「日本的雇用が日本人を不幸にしてきた」という不都合な真実 週刊プレイボーイ連載(378)


平成もいよいよ終わろうとしていますが、この30年間を振り返っていちばん大きな変化は、日本がどんどん貧乏くさくなったことです。

国民のゆたかさの指標としては1人当たりGDPを使うのが一般的です。日本はバブル経済の余勢をかって1990年代はベスト5の常連で、2000年にはルクセンブルクに次いで世界2位になったものの、そこからつるべ落としのように順位を下げていきます。

2017年の日本の1人当たりGDPは世界25位で、アジアでもマカオ(3位)、シンガポール(9位)、香港(16位)に大きく水をあけられ、韓国(29位)にも追い越されそうです。訪日観光客が増えて喜んでいますが、これはアジアの庶民にとって日本が「安く手軽に旅行できる国」になったからです。

このていたらくを「グローバリストの陰謀」と怒るひとがいそうですが、これは事実(ファクト)に合致しません。「グローバリストの総本山」であるアメリカ(8位)の1人当たりGDPは5万9792ドルで、日本は3万8449ドルですから、国民のゆたかさは3分の2しかありません。これを単純に解釈すれば、「日本をもっとグローバリズムの国に!」ということになります。

平成の日本のもうひとつの「不都合な事実」は、サラリーマンのエンゲージメント指数が極端に低いことです。「会社への関与の度合いや仕事との感情的なつながり」を評価する基準で、エンゲージメントの強い社員は仕事に対してポジティブで、会社に忠誠心を持っているとされます。

近年になってエンゲージメントの重要性が認識されるようになり、コンサルタント会社を中心にさまざまな機関による国際比較が公表されるようになりました。それぞれ評価方法はちがいますが、衝撃的なのは、どんな基準でも日本のサラリーマンのエンゲージメント指数が最低だということです。

「グローバルスタンダードの働き方を日本にも導入しよう」という話になったとき、右も左もほとんどの知識人は、「終身雇用・年功序列の日本的雇用が日本人を幸福にしてきた」として「雇用破壊の陰謀」を罵倒しました。ところが「ファクト」を見るかぎり、日本のサラリーマンは世界でいちばん会社を憎んでおり、仕事に対してネガティブで、おまけに労働生産性は先進国でいちばん低いのです。これを要約すれば、「日本的雇用が日本人を不幸にしてきた」ということになるでしょう。

会社が大嫌いにもかかわらずサービス残業などで長時間労働させられるため、日本の会社では過労死や過労自殺という悲劇があちこちで起きています。市場が縮小するなかでは昇進の余地は限られ、どんなに頑張っても給料はほとんど上がらず、年金と高齢者医療・介護を守るために保険料は重くなって手取りが減っていきます。国全体がどんどん貧乏になっているのですから、「戦後最長の好景気」を実感できないのも当たり前です。

日本人は「嫌われる勇気」を持って「置かれた場所で咲こう」としますが、現実には置かれた場所で枯れていってしまいます。そんな社会で「幸福」を手にするにはどうすればいいかを『働き方2.0vs4.0』(PHP)で書きました。

「人生100年時代」に、あなたはどんな「働き方」を選びますか?

『週刊プレイボーイ』2019年4月1日発売号 禁・無断転載

コメントを閉じる

7件のコメント

  1. 橘さんも「サラリーマン」だったことがあるでしょうが、

    日本の学校教育そのものが、
    組織の歯車になること
    しか教えていない現状で、
    (象徴的なのが「皆勤賞」ですよ)

    フリーエージェントとなるのは、
    たいへん困難ですね。

    フリーランス、40歳の壁――自由業者は、どうして40歳から仕事が減るのか? 竹熊 健太郎 https://www.amazon.co.jp/dp/4478065721/ref=cm_sw_r_tw_dp_U_x_J8PQCbM2ZGXTK

    ではその回答を提示していませんしね。

  2. カベを作る王様は移民の末裔なのに、移民を下支えする陰の力を見ようとしない。
    昨年10月を過ぎて、商工会議所のリーダーも酷く御立腹。
    新しい言葉を教えるため、夜間に無償でボランティアをする市民がいる。
    教えられた人が新参者に教えることを繰り返す隠れた仕組みがある。
    普通とは逆のように聞こえるが、ひかり輝くスターを生み出せるのは、無数のおかげさまがいるため。

    カベを作らない若者は、東京五輪で新しい言葉と文化を学ぶことを躊躇しない。
    子育てを過ぎて、親も搾取されてないかと酷く御心配。
    自由に移民もサポートしながら、好きを続けたいために観光業へと広げる。
    より勇敢な若者は、今後成長するが危険だと言われる国に旅立つ。
    普通とは逆のように聞こえるが、安心の秩序を生み出すためのキラーアプリが必要とされているため。

    カベを破る若者は、一般大衆が眉をひそめても気にしない。
    山あり谷あり越えて、あの月が生んだ八王子も酷く御心痛。
    小さいながらも新しい信用秩序を作り出し、徐々に大きく発展させていく。
    先進国でも安心と引き換えに信用が機能しない田舎が停滞していて、新しい秩序の登場を待っている。
    普通とは逆のように聞こえるが。

    ひかり輝くスターを生み出せるのは、無数のおかげさまがいるため。

  3. ほんまに言う通りですよ、橘玲さん!

    日本式は人を殺す!と、私も以前コメント欄で断言しました。

    日本って人手不足って言うてるけど、それは実力以外の、年齢とか思想とかの要素で振り分けているからなんだよね。
    何歳であっても、思想がどんなであっても、実力があれば空きポストに入れるようになれば、万事解決するのに。

    未だに新卒一括とかするアホ国家。
    日本式って、思想を洗脳するから。日本ってまじで思想信条の自由ない。
    フランスでわたしが働いている時の話。
    休憩中ふつうに互いの思想について語り合うし、全然違うくても完全否定はしないし。
    多様性は人と違うのが当たり前だから、日本人の似非多様性はイライラする。
    口では多様性言っておきながら、あれもだめこれもだめ。

    クレヨンしんちゃんのダメダメの唄とか、
    フランスのコメディドラマFais pas ci fais pas caとか、
    みんな見た方がいい。

    みんな、自分のことはありのまま認めて欲しいけど、他人のことは許さないって奴多すぎ。

    ちなみに、わたしは他人のありのままも許すけど、自分のありのままにも文句言われたくないです。

  4. >やんさん
    出たw アホな日本人の典型例w
    多様性を認めるというなら、多様性を認めない日本式も認めろ論者。

    多様性というのは、十人十色、いろんな人間がいることを受けいれることです。
    日本式はトップダウンで他の人の思想信条を抑圧するカタチですよ。
    多様性を認めない単一思想を認めろって、おかしいことわかる??
    わからないならいくら説明しても無理やね、救いようがない。

  5. でたwレイシストだw

    >日本人は死んでしまえマジで
    こんな事書くレイシストは救いようが無いね。

  6. 橘さんも、
    「海外就職を楽しむ会」
    ぐらいを立ち上げて、

    日本の若者に、
    「海外での就職や起業」
    を斡旋してみてはいかがでしょうか???

    私は年に数回海外に行きますが、
    日本人が海外で食っていくのは
    そんなに甘くないですよ。

    ハワイとかの日系人がいるところなら、
    直接のライバルは日系人(もちろん、日英バイリンガル)だし、

    東南アジアだと、当然現地人との競争になります。

    日本と海外での価格差があるものなら
    稼げそうに見えてそうでないというのが
    本当のところです。

    香港や東南アジア(タイ・マレーシア・シンガポール)、
    オーストラリア・ニュージーランドだと、
    車が右ハンドルなので、日本の中古車を
    持ち込めば稼げそうにみえますが、
    そんなことはもうとっくに現地人がやってます。

    東南アジアで、日本のラーメン店をよくみかけますが、
    今でも多くの有名ラーメン店はすでに進出済みです。

    焼き鳥とかだと、イスラム圏でもいけるかもね。
    もちろん酒は出せませんが。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

投稿したコメントが表示されない場合は、SPAM判定された可能性があります。詳細はこちらをごらんください。

管理スタッフはコメント欄への投稿をしません。管理人を詐称してのコメント投稿はおやめくださるようお願いいたします。