『働き方2.0vs4.0』発売のお知らせ


働き方1.0 年功序列・終身雇用の日本的雇用慣行
働き方2.0 成果主義に基づいたグローバルスタンダード
働き方3.0 プロジェクト単位でスペシャリストが離合集散するシリコンバレー型
働き方4.0 フリーエージェント(ギグエコノミー)
働き方5.0 機械がすべての仕事を行なうユートピア/ディストピア

PHPから『働き方2.0vs4.0』が発売されます。サブタイトルは「不条理な会社人生から自由になれる」で、「そもそも日本の会社で働くことはなぜこんなにつらいのか」「その罠から抜け出すにはどうすればいいのか」を語っています。

発売日は3月22日(金)ですが、都内の大手書店では明日から書店に並び始めると思います。Amazonでも予約可能で、電子版も同時発売です。

『人生は攻略できる』につづいての新刊で、「自分史上」はじめて同じ月に2冊刊行することになりました。なぜこんなことになったのかいちおう説明させていただくと、これは『幸福の資本論』をベースとして、新しい読者層にアプローチするというプロジェクトで、第1弾が女性向け(『専業主婦は2億円損をする』)、第2弾が若者向け(『人生は攻略できる』)、第3弾がシニア層を含むサラリーマン向けの本書という位置づけでした。それぞれ別々に進行していたのですが、たまたま最終工程が重なってしまってこうなったという経緯です(第4弾の予定はありません)。

この本では、年功序列・終身雇用の日本的雇用慣行を「働き方1.0」として、それがどのように機能不全に陥り、Version2.0から3.0、4.0へとアップデートしていかなくてはならないかを説明しています。安倍政権は「働き方改革」で日本人の働き方をグローバルスタンダードに合わせようとしていますが、世界ははるかに先に進んでおり、旧来のアメリカ=グローバルモデルである「働き方2.0」は時代遅れになりつつあります。

幸福な人生を手に入れるには、どのような働き方を目指すべきなのか。興味のある方は、書店で手に取っていただければ幸いです。

コメントを閉じる

1件のコメント

  1. 古くからのPCヲタなら
    Versionが
    「新しければ良い」
    というものではない
    ことを何度も経験しているはずです。

    象徴的なのが「Windows」で、
    MS-DOSの上に乗っていた3.1以前から
    95、98から普及がはじまり、
    さまざまなバージョンを経て
    最近は64ビットのWindows10が一般的ですね。

    ところが、古いアプリや組み込みソフトは
    新しいOS で動くとは
    限らないから
    あえて古いOSを残しているところは
    たくさんあります。
    いまでもXpやPC-9801を残しているところは
    いくつもあって、古い98に高値がついたりします。

    さらには、古いシステムを改修しようとしても
    それが組み入れられている以上、改修に莫大な手間と
    作業が必要になったりします。
    みずほ銀行のATMが象徴的ですな。

    何が言いたいかというと、
    単に
    働き方1.0、Version2.0から3.0、4.0へ
    進化すればいいというものではない

    ということです。

    悪くないトコはさわらない コレもまたチューニングの基本なのヨ
    (湾岸ミッドナイト15巻 P14)
    誰も時代は超えられない あのZは伝説の中に生きるべき 過去のマシーンなんだ だが 乗り手がそれを拒む どこまでも特別で いつまでも現役ランナーなんだと 踏みきる 乗り手があのZを過去にしない(湾岸ミッドナイト19巻 P130)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

投稿したコメントが表示されない場合は、SPAM判定された可能性があります。詳細はこちらをごらんください。