私たちはブードゥー(呪術)世界に生きている 週刊プレイボーイ連載(385)


トランプの経済政策のスゴいところは、その理屈が最初から最後まですべて間違っていることです。それも、信じがたいような初歩的レベルで。

トランプはまず、貿易黒字を「儲け」、貿易赤字を「損」だと考えます。だからこそ、二国間貿易でアメリカに対して黒字になっている中国や日本は、「損」させていることに対してなんらかの埋め合わせをしなくてはなりません。

さらにそこから、貿易は「戦争」だという極論が出てきます。貿易赤字の国(アメリカ)は被害者で、貿易黒字の国(中国や日本)は加害者です。被害者=善は、いわれるがままにぼったくられるのではなく、加害者=悪に対して制裁を加えなくてはならないのです。こうして予言が自己実現するように、米中がお互いに高率の関税を課す「貿易戦争」が勃発しました。

トランプはFRB(米連邦準備理事会)に対して執拗に利下げを要求していますが、これも「戦争理論」で説明できます。「(FRBが利下げすれば)ゲームオーバーだ。アメリカが勝利する!」とツイッターでつぶやいたのは、高関税に苦しむ中国は財政支出を拡大させ、金利を引き下げるから、アメリカが先んじて利下げすれば「戦況」はより有利になるからだそうです。

この「戦争」に勝てば「どんな場合でも中国が合意したがる!」ことになって、これまで貿易赤字という「悪」に苦しめられてきたアメリカの善良な(トランプ支持の)ブルーワーカーたちは正当な「ゆたかさの権利」を取り戻すことができるのです。

トランプがまったく理解していないのは、貿易赤字/黒字はグローバル経済を国家単位で把握するための会計上の約束事で、損得とはなんの関係もないことです。

日本経済を地域単位で把握するために、各県別の「貿易収支」を計算することができます。静岡県の県民が愛知県からトヨタの車を購入すれば「貿易赤字」になりますが、だからといってその分だけ静岡県が貧乏になるわけでもなければ、県同士で「戦争」しているわけでもありません。愛知県のひとが車を売った利益で静岡県の物産(お茶やミカン)を購入すれば、どちらもよりゆたかになるというだけのことです。

これは国際経済学の初歩の初歩で、大学の授業では真っ先に扱うでしょうし、最近では高校の政治経済でも習うかもしれません。それにもかかわらず貿易黒字=儲け/貿易赤字=損という誤解がなくならないのは、(自称「知識人」も含め)ほとんどのひとが、交易による利益を「搾取」と同一視しているからです。なぜなら、その方がわかりやすいから。

複雑で不可解な現実をもっともかんたんに理解する方法は、集団を「善(俺たち)」と「悪(奴ら)」に分割したうえで、この世界で善と悪の戦いが起きていると考えることです。稀代のポピュリストであるトランプは、自分に投票するような有権者は、この単純な枠組みでしかものごとを理解できないと(本能的に)知っているのでしょう。だからこそ、まっとうな経済学者の批判や助言をすべて無視するのです。

この間違った貿易理論は「ブードゥー経済学」と呼ばれています。私たちが生きているのは「合理的な近代」などではなく、ブードゥー(呪術)的な世界だということがいよいよはっきりしてきました。

後記:アメリカ政府は中国の通信機器大手ファーウェイ(華為技術)に対する輸出規制を発表しましたが、こちらは安全保障上の問題で、経済(貿易)問題とは異なります。

『週刊プレイボーイ』2019年5月27日発売号 禁・無断転載

コメントを閉じる

8件のコメント

  1. >トランプの経済政策のスゴいところは、その理屈が最初から最後まですべて間違っていることです。それも、信じがたいような初歩的レベルで。

    案外そうとも言えないのでは?
    アメリカが諸外国から各種商品を輸入できるのは
    単なる印刷された紙切れである

    「ドル紙幣」を「お金」
    として受け取ってくれる現状が
    続くかぎりにおいてです。

    ある時点で
    「王様は裸だ!」
    と気づいて

    ドル紙幣に価値がないことがバレてしまえば
    アメリカのみならず世界に大混乱をもたらすでしょう。

    同様に
    日本政府が国債を発行して日銀に引き受けさせて
    日本銀行券を受け取れるのも

    「王様は裸ではない」
    とまだ思っている人が大多数だからです。

    ブードゥー教をしんじているのは
    まだ多数派なのです。

  2. 我々は、いかなる世界に生きるべきかは、経済的に正しいかどうか
    より優先する。
    ジョージ・オーウェルの小説、1984年のような世界に住みたくなければ、
    そのような体制と戦わなくてはいけない。
    オバマの経済政策よりトランプの経済政策の方が、正しい。

  3. 理解してないのは橘さんでしょ!
    トランプの後ろにいるのはイスラエルですよ?
    赤字だ黒字だなんて あくまで本当の目的のための手段にすぎないんだから。
    こんな素人みたいな記事書いてだいじょうぶですか?

  4. 今から20年ほど前に、ちょっとPC改造にハマっていたひとなら
    3Dアクセラレータチップ「Voodoo」を覚えているかも。
    ttps://gigazine.net/news/20180216-3dfx-interactive-story/
    当時としては圧倒的な3D描写パフォーマンスを誇り、
    PCゲーマーならたいてい持っていたもんです。

    私が持っていたのは、安物のVoodoo Bansheeでしたが。

    Voodooを作っていた3dfx社はNvidiaに買収されなくなりましたが、
    PC用ビデオカードは別の用途で用いられることになりました。

    そうです、
    「仮想通貨のマイニング目的」
    ですよ。

    いまから20年前に、PC用ビデオカードが金儲けのために使えるなんて
    想像できましたか?

    そもそも
    ドルも円もユーロも
    ビットコインもイーサリアムも含めて、

    「通貨」というのは、
    人間の頭から生み出された

    「呪術物」

    なんですよ。

  5. アメリカが自国の国益のみを追求するのは以前から分かっていたことですし、今さら言われても無意味な気がします。アメリカがお互いに豊かになろうなどという発想などもっていないことは、現在までの行動を見てれば分かると思うんですけどね。今回は記事にするネタがなくて書いた文章のように見えますけど。

  6. 経済学的には、
    完全な自由競争、自由貿易が
    唯一の正解のような気がしますが、

    現実には政治的、社会的、そして

    人間の本質に起因する
    「縄張り意識」や
    「他人種や他民族を排除しようとする」心理が働くので

    そうとも行かないというのが実際のところです。

    そんな中で、特異的に生じた
    香港やシンガポールといった
    タックスヘイブンや

    黄金の羽根の利用の方法をこそ
    聞きたいのです。

    橘さんのデビュー作の
    マネーロンダリング (幻冬舎文庫) 橘玲 https://www.amazon.co.jp/dp/B00ANJB3OU/ref=cm_sw_r_tw_dp_U_x_8YP9CbDB91G89
    はそういう作品だったはずです。

  7. >トランプはまず、貿易黒字を「儲け」、貿易赤字を「損」だと考えます。

    トランプは、そう考えていると思います。

    しかし、今の「米中貿易戦争」は、このトランプの考えとは異なり、米国の「覇権」を掛けた戦いでしょう。

  8. あいつは波風起こす奴、でも憎めない

    メディアは揃ってあげつらう彼の悪行

    規制を撤廃し、無能な役人はお払い箱

    自分のことは自分でやれよは憧れの道

    親は安心安全優先で就職勧める子供に

    美辞麗句並べたて税金無駄遣いの役所

    貴重なDNA遺伝子群がオンされず無能

    彼がリーダなら大幅削減実行する意志

    俺の今の悩みは性善説だのみの゙倫理゛

    悲しいがドイツの様な憲法条文いるよ

    ロードショーに入り、枝葉末節が重要

    世界は一つ、彼我なくて全ては繋がり

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

投稿したコメントが表示されない場合は、SPAM判定された可能性があります。詳細はこちらをごらんください。

管理スタッフはコメント欄への投稿をしません。管理人を詐称してのコメント投稿はおやめくださるようお願いいたします。