【書評】石川幹人『生きづらさはどこから来るか』


前回のエントリーで行動遺伝学を紹介したが、ちくまプリマー新書の一冊として刊行された『生きづらさはどこから来るか』は、進化心理学や行動遺伝学を中高生でもわかるように説明したとてもいい本だ。

著者の石川幹人氏は情報工学の専門家で、超心理学の研究でも知られているが、近年は進化論に基づいた新しい心理学の入門書を積極的に執筆している。そのなかでもこの本は、「なぜ生きることはこんなにつらいのか?」という問いに対して、科学的に正確に、かつ誠実にこたえようとしている。

進化と遺伝についての説明をした後、石川氏は、世界が残酷で理不尽である理由を述べる。“残酷”というのは、遺伝の影響は私たちが思っているよりも大きく、神経症や精神疾患を含む性格の半分は遺伝で、能力にいたっては8割ちかくが遺伝によって決まってしまう、ということだ。“理不尽”というのは、高度に文明化した社会では特定の能力を持つひとだけが優遇されるということだ。

下の表は、一卵性双生児と二卵性双生児の比較研究から統計的な手続きによって検証された遺伝の影響だ。双生児研究は反証可能な科学的手法によって厳密に行なわれていて、現時点では有力な反証がなされていないという意味で、これが“事実”もしくは“真実”だ(なお、この表は安藤寿康『遺伝マインド』からの抜粋だ。この画期的な本についてはあらためて書評したい)。

先のエントリーでも述べたように、一卵性双生児は、受精したひとつの卵子が途中でふたつに分かれてそれぞれが1個体になったのだから、2人はまったく同一の遺伝子を持っている。それに対して二卵性双生児はふたつの卵子が別々に受精したものだから、遺伝的にはふつうの兄弟姉妹と変わらない。

一卵性双生児と二卵性双生児は、この世に同時に生を受け、通常は同じ家庭環境で育つから、もし仮に、性格の形成に遺伝がなんの影響も及ぼさないとするならば、(家庭環境は同一なのだから)一卵性であっても二卵性であっても「似ている度合い」はほぼ同じになるはずだ。このようにして、双生児の研究から性格における遺伝の影響を統計的に調べることができる。

表のなかで、「一卵性」「二卵性」の項目が、双子の似ている度合いだ。たとえば「神経症傾向」では、一卵性双生児が46%の割合で似ているのに、二卵性双生児は18%しか似ていない。それ以外の要素も、すぐにわかるように、一卵性双生児の方が二卵性双生児よりもはるかに似ている。

こうして計測した遺伝の影響を表わしたのが「遺伝」の項目で、「神経症傾向」では46%となっている。とりわけ遺伝の影響が強いのが「能力」のブロックで、「音程」「音楽」「執筆」「数学」「スポーツ」などの能力は遺伝の影響が80%を超えている。遺伝的な適性のないものは、努力してもできないのだ。

石川氏は、これが「生きづらさ」の理由で、そのことを認めたうえでどのように生きていくのかを考えるべきだという。「やればできる」という精神論を唱えて科学的事実を否定しても、なんの意味もない(表の「共有環境」と「非共有環境」については前回のエントリーを参照)。

遺伝的な多様性を持つことは、進化の最適戦略でもある。全員が同一の遺伝子のコピーなら、環境が変わったとたんに絶滅してしまう。その意味で、遺伝的な能力に大きなばらつきがあることは不思議でもなんでもない。問題なのは、高度化した文明社会が特定の能力(知能)だけを過剰に高く評価することだ。

私たちの社会には、知識社会に遺伝的に適応できず、生きづらさを感じるひとがかなりの割合でいる。それが道徳的に正当化できるかどうかは別として、まずはこの“残酷な世界”を認めるところから出発しなくてはならない。

進化心理学では、わたしたちの脳(意識や感情)は石器時代に最適化されたままだと考える。進化のスピードは一般に考えられているより速いとはいえ、産業革命以降の劇的な環境の変化に遺伝子が適応できるはずはないからだ。

石器時代の狩猟採集生活では、職業選択は問題にならなかった。食物を得るために努力しなければ餓死してしまうのだから、誰もが自分の得意なことをして集団に貢献するしかない。こうして、集団から認められること(承認)を喜びと感じる一方で、ルールを破って自分だけが得しようとする打算などの行動が生まれた。こうした感情が進化の産物であることは、チンパンジーなど集団で生活をする霊長類にも同様の行動が見られることからも明らかだ。

狩猟採集社会では、働かなければ(食料を手に入れなければ)死ぬだけだ。ところが文明社会では、職業が生死に直結しなくなったために、「すべき」仕事がなくなってしまったと石川氏はいう。職業が生死と切り離されたことによって、私たちは「すべき」仕事をするのではなく、「したい」仕事を探すという人類史的な転換を経験することになった。“自分さがし”は昨今の流行ではなく、文明化がもらたす必然なのだ。

さらに石川氏によると、私たちは情報の選択に関しても進化論的な困難を抱えている。

狩猟採集社会では、ひとびとは100人前後の小さな集団をつくって、濃密な人間関係のなかで暮らしていた。そのような社会では、世間話やゴシップは生き延びるのににきわめて重要だった。私たちが集団のなかでの地位や評判を気にしたり、権力者や有名人の私生活を知りたがるのはそれが理由だ。

その一方で私たちは、情報の真偽を検証するよりも、その情報を正しいものとして即座に(感情的に)行動するよう進化論的にプログラミングされている。猛獣が近くにいるときに、リーダーが「逃げろ」と命令したら、それが本当かどうがいちいち確かめたりせず、恐怖の感情に駆られて一目散に走り出す方が生き延びる可能性が高い。

標的とした家族を次々と洗脳して死に追いやっていく異常な事件が世間を騒がせているが、進化論的に見ればひとは“洗脳”されるのが当然なのであり、批判的な理性などというのは近代以降の特異な現象なのだ。

このようにして私たちは、「やってもできない」という遺伝的な制約のなかで、情報の渦に溺れながら、「したい仕事」を探すという困難に放り込まれることになった。それに対して著者の提示する処方箋は、「自分を変えるのではなく、自分に合った環境を選択すべきだ」というある意味ありきたりのものだ。それを不満に思うひともいるだろうが、そのことで本書の魅力が減ずることはない。

ほんとうに大切なのは、中学や高校で進化論や進化心理学をきちんと学び、こうした“不都合な事実”を前提としたうえで、自分の人生を設計できるようにすることだ。すべての中学生や高校生が(もちろん大人も)この本を読めば、生きづらさはなくならないとしても、無駄な回り道をしなくてもすむようになるだろう。

それだけで、人生はずいぶん変わるはずだ。

コメントを閉じる

24件のコメント

  1. 一卵性も二卵性も同じ父母から生まれているんじゃ?
    一卵性と二卵性の比較において大きく差があるということは
    遺伝の影響も大きかったり小さかったりするんじゃないのかな?

  2. ものすごく手短に言うと、音楽やスポーツ、数学などの世界では生まれ持った才能がものをいうから、そういう分野の才能がない人はプロになることは諦めて別の道に行きなさい、ということでしょうか?

    もしそうならそれは誰でも分かっていることではないですかね?と思ったのと同時に、一昨日のサッカー日本代表の試合のように、誰が見てもサッカー上手くない岡崎と長友が、自分の短所を自覚してストロングポイントを磨いて大活躍していたり、ユース時代は才能あふれる輝かしい選手だったのに伸び悩んで消えていった選手も山のようにいたりするわけで、「能力」ってそんなに単純なものでない気もしました。

    あと、チェスが遺伝0.48というのは意外ですね。
    チェスは詳しくありませんが、将棋のプロ棋士についてだったら0.8以上の値になると思いますが。

  3. 生まれ持った才能があっても、怪我したら終わり。ダビスタで散々遺伝については学びました。
    すべき から したいに変わってしまい情報過多となり、生きずらくなったというのは勉強になりました。プラス人には嫉妬がありますから。

  4. ほとんどが遺伝によって決まるというのはそりゃそうですが、むしろ社会が多様性を受け入れるようになっていないことこそが問題ではないでしょうか。

    学校というところは、言ってしまえば記憶力と事務処理能力だけで判定されているのが
    現状です。スポーツや音楽の場合、才能のある人が切磋琢磨しても食っていけないのが現実です。

  5. 馬鹿は馬鹿なんだから馬鹿らしく高望みしないで底辺で生きろってことだね♪

  6. 兄妹なのに、なぜか妹はスポーツができるが、私はできないのは、どういう遺伝のしかたなのだろう。記憶力もなぜか妹がよい。親から単純に遺伝するのでなく、なにかの遺伝子が発現したり、しなかったりするのだろうか?

  7. >兄妹なのに、なぜか妹はスポーツができるが、私はできないのは、どういう遺伝のしかたなのだろう。記憶力もなぜか妹がよい。親から単純に遺伝するのでなく、なにかの遺伝子が発現したり、しなかったりするのだろうか?

    メンデルの法則からやり直しですな。親の遺伝子がそのまま子に発現するのではなくて、
    優性の法則で発現するってのを勉強したはずですが。
    さらにこれが2項展開で表現されるってのも習ったはずです。
    足が速いってのが優性A、遅いのがaだとして、親の遺伝子が両親ともAaなら
    子供はAA、Aa、aaが1:2:1で出現します。
    だから、親がAaで足が速くでも、子供がaaだったら足が遅くなったりします。

  8. 身近なところで、血液型で遺伝を考えると仕組みが分かるのでは。

    ABO型 親と子 兄弟 一卵性 二卵性 それぞれどうなるか。

    親の血液型によって子の血液型は決まる 
    兄の血液型に依って弟の血液型が決まるのではない

    一卵性は必ず同じ 二卵性は必ずしも同じではない
    でも、両親の血液型に依って決まることは同じ 
    努力したからと言って血液型は変わらない

    メンデル型の遺伝はこんな感じ。

    ただし遺伝は、メンデルだけではない。
    そして、「遺伝子は利己的」であって、個体は「遺伝子の乗り物」
    文化も遺伝子で遺伝する。

  9. 初めまして。一点だけ、批判を述べさせていただこうと思います。

    >こうして計測した遺伝の影響を表わしたのが「遺伝」の項目で、「神経症傾向」では46%となっている。とりわけ遺伝の影響が強いのが「能力」のブロックで、「音程」「音楽」「執筆」「数学」「スポーツ」などの能力は遺伝の影響が80%を超えている。遺伝的な適性のないものは、努力してもできないのだ。

    このブロックの最後の項、つながりが少しおかしいのではないでしょうか?

    上の表において示されているのは、「「遺伝」というファクターが、統計的に、成果に対してどれほど影響を与えたか?」ということですよね。

    すると示される事は、「遺伝的な特性は、一般的な家庭状況・教育の上ではこれだけの相関を示す」=「遺伝と能力の相関の強さ」という事であって、「遺伝的な適性のないものは、努力してもできないのだ。」=「遺伝子が決定要因である」という結論には繋がらないと思うのですが、いかがでしょうか。

    この「遺伝子決定論」を示すのは、なかなかに難しいです。

    一卵性双生児の双子をつれてきて、片方には凡庸な教育をして能力が低いことを示し、片方にはありとあらゆる最高の教育を施し、それをしても結局能力が低い、という事を統計が作れるくらい大量の事例をもって示すか。

    または、ある遺伝子の不存在・または存在下では、努力が結果に反映できないことを、これまた大量の事例をもって示すか。

    または人間の仕組みを完璧に解き明かし、アルゴリズムを用いてあらゆる刺激・あらゆる反応に対する変化をスパコンで演算し、このDNAではありとあらゆる可能性のうち、どのような経路をたどろうとも、結果を出すことが不可能である、という事を示さねばなりません。

    現状、これらは不可能だと思います。

    この実験において示されているのは、あくまで平均的な家庭環境・教育に対する遺伝的影響の多寡であり、よってその影響が存在するから適性の無いものはやっても無駄だ、という結論は(まああくまでロジックの話ですが)、間違っていますよね。

    批判したいのは、そこだけです。

    この表を見る限りでは意外と大きいのですね、遺伝子の影響。すこし勉強になりました。紹介されていた本、是非読んでみようと思います。

    長々と、色々すみません。ではでは、失礼いたします。

  10. 「音楽」「執筆」「数学」「スポーツ」これはかなり遺伝が高いですね
    しかし現代で有利になりやすいコミュニケーション(ここだと性格が近いかな)と、学業成績は遺伝もありますが環境も大きいですね

  11. 能力の絶対値って、素質×訓練の時間×訓練の質で決まってくるんじゃないですか?オリンピックの金メダルなんてのはすべてが最高の値でなくては手に入れられない。「音楽」「執筆」「数学」「スポーツ」も食っていくにはかなり高い値が要求される。

    昔のサラリーマンは、値が低くてもやっていけたので、仕事を選ばなくてもそれなりに食っていけた。

    いまは、海外との競争がきびしくなった分、必要な値が高くなったので、素質の低い仕事で食っていくのはきびしい。

    そういうことでは?

  12. 人間の遺伝をメンデルの法則で説明すると、ショウジョウバエに笑われますよ。

    確かに、馬鹿は馬鹿なんだから馬鹿らしく生きろ、と言うことですよね。
    でも底辺に沈んで「生きにくいよう」と嘆くなんて、世の中に対して遠慮し過ぎだというのが、
    自由至上主義者と覚しき橘さんの有難い啓示なのでは?

    「生まれちまったものはしょうがない、俺の遺伝は偶然決定されたもので、とやかく言われても
    知らんわさ、せいぜい俺の好き勝手に生きてくさ」

  13. ショウジョウバエの染色体の数が8で、ヒトが46ですから、遺伝的連鎖すなわちメンデルの独立の法則に従わない例はヒトよりショウジョウバエの方が多いのはむしろ当たり前でしょ。

    学校という「演劇的空間」では生物学の1項目として遺伝っていうのは教えられても、その意味するところ
    「実は君はやってもできない人なんだよ」ということは口が裂けてもいえないものなんですよ。

  14. どうでしょう。橘氏の根底の「自由さ」って、「好き勝手に生きるさ」とは違い。
    「遺伝的決定論を認めた上でさらに多様性を当然とする自由さ。」と理解しています。
    弁証法です。
     具体的には、きっと、日本国内での生活体験と海外での他民族多宗教さらに多様性との経験が背景になっていると思うのですが・・。
     どちらにしても面白い方です。当然、矛盾もあるでしょうけれど。それは、当然のこと。

  15. お前らクズ共は身を弁えて、死なないだけでも有り難いことだと感謝しながら、慎ましく底辺で這いずり回ってろ
    うん、大体言いたいことはわかりましたw

  16. やってもできない

    適正のない努力は無駄

    強みを生かそう!

    好きを仕事に!

    ロングテール(笑)

    自己啓発本一丁あがり!

  17. 二世が必ず成功するわけじゃない。
    普通の親から天才が生まれたりする。
    成長と共に凡人とかす人もいれば、大器晩成型で
    後で輝く人もいる。ずっと普通の人もいる。
    時代にのる人もいれば、時代が後からついてくる
    人もいる。

    途中で諦めてたら成功しなかった人もいるし、
    やはり成功しない人もいるし、怪我や病気で
    挫折する人もいれば、そのおかげで才能を
    見出す人もいる。

    人との出会いで才能が開花する人もいれば、
    才能を無駄に散らす人もいる。

    最初からリーダーとしての才能を持ってる人も
    いれば、徐々に身につけて凄いリーダーになる
    人もいる。

    さて、やってもできない。というのは、誰が
    どの時点で判断すればいいのか?
    そもそも、それは人に判断できるものなのか?

    無駄な回り道とは単なる後付けではないのか?
    才能とは何か?

    よくよく考えた方がいい。

  18. 「人はお金だけでは動かない」 第3章 労働市場の謎 を読むと、下記のような反論を見かけました。
    この問題、なかなか一筋縄ではいかないようです。

    ・知的能力は世代が新しくなる毎に10%増加する。(自分の子供は、親より10%頭が良い)
    ・異なる環境で育った双子の研究は、ほぼ一貫して知的水準の差が遺伝的に決まっていることを示している。
    ・しかし、世代が下るにつれてどんどんIQが高くなることは、この結論と矛盾する。ある世代から次の世代の間に遺伝子はごくわずかしか変化しないからだ。

     ≫ Amazon.co.jp: 人はお金だけでは動かない―経済学で学ぶビジネスと人生: ノルベルト・ヘーリング, オラフ・シュトルベック, 大竹 文雄, 熊谷 淳子: 本 http://www.amazon.co.jp/%E4%BA%BA%E3%81%AF%E3%81%8A%E9%87%91%E3%81%A0%E3%81%91%E3%81%A7%E3%81%AF%E5%8B%95%E3%81%8B%E3%81%AA%E3%81%84%E2%80%95%E7%B5%8C%E6%B8%88%E5%AD%A6%E3%81%A7%E5%AD%A6%E3%81%B6%E3%83%93%E3%82%B8%E3%83%8D%E3%82%B9%E3%81%A8%E4%BA%BA%E7%94%9F-%E3%83%8E%E3%83%AB%E3%83%99%E3%83%AB%E3%83%88%E3%83%BB%E3%83%98%E3%83%BC%E3%83%AA%E3%83%B3%E3%82%B0/dp/4757142374

  19. 才能がなければやってもできないなら。
    才能がなくてもできることを生業にする。

  20. 才能ないことは、やってても楽しくないので
    自分に正直になればだいたいわかる。
    要は承認欲求の克服が肝。

    つまり一番偉大なのは、結局
    2500年も前にそれらを論理的に言い当てて、
    克服する道筋までを具体的に示した唯一の人物
    お釈迦様という事ですかね。

    現代科学だとか諸々の学問・研究を通して
    お釈迦さまの後追いで色々実証していっている
    というのが人間の歩みと言えるかも知れません。
    まさに釈迦の掌

  21. であれば、現代社会で優位性を持って暮らせるかどうかは、たまたま
    文明社会に適した遺伝特性を持って生まれたか否かにかかっていると
    いうことになります。

    即ち、成功するかどうかは、当人の努力(もあるけれど)というよりは
    「運」の問題でしかない。

    であるならば、成功した人から、成功できない人に対する冨の再分配は
    積極的に行われてしかるべきとい話になるはずです。(運・不運を最適化する)

    なので、「ベーシックインカム(ベーカム)」のような制度には、大いなる
    正当性があるはずです。(と、自分は前から思ってます。)

    この「遺伝」の問題と、「冨の再分配」(最適化)の関係についての
    考察を橘さんの視点から是非書いていただけるとありがたいです。

  22. 「人の運、不運を最適化」するという言葉には、相当違和感を感じます。

    誰が、どんな基準で「人の運」が幸運か不運かを判断し。
    そして、その均一化を社会全体、国家全体で進めるのですか?

    出来あがった社会は:
    自然法則からは、相当かけ離れた世界でしょう。
    遺伝子の存在理由は、多様性であって均一性ではない。

  23. 「やってもできない」かどうかを、どう判定するかが問題。

    そんな判定、簡単にできるだろうか?

    映画『メジャーリーグ』ではないが、とんでもないノーコンピッチャーがいたとして、その原因が単に目が悪かっただけで、眼鏡をかけただけでリーグを代表するピッチャーになったりしたら、「やったらできた」ということになる。

    目が悪いのは遺伝かもしれないし、世の中に眼鏡が存在しなかったら、「やってもできない」だろうけれど。

    誰か(何か)の助けを得るだけで、簡単にできるようになってしまうことも世の中には多い。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

投稿したコメントが表示されない場合は、SPAM判定された可能性があります。詳細はこちらをごらんください。

管理スタッフはコメント欄への投稿をしません。管理人を詐称してのコメント投稿はおやめくださるようお願いいたします。