第78回 チケット転売は不道徳か(橘玲の世界は損得勘定)


6月末から7月半ばまでロシアを訪れ、日本サッカーの歴史に長く語り継がれるであろうベスト16のベルギー戦を含む4試合を観戦した。

この話をすると必ず、「チケットはどうやって入手したんですか?」と訊かれる。ワールドカップを観に行こうと決めたのは開幕の1カ月ほど前で、すでにチケットの販売期間は終わっていたから再販(リセール)で入手するしかない。

日本では人気アイドルグループなどのコンサートチケットが高額で転売されているとして問題になっているが、ワールドカップも同じで、FIFA(国際サッカー連盟)はオフィシャルのリセールしか認めていない。だがこれは定額での再販になるので、抽選で運よく人気試合を引き当てたひとは、当然のことながら、高値で転売できる民間のサービスを利用しようとする。

さらに問題なのは、今回はじめて導入されたFAN IDというシステムだ。ラミネート加工された顔写真入りのIDで、スタジアムに入場する際に携行を義務づけられている。FAN IDはチケットを入手したのちネットで申請し、日本まで郵送してもらう。それを考えれば、購入できるかどうかわからない正規の手段に頼るわけにはいかない。

ワールドカップのチケットは購入者の名前が印字されており、再販で購入した場合は他人名義になる。そのためFIFAはネットで名義変更できるようにしているが、これは新しい所有者の名前を印字したチケットが再発行されるのではなく、サーバーのデータを修正するだけだ。その結果、名義変更したひとも他人の名前のチケットで入場することになる。

「民間業者で購入した転売チケットでスタジアムに入場できるか」がしばしば議論になるが、身分証明書(FAN ID)の名前とチケットの名義を照合し、他人名義の場合は名義変更されているかをいちいち確認していては大混乱になってしまう。こうして、「チケットをもっていればどんどん入場させる」ということになる。

これは厳密にはルール違反だが、その一方でFIFAに改善するつもりがまったくなさそうなところを見ると、こうした現状を黙認しているともいえる。市場原理に頼らなければ効率的にチケットを流通させられないのだ。

もっとも合理的なのは、チケットを電子化したうえで、FIFA自体が転売市場を運営することだろう。これなら、自国チームが敗退してもチケットを転売できないとか、たまたま休みが取れたがチケットが手に入らないといった残念な事態を最小化できるだろう。

なぜこれが実現できないかというと、「チケットで金儲けするな」との批判があるからだろうが、抽選が道徳的で、お金を出して購入するのが不道徳だという理由はない。抽選は公平ではなく、運のよさで希望者を「差別」している。

ちなみに、私が調べたときは決勝戦のチケットは最低でも70万円だったが、フランス×クロアチアに決まったあとは20万円まで下落していた。転売が常に儲かるわけではないのだ。

橘玲の世界は損得勘定 Vol.78『日経ヴェリタス』2018年8月12日号掲載
禁・無断転載

コメントを閉じる

3件のコメント

  1. チケットの転売を禁止しているのは、主に興業主側の都合で、

    人気のある番組のチケットは高値でも
    その他ほとんどの人気のない番組のチケットが二束三文となると、

    トータルとしての売り上げが下がるからですよ。

    ナニワ金融道の肉欲棒太郎はこの矛盾に気づき、
    チケット屋として再起しました。

    もっとも興業主側も然る者で、
    かつてチケット屋の主力商品であった交通系の回数券は
    電子マネーの普及によって駆逐されつつあります。

    これが進むと、コンサートやイベントのチケットも
    電子マネーとひも付きになり、チケット屋の駆逐はさらに進む
    でしょう。

    何が言いたいかというと、
    フリーランチは常に存在するが、そのパイは限られているので
    どんどん食い尽くされてしまうということです。

    橘さんには、フリーランチの素早い見つけ方をこそ期待しているのです。

  2. 台風が接近とかの諸事情もあって、早め早めに帰宅した。

    「マルチハザード」と言われても何人が理解できるのか‥
    大人が何やら責任回避の余地無くすための曖昧証拠で嫌や
    類似は、消え去るべき会社が既得権持ち続ける刹那の長さ

    官房長官は、なぜか通信事業の利益を減らせと言い出したが、
    まず自ら政官費、とりわけ直ぐ指示できるNHK料金減らしたら!

    ここ橘さんは若者に向け、リスク取る勇気の価値を例示したが
    若者が疑っているのは、橘さんはNHKの回し者に慣れ果てたか

    だが、絶対矛盾的自己同一の解説本を読んでる私も同じMUJIな。

  3. VRが進化するとスタジアムで観戦するより、自宅のテレビなんかで
    観戦したほうが

    臨場感(選手や審判に小型カメラをとりつけてその視点から見えるように
    なるなど)が得られるようになる可能性もあります。

    そんな時代に少なくないカネと時間をかけて現地に行った理由は
    何でしょうか?

    映画「マトリックス」みたいに、

    「マトリックス」=「すべてがコンピュータで作られた幻影」

    ということの否定からでしょうか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

投稿したコメントが表示されない場合は、SPAM判定された可能性があります。詳細はこちらをごらんください。