外国人労働者「問題」の大きな勘違い 週刊プレイボーイ連載(365)


10年ちかく前のことですが、フィリピンの有料老人ホームを取材したことがあります。現地で成功した日本人実業家が、旧米海軍の将校宿舎の一部を改築して日本人向けの24時間介護の施設をつくったのですが、実際には海を渡る決心ができる高齢者は多くなく、日本語を話すフィリピン人介護士を養成して日本の老人介護施設に派遣する事業に変えたという話でした。

その頃にはすでに介護業界は人手不足に陥っていて、多くの施設が外国人介護士を求めていたものの、来日3年後に介護福祉士の試験に合格することが継続滞在の条件とされていました。この資格は日本人でも半分は落ちるという難関で、それを慣れない日本語で受験するのですから合格はほとんど望めず、「永住されたら迷惑だから3年で帰ってくれ」という意図は明白でした。

「日本人は、外国人労働者にすこしでも門戸を開放したら移民が押し寄せてくると思ってるんですよね」と、介護士養成の担当者はいいました。「でも、それは大きな誤解です」

彼の話によると、外国で働きたいフィリピンの看護師・介護士が目指すのはなんといってもアメリカで、次いでカナダやオーストラリアなどの英語圏です。給与が高く、長く働くことができ、永住権や市民権も取得できるのですから、条件がぜんぜんちがいます。日本の介護施設は当たり前のように「優秀な人材を送ってくれ」と要求しますが、当時から、優秀な介護士は日本になど来てくれないのが現実だったのです。

こうした状況はますます進んで、いまではアジアですら日本は外国人労働者の獲得競争から脱落しつつあります。英語が公用語となっているフィリピンでは、高卒以上であれば英語を話せますから、英語圏ならわざわざ外国語を覚える面倒がありません。アジアでは香港とシンガポールで英語が広く使われており、1人あたりGDPでもシンガポールは5万8000ドル、香港は4万6000ドルで、3万8000ドルの日本よりずっとゆたかです(2017年)。だとしたらなぜ、英語が通じず、貧乏なくせに「外国人は迷惑だ」と思っている国で働かなくてはならないのでしょうか。

安倍政権が入管法を改正し、外国人労働者の受け入れを拡大しようとしているのは、地方を中心に人手不足が顕在化し、外国人に来てもらわないと地域経済が回らなくなったからです。しかしこんなことは、何十年も前からわかっていたことです。未来は不確実ですが、出生率や死亡率は先進国では大きく変化しませんから、人口動態だけは確実に予測できるのです。

それにもかかわらず日本政府は純血主義に固執し、ようやく人手不足に慌て出しても「いわゆる移民政策は採らない」といっています。これは安倍政権が「真正保守」だからではなく、日本人の大半が「排外主義者」で、選挙を考えればそうやって宥めるしかないからでしょう。

当たり前の話ですが、優秀な人材は、どの国で働くかを自分で選択することができます。日本はずっとアジアでもっともゆたかな国でしたが、いつのまにか優先順位のはるか下に落ちてしまったことを、あと10年もすればすべての日本人が思い知ることになるのでしょう。

『週刊プレイボーイ』2018年12月17日発売号 禁・無断転載

コメントを閉じる

6件のコメント

  1. 残念ですがこれは事実ですね。
    日本の選挙に行く人間の多くはもう老人で
    選挙に出てくるのも70すぎの老人です。
    しかも変わる事をいい事だと思っておらず、
    騙されやすく調べもしないくせに自分の事は賢いと
    本気で信じている。
    最近は希望を騙る事をしないで本当のことばっかり
    言うようになりましたね。
    これも老化の一歩ですよ。

  2. 去年の年末年始は、香港経由でベトナムで過ごしました。

    今年の年末年始はエアマカオの航空券が安かったので、
    マカオ経由でベトナム各地で過ごす予定です。

    航空券はなんと往復4フライトで3万円ポッキリ(税金他別)ですよ。

    さらにいま泊まっているベトナムのホテルは2人1泊3000円以下ですが、
    朝食とwifiが付いているので、
    日本の格安ビジネスホテルよりずっとおすすめです。

    Amazon fire TV stick
    ttps://www.amazon.co.jp/Fire-TV-Stick-New-%E3%83%A2%E3%83%87%E3%83%AB/dp/B01ETRGGYI
    があれば、日本のテレビ番組が恋しくなっても大丈夫ですよ。

    閑話休題。

    多くのベトナム人が日本への技能実習生で劣悪な環境だと報じられていますが、

    にもかかわらず、日本への流入圧力はやっぱりまだありますね。

    介護士のような仕事は、
    労働集約的+人間相手(下の世話は当然ある)+
    医療などの知識が絶対必要で
    さらに
    日本の高齢者が相手である以上、日本語での意思疎通が不可欠

    というように、とてもハードルが高い仕事にもかかわらず、

    「給料がそれに見合わない」

    から外国人介護士が集まらないだけの話ですよ。

    仮に私が外国人なら、そんな仕事より、

    コンビニの深夜店員(時給1000円以上)
    やっていた方がマシですね。
    廃棄弁当をくすねても文句言われないし。

    90時代に東京に行ったとき、コンビニや牛丼屋の店員が
    たいてい外国人だったことに驚いたのも昔話で、

    私が住んでいる地方都市でもコンビニの深夜店員は
    大抵外国人になりました。

    なれてしまえば、
    おにぎりをチンしてくれないことにも
    「腹も立たなく」なりました。

    西尾幹二先生はこの状況をどのように眺めているのでしょうか???
    ttps://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%A5%BF%E5%B0%BE%E5%B9%B9%E4%BA%8C

  3. 橘先生は前々から言ってるではないですか。
    「日本では労働生産性が低い」と。
    労働生産性はニアリーイコール労働賃金ですから、「日本は労働賃金が安い」と言ってることになりますね。まあ誰も来るはずないです。

    まもなく最低賃金は韓国に並びます。もう追い越されるとこまで来ています。
    この国では低賃金奴隷こそが求められるので日本人は雇わないようです。

    まあ半額牛丼に過剰サービスを求め、公共事業の民営化に拍手し、少子化に何の疑問ももたない、小銭が貰えるなら自分で自分のクビを絞めることを何とも思わない国民性が招いた面もありますからね。

    清貧の思想、とか言い出したあたりから全ての終わりが始まってたのでしょう。アレは平成の最初でしたっけ。

  4. 安易に介護職や工場労働、農業作業といった3K仕事を
    外国人に振り分けることが、

    職業差別を引き起こし、

    例の「徴用工訴訟問題」
    ttps://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%BE%B4%E7%94%A8%E5%B7%A5%E8%A8%B4%E8%A8%9F%E5%95%8F%E9%A1%8C

    を引き起こしかねないリスクについていかがお考えでしょうか?
    橘さんのご意見をうかがいたいですな。

  5. 人手が足りないのは賃金が低いから。賃金上げないで外国人労働者を入れるのは賃金を上げたくない経営者に迎合したから。それでいて経団連には3パーセント賃上げ要請とか平気でしている政権。彼らはいったい何がしたいの?

  6. 人手不足だから2割増払うから仕事してくれ、って話はなかなか聞かない。
    むしろ海外や外注使って安くする方法を考えろってのが一般的。
    そりゃ正社員育たないし給料も上がらない。
    でも「金余り」なんでしょ?
    富裕層ビジネスは盛況だって言うじゃない。
    やっぱり富の再分配の仕組みがすべてを狂わせてるんじゃないかな?
    労働生産性が低いとか無能や怠けものみたいに言うけど、
    どうもそうじゃないと思うんだよね。
    日本のどこの現場職場でも、とことん効率的でいい仕事してるはずなんだが。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

投稿したコメントが表示されない場合は、SPAM判定された可能性があります。詳細はこちらをごらんください。