第83回 弱者救済、日本を貧乏に?(橘玲の世界は損得勘定) 


本紙に連載された「データの世紀 採点される人生」によれば、世界じゅうで「評価エコノミー」が広がっているらしい。

ベトナム・ホーチミンの26歳の若者は、個人データの得点が高かったおかげで「スコア融資」が受けられ、月給の半分ちかい1000万ドン(約5万円)のスマートフォンを購入できた。

シリコンバレーでウーバーの運転手をしている57歳の男性は、肩を痛めて建設作業員から転職したが、いまでは週給1700ドル(約19万円)を稼いでいるという。単純計算では年収1000万円だが、乗客からの評価が「(5点満点で)4.6」を下回ると誰からも呼ばれないという。

インターネットが登場して、ネットオークションの出品者からレストラン、本や映画、音楽まで、私たちはあらゆるものを「評価」するようになった。それが「個人の評価」に行きつくのは必然なのだろう。

スコアの低い者が差別される「バーチャルスラム」が危惧されているものの、もはや後戻りは不可能だ。私たちの社会的な活動がすべてビッグデータとなり、点数化される未来がすぐそこまで迫っている。

と、ここまで書いて、日本の現状はぜんぜんそんなことになっていないことに気がついた。

国土交通省の規制によってウーバーのようなライドシェアは「白タク」扱いで違法とされているし、「スコア融資」もほとんど広まっていない。

だが、問題はそんなところにはない。

アメリカではクレジットヒストリー(支払い履歴)がさまざまな業種で共有されていて、不動産の購入や賃借、カーローンや教育ローン、携帯電話の契約や医療機関での受診にまで影響が及ぶ。

それに対して日本では、クレジットカード業界のなかでしか情報が共有されない。その結果、きちんと支払いをしているとショッピングの利用限度額はどんどん増えていくが、それ以外のことにはなんの関係もない。

私も、いつの間にかクレジットカードの利用限度額が500万万円になっていて仰天したことがある。紛失したらどうなることか不安になって減額してもらったが……。

それにもかかわらず、転居で家を借りようとしたら、業者は保証人を要求するだろう。その要件も厳格で、仕事をしている親族しか原則として認められないため、親が年をとると保証会社に手数料を支払うか、あきらめて物件を購入するしかない。保証人のいない外国人は不動産を借りられず、国家をあげて「排外主義」を奨励しているようなものだ。

こうした理不尽なことは、クレジットカードやローン返済、家賃支払いの履歴を共有すればなくなるだろう。それにもかかわらず、「弱者(家賃を払わないひと)が家を借りられなくなる」という人権派の批判によってずっと放置されてきた。

そんな日本では、「デジタルスラム」の心配はなさそうだ。その代わり「世界」から取り残されて、国民はますます貧乏になっていくだろうが。

橘玲の世界は損得勘定 Vol.82『日経ヴェリタス』2019年5月26日号掲載
禁・無断転載

【追記】この記事について、「保証会社を使えば親の連帯保証は不要なのだから平等ではないか」とのご意見をいただきましたが、保証会社を利用すると家賃1カ月分に相当する保証料が要求され、連帯保証があればこの費用は不要なのですから、保証というのは「(連帯保証する)親がいない」ことへのペナルティです。

またTwitterで、「保証会社の保証と保証人の両方を要求された」との報告がいくつもありました。保証会社とは、入居希望者から保証料を徴収する代わりに保証人を不要にする制度なのですから、不動産賃貸業界のルールとしてこうした悪習は禁じるべきでしょう。

誤解のないようにいっておくと、私に大家や不動産投資家を批判する意図はなく、貸し手も借りる側も、過剰な借地・借家権など日本の不動産市場の歪みから大きな不利益を被っています。

しかしそれでも、れっきとした大人が(40代や50代でも)アパート、マンションを賃借するとき、個人として信用を評価されるのではなく、親の保証を要求されるというのは「近代的な市民社会」としてはきわめて異常です(このような制度のある先進国は日本以外ないのでは)。これは日本が「先進国のふりをした身分制社会」で、個人よりも「イエ(どの共同体に所属しているか)」を重視するからだと私は考えています。

なお、保証会社の一部で家賃の返済履歴のデータベース化は始まっているようです。またクレジットカード会社系の保証会社はクレジットの信用情報にアクセスできますが、それ以外の保証会社は閲覧できないとのことです。

コメントを閉じる

7件のコメント

  1. 根本的に認識が間違っておられるように思います。
    連帯保証人がいようがいまいが、保証会社必須が今は普通になってますよ。
    なので外国人でも保証会社を入れれば普通に借りられますし、日本人でも同じです。

    保証会社と保証人両方を要求された例、ともありますが、保証会社が保証してくれる範囲は限定されますので、連帯保証人が慣行として要求できる現状ならまぁ保証会社の範囲外のための備えとして要求するのは当然です。
    ただあくまでも「つけてもらえるならつけてもらっとけばいい」だけの話で、すでに両親ともお亡くなりだったり、外国人だったりで連帯保証人が難しい場合、それを理由に断ることはありません。

    もちろん未だに「外国人一切お断り・生活保護も一切お断り」という旧態依然の大家さんもおられることは否定しませんが、外国人でも十分な選択肢は得られるはずですよ。

    結局、借地借家法があまりに借主優位なことによる歪みが大きすぎることに尽きます。
    これを悪用する悪質借主が多くいる現状では、貸す側は二重三重に自衛策を講じようとするのはやむを得ないですよ。

  2. だから、外国人に貸すのに躊躇する大家がいるということは、
    そこにビジネスチャンスがあるということでもある。

    外国人を許容する代わりに家賃にプレミアムをつけられるわけだから、
    自治体の空き家再生と連携して外国人OKの貸家業を立ち上げれば良いだけの話。

  3. 保証会社が存在する事と、保証会社を連帯保証人の代わりに立てられるという事は、イコールではないです。
    だいたいイコールという感じでもなく、まるっきりかけ離れています。

    保証会社は連帯保証人として認めないという大家はザラにいます。
    記事中の通り、保証会社に金銭面の保証をさせて、さらに親族に連帯保証を求める大家もいます。
    金銭は保証させているのだから、それ以外の何かを親族に求めているのでしょう。

    私は「親族や知人を連帯保証人に立てなくてよい。保証会社に保証料を払うのは構わない。」という条件で、賃貸物件を探した事が何度もありますが、
    上記の条件無しなら100部屋以上見つかるのに、この条件を付けると5部屋以下まで絞られるなんてのが当たり前です。
    もちろん不動産屋の店頭で確認した話ですよ。
    保証会社を使えばいいとか、クレジットカードで支払えばいいとか、連帯保証人を不要にする方法はネット上に散見されますが、実際に認めてもらえる物件は非常に限られます。
    つまり、親がいないことへのペナルティは選択肢が大幅に減るという形でも存在します。

    入院ですら保証人を求められ、かつ保証会社では駄目だと言われると聞いています。
    これは不動産業界に限った話ではないのでしょうね。

  4. かつて、橘さんは自らを「リバタリアン」と自称していました。

    その上で
    「貸主である大家」が
    そのような賃貸条件を課そうが、

    「自由であるべき」

    とは考えないのでしょうか???

    貸主である大家が

    どのような賃貸条件を設定するのを自由であると同時に、

    借り主である店子は

    どのような賃貸条件の物件を選択するかも自由であるべきです。

    その自由競争の結果、

    賃貸条件も保証のありかたも

    適切なところに落ち着くというのが

    「神の見えざる手」

    なんじゃないでしょうか???

    **************************************
    リバタリアニズム(英: libertarianism)は、個人的な自由、経済的な自由の双方を重視する、自由主義上の政治思想・政治哲学の立場。新自由主義と似るが、これが経済的な自由を重視するのに対し、リバタリアニズムは個人的な自由も重んじる。他者の身体や正当に所有された物質的、私的財産を侵害しない限り、各人が望む全ての行動は基本的に自由であると主張する。

  5. 成人がアルバイトをするのにも保証人を立てろと言われる国なんて、他にあるのでしょうか?

  6. 尖沙咀さんのIPアドレス晒していい?
    この人、名前変えてあちこちに投稿してて不愉快。
    言論に一貫なく、橘玲さんを叩きたいだけのクズじゃん。
    死んで!てか殺すぞ!

  7. >尖沙咀さんのIPアドレス晒していい?
    >この人、名前変えてあちこちに投稿してて不愉快。
    >言論に一貫なく、橘玲さんを叩きたいだけのクズじゃん。
    >死んで!てか殺すぞ!

    今日日IPアドレスなんて
    プロキシを使えば
    いくらでも仮装できることぐらい、

    中学生でも知ってますよ。

    それでもやるというなら、

    ワシのIP晒してみんかい!
    (哭きの竜の「甲斐正三」の声で!)
    ttps://www.youtube.com/watch?v=X6LkPlJgJGA

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

投稿したコメントが表示されない場合は、SPAM判定された可能性があります。詳細はこちらをごらんください。