こんな日本になったらいいな


年明けに明るい話題を、とのご注文を受けて、2005年に書いた「日本がリバタリアン国家になったら」をアップします。これはウォルター・ブロックの『不道徳教育-擁護できないものを擁護する』を翻訳した際の解説の一部で、来月、『不道徳な経済学』とタイトルを変えて文庫化の予定です。

5年前の文章なので、前振りの話題が古いのはご容赦ください。現在であれば、名古屋市や大阪府、阿久根市などの騒動に置き換えて読んでいただければ(現象は変わっても本質は同じです)。

いま読み返すと、考え方が若干変わったところもありますが、加筆・訂正は最小限にしています。

*                   *                   *                   *                   *                   *                   *                   *

厚生労働省の特殊法人である雇用・能力開発機構は、10億円以上を投じて建設したリゾート施設を10万円で売却するなど、“勤労者の福祉”を目的に全国に建設した宿泊施設・体育館など全2070施設の大半を二束三文で売り払っているが、破格の好条件の背後で全職員の再雇用を地元自治体に要求していた。「労働者の雇用を守るべき公的機関がリストラを実施するわけにはいかない」からだという。

大阪市では長年、市職員の協力を得るためのヤミ給与、カラ残業、ヤミ年金が常態化し、バス運転手の給与が年収1400万円を超え、社会問題になったスーツ無料支給ばかりか、長期勤続や結婚記念日、子どもの誕生記念など冠婚葬祭のたびに旅行券・図書券・観劇スポーツ観戦券、祝い金・弔慰金が贈られていた。そのうえ職員互助組合は交付金で豪華な福利厚生施設を建設し、それを市に寄付して固定資産税を逃れてもいた。ところが市職員やOBは、ヤミ給与・ヤミ年金、各種福利厚生の廃止に対して「すでに全額受給した人と比べて不公平」と猛反発している。

バブル崩壊とその後の長い不況を経て、“役人天国”日本でもようやく公務員の実態が白日の下にさらされるようになったが、それでも人々はまだ「ありうべき公僕」を求めている。よき公務員の条件とは、すぐれた能力と自己犠牲の精神によって国家の発展と国民の幸福のために献身することだ、と。一部の堕落した役人を矯正すれば、いずれは福祉の向上に邁進する真の公務員に生まれ変わるにちがいない――。

しかしリバタリアンは、こうした牧歌的な偶像を完膚なきまでに破壊する。彼らは市民から問答無用で税金を取り立て、公金を横領し、利権を漁り、いったん手にした既得権を絶対に手放そうとはしない。すなわち、公務員は市民社会の敵なのだ。

本書を翻訳しながら、「日本がリバタリアン国家になったらどうなるか」を何度となく想像してみた。そこで最後に、私なりの“ありうべき日本の姿”を紹介しておきたい。他人の本の解説で勝手なことを書くのは気がひけるが、一人ひとりがリバタリアンな未来を語ることからしか「改革」ははじまらないのだから、ブロック教授も私のささやかなわがままを許してくれるにちがいない。

コメントを閉じる

15件のコメント

  1. すごいいいお話ですね。
    新年早々「理想の国家」について読むのは気持ちがいいです。

    でも、日本では絶対実現しないでしょうね。

    大阪市職員は絶対に既得権を手放さないでしょうし、
    労働省(旧労働省入省官僚)も絶対に既得権を手放さないでしょう。

    実現は桃源郷レベルに困難と思います。

  2. いつも分かりやすくありがとうございます。(文筆力が◎)

    『不道徳教育~擁護できないものを擁護する』はまた最近読破しました。
    ほんとうに正しい問題は正しい社会をつくり、正しい人間に正しい自由を与えられる・・・のかもしれません。

    21世紀初頭、我われは壊れかけたノアの箱舟を見つめながら、タイタニックのような悲劇を共有し、それでも、明るい未来を求めています。生きる意味は、幻の世界をたくさん創りだし、娯楽の無い日々がないほどに毎日賑わっています。人間はとても不思議です?!。目の前にその苦しみの“答えの書物”があるのに何一つ変えられない改革、或いは革命に・・・。そして我われはそんな虚無な精神を背負いながら日々そんな不自由を楽しんでいる・・・っのかもしれない?!・・・です。

    また新たな船出を楽しみにしております☆☆☆。

    文庫版『不道徳な経済学』たくさん売れて、たくさん広まればいいですね。

  3. 社会が、腐敗し堕落するのは、その社会が道徳的自制心を失うからです。
    まさに、此の国で起きている完了の不正は、その道徳的自制の欠落です。官僚が私利私欲を肥やす。警察が不正をする。商人が不正をする。あらゆる階層でありとあらゆる不正行為が罷り通って留まるところを知らない。其れが此の国の現状です。どんなに法律を厳しくしても、どれ程に組織をいじくりまわしても、自己責任や監視体制を厳しくしても、元々当事者が不正を犯すことに何の罪悪感もなければ何も解決しません。
     ハローワークを廃止すれば悪質な口入れ屋や、ヤクザがピンハネして人身売買がまいが横行するでしょう。以下同文、小さな政府にしようが、地方自治を如何にしようが何も解決しません。
     地方交付税は、圧倒的収益力を誇る都市の利益を地方に再配分して、等しく国民が国家による便益を共有する仕掛けです。大都市圏の多数の強権を振り回して、お荷物である地方を切り捨てたいと考えるのは、既に道徳的崩壊です。
     不道徳であることを許さない社会的知性を放棄すれば、その社会は間違いなく崩壊します。
     其れが、今此の国が置かれている状況です。

  4. 魅力的な提案に思えるのですが、結局のところ現在の中央政府の役割を
    地方自治体や米国に丸投げしているだけという印象を受けてしまいます。

    行政府を解体すべしとの主張は行政組織に対する不信に由来するので、
    個々人が行政事業に参入可能でなければ、根本的な解決には至らないのではないでしょうか。
    一方で行政の権力を強化して規制を強めるべしとの主張は市場に対する不信に由来しています。
    完全な無政府状態では、効率的な市場も存在する事が難しいでしょうし、
    むしろ別の形の、極めて非効率な行政府を作る事につながるでしょう。

    したがってその時々の共同体内の市場と政治に対する与信の度合いに合わせて、
    柔軟に権限を流通できる枠組みこそが、本来必要なものであると思います。
    これさえ設計出来れば、あとはネットワークと国際金融システムを利用して、
    誰も知らない内に新しい理想国家を作る事が出来ないか?と妄想していたりします。

  5. 橘玲さんの本は全部読んでいます。橘さんが、『雨の降る日曜には幸せについて考えよう』のなかで、人生に選択肢はあるか?という問いをされていたとおもいますが、その言葉がぼくの人生を変えたと言えます。選択肢がない人生は不幸だ。選択肢のない人生では、たとえ沈み行くタイタニック号であってもしがみ付いて生きていくような人生になってしまうと考えたのです。そこから、ぼくは会計の勉強をはじめるようになったのです。いまだ、選択肢を得たとはいいがたいかもしれませんが、選択肢をもつことができるという希望をぼくは持つことができたと思います。
    また、今は、サンデル教授の本で様々な立場の政治哲学が紹介されていますが、やはり、ぼくは橘さんと同じく、リバタリアリズムが魅力的に思えてなりません。ここで、橘さんが論及していただいている日本になることが、実現するといいなと思います。

  6. 国際警備会社に業務委託とか、駐留米軍に防衛業務を全面的に“アウトソーシング”だとか、こういうところがリバタリアンが夢想的だと言われる所以。

    こんなことばっかり言ってるからまともに政策が取り上げられることはない。

  7. もはや日本の公務員は寄生虫でしかないですよね。
    日本を食い荒らして、衰退させる元凶。

  8.  公務員は最悪だが暴力装置の最終的なオペレーションは必ず公務員がすることになるしそもそも民主主義の限界はそこにある。それでも市場経済と民主主義のバランス上にしか人類の答えはないから。日本が特に酷いのはそのバランスの本質とあまりにもかけ離れた所であまりにも上手くいってしまったからなワケで先行きに明るさなんかあるワケないじゃん。
     宝くじ2,3回当たって受け取り通貨がそこそこ強い状態が続いいてくれ~ とかの方がまだ夢になってるというか。国家と個人のリスクを切り離すという氏の言葉でこのテの話は一応終結してるし希望なんて個人やごく小さなコミュニティーの中にしか存在しない。近いうちに相当混乱するであろう日本という社会の中では。

  9. あまり「日本」という枠内にとらわれることもないのでは?

    AICのオルターナティブという言葉は、「もうひとつの」という意味であって、
    日本市場に囚われすぎていた個人を海外に目を向けさせるという意味もあったはずです。

    とはいえ、日本人としては、日本という枠組み(パラダイム)から脱却することは現実には困難なのも事実です。
    資産が十分にあって、海外の金融機関に十分あれば「日本」がどうなろうと生きていけますが、現実に日本がシナに占領されてしまったとき、はたしてユダヤ人やジプシーのように生きていけるかどうかはわかりませんけど。

  10. 日本の人口当たりの公務員(独立法人含む)の数は、先進国では最も低い。
    千人当たり30人程度でこれは、米の半分以下・仏の1/3程度となっている。
    (一般に民間が強い経常黒字国は公務員の割合が少なくなる傾向がある)

    印象で論ずるのは良くないと思われる。

  11. 公務員がほとんどいらないというのは当たり前のことなのですが
    何が正しいかより、どう実践するかのほうが重要です。

    ・勉強すれば受験合格に近付くとわかっていても勉強できない学生

    ・スキルアップしないとリストラされるとわかっても何もできないノンワーキングリッチ

    結局、孫子が言ったように人間追い込まれなきゃ変われないってことです。

    実践する方法が2つしかないと思います。

    ・偶然、カリスマが現れる

    ・日本が崩壊する

    なので、偶然カリスマが現れる可能性もあるので
    どう転んでもいいように自分のスキルを上げていくのが唯一の正解だと思います。

    スキルさえ上げとけば、海外へ逃げるもよし、インフレを利用して稼ぐもよしですから。

  12. 国家のリスクと個人のリスクを切り離すといえば聞こえはいいけど、今やってることといえば都合のいいときだけ国を利用したりしなかったりする無節操資本主義って感じですね

    このあいだの「沖縄をタックスヘイブンに」は夢があって面白かったけど、この記事には年明け早々げんなりしてしまう…
    いろいろな社会の問題をリバタリアンという機械に通して料理し、ただ提供してるだけのマニュアル作業だ
    そういうところまでマックジョブ化しなくてもいいのでは?
    思えば「年金と生活保護を逆転するたった一つの方法!」っていうエントリもそうだった
    何かすごい提案が!?と思って期待してたのに、フタを開けたら?だ
    それが無政府にまで突き抜けてしまうなら、もう誰も追いつけないし何も言えない

    その料理の仕方がどれだけいい加減か、リバタリアンという語句を千年王国に言い換えて読めば分かる
    神クラスの個人になる以外の方法で、無政府でも社会が上手くいく仕組みを人類はいまだ編み出せてない
    自由な社会達成のためのルールを考えるのが現実的実践的リバタリ

    >3.kamo
    政府は万能じゃないし、そもそもこの国はでかすぎるから中央集権に無理がある
    それを基準に不正だと騒いでるだけですね

    政府は個人のほんの補助しかできず、企業は純粋に利益を稼ぐ場です
    互いの役割を徹底できなかったことに過ちがある
    まずそれくらいは賛同できるでしょ

  13. 中学一年生です、不道徳な経済学を、親にもらって読みました、僕にはリバタリアニズム、が理想に見えました

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

投稿したコメントが表示されない場合は、SPAM判定された可能性があります。詳細はこちらをごらんください。