令和は団塊の世代に年金を払う時代 週刊プレイボーイ連載(380)


新元号が「令和」になったことで、あらためて「平成」や「昭和」を振り返る機運が盛り上がっています。

第二次世界大戦が終わると、すべての国で出生率が大きく上がるベビーブームが起きました。日本では「団塊の世代」と呼ばれ、1947年から49年までの3年間の合計出産数は800万人を超え、日本の人口ピラミッドのなかで突出したブロックを構成しています。

1960年代後半に青年期を迎えた彼らは、フォークやロックなど欧米の新しい音楽を真っ先に取り入れ、安保闘争などの学生運動にかかわったのち、70年代には「企業戦士」として戦後の高度成長を牽引します。昭和は戦前と戦後に分かれますが、多くのひとがイメージする「昭和」は80年代末のバブル経済で頂点に達するこの時期でしょう。

元号が昭和から平成に変わる頃、団塊の世代は40代前半で、子育てにもっとも経済的負担のかかる時期にさしかかっていました。バブル崩壊は彼らの人生設計を大きく動揺させ、この時期の政治の役割は、巨額の公的資金を投入して団塊の世代の生活を下支えすることになります。建設業での雇用を維持するために、日本全国に採算のとれない橋や道路、豪華な庁舎や公民館などの公共施設があふれたのはその象徴です。

団塊の世代の子どもたちが「団塊ジュニア」で、1971年から73年までの3年間に600万人が生まれました。彼らが大学を卒業する90年代半ばはバブル崩壊後の「就職氷河期」で、正社員として採用されずフリーターや非正規(派遣社員)となる若者が大きく増えました。「ニート(就学・就労・職業訓練のいずれも行なっていない者)」が社会問題になるのもこの頃です。

いまから振り返るならば、この時期の日本経済に起きたのは、「子どもを労働市場から排除することで親の雇用を守る」という現象でした。その結果、自活するだけの収入を得られずに成人してからも実家で暮らす「パラサイトシングル」が登場し、アルバイトで働くことすらできなくなると「ひきこもり」と呼ばれるようになりました。

令和元年には団塊の世代は70代になり、早晩、後期高齢者(75歳以上)として労働市場からかんぜんに退場することになります。70代の金融資産(2人以上世帯)は平均で1780万円ですが、金融資産非保有が28.6%とほぼ3世帯に1世帯で、3000万円以上は18.3%で5世帯に1世帯程度です(2018年)。70歳の平均余命は男性15年、女性20年ですから、団塊の世代の8割は人生終盤のこの期間をほぼ年金に頼って生きていくことになります。

このように考えると、これから始まる令和の姿がおおよそ見えてきます。「平成」が団塊の世代の雇用を守るための30年だったするならば、「令和」は団塊の世代に年金を支給し、医療や介護を提供するための時代になるでしょう。

団塊の世代が90代を迎える2040年には団塊ジュニアが前期高齢者(65歳以上)となって日本の高齢化比率は35%に達し、単純計算では、現役世代1.5人で高齢世代1人を支えることになります。

令和の時代の私たちは、戦後日本の主役となった人口ピラミッドの大きなブロックの動きにともなう、さまざまな政治的・社会的出来事を体験することになるのでしょう。

『週刊プレイボーイ』2019年4月15日発売号 禁・無断転載

 

コメントを閉じる

12件のコメント

  1. 稼げる業務を、年功序列によって高齢者(団塊世代~逃げ切り世代)が部長以上、社長等経営幹部や天下りOB、政治家等を既得権益として独占して手放さない時代です。

    今後は増税等の入り口政策だけでなく「高齢税」を導入して「稼げる業務」から強制的に退出させて現役世代に繰り下げさせないなら、どうしても「姥捨て政策」しか未来がないと思う。

  2. >>kaiou

    日本語としてめちゃくちゃ。特に一文目が酷い。文章として成立してない。

  3. 要は既得権益者層をなんとかしないとダメって話だろ。
    姥捨て政策しか「未来を作る」手段がないかもしれないが、老獪が見ている未来は自分にとっての未来なので、結局若者が割を食う構図は変わらないだろね。

  4. 一方、橘さんはこうも言っていますよね。

    日本の未来は明るい(『働き方2.0vs4.0』おわりに) https://www.tachibana-akira.com/2019/03/11573 #橘玲公式BLOG

    片方では財政破綻の恐怖を言っておきながら、
    もう片方では「日本の未来は明るい」ですか???

    橘さんの言説がこうもブレるのは

    実は
    「橘玲」という書き手は

    複数いて、

    互いに
    好き勝手に書いている
    とすれば納得できますね。

  5. 尖沙咀さんのおっしゃる通り橘さんの一貫しない言説は不思議ですね。

    ただ一貫して左翼的な言説はブレ無いですね。

  6. 親が団塊世代、自分自身は団塊ジュニアで氷河期世代です。
    団塊の雇用がいかに守られ、我々があおりを喰ったのは身をもって体験しました。
    平成は本当にそういう時代でした。
    いまさら何も出来ません。
    それよりわが子世代が次の時代をどう生きていくのか。
    また世代間抗争を繰り返すのだろうか?
    団塊世代が我々ジュニア世代を食い潰していく令和の時代を生きながら、
    どんな指針を示すことが出来るのだろう・・・。

    団塊世代が多数派でなくなった時、政治は大きく動くと思う。
    その時団塊ジュニア、氷河期世代である我々は政治に何を求めるのだろう・・・。
    そもそも、今の高齢者は政治に何を求めているのかも分からない・・・
    いや、団塊世代は本当に自らの雇用のためにわが子世代を切り捨てるという決断を求めていたのだろうか・・・。
    社会の流れは多数派が求めるもの、つまり民主的ではないのかもしれないね。
    どうやっても抗えないな。
    それは団塊、氷河期、令和を生きる若者も同じか・・・。

  7. みんな日本語読めないね~

    テロを起こすのは若者男っていうひとつ前の記事で,尖沙咀さんに日本から亡命したらとか助言受けた人ですけど,既に海外在住者です。
    たまたまこの間の記事が若者男性を題材にしていたので,それに合わせて投稿ニックネームを作っただけで,それまでは「ゆん」で投稿していた人です。

    橘玲さんがここで言っていることは何も間違っていなくて,令和はそういう時代でしょう,ということですね。
    平成が「失われた30年」ならば,令和は「命令によって和を為す30年」なことは間違いない。
    令和は年金を払う時代なのは誰でも簡単に想像できるし,若い世代が将来年金受け取るには,下手しなくても受給年齢引き上げの70とか75とかになると言われているし,長生きしなければただの払い損になる制度をどう変えるのか?が令和の時代の課題でしょう。
    若い世代でも死ぬときは不慮の事故に巻き込まれれば一瞬で死んでしまうねんから。

    ルイスさんの言う通り,kaiouの言っていることは滅茶苦茶だし,
    橘玲さんが一貫していないとかいう奴も日本語読めなさすぎ。
    そりゃあ作家なんて一つのブランド名で複数人が書くことはよくある話だし,橘玲さんが実在する一人のおっさんだとしても,書籍を作るには何人もの数の人の思想が入り込むわけで。
    で,一貫していないのではなくて,読んでもらいたい対象が違うだけ。
    F1に読んでもらいたいのか,M3に読んでもらいたいのかでは表現が異なるのは当たり前の話。

    平成は失われました。
    令和は若い世代が団塊に令を以てとにかく払い続ける時代です。
    じゃあ令和の次は?
    現在の団塊世代が死ねば,年金制度を変容させて,徐々にベーシックインカム制度へと変えていくことは可能。具体的にどういう施策でいくのかは議論必至だけども。

    ほんと日本語読めない奴ら多すぎよ。
    そういう日本語読めない奴が,他人を肩書で判断して階級社会を存続させているんだよね。だから経歴詐称してても見せ方の上手い人に騙される。
    私とか橘玲さんみたいなタイプはおそらく見せ方の上手いだけの奴に騙されづらい。本質しか見ていないからね。

  8. スミス「アンダーソン君、きみには失望したよ。」

    ネオ「ゲシュタポみたいな脅しには屈しないぞ。俺は自分の持つ権利を知ってる。電話をかけたい」

    スミス「教えてくれ、アンダーソン君。電話をかけるにはどうすればいいかね?もし、君が話せないとしたら?」

    >私とか橘玲さんみたいなタイプはおそらく見せ方の上手いだけの奴に騙されづらい。本質しか見ていないからね。

    アンタに一つだけ教えてやろう。

    「実存は本質に先立つ」んだよ。

    (仏« l’existence précède l’essence »)

    哲学において、存在には本質がない、とする考え方、観念、ものごとの捉え方、を現したものである。フランスの哲学者ジャン=ポール・サルトルが自身の講演「実存主義はヒューマニズムであるか」(1945年)において最初にこの概念が提起され、実存主義における基礎的な観念・概念となっている。サルトルの妻シモーヌ・ド・ボーヴォワールはこの考えを基に、「人は女に生まれるのではない、女になるのだ」という言葉を残した。

    例えば、人間性という例を挙げ、人間性というものは存在するかもしれないが、その存在は初めには何をも意味するものではない、つまり、存在、本質の価値および意味は当初にはなく、後に作られたのだと、この考え方では主張される。

  9. >尖沙咀さん

    冒頭のセリフは何ですか?

    わたしはindividualist anarchismなので、サルトルを嫌いではないし言いたいこともわかるけど、わたしいつそんな話した?反論として持ってくる話題としておかしいよね?

    「本質」って言葉に過剰に反応したんでしょうけども、

    家庭教育であっても学校教育であっても、教育は洗脳やマインドコントロールと表裏一体だから、人間は誰かの影響を受けて人格が形成されてしまうから実存主義を訴えるのもわかる。
    じゃあ、一度想像してみて。
    一切教育のない世界での人間はいったいどんな姿なのか?を。
    答えがわかったら返信して。答え合わせしてあげるね!笑

  10. >冒頭のセリフは何ですか?

    >わたしはindividualist anarchismなので、サルトルを嫌いではないし言いたいこともわかるけど、わたしいつそんな話した?反論として持ってくる話題としておかしいよね?

    いくら個人主義やアナーキズムを気取っていても、

    国家や社会的なつながり、すなわち
    「構造=マトリックス」
    https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9E%E3%83%88%E3%83%AA%E3%83%83%E3%82%AF%E3%82%B9_(%E6%98%A0%E7%94%BB)
    からは逃れられない。

    孫悟空はお釈迦様の手の内から逃れられないし、

    (「進撃の巨人」の元ネタである、
    聖書に出てくる巨人ゴリアテに対し)

    ダビデはゴリアテに勝ったかも知れないが、
    マーケットにおいては、常にゴリアテが勝つのである。

    ならば、橘さんも
    国家や社会システムをどんどん利用して
    自分だけでもトクをすることを教えるべきです。

    人生は支配するものではなく、仲よくするものである。
    (中略)
    マーケットは悪夢の殺人鬼ではなく、殺人鬼から開放してくれる
    存在なのである。端的にいえば、マーケットはありとあらゆる
    可能性を秘めた存在なのである。
    (デイトレード オリバー・ペレス)

  11. お御代代わりするまで、言ってはいけない!
    Reiwaになって、初めて色々出てきます。たぶん

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

投稿したコメントが表示されない場合は、SPAM判定された可能性があります。詳細はこちらをごらんください。

管理スタッフはコメント欄への投稿をしません。管理人を詐称してのコメント投稿はおやめくださるようお願いいたします。