「保守のジャンヌ・ダルク」はどこで地雷を踏んだのか? 週刊プレイボーイ連載(349)


自民党に所属する保守派の女性議員が雑誌への寄稿で、「LGBT(レズビアン、ゲイ、バイセクシャル、トランスジェンダー)」に対し、「彼ら彼女らは子供をつくらない、つまり「生産性」がないのです」と述べたことが激しい批判にさらされています。

これまでこのコラムで何回か、「世界の価値観はリベラル化しており、日本も半周遅れで追随している」と書きました。しかし今回の事件は、日本の「右傾化」を象徴しているのではないでしょうか。

その後の展開を見るかぎり、じつはそうともいえません。

「中国」や「韓国」、「リベラル」には過剰なくらいの批判(しばしば罵詈雑言)をしている右派論壇のひとたちは、この件については奇妙なことにみな沈黙を守っています。私が目にした唯一の「擁護」は「新しい歴史教科書をつくる会」創設メンバーの一人である藤岡信勝氏によるもので、「「『生産性』という言葉は(中略)引用符が施されており、(中略)誤読に基づく冤罪というべきものだ」でした。慰安婦問題などでこの女性政治家を「保守のジャンヌ・ダルク」と持ち上げていたひとたちは、いったいどこにいってしまったのでしょう。

自民党内にも彼女の主張を擁護する声はほとんどなく、9月の総裁選で安倍首相のライバルである石破茂氏や野田聖子氏ははっきり批判していますし、「人それぞれ政治的立場、色んな人生観もある」と庇った二階俊博幹事長も、同じ会見で「多様性を受け入れる社会の実現を図ることが大事」と述べています。それぞれニュアンスの差はありますが、保守派議員のなかでも四面楚歌になっていることは間違いありません。

この女性政治家は母子家庭や生活保護を「自己責任」と批判してもいましたが、驚いたことに今回の問題ではいっさいの説明を拒絶しています。自らの意見を開陳するのは思想・表現の自由でしょうが、国会議員は多額の税金を受領しているのですから、一般人はもちろん言論人と比べても重い説明責任を負っています。それを放棄するのでは、「弱い者には厳しく自分に甘い」といわれてもしかたないでしょう。

私の考えでは、世界は「リベラル化」と同時に「アイデンティティ化」しており、日本ではそれが「日本人」という脆弱なアイデンティティを守ろうとするかたちで表われます。これが「日本」を攻撃する(と思われている)者たちへの強い反発(嫌韓・反中、朝日ぎらい)になるのですが、逆にいえば「日本」に関係ないことはリベラルでかまわないのです。

「ネトウヨ」と呼ばれるひとたちは、「反日」だけでなく、「フェミニズム」「夫婦別姓」「LGBT」はたまた「ベビーカー」までさまざまな“弱者利権”を攻撃しますが、じつはこうしたテーマはリベラル化が進むなかで大衆的な支持を得ることができなくなっています。「すべてのひとが平等に、もって生まれた可能性を最大化できる社会を目指すべきだ」という意味でのリベラルを否定し、前近代的な日本の「伝統」を称揚するひとは右派論壇や保守派の政治家でもどんどん減っています。

ところが件の女性政治家は、「ネトウヨ」的な主張をすればするほど「ジャンヌ・ダルク」ともてはやされると思ったのでしょう。この勘違いで地雷を踏み、バッシングするつもりがバッシングの標的になってしまったのです。

参考:朝日新聞2018年7月27日「杉田氏「生産性」発言に広がる批判 自民党本部前で抗議」

『週刊プレイボーイ』2018年8月20日発売号 禁・無断転

コメントを閉じる

12件のコメント

  1. だから、この件は、

    社会的にLGBTを許容する雰囲気(つまり空気=社会的証明)の中で

    あえて保守派の本音をさらすことによって

    支持を得ようとして失敗しただけのことです。

    ちょっと考えてみれば分かるように、

    LGBTを許容し、女子トイレをホモの人が使えることを認めるならば、

    ロリコンやショタコンも許容しないとおかしいですね。

    動物愛護を徹底するなら、

    シーシェパードやヴィーガンも認めないとオカシイですよ。

    正しさとは都合や……ある者たちの都合にすぎへん…!
    正しさをふりかざす奴は……それはただおどれの都合を声高に主張しとるだけや…!
    銀と金 第33話  川田三成

  2. 誤読・説明不足・そこからくる過剰反応でしょう。今回の件は。
    その女性政治家は「LGBTは生産性がない」と発言しました。

    生産性というのは、イコール付加価値で、ニアリーイコール労働者の賃金なのですから、「ゲイは賃金が低い」???といってることになり意味が通りません(同性愛を理由に降格する人事はないでしょう。日本の普通の職場では)。

    この場合、生産性ではなくて「LGBTは人口再生産能力がない」でしょう。正しくは。

    これは全くその通りで、いくら理念的にLGBT差別解消を叫んでも、身体能力的に雄蕊だけでは種子は作れません(一部女性向け漫画の世界を除く)。

    正しいのですが、いや正しいが故にちゃんと説明しない当の女性政治家は免責されません。また、何でよりにもよって生産性、などという煽情的な言葉を使ったのか、政治家としての語彙選択のセンスを問われます。

    ネトウヨ大いに結構。民族の、人間のアイデンティティを守るべし(でも夫婦同姓はべつに日本の伝統ではないよね)。
    リベラルも結構(そんなら日本語の放棄と天皇制解体まで主張していいよね)。
    一番アカンのは日本に関係ないことはいきなりリベラルになるネトウヨどもや、ネオリベでありながら美しい国とか言っちゃう輩であります。

  3. >「ネトウヨ」と呼ばれるひとたちは、「反日」だけでなく、「フェミニズム」「夫婦別姓」「LGBT」はたまた「ベビーカー」までさまざまな“弱者利権”を攻撃しますが

    反日はわかりますが他を攻撃してるのは本当にネトウヨなんですか?
    最近の橘さんは自分の考えに合わないと全部ネトウヨにする傾向がありますね。

    一番驚いたのは外国人参政権に反対するとネトウヨとする論を橘さんがはってた記事があったことです。
    外国人参政権や気に入らない人をネトウヨにする橘さんはただレッテルを貼ってるだけの進歩的文化人に過ぎないですよ。

  4. もうね、極論まで言ってほしいですね。彼女には。

    知能が劣る男性は子供を作っても劣る子供しか育たず、大日本帝国の発展には繋がらないのだから、結婚するな、子供を作るなと。
    引きこもりは、国民労働力の喪失のため強制労働の刑とか。

    ネトウヨ大喜び(のはずですよ)。

  5. 夏の甲子園での金足農(秋田)、とくに吉田輝星、父親も金足農出身の活躍で、
    思い出したのは、

    KANO 1931海の向こうの甲子園
    https://ja.wikipedia.org/wiki/KANO_1931%E6%B5%B7%E3%81%AE%E5%90%91%E3%81%93%E3%81%86%E3%81%AE%E7%94%B2%E5%AD%90%E5%9C%92
    ですな。

    甲子園でも地元の選手が活躍するから応援しようとするのであって、
    野球留学という名目で、他府県/あるいは外国から強い選手を引っ張って
    くれば良いというものではないのです。

    地元愛とか郷土愛、あるいは愛国心というのを完全に否定すると
    甲子園とかオリンピックとかまったく盛り上がりませんよ。

  6. この方、「専業主婦は2億円損する」で、

    『1  専業主婦はお金がない 2  専業主婦は自由がない 3  専業主婦は自己実現できない 4  専業主婦はカッコ悪い 5  専業主婦になりたい女子は賢い男子に選ばれない 6  専業主婦には“愛”がない 7  専業主婦の子育ては報われない 8  専業主婦は幸福になれない 9  専業主婦は最貧困のリスクが高い 10 ぜんぶまとめると、専業主婦にはなにひとついいことがない 』

    とか、『「若くてはたらける」女の子の価値はどんどん上がっていくのです』

    もう言いたい放題で専業主婦をディスり、堂々と「カネ」で人の価値を計ってる。

    「専業主婦は賢い男子に選ばれない “愛”がない 報われない 幸福になれない」等に至っては誹謗中傷の類だよ。

    その同じ口で「杉田の『生産性』発言は~」なんつって論じてるんだから笑止千万。

  7. 「ダメな文章を書く人は、文章が下手なのではなく、そもそも自分が何を伝えようとしているのか自分で理解できていない場合が多い」

    と、村上龍が言ってました。

    で、橘さんは何が言いたいの? 杉田女史の発言にはどうお考え? 肯定? 否定?

    昼間の頭の悪いコメンテーターみたいな記事にファンの一人として失望を禁じえません。

  8. >橘さんは何が言いたいの? 杉田女史の発言にはどうお考え? 肯定? 否定?

    橘さんの言いたいことは、

    保守のジャンヌ・ダルクと持ち上げられた女性の国会議員

    「保守派に迎合しようと発言したけど、失敗しましたね!」

    ってことです。

    どんな政治家であっても、

    自分の意見というより、

    「社会的証明」
    ttps://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%A4%BE%E4%BC%9A%E7%9A%84%E8%A8%BC%E6%98%8E

    から自由ではありえないということなのです。

    政治家はえてして、

    「単なる風見鶏」

    なのです。

  9. やっぱりあれじゃないか?
    Y口二郎法政大教授らのグループに億超の科研費が交付されていたこと。
    さらに、そのGの連中がいずれもレフトでしかも半日活動家ばかりだったことを
    明らかにしてしまった・・・
    これ以上水脈さんに動き回られたらやばいよねwww

  10. >最近の橘さんは自分の考えに合わないと全部ネトウヨにする傾向がありますね。

    保守、ネトウヨは、「日本」に関係ないことはリベラルでかまわないのです。
    と書いていながら、次には、ネトウヨは、さまざまな弱者利権を攻撃する。
    と書いていて、文章が矛盾している。
    ネトウヨはアンデンティティ化に関係ない人達なのだろうか。
    しかし、ほかの文章では、ネトウヨは、アイデンティティ化しているといっていたはず。
    ネトウヨとはなにかの定義が混乱している。

    >右派論壇のひとたちは、この件については奇妙なことにみな沈黙を守っています。

    保守、ネトウヨは、「日本」に関係ないことはリベラルでかまわないのです。のとおりでしょう。
    ただ、沈黙するのはおかしい。このような批判はきちんとすべきだ。

    NHK、朝日、文春が揃って杉田水脈の“人権蹂躙” – アゴラ http://agora-web.jp/archives/2034089.html
    NHK、朝日新聞、週刊文春、地元の神戸新聞(デイリースポーツの親会社)といったメジャーなマスメディアが信じがたく酷い人権侵害を行い、杉田氏や家族の安全すら危惧される

    また、LGBTに税金を使うかどうかもきちんと議論されるべきこと。

  11. 保守のジャンヌ・ダルクをあげつらうなら、左翼のリカちゃん人形もあげつらわないとバランスが取れませんよ。

    人格障害? 立教大教授・香山リカの異常な醜態www
    2016年01月14日
    本質からずれる日本の社会運動-香山リカの奇行から考える 石井 孝明
    香山リカさんという精神科医がいる。左翼文化人であったが、奇行を繰り返しメディアから消えた。そしてネットでまたおかしな行為が暴かれた。

    10日に右派団体が行ったデモにまとわりつき、夜叉のような顔で、中指を立て(欧米での下品な攻撃的仕草だ)抗議をし、デモに向けて「バカ野郎、豚野郎、ウァー」と叫び続けていた。また映像全編を見ると、周辺の人の騒ぎも異常で、街の迷惑だ。
    私の愛する東京から、双方の団体は出て行ってほしい。
    https
    50才代の精神科医が大きな心の闇を抱え、何かに取り憑かれている。それに滑稽さと気の毒さを感じる。そして香山さんのこの行為をきっかけに、日本の社会運動の奇妙さを考えた。
    ttps://ryotaroneko.ti-da.net/e8305767.html

  12. 今回の杉田氏の発言について
    「『ネットの匿名コメント』以外の論調は、ほぼ批判もしくは沈黙。
     積極的に同意する意見は皆無」というのは事実だと思います

    また、ネットの匿名コメントにおける擁護の論調も、
    「杉田氏を批判している野党やマスコミに対するアンチ行為」の面が強く
    「杉田水脈氏本人」についてはどうでもいいと考えている人が多いように感じられます

    現に、杉田氏自身に対するネットの論調は冷淡なものも多く、5ちゃんねるですら
    「敵に攻撃材料を与える無能な味方は不要」
    というような論理で杉田氏を批判する声も少なくありませんでしたし

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

投稿したコメントが表示されない場合は、SPAM判定された可能性があります。詳細はこちらをごらんください。