テロ事件の犯人に共通するのは「若い男」 週刊プレイボーイ連載(379)


ニュージーランド、クライストチャーチのモスクで礼拝者ら50人が死亡する凄惨なテロが起きました。犯人は28歳のオーストラリア人男性(白人)で、74ページにも及ぶ犯行声明をネットに投稿するとともに、銃撃の様子をフェイスブックにライブ配信したことで世界じゅうに衝撃を与えました。

今回の事件に大きな影響を与えたのは、2011年にノルウェーで10代の若者ら77人を射殺したテロだとされます。こちらの犯人は32歳の白人男性で、「極右思想を持つキリスト教原理主義者」と報じられました。

IS(イスラム国)戦闘員による相次ぐ事件によって、中東からの移民やイスラームがテロと結びつけられましたが、今回の事件は人種や宗教が本質的な要因ではないことを示しています。キリスト教徒の白人もテロを引き起こすからです。

2016年に相模原市の障害者福祉施設に元職員が侵入し、入所者19人を刺殺、職員ら26人に重軽傷を負わせました。戦後最悪の大量殺人となったこの事件の犯人は、当時26歳の男でした。

これらの事件には明瞭な共通点があります。それは犯人が「若い男」であることです。ISのテロも同じで、どれも目的を達成するために周到に準備し、冷静沈着に犯行が行なわれています。「精神錯乱」や「一時の激情」ではとうてい説明できません。

犯人が若い男ばかりなのは偶然ではありません。あらゆる国で凶悪犯罪に占める若い男の比率は際立って高く、女性や子ども、高齢者はめったなことでは殺人を犯しません。

性ホルモンの一種であるテストステロンは睾丸などから分泌され、その濃度は思春期の男性で爆発的に増え、年齢とともに減っていきます。これによって筋肉や骨格が発達しますが、そのもっとも重要な作用は脳の配線を組み替えて性愛への関心を高めるとともに、冒険や競争を好むようにすることです。

多くの哺乳類と同様に、男は思春期になると女の獲得をめぐるきびしい闘いの世界に放り込まれます。私たちはみな何百万年、あるいは何千万年も続いたこの性淘汰に勝ち抜いた男たちの子孫で、思春期から20代にかけて攻撃的・暴力的になるよう進化の過程のなかで「設計」されているのです。

さまざまなテロ事件のもうひとつの共通点は、犯人が自らの凶行をまったく反省していないことです。これは自分が「正義」を体現していると確信しているからでしょう。

男の暴力は集団内の女性獲得競争だけでなく、集団同士の抗争でも発揮され、こちらの方がより激烈・残虐になります。これはチンパンジーも同じで、集団間の抗争に敗れればメスを奪われ、オスは皆殺しにされてしまいます。生き残るためには先に殺すしかないのです。

テロの実行者は、たとえ単独犯であっても、「白人」「イスラーム」「日本人」などの(幻想の)共同体を代表し、「仲間たち」を救うために犯行に及んだと主張します。彼らはみな、妄想のなかでは「救世主」なのです。

しかしそれでもなお疑問は残ります。ほとんどの若い男は、たとえ過激な思想の持ち主でも、女子どもを含む見ず知らずの人間を殺して自分の人生を台無しにしようとは思わないからです。

そうなると最後の共通点は、「彼らの人生はもともと台無しだった」ということになります。そして不吉なことに、世界じゅうで(もちろん日本でも)、社会からも性愛からも排除された若い男は激増しているのです。

参考:リチャード・ランガム、デイル・ピーターソン『 男の凶暴性はどこからきたか』( 三田出版会)

『週刊プレイボーイ』2019年4月15日発売号 禁・無断転載

コメントを閉じる

13件のコメント

  1. >性ホルモンの一種であるテストステロンは睾丸などから分泌され、その濃度は思春期の男性で爆発的に増え、年齢とともに減っていきます。これによって筋肉や骨格が発達しますが、そのもっとも重要な作用は脳の配線を組み替えて性愛への関心を高めるとともに、冒険や競争を好むようにすることです。

    だからこそ、適切な
    「慰安所」
    が必要になるのです。

    若い男の集団といえば、
    まさに軍隊ですよね。

    歴史的にもそういった慰安所が
    若い男の暴発を防いできたという
    面もあるのです。

    ライトな風俗ともいえる

    「メイド喫茶」から
    「ソープランド」
    あるいは
    「デリヘル」

    の適切な活用をこそ教えるべきです。

  2. 27歳若年男性、現在ミグタウ、タガが外れればテロリストになるかもしれぬ より:

    橘玲さん、またまたその通りです^^

    男性学と併せて考えると皆腑に落ちると思います。

    女性に凶悪犯罪者が少ないのは、端的に、そうなる前に周囲や社会が助けるから。
    男性の場合は、生きづらさを抱えても、辛くて弱音を吐きたくても、男であることを押し付けられて緩く生きられない。女の大半はハエなのは本当に事実で、ヒエラルキーの下の方にいる男は価値無しと判断される。その苦しみを理解されず、支援もされず、されても手遅れだったりすると、そういう追い詰められた男の行きつく先は極右の過激派になることしかない。
    日本で言うなら、自民や維新に女性票が少ないのはまあ同じ理論だよね。

    テロリストやインセルなどの過激派にならない追い詰められた男性は、ミグタウのような、出家的な、実質自殺的な、ひっそりと生きる道へと進む。

    わたしは何度も言っている。この世界を平和にしたいなら、女性を護るのではなくて、男性を男性性から解放して、のび太のような性格がいいだけの男らしさ皆無な男でも女性に排除されずに生きていける世の中にしないとダメ!
    虐められいる弱いのび太男性を身を張って守る、しずかちゃん系女性の増殖が急務!

  3. >わたしは何度も言っている。この世界を平和にしたいなら、女性を護るのではなくて、男性を男性性から解放して、のび太のような性格がいいだけの男らしさ皆無な男でも女性に排除されずに生きていける世の中にしないとダメ!
    虐められいる弱いのび太男性を身を張って守る、しずかちゃん系女性の増殖が急務!

    ドラえもんの世界の中では、

    のび太もいればジャイアンもスネ夫も出来杉君もいます。

    もちろん、女性も
    しずかちゃんだけじゃなく、
    ジャイ子
    もいるわけだけど、

    しずかちゃんがのび太にだけ
    股をひらくのは差別!

    というジャイアンやスネ夫、あるいは出来杉くんの
    性欲はどうしますか?
    という話になるのです。

    逆に、
    しずかちゃんだけがモテるのは差別!
    というジャイ子に対してどうしますか?

    実は性差別は文化の根源なのです。

  4. >しかしそれでもなお疑問は残ります。ほとんどの若い男は、たとえ過激な思想の持ち主でも、女子どもを含む見ず知らずの人間を殺して自分の人生を台無しにしようとは思わないからです

    橘さんをはじめ、日本の知識人の方が、世界3大宗教について解説した本を
    何冊か読んだが、よくわからなかった。
    キリスト教とイスラム教の大きな違いは、キリスト教は禁欲的であるのに
    対し、イスラム教は、天国に行けば、フーリーとセックス三昧だと教えていることに
    ある。
    このことを日本人は、イスラム教の特徴として教えられていない。
    橘さんの上記の疑問は、イスラム教徒においては答えは、明解だ。
    この世で自分の人生を台無しにしても、イスラム教のために死ねば、天国に行けるから、何も怖くないということだ。

    フーリーは天国に来たイスラーム信者の男性のセックスの相手をするとされ、一人につき72人のフーリーが相手をするともいわれる。彼女たちは永遠の処女であり、セックスを行い処女膜が破れても、すぐさま再生するとされる。
    イブン・カスィールによれば、ムハンマド・イブン・アブドゥッラーフは『天国では男性は一日100人の処女とセックスが出来る』と述べていた。また、『われわれは天国で処女とセックスが出来るのでしょうか?』と問いかけた信者に対して、『もちろん出来る。そしてセックスが終わった後には、彼女は清らかな乙女に戻るのだ。』と述べたともしている

  5. 27歳若年男性、現在ミグタウ、タガが外れればテロリストになるかもしれぬ より:

    ほんまに日本語読めないね、尖沙咀さん。橘玲さんのコラムのコメントによく出現する日本語読めないのに無駄に偉そうな尖沙咀さん。

    『男性学と併せて考えると橘玲さんのおっしゃることは皆腑に落ちると思う』
    こう書きました。男性学の観点からの、のび太です。

    ちなみに、ボクの場合は、「後天性のび太」です。
    学歴で言えば高学歴の部類やし、モテてきたほうだから恋愛で苦労したことはない。
    ただクソ真面目だから、高校内申点4.9とかだし、しいて言えば出木杉7割+スネ夫1割くらい+先天性のび太要素2割くらいの人間だと思う。
    真面目ゆえに男も女もバージン守っていれば何のトラブルも起きないよって思ってる。
    女が男は浮気するって思ってるのは、一部の成功しているヒエラルキーの上の方にいる風な遊び人に騙されているから。優性思想だらけでマウントしまくり品定めしまくり日本女の多さね。これが女はハエの事実たる証拠。
    誠実な男なら、まず一対一の真面目なお付き合いしか望まないから。高尚な恋愛をして、高尚な結婚生活を夢見ていたら、将来の伴侶を大切にしたいから過去の恋愛関係で将来の人を悩ませたくないから、自然と自発的禁欲になる。

    んで、日本の女は、どう考えても不誠実な輩多いよ。まじハエ。
    ヨーロッパにいると留学と称して男漁りの婚活してる日本女が大量にいるのをよく見かけるんだけど、https://frankparty.com/article/chocomint0104/ という風に、サイトで婚活留学を斡旋するような腐った国なんだと最近知ったよ。尻軽イエローキャブを正当化して婚活留学なんて言ってもただの娼婦やん。ボクはこの斡旋サイトを知る前に、やたらと留学で男漁りして数か月後にFBにお腹ぽっこり写真と隣に白人男性写真をあげる日本女を見てきてたから、サイトの存在を知って、あ!日本女の一部がしていることではなくて、日本女全体がそういうマウント思考というか優性思想持ってるんだな!って気付いた。そりゃあホーンバッハにあんな広告作られても仕方ない!日本女が娼婦で変態で尻軽イエローキャブなのは事実なんだもん!ドイツ人は日ごろからちゃんと観察できているんだな、ってはっきりわかったよ。

    言っておくけど、演出すれば女なんか簡単に落ちるからね。
    男は紳士的に男らしく余裕ある様にしてれば、よっぽど最初から嫌われていない限り、女は落ちる!断言できる。
    でも仲良くなって、そのまま真剣に付き合いたい、結婚したいと思うと、男らしく居続けるのはしんどいから男らしくない姿も見せると、大抵の女は一歩冷めてくるよ。
    あ、それこそ主夫を選ぼうもんなら、男らしくない!なんて言われて存在価値否定されるんだろうな!って。

    そうやって女って所詮強い男にしか群がらないんだな、男らしさから男は逃れられないんだな、特に日本では優性思想の塊のマウント女だらけだから余計男らしさから逃れられないんだな、弱さを見せれないんだな、男が弱さを見せると言うことは存在価値なしと判断されることなんだな、それに今の時代男らしく生きる事はやれハラスメントだと言われるリスクだらけ、ってどんどん悟っていって、もうそんなめんどくさい女といるくらいなら一人でいいや!って流れで、ボクはミグタウになったから。

    これぜんぶ男性学で証明できることだから、ボクのこの道のりは典型的な男らしさから逃げたい男の姿。
    鬱憤溜まっても弱音も吐けず反論も統制された世界で、男が取れる行動は過激派かミグタウしかないからね。ミグタウも限界があるから、タガが外れたら過激派になると思う。ボクは自分で自分のそういう危険性は自覚している。

    だから、男が男らしさを発揮しなくても弱さを見せても女が排除せずに生きていける世界になったら、平和になるよ、って言っているだけ。男らしくあり続けるのってしんどいんだよ。まじで。今の時代はしんどいだけじゃなくてリスクもある。
    ボクの場合は後天性のび太だけど、先天性のび太も日本には沢山いると思う。

    だから尖沙咀さんの変な指摘はお門違い。男性学学んでみたらわかるよ。
    なんやねん!しずかがのび太にだけ又開くのは差別ってwwアホなん?ww
    しずかがのび太を選んだシーン、昔見た事あるけど焼きいもかなんかを公園ベンチで
    食べながら、多くを語らずしずかがのび太の世話を焼くなんともホッとするシーンだったよ。しずかが自分で選ぶんだから、差別でもなんでもねえよwwアホなの?ww
    威勢がいいだけの力で制圧しようとするジャイアンなんかより、
    忖度ばっかりの嫌味な金持ちのスネ夫なんかより、
    頭がやたらといい完璧な出木杉なんかより、
    心が一番良いのび太を選ぶ女が増殖すれば平和になるよって話。

    かがみの世界から出てくるブラックのび太の物語もネット漁ったら出てくるかもよ。見てみて。
    のび太が自分は虐められてばかりで一度はジャイアンを虐め返したい!って思った時に、ドラえもんが鏡の世界かなんかで現実が真逆になる世界にのび太を連れ出したら、その世界ではのび太はすごく強くて意地悪だった。その世界のブラックのび太が元の世界に飛び込んできて、強いジャイアンと対決して勝つんだよね。さらにしずかちゃんにも意地悪するブラックのび太をのび太が必死に止めることで話は締まるんだけど。

    しずかが「向こうの世界ののび太さんがすごく悪い人だから、こっちの世界ののび太さんはすごくいい人ね」って言うわけです。ボクが言いたいのはそういうこと。変な条件で品定めなんかせずに中身だけを見て性格の良さだけで男を選べる女が増えたら世界は平和になりますよ、って話。

  6. 27歳若年男性、現在ミグタウ、タガが外れればテロリストになるかもしれぬ より:

    山本山さん

    >しかしそれでもなお疑問は残ります。ほとんどの若い男は、たとえ過激な思想の持ち主でも、女子どもを含む見ず知らずの人間を殺して自分の人生を台無しにしようとは思わないからです。

    宗教の話を持ち出して橘玲さんの文章の疑問に答えを見つけようとしていますが、それは違います。
    「彼らの人生はもともと台無しだった」と橘玲さんが書いているように、男らしく生きる事自体が女に都合の良い男の生き方だったということです。
    今や男らしく生きる事は、しんどいだけじゃなくてリスクだらけ。ジェンダーフリーの成功している国は、中性的もしくは女性的な生き方を男性に選択肢と与えているから上手くいっている。隣の国、韓国でも若い世代の男女平等感は上手くいっていると個人的に感じる。男がバリバリ男らしく生きることを強要されていない風潮は日本よりはとっくに根付いている。わかりやすくいえば、韓国の男は筋トレもするけど化粧もする人がいる。これは男が男の生き方も女の生き方も両方選べるようになってきている立派な証では?

    日本で男が化粧しようもんなら、未だに批判喰らうで!
    日本で男が中性的もしくは女性的な生き方をしようもんなら、女共は男らしくない!と言ってくる。主夫したい言おうもんならヒモだとか無職だとか言われる。

    形から入ることって結構大事だから、日本が変わるのは、まず役所等々の書類で職業・主夫の欄を作ることだったり。

    あとね、たとえ過激な思想の持ち主でも、女子どもを含む見ず知らずの人間を殺して自分の人生を台無しにしようとは思わないのは、まだその人が切羽詰まるとこまで追い詰められていないから。
    精神的に追い詰められるところまでくれば、誰もその人を助けようとしなければ、その人の道はもう過激派になるしかない、こんなこと当たり前。

  7. 私の場合は、貯金。
    金額の多寡ではなく、多少でも貯金ができると、全然違う。
    20万とかあったら、もうあんまりとんでもないことはしにくいと思う。
    虎の子の20万を、パーッと使ったら、そのあと危ない。

  8. >ほんまに日本語読めないね、尖沙咀さん。橘玲さんのコラムのコメントによく出現する日本語読めないのに無駄に偉そうな尖沙咀さん。

    仮に「作家」や「編集者」が
    自信をもって世に出した
    本や雑誌が売れなかったとして、

    「この作品の良さがわからないのは 読者がバカだからだ!!!」

    と言ってしまうような人が
    作った本や雑誌を貴方は読みますか???

    世の中の作家や編集者が
    読者に対してどれだけ努力して
    本や雑誌を世に問うているかお分かりですか?

    橘さんが昔一発当てた
    「マネーロンダリング」の

    続編を期待した読者に向けて出した
    「タックスヘイブン」の一節を
    貴方に贈ります。

    「ひとはみんな、自分の利益を最大にしようと思って生きている。
    俺も、お前も、紫帆もそうだ。」

    タックスヘイブンのヒロインである紫帆は男を利用して生きてきました。

    そういう生き方を
    古波蔵は否定していないのです。

  9. 1 橘さん
    テロの実行者は、たとえ単独犯であっても、「白人」「イスラーム」「日本人」などの(幻想の)共同体を代表し、「仲間たち」を救うために犯行に及んだと主張します。彼らはみな、妄想のなかでは「救世主」なのです。
    しかしそれでもなお疑問は残ります。ほとんどの若い男は、たとえ過激な思想の持ち主でも、女子どもを含む見ず知らずの人間を殺して自分の人生を台無しにしようとは思わないからです。

    2 27歳若年男性、現在ミグタウ、タガが外れればテロリストになるかもしれぬさん

    宗教の話を持ち出して橘玲さんの文章の疑問に答えを見つけようとしていますが、それは違います。

    a  
    イスラム教を持ち出したのは、私ではなく橘さんです。(1を参照願います)

    b
    イスラム教を持ち出して橘玲さんの文章の疑問に答えを見つけようとしているわかでは、ありません。
    「白人」「イスラーム」「日本人」と一括りにする立花さんの疑問に対し、
    疑問を投げかけているのです。

  10. 要するにだな、

    のび太も男である以上
    リビドー:つまり押さえきれない性的欲求のようなもの
    の制御が効かなくなる事態は生じる。

    いくらドラえもんが
    便利な道具を
    出したとしてもだ。

    逆にドラえもんが安易にリビドーを
    消火し消化(昇華)させてしまう
    道具を出してしまうことが問題。

    AVでもVRでも
    一番の問題はここにあり、
    これこそが少子化の原因なんだよ。

  11. 橘玲さんも言ってたけど、ほんと平成の時代は、年配が若者の幸せを奪ってきたな。
    交通の便が不便ではない東京池袋で87歳の元通産省で天下り先でクボタにいた飯塚ってヤツ、老い先短いくせに若者大量に怪我させて殺して、なのに逮捕されずに任意で聴取。しょーもない言い訳しやがって、アクセルが戻らないとかアホか。
    日本ってほんと年配が若者を潰す国やね。少子化で頑張って生んだ人たちさえも殺すなんてな。余計に生みたくもなくなるし、日本なんか潰したくなるわ。

  12. >日本ってほんと年配が若者を潰す国やね。少子化で頑張って生んだ人たちさえも殺すなんてな。余計に生みたくもなくなるし、日本なんか潰したくなるわ。

    ここは一つ、海外で就職するか亡命してみては?

    徒手空拳かつ根っこが日本人ならば、
    いかに海外では
    通用しないかがわかると思いますよ。

    私のハンドルネームである
    「尖沙咀」つまり香港では、

    大陸からの人口流入圧力が常にあり、
    若者の厳しさは
    日本の比ではありません。

    これが前に起こった
    「雨傘革命」の
    要因でもあります。

    さらに東南アジアや中国、インドは
    人口の多すぎる社会だから
    競争は更に激しく、

    欧州やアメリカでも周辺国からの
    難民の流入が社会問題になってますね。

    隣の芝生は常に青いのです。

  13. 恵まれない立場の若い男性を放っておくと、犯罪やテロを起こすのはその通りです。
    そして為政者は昔から、そういった男性を仕事に就かせ、やりがいを与えることに腐心してきました。兵士として対外戦争に駆り出すのもその1つの方法です。

    私は、女性より男性を優先して仕事に就かせてきたのは、社会不安を減らすためにある程度は仕方ないことだと思います。
    女性は働かなくても犯罪やテロを起こしませんが、働かない男性は起こす危険性があるからです。

    男性の血気や精気を、土木作業など社会の為になることに振り向ければ社会が発展する。そうできなければ社会は乱れる。これは今までもそうであり、これからも変わりません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

投稿したコメントが表示されない場合は、SPAM判定された可能性があります。詳細はこちらをごらんください。