『上級国民/下級国民』発売のお知らせ


小学館新書より『上級国民/下級国民』が発売されます。発売日は8月1日(木)ですが、早ければ7月30日(火)から大手書店などに並びはじめると思います。

Amazonでは予約が始まりました(電子書籍も同日発売で制作作業が進んでいます)。

2019年4月13日(土)に東京大学・伊藤国際学術研究センター伊藤謝恩ホールで行なわれた日本生物地理学会の市民シンポジウムで、「リベラル化する社会の分断」と題する講演をしましたが、本書はそれをもとに加筆修正し、新書のかたちにまとめたものです。

アメリカのトランプ現象、イギリスのブレグジット、フランスのジレジョーヌ(黄色ベスト)デモに共通するのは、これまで社会の主流(マジョリティ)だった白人中流層が「下級(アンダークラス)」に転落し、その怒り(ルサンチマン)が社会を大きく動揺させているということです。

欧米先進国から半周遅れで、日本でも同じ事態が起きています。日本社会の主流はこれまでずっと「男」でしたが、いまやその一部が中流から脱落しつつあります。この現象は、ネットスラングで「上級国民/下級国民」と呼ばれます。

男が分断されるのは、社会的・経済的成功と性愛が一致するからです。「持てる男はモテる」なら、彼らは複数の女性とつき合うのですから、残された「持たざる男」は性愛からも排除されてしまいます。この現象は、やはりネットスラングで「モテ/非モテ」と呼ばれます。

誤解のないように述べておくと、これは「男より女の方が恵まれている」という話ではありません。日本社会のマイノリティである女性は、「自立」を目指しつつも、マジョリティである男の「分断」に巻き込まれ翻弄されてしまうのです。

「上級国民/下級国民」や「モテ/非モテ」の分断は、人類がこれまで経験したことのない「とてつもなくゆたかで、平和で、自由な社会」の必然です。私たちはいま、「自己実現」の代償として、この分断を受け入れるかどうかを問わているのです。

書店でこの表紙を見かけたら、手に取ってみてください。

【追記】今年になって、私としては異例のペースで新刊の発売が続いていますが、本書でひと区切りです。次は書き下ろしをやろうと思っています。

コメントを閉じる

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

投稿したコメントが表示されない場合は、SPAM判定された可能性があります。詳細はこちらをごらんください。

管理スタッフはコメント欄への投稿をしません。管理人を詐称してのコメント投稿はおやめくださるようお願いいたします。