日本の未来は明るい(『働き方2.0vs4.0』おわりに)


新刊『働き方2.0vs4.0』から、「おわりに 日本の未来は明るい」を出版社の許可を得て掲載します。

「人口が減少している日本ではイノベーションも起こらず、このままではアメリカや中国に負けてしまう」という悲観論がしばしば語られます。

しかしこれは、奇妙な理屈です。まず、戦争ではないのだから、市場での競争で国家が勝つとか負けるとか議論をすることになんの意味もありません。経済環境が変化するなかで、新たに生まれる会社もあれば退場していく会社もあるというだけのことです。

その結果、日本の会社が「競争」に負けたとしても、世界に会社はたくさんあるのですから、そこで働くか、フリーエージェントとして生きていけばいいだけのことです。大事なのは自分の人的資本を労働市場に効率的に投資して富を獲得することで、給料はどこの国の会社からもらっても同じです。――それ以前に、グローバルなIT企業(プラットフォーマー)は多様化が進んで、国籍をほとんど意識しなくなっています。

イノベーションについても、私たちの生活をゆたかで便利にしてくれる商品やサービスを提供するのが日本の会社でも、アメリカや中国、インドの会社でもまったくかまいません。それによって何兆円もの富を手にする起業家もいるでしょうが、人間が一生のあいだに使える金額には物理的な限界があり、あとは金融機関のサーバーに保存された電子データにすぎません。そう考えれば、シリコンバレーで「世界を変える」ために徹夜で働いているたくさんの天才たちは、私たちの生活をゆたかにするための召使いみたいなものです。

日本に生まれ育った以上、日本がゆたかで幸福な国になればうれしいことはいうまでもありません。しかしほんとうに重要なのは国の勝ち負けではなく、自分と家族が幸福に生きられるかどうかです。

日本という国に生まれたことで、私たちはとても幸運です。その理由は、日本がさまざまな面で欧米から1周遅れだからです。

トランプ政権が誕生して以来、アメリカでは共和党支持の保守派と民主党支持のリベラルに社会が分裂し、互いに憎みあっています。いまでは社会の分断は人種や宗教ではなく、政治的党派が基準になってしまいました。

ヨーロッパでは、アフリカや中東から大量の移民が流入したことで排外主義の「極右」が台頭し、社会の混乱がつづいています。イギリスは「ブレクジット(EUからの離脱)」を巡って国論が二分し、フランスではマクロン大統領の「ネオリベ的改革」に反対するジレジョーヌ(黄色ベスト)デモで政権が窮地に立たされました。

日本の政治にもさまざまな問題はあるでしょうが、こうした状況を客観的に見るかぎり、「まだマシ」というのが偽らざる実感でしょう。これまで日本の知識人は、「アメリカやイギリスのような成熟した市民社会がつくれないのは日本人が愚かだからだ」と慨嘆してきましたが、いまでは欧米の知識人が「日本がうらやましい」といいはじめています。

著名な国際政治学者であるイアン・ブレマーは、「大国の中で民主主義が比較的うまく機能しているのが日本」だとして、(1)人口減で失業率が低い、(2)移民の大量流入がない、(3)SNSの普及度が他国に比べて低いことでポピュリズムへの耐性が高い、という3点を挙げています。(1)

日本のネット言論もずいぶん殺伐としていますが、欧米(とりわけ英語圏)は参加者の数がけた違いに多いために、フェイクニュースを信じてピザ店で発砲したり、大統領選挙の結果をハッカーが左右するような想像を超える事件が起きるのでしょう。

日本でもこれから格差は拡大していくでしょうが、それにともなうさまざまな問題は、すべて先行する欧米ですでに起きています。これが「1周遅れ」の意味で、これから日本社会が体験するであろうことは、欧米の混乱を観察していればほぼ正確に予測できます。それを「幸運」というのは、なにが起きるかあらかじめわかっているのだから、それに的確に備えればいいだけだからです。日本の政治家や官僚がこの大きなアドバンテージを活かせるかどうかはわかりませんが、すくなくとも個人では対処可能です。

テクノロジーの驚異的な進歩によって、これからの10年、20年で世界が大きく姿を変えることはまちがいありません。しかしどのような世界になったとしても、一部のひとたちがいうように、1%の成功者と99%の敗者に分断されるような極端なことは起こらないでしょう。

近代国家は暴力を独占しているのですから、もしそのようなことになれば、多数派の「敗者」は民主的な選挙によって1%の「勝者」からなにもかも奪い取ることを躊躇しないでしょう。富はバーチャル空間に秘匿できるかもしれせんが、生身の人間はバーチャルになることはできず、どこかの国の法の下で生きていくしかないのです。

ジェリー・カプランはシリコンバレーの起業家で、1990年代半ばにキーボードの代わりにペンで入力する超小型コンピュータで世界を変えようと奮闘し、その顛末を『シリコンバレー・アドベンチャー:ザ・起業物語』(日経BP社)にまとめました。私は30代半ばのときに読みましたが、10年か15年早かったらきっとシリコンバレーを目指しただろうと思うようなとても素晴らしい本でした。

「永くこの世に残るものをつくること、いい製品を売り、多くの人を雇用し、株主の富を増やす成長企業をつくりあげること」という高い理想を掲げたこのベンチャーはけっきょく失敗するのですが、カプランはその後もシリコンバレーで生き残り、IT関係の起業家としてかなりの富を蓄えたあと、現在は母校のスタンフォード大学で人工知能の及ぼす影響と倫理について教えています。

そのカプランは、現代のテクノロジーを「合成頭脳」と「労働機械」に分けます。(2)

合成頭脳は機械学習、ニューラル・ネットワーク、ビッグデータ、認知システム、遺伝的アルゴリズムなどのことで、労働機械は人間の作業員と共同してパイプを施設したり、農作物を収穫したり、家を建てたりするほか、消火作業にあたったり、橋の検査をしたり、海底に機雷を施設したり、戦場で戦うなど、危険で人間の近寄れない環境で単独で作業します。合成頭脳と労働機械を組み合わせれば、料理から外科手術まで、高度な知識や技能が必要なさまざまな仕事を実行できるようになるでしょう。

テクノロジーの最先端にいるカプランは、機械の方が正しい意思決定ができることをひとびとが受け入れるようになるにつれ、重要な道義的決断や個人的な決断ですらAIに任せるようになるといいます。機械はきつくてつらい仕事の大半を引き受けて、「史上例のない余暇と自由を人間に与えてくれる」のです。

「機械との競争」がどのような未来をもたらすのか、多くのひとが不安に思っています。そこで最後に、すこし長くなりますが、カプランが人類の未来をどのように描いているかを紹介しておきましょう。私のような門外漢がなにかいうよりも、テクノロジーの夢と可能性に青春を捧げ、シリコンバレーで失敗と成功を繰り返し、いまは大人になって高みから現実を観察している人物の言葉の方が、はるかに価値があると思うからです。

以下が、人類の未来である「働き方5.0」の世界です。

合成頭脳は、人間が必要なあいだは人間と協力して働くだろう。しかし、いずれ自分で自分を設計し、修理し、複製することができるようになる。そうなったら、人間は放っておかれるのではないだろうか。人間は「奴隷」にされるかといえば、おそらくそうはなるまい。むしろ、特別区で飼育されるとか保護されるというほうがありそうだ。そこでの暮らしはきわめて快適で便利なので、わざわざ外に出る気にはならないというわけである。人間と機械は同じ資源をめぐって競合するわけではないから、人間が芋虫や線虫を放っておくように、かれらは人間を完全に無視して放っておくだろう。あるいは人間がペットを飼うように、人間の世話を焼くようになるかもしれない。しかし、いまから心配する必要はない。実際こんなことが起こるとしても、それははるか未来のことになる。いま生きている世代にはなんの関わりもないことだ。

しかし、しまいにそういうことになったとしたら―その場合、人間保護区の境界はどこになるのだろうか。それはまあ、地球上の陸地や海の表面ということではどうだろうか。なぜなら、合成頭脳はその他どこにでも行けるからだ。宇宙空間でも、地中でも海中でも―人間の行けないところに。人間にはまったく申し分ないことに思えるだろう。コンピュータ・チップがどんどん縮んでスマートフォンのなかに消えていったように、機械はどんどん「引っ込んで」いきつつ、ずっと人間のために奉仕してくれるように見える。ふだんは気づかないが、人類が自分で自分を害しそうになると、かれらはそれを防ぐために介入してくる。そして初めて人間は真実に気がつくのだ―飼っているのはどちらで、飼われているのはどちらかということに。

紆余曲折はあるとしても、人類はいずれユートピアあるいは「陸生飼育器(テラリウム)」に到達することになるようです。

本書はライター山路達也さんにインタビューをまとめてもらい、それに加筆しました。

2019年2月 橘 玲

(1) 「Gゼロの世界の先 国際政治学者、イアン・ブレマーさん」朝日新聞2018年8月22日朝刊
(2) ジェリー・カプラン『人間さまお断り 人工知能時代の経済と労働の手引き』三省堂

 

コメントを閉じる

13件のコメント

  1. >紆余曲折はあるとしても、人類はいずれユートピアあるいは「陸生飼育器(テラリウム)」に到達することになるようです。

    現在地上で、「陸生飼育器(テラリウム)」によって育成されている生物がいます。

    北米やヨーロッパでは「小麦」、
    南米では「とうもろこし」、
    アジアでは「米」

    が人類の世話によって常に飼育・育成されていますよね。

    ようするに、人類の未来は
    「穀類」=エネルギー源=「電池」であって、

    マトリックスのモーフィアスの言うように、
    現実世界の99.9%の人間はマトリックスへ繋がれた人間電池として「栽培」されている。一生のうち一度も目をあけることなくマトリックスという夢を見たまま生涯を閉じる。
    人間の体温カロリーを核融合と結合させマトリックスが「生きる」ためのエネルギーを作り出す。人間電池の養分は死体を液化させたもの。

    なのです。

  2. 結局そこな!

    ってことを短く加筆させてください。

    終盤の方の「いま生きている世代にはなんの関わりもないことだ」

    自分の人生は自分の物なのですよ。皆それは同じ。
    自分の人生に還元されることのないことを必死にやって何の見返りがありますか?ってこと。
    私のようなタイプの若者の日本脱出しかり、バイトテロしかり。
    20代の若者が生きている間には日本は寛容にならないだろうね。
    じゃあ税金納める意味は?年金納める意味は?
    預金封鎖とかやたらと煽る扇動的な輩が未だにいますけど、
    預金封鎖されるって思ったらまともに働く意味は?ってなるよね。
    ただでさえマイナス金利かつ景気悪しで、日本にいる以上は働く意味なに?って実感なのに、預金封鎖説まで容易に垂れ流れる日本って生きる意味何??

    とはいえ高齢者でも一部の金持ちを除いて年金も少ない人がたくさんいるから年金カットで高齢者を実質殺す様な真似は絶対に許されないけど。

    それに日本人が嫌がって就かない仕事に外国人を奴隷として使う真似も絶対に許されないけど。

    要は、日本なんか、誰一人自立していないカッコ悪い大人だらけの国。外国人嫌いなら外国人に頼らずに完全鎖国して観光もほとんど制限して、日本人だけで日本を回せばいいのに、どうせ日本人だけで日本なんて回せるわけがない。外国人に頼らないと生きていけない日本人が、偉そうに外国人をヘイトするなよ。

    橘玲さんのどの記事を読んでも突き詰めていくと、結局は日本人は世界一自分勝手で性格の悪い民族だという結論に至る。

  3. 結局そこな!Part.2
    https://shuchi.php.co.jp/article/6233

    橘玲さんが先ほどTwitterで流されていた記事。

    自分だけは無事に安全に退職金貰うまで過ごしたいという現状の中年にとどまらず、
    その中年の一世代下の部下や、彼らの子どもが、その自分勝手な思想を継承したまんま、時間だけが勝手に進んでいくことが容易に想像できてしまう。
    「いま生きている世代にはなんの関わりもないことだ」
    時代が変わるのは一回今生きている奴全員死ぬ100年以上後の世界の話。

    じゃあ日本で生きる意味なんやねん!
    それだけ日本や日本人に腹立ってるし、大事なことやからあと1000回くらい言う。
    じゃあ日本で生きる意味なんやねん!
    じゃあ日本で生きる意味なんやねん!
    じゃあ日本で生きる意味なんやねん!
    (×100)

    社会全体がタコツボ化した日本では、個人の努力で組織を変えることもできなければ、他の組織(会社)に移っていくこともできません。環境(客観)が変えられないとしたら、あとは主観を変えるしかありません。だからこそ他人になにをいわれても気にしない「嫌われる勇気」を持って「置かれた場所で咲く」以外になくなるのです。

    嫌われる勇気という名の反日思想を持つと、日本では生きていけないくらいにヘイトを食らう。
    結果ほとんどの場合、嫌われる勇気を持つことはできず、置かれた場所で枯れてしまうか、反日思想は出ていけとかいうヘイトを浴びて精神的に殺される。

    じゃあ日本で生きる意味なんやねん!
    じゃあ日本で生きる意味なんやねん!
    じゃあ日本で生きる意味なんやねん!
    (×900)

    最後に一回!
    じゃあ日本で生きる意味なんやねん!
    んなもんねーわ!日本死ね!日本国内の日本人死ね!

  4. 僕には勇気も気力もない。
    でも、もし、
    ボクに尋常じゃないほどの莫大な勇気があったら、
    やまゆり事件を起こした人以上のデカイ事件を起こして、
    日本と日本人を物理的に潰す。一発で潰す。
    一回日本が崩壊したリセットされた状態から、
    みんながフェアにやり直す。

  5. 若い頃の「破滅衝動」というのは
    昔からあって、

    私の世代(バブルから氷河期にかけて)でも、

    例の
    「ノストラダムスの大予言」

    でも何度も繰り返しいわれていたことですよ
    いまさら何を言わんかですな。

    そのうち退職金と年金を心配するようになりますって。

  6. >日本がさまざまな面で欧米から1周遅れだからです。

    これは、

    >日本がすべての面において欧米から100周遅れだからです。
    >特に人権意識の面では日本は欧米から1000周遅れている。

    1周とか生ぬるい、微妙に日本に忖度する橘玲、
    絶対に言ってはいけないとか言いながらちょっと日本に甘い評価を下す橘玲、
    非情に成りきれず、ちょっと忖度する無駄に優しい橘玲、

    そういうとこも嫌いじゃない(笑)

  7. 変な人多いね。
    日本が嫌なら日本から出て行けばいいだけなのにw

    フランスあたりがお勧め。

  8. 橘氏も似たようなこと言ってましたが
    若者世代が今の世の中をぶっ壊して変えたいと思うのは自然なことで今も昔も変わらないのに
    いま反権力を標榜してる層が、実際には戦後民主主義に何十年間もしがみついてるような守旧派ばっかりで
    結局いやでも現政権(=権力)に期待するしかない、というのが今の閉塞感の最大の理由のように思えます

    個人的には民主党政権の失敗などを見てきた国民が
    「極端な変化は失敗しやすい」
    「変化は少しずつのほうがいい」
    と思うようになったのは悪いことでもないように思いますが

  9. 他人に対して、変な人と揶揄する事は日本においてとても多いですよね。
    まるで自分だけは「普通」の「まとも」な人間だと思い込んでいるよね。
    日本が他者の多様な生き方や思想に寛容になれない理由は、こういう、自分だけは普通だと思い込んでいる日本人が多いからなのよね。
    「普通の日本人です」という前置きを置いて、誰かを差別するのは、日本人の大きな特徴。

  10. >「普通の日本人です」という前置きを置いて、誰かを差別するのは、日本人の大きな特徴。

    年末年始に2週間ほどベトナムに行ってきたのですが、
    こちらが日本人とわかるといろいろ親切にされたり、
    落とした財布を届けてもらったり!

    「日本人」であることのメリットは海外でもありますよ。

    国内では、ベトナム人研修生などが日本国内でこき使われていることなどが
    報じられていますが、

    現地に行った感じでは、
    「日本」および「日本人」であることのメリットは
    大きいというのが実感です。

    もちろんそれは、
    ホンダのスーパーカブに代表されるモビリティの普及
    (ベトナムで数千万台も使われている)

    マンガやアニメといったサブカルチャーの
    果たしている役割が大きいですね。

    そういった「身近なものの信頼性や親和性」が
    親しみやすい雰囲気をもたらしているメリット
    を利用することをこそ考えるべきです。

    橘さんからは、
    「日本人」論よりも、

    「日本人」であることをメリットを
    どう利用するか?

    という話が聞きたいですな。

  11. >「普通の日本人です」という前置きを置いて、誰かを差別するのは、日本人の大きな特徴。

    日本人にヘイト発言して日本人差別する人が多いのが最近の橘玲のコメント欄の特徴。

  12. 日本人が、日本人にヘイト発言することの何がおかしいの?
    そもそもどれもヘイトじゃないんだけどね。
    自分が自分の国籍の悪い所に気付いて言及する、これって自分たちのことを第三者目線で俯瞰して見れているということになるよ。
    アリアさんは、日本人を綺麗な人種だと信じたいんでしょうね。だから見たくないものは見ない。典型的な馬鹿な日本人。日本って凄いのよ!って自画自賛する日本人、ハズイってば!ww

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

投稿したコメントが表示されない場合は、SPAM判定された可能性があります。詳細はこちらをごらんください。