬戦争」を止めて、すべてのドラッグを合法化するのです。

酒やタバコと同じくコカインやヘロイン、エクスタシーなどの生産・流通も法の規制の下におけば、もはや犯罪組織が介在する余地はなくなり、中南米の麻薬カルテルは壊滅するでしょう(実際、北米でのマリファナ合法化によって違法取引はほぼ駆逐されました)。生まれ故郷で、貧しいながらも安心して暮らせるのなら、なにもかも捨ててアメリカを目指す困難な旅に出る必要もなくなります。

移民を受け入れることができないアメリカのリベラルは、中南米の貧しいひとたちの「人権」を守るために、麻薬の完全合法化をトランプに求めるべきなのです。

参考:トム・ウェインライト『ハッパノミクス』(みすず書房)

『週刊プレイボーイ』2018年12月10日発売号 禁・無断転載

コメントを閉じる

7件のコメント

  1. 仮に、中南米やアメリカで、
    ドラッグ合法化がなされたとします。

    そうすれば、人々は恋愛や勤労、社会的成功よりも
    ドラッグによる多幸感で満足するようになり、

    その結果人々は恋愛や勤労、社会的成功を追い求めなくなるわけです。
    そうすれば、社会は破滅へと進むだけの話です。

    医師や薬剤師など、社会的地位の高い人が
    実はドラック常用者だという話がありますが、

    これは話が逆で、
    その社会的地位があるからこそ、
    ドラッグ耽溺の前で踏みとどまれるわけです。
    そうでない人もたまにいますが。

    日本では合法な酒やタバコもドラックの一種ですが、
    イスラム教ではアルコールは禁止ですが、

    なぜイスラム教はアルコールを禁止したのか?

    もちろんそれは、酒による害悪が当時のイスラム社会の
    脅威だったからです。

    それではなぜ日本や東アジアではアルコールに寛容なのか?

    東アジアでは稲作による人口保持能力が大きく、アルコールによる
    害悪が
    自然環境の厳しいイスラム社会に比べて比較的小さかったからです。

    現在日本では酒もたばこも政府の管理下にありますね。
    ある意味、酒やたばこというドラックも国家戦略物資というわけです。

    かつてはヒロポンなどのドラックも政府の管理下にありましたが、

    敗戦後市中にヒロポンが出回ってから違法となったという歴史があります。

    その地域の社会的背景や文化、あるいは歴史について考えない
    議論は議論になりませんよ。

  2. マリファナは、コカインやヘロインと同列に扱うレベルの薬物ではないにもかかわらず、しらーっと書いているところに橘氏の悪意がありますな。

  3. 貧しい人達の人権を守る為に、たくさんの麻薬中毒患者を生み出すのですか?
    それは余りにも無責任では?
    現在ですら、アルコール依存症の人が沢山いるのに。
    また、禁止されている現在ですら、麻薬の流通、乱用をコントロール出来ないのに、合法化すればコントロールできるようになる、とは思えません。
    銃と同じく、いったん広まってしまえば、後戻り出来なくなる可能性が高いと思います。

    南米の国々が順調に経済発展を続けていき、リスクの高い麻薬取引に加担しなくても、十分、豊かに暮らしていけるようになれば、自然と麻薬取引に身を投じる人の数は減っていくのではないでしょうか?
    その為に、南米の国々の経済発展を、全力で後押しする事が大事なのではありませんか?
    貧困から逃れたい、豊かになりたい、という自然な渇望が、悪い人達に利用されている状況をどうにかしなければ、問題の解決にならないでしょう。
    後、「貧しいながらも安心して暮らせるのなら」などという言葉は、富める者の傲慢だと思います。
    皆が豊かになるべきであり、また、その権利がある筈です。
    その為に、どうすれば良いのか、知恵を出し合わなければなりません。
    差別同様に、貧困もまた撲滅しなければ。

  4. 違法薬物は、違法であるがゆえ価格が高い。
    価格が高いから、それを扱う密売組織が潤う。
    なら合法化して流通を透明化し、正当に市場取引させれば価格は下がって密売組織自体立ち行かなくなる。

    ということですね。
    実際うまくいくかどうかはわからないけど、良い考えだと思います。

  5. >違法薬物は、違法であるがゆえ価格が高い。
    価格が高いから、それを扱う密売組織が潤う。
    なら合法化して流通を透明化し、正当に市場取引させれば価格は下がって密売組織自体立ち行かなくなる。

    違法売春は、違法であるがゆえ価格が高い。
    価格が高いから、それを扱う売春組織が潤う。
    なら売春を合法化して流通を透明化し、正当に市場取引させれば価格は下がって売春組織自体立ち行かなくなる。性産業を正当に市場取引させれば性病の検査や予防も徹底されるだろうから性病の蔓延予防にもなる。

    セックスに不自由している若い男性もこれが普通になれば、恋愛やセックスに
    関して劣等感を持つ必要はなくなる。良いことづくめじゃないですか!!!

  6. 買春は実質合法化されてるし。
    だからあれだけ安く買えるんでしょ。
    まず大麻解禁の流れで、そう遠くない将来コカインなども合法化でしょうね。
    闇ビジネス駆逐するためには多少の犠牲も仕方がないと思います。
    そもそも表ビジネスの酒タバコギャンブルでの犠牲者は一定数いるのだし。
    あとは自己責任でよいと思いますよ。
    健全健常者が中南米の闇社会に巻き込まれる不幸の方を救うべきでしょう。

  7. >買春は実質合法化されてるし。

    売春防止法の施行された昭和32年以前は
    公娼制度があったことからわかるように、

    戦前の従軍慰安婦は
    「合法」
    だったのに、いまでもあれだけもめているでしょ?

    もし仮にドラッグ解禁してその結果
    ドラッグによる直接の影響のみならず、

    注射器の使いまわしによる
    肝炎などの健康被害やエイズなどの伝染病
    蔓延のリスクを考えると、

    政府がドラッグ解禁するとはとても思えませんな。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

投稿したコメントが表示されない場合は、SPAM判定された可能性があります。詳細はこちらをごらんください。

管理スタッフはコメント欄への投稿をしません。管理人を詐称してのコメント投稿はおやめくださるようお願いいたします。