「かんぜんな同意のとれるセックス」売買春を合法化しよう 週刊プレイボーイ連載(384)


性暴力をめぐる司法判断に怒りの声が広がっています。

ひとつは福岡地裁久留米支部の判決で、一気飲みで眠り込んだ女性と性交した男が準強姦罪に問われました。裁判官は、女性は酩酊し「抗拒不能(意思決定の自由を奪われ、抵抗することが困難な状態)」だったと認めたものの、明確な拒絶の意思がなく男性が「女性が許容している」と誤信してもやむを得ないとして無罪としました。

もうひとつは名古屋地裁岡崎支部の判決で、19歳の実の娘への準強制性交罪に問われた父親に対し、「娘の同意は存在せず、極めて受け入れがたい性的虐待に当たる」としつつも、「抵抗不能だったとはいえない」として無罪を言い渡しました。

どちらも理不尽な判決であることはいうまでもありませんが、「故意がない行為は罰しない」が刑法の原則で、法律を厳密に適用すれば「誤解」でも故意は否定され得ると専門家は指摘します。福岡地裁の判決は、「刑法の拡大解釈は自分たちには任が重いので、上級審で議論してくれ」ということなのでしょう。

名古屋地裁の判決は「同意がない性行為でも抵抗しなければ罪には問われない」としましたが、これは「抗拒不能」が準強制性交罪の要件になっているからだとされます。こちらも、刑法を厳密に解釈すればこうならざるを得ないのでしょう。

だとすれば当然「刑法を改正すべきだ」という話になりますが、このあたりから法律家の口は重くなります。「抗拒不能」の要件を撤廃し「同意なき性交は犯罪」とすれば女性の権利は守られるでしょうが、なにをもって「同意」と見なすかで混乱が起きるのは明らかだからです。

女性とベッドに入るたびに「性交同意書」に署名捺印してもらうというのは、いくらなんでも非現実的です。そうなると男性は、身を守るために、女性とのやりとりを録音したり、性交場面をこっそり録画しようとするでしょう。女性が「同意はなかった」と訴えたら、報復として動画をネット上に公開する……という事態もじゅうぶん考えられます。

しかしそれでも、世界の趨勢は性暴力にきびしく対処するよう求めており、日本もそれに追随せざるを得ないでしょう。「同意」がないと刑務所に放り込まれ、なにもかも失ってしまうかもしれないとなったら、男性はどうするのでしょうか。

もちろん未来のことはわかりませんが、ひとつだけ確かなのは、「かんぜんな同意のとれるセックス」への需要が高まることです。これは要するに「売買春」のことです。

「セックスワークでも性暴力は起きる」との反論があるでしょうが、従業員の安全は店(業者)の責任です。プライベートな性暴力では女性が一人で矢面に立たされることを考えれば、ビジネスの方がずっと守られています。

だとすれば、まずやるべきは「売春合法化」でしょう。性交をともなう風俗業も法の管理下に置き、従業員が安全にサービスを提供し、客がそれを楽しめるようにすれば、すくなくとも「同意」をめぐるやっかいな問題はなくなります。

もっともそうなると、さらに非婚化と少子化が進むことは避けられないでしょうが。

『週刊プレイボーイ』2019年5月20日発売号 禁・無断転載

コメントを閉じる

5件のコメント

  1. 非婚化と少子化は性風俗の本質から外れるのでこれは余録でしょう。

    記事において、「現状の売買春の法的位置づけ(風営法)とその施行状況」が詳しく語られておらず、これは今後の取材に持ち越していただくとして売買春はもうちょっと気軽にあってよいと思います。

    と、いうのはバブルが弾けて平成の時代においてなお学校の教育は基本的に「不純異性交遊」として性教育を忌避してきました。その結果、生真面目に不純異性交遊を避けて男女交際そのものまでできなかった人たちは概ね「歪んだ性への執着」として現れ、例えばコスプレイベントでコスプレイヤーを写さずローアングルでパンツ写真を撮ろうと群がるカメラマンの醜態や、満員電車で痴漢する男、風俗でお金を稼いでそれをホストへ貢ぐ女性等諸々・・・

    今の日本、twitterで流れたネタで「生まれて高校卒業までセックス禁止、大学入って卒業までセックスを謳歌してもいいが、就職したら結婚するまでセックス禁止(セクハラ扱い)」というおかしな性の価値観からどうにかしないとあかんとは思います。

  2. 性犯罪の減少と売買春の合法化に、相関がある、という論拠はあるのでしょうか。
    同意をどのように考えるかは、法学の問題でしょうし、売買春の合法化によって性風俗産業がどのような変容をするかということも議論の余地はあるかもしれません。少子化問題との相関も考えられなくはない(些末な問題のような気もしますが)。
    私もエビデンス無しですから、一意見ですが、現在性犯罪をおこなっている加害者が、歪んだ欲求を満足させるために、売買春を利用するとは、どうも思えない。むしろ、負の相関(売買春が性犯罪を助長する)とすら思えるのですが。
    ま、週刊誌の記事ですから、そんな真面目な話でもないですかね(☝︎ ՞ਊ ՞)☝︎

  3. 本当にその通りです。女性向けの風俗も作ってほしい。
    ホストクラブは非現実すぎて高いです。そうすれば、イライラする女性も減ると思う。

  4. 「人間は本能の壊れた動物であり、もちろん性本能も壊れており、本能によっては正常な性交ができなくなっている。正常な性交ができないということは不能であり、すべての人間は不能である。」

    「動物が性交するためには必要でないいろいろ変な条件が必要だという意味では、人間はいわゆる正常者も含めて、厳密に言えば全員、倒錯者なのである。」

    性的唯幻論序説 岸田 秀 より引用。

    性に対しては、

    「心理的リアクタンス」

    というものの効果があり、安易に売買春できるようになると、
    この心理的リアクタンスがとっぱられることによって

    社会の根幹である、

    文明や文化というもの=「性的衝動の昇華」

    を瓦解させてしまうのですよ。

    性差別は文化の基盤である

    女の肉体の商品化は、資本主義の発達によってますます露骨な
    形で現れてきているにせよ、資本主義の結果ではなく、はるかに
    もっと以前、つまり人類の文化の発生とともにはじまったとおもう。
    というより、人類の文化の成立の不可欠の一条件ではなかったかと思う。
    人類が進化のいたずらによって、自然な状態では生存できなくなったとき、
    それまでは必要でなかった労働が必要になった。人類の赤ちゃんはその養育に
    きわめて長い期間を要するようになったため、母親は、それに多大の労力を
    注ぐことを余儀なくされ、みずから生きていく能力を失った。

    したがって、種族保存をはかるためには、父親が子どもとその母親を
    養わなければならなくなった。すなわち、動物の雄にはやる必要のなかった
    余計な労働を人類の男はやらなければならなくなった。男の中に、
    このような労働へと駆り立てる本能などあろうはずもない。何をもって、
    男をしてそのような過重な労働をみずから進んで引き受けさせ得るか。
    ここで、この目的のために、男の性欲が利用されたのだと思う。

    食欲は、満足させなければ当人が死んでしまうから、食欲の満足を遮断して
    おいて、食の獲得へと駆り立てるエネルギーをほかへ逸らせ、別のことに
    ふり向けることは、ほとんどできない。できても、当人が空腹を感じてから
    餓死寸前にいたるまでの短期間だけである。それに反して、性欲は満足
    させなくても当人は死なないし、ただひたすら欲望がつのるのみである。
    それに、すでに別のところで述べたように、人間の性欲はさまざまな幻想と
    結びつき、さまざまな幻想に支えられているから、性欲のエネルギーは、
    本来の対象と目標とは異なったいろいろなことにふり向けることができる。

    つまり、男をして、本来はやらずにすんだ過重な労働を引き受けさせるために、
    男の性欲を遮断し、その対象である女の肉体を商品化し、商品価値をもった
    女の肉体を得るためには、それに見合う価値を生む労働をせざるを得なくしたのである。
    かくして、性行為は、両性の対等な欲望の発露ではなくなり、男にとっては、
    苦しい労働によって得たものを払って獲得する快楽となり、女にとっては、
    男に養ってもらうための男に提供するサービスとなった。理論的には、
    逆に、男の肉体を商品化し、商品としても男の肉体を得るために女が労働する
    という可能性も考えられるが、人類の大勢はその方向に向かわなかった。
    妊娠と出産と授乳は、どう転んでも女がやらねばならないこと、女の方が
    体力的に劣っていること、身体構造上、性行為は男が欲しさえすれば女が欲して
    いなくても可能なこと、などが、男の肉体ではなく、女の肉体が商品化された
    理由であろう。

  5. 非婚化と少子化は全く別の問題だと思います。性癖は人それぞれなので、合法、非合法は大した問題じゃないと思います。今の世の中にはネットなどいろんな情報が誰でも入手することができ、中には犯罪と知りつつも興味が生まれてくると思います。端的に結び付けるのはいかがなものでしょう。やはり子供のころからの教育で理性をしっかり持たせることが重要だと思います。いくらなんでも稚拙な記事です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

投稿したコメントが表示されない場合は、SPAM判定された可能性があります。詳細はこちらをごらんください。

管理スタッフはコメント欄への投稿をしません。管理人を詐称してのコメント投稿はおやめくださるようお願いいたします。