「バカ」「死ね」に表現の自由はあるのか? 週刊プレイボーイ連載(351)


ネットセキュリティ会社の社員が、「低能先生」と呼ばれていた40代の男性に刺殺されるという衝撃的な事件が起きました。

報道によると、容疑者は国立大学を卒業したあと職を転々とし、3年前は福岡県のラーメン店で働いていたものの事件当時は無職でした。その学歴からわかるように、容疑者はけっして「低能」ではなく、ネットのコミュニティで他のユーザーを「低能」と誹謗中傷することからこのあだ名をつけられたようです。無職でも生活できたのは、おそらくは親の援助で暮らしていたからでしょう。

地元で最高の大学を卒業したものの社会生活がうまくいかず、ラーメン店を辞めた頃からアパートに引きこもるようになり、ひたすらネットの書き込みをつづけていたという姿が、ここからは浮かんできます。嫌がらせ投稿を理由に100回以上もアカウントを凍結されたにもかかわらず、新規IDで復活してはまた投稿を始めたことからも、その常軌を逸した執着心がわかります。

犯行の動機は、被害者が通報(ID凍結)を主導していた(と思い込んだ)ことへの逆恨みとされています。これは捜査の進展を待つほかありませんが、容疑者がなんらかの精神障がいを患っていた可能性も考えられます。いずれにせよ、部外者にはささいな諍いとしか思えないIDの凍結が、容疑者の歪んだ理屈では、死でもって償わせなければならないほどの重罪であったことは間違いありません。

アイデンティティは「自分らしさ」のことと思われていますが、これは正確ではなく、「社会的な私」の核心にあるものです。30~50人程度の小さな集団で狩猟採集生活をしていた旧石器時代には、共同体から排除されることは即、死を意味しました。徹底的に社会的な動物であるヒトにとって、「自己」は他人との関係のなかに埋め込まれているのです。

孤独であっても、あるいは孤独だからこそ、ひとは社会のなかで自分の居場所を求めます。その方法は千差万別ですが、プライドの高い容疑者にとっては、誰彼かまわず「低能」と罵ることだったのでしょう。

ところで、「バカ」「死ね」が自己実現のための唯一の表現だったとするならば、それを「表現の自由」として認めるべきでしょうか。

ネットでコミュニティサービスを提供する企業は、規約で発言削除やID凍結の権限を定めています。不適切な発言を通報するのは、ネットの言論空間を健全なものに保つために必要なことでしょう。しかし容疑者はそれで反省することはなく、ますます被害妄想を募らせていったようです。

アイデンティティ(社会的な私)を攻撃されると、ヒトの脳は身体的な暴力と同じ痛みを感じます。生命が危機に瀕すれば全力で抵抗しますから、いったんこの状態になるともはや理性は通用しません。ネットの共同体から排除されそうになった容疑者は、自分が集団でリンチされているかのように感じていたのではないでしょうか。

この事件ほど極端でなくても、ネットが社会の隅々にまで広がった現代には、そこにしか居場所のないひとが膨大にいそうです。彼らをどのように包摂すべきか、あるいは排除してもいいのか、私たちはようやくこの問題に気づいたところです。

『週刊プレイボーイ』2018年9月3日発売号 禁・無断転載

コメントを閉じる

10件のコメント

  1. 低能先生について、実は私はかなり親近感があるので
    ちょっと調べたことがあります。

    橘さんの認識にちょっと誤りがあるので、修正しておきます。

    >容疑者は国立大学を卒業したあと職を転々とし、

    九州大学を8年在籍したものも中退。

    >無職でも生活できたのは、おそらくは自宅で暮らしていたからでしょう。

    出身は熊本の天草で、学生時代から住んでいただろう
    アパートの家賃を仕送りしてもらっていた。

    高校まではとても秀な生徒であった人間が、
    大学でドロップアウトしてしまった例ですな。

    この理由は、高校までの勉強は個人の頑張りでなんとかなりますが、

    大学で「ぼっち」だと、
    どの授業の単位がとりやすいか(いわゆる鬼仏表)
    過去問やノートのコピーが手に入らなかったりして、

    容易にドロップアウトしてしまうリスクがあるのです。

    橘さんの80’sにも、大学でドロップアウトしてしまう
    友人の話がでてきますが、これと同じですよ。

    東京の大学だとホリエモンのようにドロップアウトしても
    成功する人はたくさんいますが、

    なまじ地方の有名大学だと
    優秀だったと自認していた人間が
    留年などしてドロップアウトすると
    アイデンティティが崩壊しまうのです。

    私が低能先生について、親近感があるのは
    これを実体験したからですよ(^^)/。

  2. ネットの変な人とリアルで関わることでお金を稼いでいる人は大変ですね。

    普通の生活をしていれば顔を合わすこともない、ホームレス以下の存在。

  3. 尖沙咀教授は有名大のぼっちでドロップアウトしたから才を持て余し毎回コメントに精を出されているのですね。そんな生活に憧れます。
    わたしゎ有名大でもない低脳ですが、低脳ゆえに、過去問やノートなんて乞食のように手当たり次第に声をかけてまわり、くれたらニコニコお礼しとけばなんとかなる程度の代物でした。それ以降長らく低脳ゆえに時間も自由も社会に搾取されており、やはり低脳はいけません。

  4.  >いずれにせよ、部外者にはささいな諍いとしか思えないIDの凍結が、
     >容疑者の歪んだ理屈では、死でもって償わせなければならないほどの
     >重罪であったことは間違いありません。

    以前、セキュリティに関してネットを検索していて
    くだんの、刺殺された方のブログに迷い込んだことがあります。

    初対面の読み手にとってひどくぞんざい、
    かつ嘲笑的な文面と陳腐な話題、専門家としては
    やや散漫な整理にイラっと来たので、「二度とは参照しないだろう」と思いつつも
    ブログの自己紹介を見てみると、
    ブログをテコに著述家をされているらしいと知り、
    ネット言論の安直さと、著述家と素人を隔てる出版の垣根の低さには改めて呆れた――
    それが、報道を投資手、殺傷された被害者のハンドルを再び目にしたときの印象です。

    つまり、今どきは、はてブに限らず(ヤフーやら、ブロゴスやら)
    PVこそ稼いではいても、実体の薄い”有名人”や、
    床屋談義の付け焼刃と泥縄のググり検索で非専門分野にまで容喙する
    貧弱な自称アナリストは、ネットには掃いて捨てるほどいるわけです。

    容疑者は、哲学科でイスラム思想を専攻していたと思いますが
    誤読を含めて、なまじ小難しい専門書をかじっている人間だけに
    ネットの狭い世界には、攻撃対象は幾らでも湧いて出てきたことは想像に難くない。

    個人的に、直に出向いて論者の無知を暴いて面罵し、
    不当に得ている地位から引きずりおろしてやろうとまでは思いませんが、
    ただ、愚図なネット情報に接する時間が増えれば増えるほど
    そして、世間との接点が減ればその分だけ、
    この容疑者のように、相手を”公共の場”から抹殺してやりたいとか、
    俺の方が”完全に”正しいという気持ちは、自分の内面においてさえも
    折り合いがつかなくなるのだろう、そう思います。

  5. >わたしゎ有名大でもない低脳ですが、低脳ゆえに、過去問やノートなんて乞食のように手当たり次第に声をかけてまわり、くれたらニコニコお礼しとけばなんとかなる程度の代物でした。それ以降長らく低脳ゆえに時間も自由も社会に搾取されており、やはり低脳はいけません

    実は、「幸せはいつも「下流」にある」のです。

    「幸せはいつも下流にある」
    ttp://mayohare-fx.com/rangewomate_chart/

    若い頃は、成功は常に上流にあると勘違いして、大波を乗り越える押しの強さを身につけようと躍起になっていました。

    金銭欲や出世欲だけを推進力とした船は、見た目は豪華ですがバランスが悪く、意外に脆いものです。

    流れに抗うのは相場でも実生活でも「労多く利少なし」です。

    ボクはそれを経験して、全く逆の発想になりました。

    今は、自分でつくった丸太のイカダにのって流されるままに流されています。

    「上にいかないなら、下にいけばいいや」

    「下にいかないなら、上にいけばいいや」

    最近では、ただ流されるほうが、悪いことが起こらないんじゃないかという予感さえしてます。

    抗う心が、本来の流れを見失わせ、不幸な選択を招くような気がします。

    幸福は絶対的ではなく、相対的でセンスのようなものです。

    お金や権威みたいな絶対的なものが手に入らなくても、幸せのセンスがある人が幸せになれる。

    家族3人と犬一匹が乗れる頑丈なイカダがあれば、あとは「今」を楽しめるセンスがあればいいです。

    過去を悔やんでも、未来を憂いても、どうしょうもない。

    ただ、今したいことをする。

  6. 低脳さにあらがわず低脳な流れに乗って低脳に生きて満足すればなにも不都合なことはなく、刺して迷惑をかけるようなこともないということと、
    そういう人は別に欲を掻かないので、だいたい下流に落ち着くんじゃないですかね。。
    みんなで貧しい僧侶になれば、万事オッケー、解決じゃないですか。

  7. >この事件ほど極端でなくても、ネットが社会の隅々にまで広がった現代には、そこにしか居場所のないひとが膨大にいそうです。彼らをどのように包摂すべきか、あるいは排除してもいいのか、私たちはようやくこの問題に気づいたところです。

    これを読んで思い出したのが、
    『新スタートレック(TNG)』や『スタートレック:ヴォイジャー(VOY)』に登場する

    ホロデッキ(VRシミュレータ)中毒の

    レジナルド・バークレー
    ttps://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AC%E3%82%B8%E3%83%8A%E3%83%AB%E3%83%89%E3%83%BB%E3%83%90%E3%83%BC%E3%82%AF%E3%83%AC%E3%83%BC
    ですな。

    実力がありながら人格的に問題を抱える人物として描かれ、人前ではおどおどしたところや、吃音(どもり)や虚言癖の傾向がある。

    TNGの話の中では直属の上官である機関部長ラ=フォージは、友人として扱ったり、重要な任務を任せたりしながら、本当は実力があることを説く。その甲斐あってバークレーはラ=フォージを信頼、実力を発揮。数々の事件の解決に手を貸したわけです。

    つまり低能先生やその予備軍であったとしても、

    適切なメンターがいて、
    さらにネットの中ででも適切な居場所があれば
    社会に参加できる余地はあったのではと思います。

    適度なパラノイアは精神衛生上好ましい
    デイトレード 〜 マーケットで勝ち続けるための発想術(オリバー・ベレス)

  8. 居場所がない人が膨大にいるなら、それを私たちは包摂はともかく排除は出来ません。
    それが出来るとしたら、民主政ではなく、全体主義国家であるからです。
    そういう発想が出来るサヨやリベラルの人たちは、表面上人権尊重だの美辞麗句を並べ立てはしますが、自分たちと考えの違うグループへの攻撃は、ネトウヨの極端な人たち同様かそれ以上に、苛烈なものだと思いますよ。

  9. 居場所がなかった人といえば、

    低能先生と同窓の
    九大箱崎キャンパス火災 元院生の男性 放火し自殺か 身元判明、福岡東署
    ttps://www.nishinippon.co.jp/nnp/national/article/450029/
    が印象的ですな。

    難関大学に入ることがアイデンティティになると、
    これらの例に象徴されるように、それ以外の道が見えなくなるのです。

    橘さんのAICのAlternative Investment Clubの

    alternativeという英単語には、

    別の可能性、取って代わるもの、代替手段

    と言う意味があります。

    私は学歴でも会社でも投資でも

    別の可能性、取って代わるもの、代替手段を提示してほしいのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

投稿したコメントが表示されない場合は、SPAM判定された可能性があります。詳細はこちらをごらんください。