沖縄県知事の死を冒瀆するひとたちの論理 週刊プレイボーイ連載(350)


沖縄の翁長雄志知事が闘病の末に亡くなりました。がんを明らかにしてから、ネットには容姿や病状についての読むに堪えないコメントが溢れ、訃報のニュースは一時、罵詈雑言で埋め尽くされました(その後、削除されたようです)。

こうしたヘイトコメントを書くのは「ネトウヨ」と呼ばれている一群のひとたちです。彼らは常日頃、「日本がいちばん素晴らしい」とか「日本人の美徳・道徳を守れ」とか主張していますが、死者を罵倒するのが美徳なら、そんな国を「美しい」と胸を張っていえるはずがありません。真っ当な保守・伝統主義者は、「こんなのといっしょにされたくない」と困惑するでしょう。

ネトウヨサイトについては、最近は「ビジネスだから」と説明されるようです。しかしこれでも話はまったく変わりません。ヘイトコメントを載せるのはアクセスが稼げるからで、それを読みたい膨大な層がいることを示しています。

自分が白人であるということ以外に「誇るもの」のないひとたちが「白人アイデンティティ主義者」です。彼らがトランプ支持の中核で、どんなスキャンダルでも支持率が40%を下回ることはありません。同様に、安倍政権の熱心な支持者のなかに、日本人であるということ以外に「誇るもの」のない「日本人アイデンティティ主義者」すなわちネトウヨがいます。

彼らの特徴は、「愛国」と「反日」の善悪二元論です。「愛国者」は光と徳、「反日・売国」は闇と悪を象徴し、善が悪を討伐することで世界(日本)は救済されます。古代ギリシアの叙事詩からハリウッド映画まで、人類は延々と「善と悪の対決」という陳腐な物語を紡いできました。なぜなら、それが世界を理解するもっともかんたんな方法だから。

ネトウヨに特徴的な「在日認定」という奇妙な行為も、ここから説明できます。自分たち=日本人と意見が異なるなら「日本人でない者」にちがいありません。事実かどうかに関係なく、彼らを「在日」に分類して悪のレッテルを貼れば善悪二元論の世界観は揺らぎません。

今上天皇が朝鮮半島にゆかりのある神社を訪問したとき、ネットでは天皇を「反日左翼」とする批判が現われました。従来の右翼の常識ではとうてい考えられませんが、この奇妙奇天烈な現象も「朝鮮とかかわる者はすべて反日」なら理解できます。

ところが「沖縄」に対しては、こうした都合のいいレッテル張りが使えません。「在日」に向かっては「朝鮮半島に叩き出せ」と気勢を上げることができますが、基地に反対する沖縄のひとたちを「日本から出ていけ」と批判すると、琉球独立を認めることになってしまうからです。

こうして沖縄を批判するネトウヨは、「反日なのに日本人でなければならない」という矛盾に直面することになります。これはきわめて不愉快な状況なので、なんとかして認知的不協和を解消しなければなりません。「翁長知事は中国の傀儡」とか「反対派はみんな本土の活動家」などの陰謀論が跋扈するのはこれが理由でしょう。――都合のいいことに、探せば本土から来た市民活動家は見つかります。

ネトウヨは、「日本人」というたったひとつしかないアイデンティティが揺らぐ不安に耐えることができません。「絶対的な正義」という幻想(ウソ)にしがみついているからこそ、平然と死者を冒瀆してまったく意に介さないのです。

参考:高麗神社参拝の天皇陛下を「反日左翼」と呼ぶ人たち

『週刊プレイボーイ』2018年8月27日発売号 禁・無断転

コメントを閉じる

15件のコメント

  1. 沖縄の反米軍基地運動に中共や極左活動家の影があることは明白です。

    その上で、大陸からの防衛とシーレーンを考えると、沖縄に米軍基地を
    ある程度置いておくことは、日本の防衛上からも非常に重要なのです。

    この点を踏まえずに、単に住民感情だけから米軍基地撤退を叫ぶことは
    知事としては問題があったというのが正当な評価でしょう。

    橘さんは「日本人」というアイデンティティを持つことを強固に否定していますが、

    それならば、香港や台湾に行って、そこの人たちの

    「香港人」や「台湾人」というアイデンティティをも否定しなければなりません。

    あんたら同じ「支那人」だろ。仲良くしろよ!と。
    これを台湾や香港で言ったらどうなると思いますか???

    ちょっと前に香港で起こった「雨傘運動」は
    「香港人」であることへの誇りという面もあり、
    大陸に飲み込まれることの否定でもあるのです。

  2. 沖縄の分析は浅すぎてピントを外しています。

    常識的な保守、リベラルがいる一方、両陣営にもとんがっている勢力はあります。
    とんがっている右を持ち出すならば、とんがっている左を持ち出さないといけません。

  3. いっぺんこじれてしまうと延々と
    揉めるっていうのはどこでも良くある話ですね。
    鳩山が適当な発言をしなければ、
    道筋立てずに最低でも県外とか言わなければ。
    政治家は結果責任を負うべきです。

  4. 分かりやすくて簡潔な、

    勧善懲悪物語やハリウッド映画といった
    善悪二元論を否定するならば、

    その大元である
    キリスト教をこそ批判しなければなりません。

    フリードリヒ・ニーチェは善悪の彼岸を提唱し、
    キリスト教における善神勝利一元論に即した善悪の二元論を批判したとされるが、そうした自らの言説が善悪二元論を呈するという矛盾に陥ったのです。

    ところで、善悪二元論というか、物語において対立構造を明確にする
    演出というのは、
    マンガでもしばしば使われています。

    福本信行の
    「天 天和通りの快男児」
    では、最初は人情麻雀マンガとしてはじまったにも関わらず、
    東西対立を明確にし麻雀東西対抗戦になってから
    人気が出ました。

    ということは、
    勧善懲悪や東西対抗戦といった

    分かりやすい対立構造を求めることも
    ヒューマン・ユニバーサルの一種なのです。

    私たちはそれを
    克己するための方法をこそ考えるべきです。

    その具体例として、
    同じく福本信行作品マンガ「カイジ」
    からのスピンオフ作品である、

    「トネガワ」

    「ハンチョウ」

    を挙げておきます。

    どちらも「カイジ」のなかでは
    極悪・悪役
    として登場しましたが、
    スピンオフ作品中では、愛すべき人物として描かれています。

    これこそが善悪二元論を乗り越えることではないでしょうか?

  5. 橘さんのネットウヨとレッテルを貼って気に入らないことを叩く芸風は治まりませんね。

    >彼らの特徴は、「愛国」と「反日」の善悪二元論です。
    これこそ最近の橘さんですよ。
    ネットウヨとパヨク(左翼のネットでの蔑称)との二元論に無理矢理落とし込んでますよ。

    だいたい政治問題や社会問題はネットだと罵詈雑言が飛び交うのは当たり前なのに、
    それをいちいち集めてあれはネットウヨとか言うのはちょっと子供じみてますよ。

  6. 日本人なら日本人アイデティティーを持って当然だし、その在り方は所詮ひとそれぞれ。「それしか誇るものがない」は論理の飛躍かと。

  7. 今までは、ブログや『朝日ぎらい』の中で、中立を装いながら、ネトウヨをそこはかとなくディスってましたが、橘先生も漸く旗幟が鮮明になってきましたね。
    良いんじゃないですか自分の依って立つところを明らかにして、ネトウヨをディスるのは。中立を装いながらディスるのは、卑怯ってもんですよ。

  8. アメリカにはたくさんの負け組が居て”俺たちの大統領”を誕生させる力がある。

    一方日本では、普通に生活していれば負け組になることはなく(勝ち組にもなれないが)、圧倒的少数派な負け組ネトウヨ引きこもりの”俺たちの首相”は不可能。

  9. 沖縄の翁長知事とは、
    どういった人物だったのでしょうか?
    橘さんの意見を聞かせて下さい。

    私はネトウヨに分類される立場ですが、
    ヘイトをする程ではありません。。

    死者に鞭を打つことは避けたいですが、
    翁長知事はおかしい!
    とは思っています。

    彼のことをよく知らないので、
    是非ともお願いします。

  10. >沖縄の翁長知事とは、
    >どういった人物だったのでしょうか?

    Wikipediaによくまとまっています。
    自民党出身で1985年から政治家としての活動を続けてきた。那覇市議会議員(2期)→沖縄県議会議員(2期)を経て、那覇市長、沖縄県知事を歴任した。

    ある意味、非常に日本的な土着の政治家ですな。

    ttps://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%BF%81%E9%95%B7%E9%9B%84%E5%BF%97

    沖縄県知事としての翁長知事の立場と、

    日本及び東アジア全体の安全保障を配慮すべき立場である
    日本政府や在日米軍との利害関係は対立するのは致し方ない
    といったところでしょうか?

    日本の安全保障上、どうしても沖縄に必要な米軍基地の負担が大きいならば、

    日本政府は、思い切った政策、

    たとえば、沖縄は消費税免税地域とする

    ぐらいの政策をとれれば違っていたでしょうな。

    閑話休題。
    ルックイースト政策で有名な
    マハティール・ビン・モハマド(Mahathir bin Mohamad、1925年7月10日/12月20日 – )は、マレーシアの政治家、医師。現在、同国首相。同国首相の中では最長の22年間(第4代:1981 – 2003、第7代:2018 – )を務めている。なんと93歳で現役の首相ですよ。中曾根康弘もびっくりですな。

    開業医から政治家に転じ、欧米諸国ではなく、日本の経済成長を見習おうというルックイースト政策をはじめ、長期に及ぶ強力なリーダーシップにより、マレーシアの国力を飛躍的に増大させた。

    ですが、マハティールは、自分と縁のあるランカウイ島で

    ランカウイ島は1978年に自由貿易地帯に指定されたため、島内で売られている商品には関税などの税金は一切かからなくなった。1980年代後半より、政府主導で「第二のペナン島」を目指して観光開発が進み、アジア各国はもとよりヨーロッパからの観光客が多数来る一大リゾート地となっている。

    といった政策運営をしています。

    日本政府も沖縄もこれに習い、自由貿易地帯ぐらいにすればいいのに。

  11. 尖沙咀教授、
    反米軍基地活動ってそうなんですか。
    ところで皇居の周りをぐるぐる回っているあのうるさい車って
    どうも異国情緒あふれているのは私の気のせいでしょうか?
    また先日台北で、共産制万歳!とか大音響で流してまわっていた車は
    どうも台湾人っぽくない人たちがやっていたように見えたのは
    なにかの見間違いだったのでしょうか?

  12. ただ単に、左翼にも右翼にも、いろんな人がいるってこった。

    たとえば、Youtubeでこんな動画を見つけました。

    國體護持一代 主題歌full
    ttps://www.youtube.com/watch?v=kuJhr2oBhAU

    しかし、これを作った人は
    「大山倍達」
    が朝鮮出身であるのを知っているのでしょうか?

  13. 沖縄に行ったのはもう何年も前ですが現地の新聞を読むと一見リベラルに見える反面沖縄ナショナリズムも強く本土の新聞とはずいぶん趣きが違うなと思いました
    そしてそのスタンスは私にとっては割と心地よかったです
    沖縄の基地問題も底流には沖縄ナショナリズムが反映されてると思います
    本土でも「愛国左翼」的なスタンスの新聞があってもいいと思うんですけどね
    そうすればネトウヨ諸君も大挙して流れ込むかもしれませんよ

  14. >ネットウヨとパヨク(左翼のネットでの蔑称)との二元論に無理矢理落とし込んでますよ。

    沖縄の普天間基地の移転に反対することへの批判は、理屈がとおっているものもあるし、中共や極左活動家の影があることも事実だ。しかし、橘玲は、ごく一部のネトウヨが「翁長知事は中国の傀儡」とか「反対派はみんな本土の活動家」と言い過ぎたり、過激なことを言っているところをとりあげて、ネトウヨすべてを、おまえらは、日本人以外に誇れるものがないから過激になるのだと批判する。ここでおかしいのは、すべてのネトウヨがそこまで過激なことを言っているわけではないし、また、それはネトウヨでなく、愛国でもなんでもない、ただの愉快犯かもしれないし、過激になるのは、単に面白いから、めだちたいからというのもあるだろうということ。つまり、橘玲の論は、自分勝手な決めつけが多い。レッテル貼りで、過激な善悪二元論になっているのは橘本人だというおかしさがあるだろう。

  15. >橘玲の論は、自分勝手な決めつけが多い。レッテル貼りで、過激な善悪二元論になっているのは橘本人だというおかしさがあるだろう。

    だから、これこそが橘さんの
    「スティグマ」
    なのです。

    大学教授や専門家ならば、

    自分の発言の
    「瑕疵担保責任」
    を問われるリスクがあるから、

    やたらと分かりにくい表現や言い回しをして
    リスク回避をするわけです。

    保険契約書、法律の条文や官僚のつくった国会答弁が
    こんなに分かりにくいのはこのためなのです。

    雑誌の編集者がこんな文章を書いてたら
    返品の嵐になるわけで、

    少々問題があっても、
    「読者ウケ」をねらった、
    マンガの次回予告の柱文である

    「アオリ文」
    ttps://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q11154258941
    と思えば腹も立たないでしょ?

    スティグマとは?
    〔ギリシャ語で、奴隷や犯罪者の身体に刻印された徴(しるし)の意〕

    個人に非常な不名誉や屈辱を引き起こすもの。ゴフマンが用いた。

    社会的に差別される存在であることを示す肉体上の烙印を,ギリシア人がこうよんだのが語源。烙印は客観的特徴であることから,その属性をもった人に対して差別することの社会的合意がある客観的属性のこと。スティグマを付与された個人は,本来望ましい属性をもっていても望ましくない属性をもつものと不当かつステレオタイプ的に偏見をもたれ差別される点で,潜在的・顕在的なスケープゴートであるといえる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

投稿したコメントが表示されない場合は、SPAM判定された可能性があります。詳細はこちらをごらんください。