20年後に「ゴーン事件」はどう回顧されているのか 週刊プレイボーイ連載(363)


日産自動車の会長だったカルロス・ゴーン氏が東京地検特捜部に逮捕され、世界じゅうが驚愕しました。事件の詳細はこれから解明されていくでしょうが、直接の容疑は、退任時に受け取るはずだった報酬約50億円を有価証券報告書に記載していなかったというもので、会社の資金で世界各地に豪邸を購入するなど、それ以外にも目に余る私物化が行なわれていたとされています。

事件の背景にあるのはルノーと日産の経営統合構想で、フランス政府が筆頭株主として15%の株式を保有する「半国営企業」に吸収されるのを嫌った日産側のクーデターという見立ては間違っていないでしょう。首相官邸も了承のうえで行なわれた、日本企業と日本人の雇用を守るための「国策捜査」というわけです。

ゴーン氏が日本にやってきた1990年代末から、わずか20年で世界経済の様相は大きく変わりました。その当時、日本の大手電機メーカーが中国や台湾の企業に買収されるとか、韓国の電機メーカーがソニーを超えるとか、中国にシリコンバレーに匹敵するIT起業が誕生するといったら、頭がおかしくなったと思われたでしょう。

そんななかでも日本の自動車メーカーだけはグローバル競争に踏みとどまり、雇用を保障し利益を生み出してきました。しかしそれも、20年後にどうなっているかはまったくわかりません。

最大の脅威は、稀代のベンチャー経営者で映画『アイアンマン』のモデルともなったイーロン・マスク率いるテスラでしょう。その理想が実現すれば、ガソリン車はすべて自動運転の電気自動車に置き換えられることになります。自動車メーカーを頂点とする巨大なサプライチェーンが不要になるのはもちろん、徹底的にロボット化されたテスラの工場は自動車を組み立てるための労働者をほとんど必要としません。

これが絵空事ではないことは、イーロン・マスクのもうひとつのヴィジョンである「人類の火星移住」を実現するためのスペース・エックスを見ればわかります。国の威信をかけた日本のロケット打ち上げが失敗を繰り返しているときに、スペース・エックスははるかに大規模なロケットをかるがると宇宙空間に送り込んでいるのです。

もちろんテスラはたびたび投資家を失望させており、その事業が成功できるかどうかは現時点ではわかりません。しかし、世界じゅうから野心にあふれた天才たちを集めるシリコンバレーには、イーロン・マスクの跡を継ごうと待ち構える長い列ができています。早晩、そのなかの誰かが驚異的なテクノロジーとイノベーションで旧態依然とした自動車産業を一掃することは間違いないでしょう。

そう考えると、いまの大事件も20年後には「そういえば、そんなひとフランスから来てたよね」となるかもしれません。あるいは、「そんな自動車会社、あったよね」とか。

20年前、保身しか考えない経営陣と、あらゆる改革に抵抗する頑迷な労働組合のために、日産の経営破綻は時間の問題といわれていました。一時的かもしれませんがそこから復活させてもらったのですから、自分と家族を養うことのできた関係者は、この剛腕で傲慢な外国人経営者に相応の感謝を示すべきでしょう。

『週刊プレイボーイ』2018年12月3日発売号 禁・無断転載

コメントを閉じる

6件のコメント

  1. >20年前、保身しか考えない経営陣と、あらゆる改革に抵抗する頑迷な労働組合のために、日産の経営破綻は時間の問題といわれていました。一時的かもしれませんがそこから復活させてもらったのですから、自分と家族を養うことのできた関係者は、この剛腕で傲慢な外国人経営者に相応の感謝を示すべきでしょう。

    カルロス・ゴーンがなにをやったのかは知りませんが、
    日産の凋落とそこからの復活にゴーン氏が多大な貢献をしたことは
    まちがいなくあるにせよ、

    今回の問題は、結局のところ
    お家騒動つまり「社内権力闘争」
    でしょ。

    >早晩、そのなかの誰かが驚異的なテクノロジーとイノベーションで旧態依然とした自動車産業を一掃することは間違いないでしょう。

    IT産業がムーアの法則によるIC等の急激な進化によって進展してきたことは
    まちがいないですが、

    物理学的な限界

    という枷があることを忘れてはいけません。

    具体的にいえば、

    光速度を超えた通信は原理的に不可能であり、
    ICの精密度を高めてこれに対抗しようとしても

    今度は逆に
    量子力学による「不確定性原理」
    の壁が生じてくるわけです。

    現在のパソコンのCPUやフラッシュメモリなんかも
    この物理学的限界が近づいていますね。

    翻って、自動車産業に代表される機械産業も、
    この物理学的限界から自由ではありません。

    いくら電気自動車のイノベーションがあったとしても、
    現在の航続距離がせいぜい100kmで、

    いつ電池がお釈迦になっても不思議ではない

    という車でロングドライブする気にはならないでしょ。

    アメリカならなおさらですよ。

    デジタルガジェットなら、電池がお釈迦になっても、せいぜいネットに繋がらない
    ぐらいのもんですが、
    自動車なら途中でエンジンが止まれば
    生死にかかわるところが世界中にあります。

    電気自動車のネックは、
    電池の安全性とエネルギー密度が

    現在のガソリン・軽油とくらべて圧倒的に低いことで、

    だからこそ、
    トヨタのハイブリット車や
    日産のE-power車(エンジンで発電、モーターで駆動)
    という解しか実用にならないのです。

    電池の急激なイノベーションがあれば話は別ですが、

    「原子力電池」

    の自家用車に乗りますか?

  2. ゴーンが来る前の日産は、
    901運動をやっていたせいで、

    車の素性は良かったものも多いですよ。

    901運動の成果
    この運動の結果、1980年代後半から1990年代前半に発売された、N13-14型パルサー、Y31-32型セドリック / グロリア、FPY31型シーマ、F31型レパード(特に後期型)、U12-13型ブルーバード、S13型シルビア/ 180SX、初代A31型セフィーロ、J30型マキシマ、C33型ローレル、R32型スカイライン(BNR32を3代目としてGT-Rも復活)、Z32型フェアレディZ、インフィニティQ45(初代)、B12-13型サニー、初代P10型プリメーラ、初代R10型プレセア、初代W10型アベニール、K11型マーチなどの名車を生み出した。

    S13シルビアなんかは、いまでもこれを超えるデザインはないような。

    車の出来とそれを作る会社の経営状況はかならずしも一致しない例ですな。

    逆に経営主導型になると、車としての魅力が失われてしまうのはなぜでしょうか???

    商売と技術というのはそもそも相容れないものなのかもしれませんな。

  3. 橘さんの性格上日本を下げたいのは分かりますけど、嘘はいけませんよ。
    >国の威信をかけた日本のロケット打ち上げが失敗を繰り返しているときに
    日本国のロケットはH2Bは打ち上げ成功率100%でH2Aは39回打ち上げて成功率は97.4%ですよ。
    どっちも国際水準を上回ってます。

  4. ドッグイヤーのIT関連の20年と
    自動車産業の20年とでは
    スケールが違いすぎますよ。

    今から20年前の1998年は、まだPC-9801が現役だった時代で、
    NECもPC98-NXでAT互換機に切り替え始めた時代でした。

    いまさすがにWindows95/98を現役で使っているところは、
    組み込みシステムなどを除けばまずないですな。

    自動車産業の場合、90年台に生産された車が現役で使われている
    ところはたくさんあります。

    さらにいえば、米国では例の25年ルールがあって、25年前に日本で生産された
    車であっても、米国にどんどん輸出されるようになるでしょうな。

    ワケしり顔がこざかしい理屈で33Rを評価する
    32Rより伸びたホイールベース。
    大きくなったボディ。
    ピュアに走りを追求していないと──
    笑わせるぜ。何も見えてないくせに。
    ──その時、その領域を共にした者だけが、
    33R、この本質を知るんだ──

    大きくなったボディや、伸びたホイールベースは
    たしかにコーナーでのダルさや車との一体感を欠く
    だがそれは、低速度域、低過重でのハナシだ。
    大きいボディは空力を優先し、200kmからキク
    長いホイールベースは超高速域で急激な変化を押さえ込み
    信じられない一体感安定感を出す
    ──結果、恐ろしい速さで右に左に舞える

    そして一番大事なコト。
    33Rは真っ直ぐ走ろうとするんだ。
    その領域を知らない者達はカルく言う
    最高速なんて真っ直ぐでしょ
    ただアクセルベタ踏みでしょ
    車は真っ直ぐ走らない
    その領域で真っ直ぐ走る車は世界中ドコにもないんだ

    ということを米国人にも理解してもらおうじゃないですか。

  5. 尖沙咀さん日産好きなんかな。
    私は最高傑作はY3132セドグロだと思うけど。

    さて。
    >この剛腕で傲慢な外国人経営者に相応の感謝を示すべきでしょう。
    感謝の念と悪いことやったから罰するのは別ものでしょう。まして日産V字回復はゴーン氏だけの功績ではないのだから。クビ切られた側は感謝どころじゃないだろうけどね。

    幾分今回のは政治的なにおいがしますが、このままだと20年前はした金出したのを恩着せられて日本の有力企業が完全に乗っ取られるとこでした。まあ妥当な解決では。

    いや肉屋に感謝する豚が多い昨今、ゴーン氏に感謝する輩がいても不思議ではありませんが。

  6. >尖沙咀さん日産好きなんかな。

    日産というより、
    「湾岸ミッドナイト」(C)楠みちはる の
    おやじポエムマニアですよ。

    私以上の世代なら、心の琴線に触れるポエムが横溢しています。

    たとえば、

    「なあ 山下‥ ひとつ聞かせてくれないかナ? 
    お前はなんで今さらまたZ32チューンをしたいわけヨ?」

    「自分の青春にオトシマエをつけたい‥ 笑います? そんなコト言ったら‥‥」

    「笑う‥‥? どうして笑う? そんな心から出たお前の言葉を」
    (湾岸ミッドナイト30巻 P190)

    これを読んだとき、感動して涙で漫画が読めなくなりました。

    それにしても、「検察」は、小沢一郎、佐藤優、
    ホリエモン、そしてカルロスゴーンと

    目立つ人間ばかりを血祭りにあげますよね。

    これこそが日本が

    「伽藍社会」

    そのものである証左なのですが。

    橘さんには、
    「伽藍社会」を
    鋭く批判する作品をこそ期待しているのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

投稿したコメントが表示されない場合は、SPAM判定された可能性があります。詳細はこちらをごらんください。