日本が核武装すれば沖縄問題は解決する? 週刊プレイボーイ連載(375)


沖縄・辺野古の米軍基地建設への賛否を問う県民投票で、「反対」71.7%の「民意」が示されました。

この問題の背景には、米軍基地が「迷惑施設」になったという現実があります。

日本は敗戦で連合軍(米軍)の統治下に入り、1952年のサンフランシスコ講和条約で占領が終わりますが、沖縄はそれから20年間、アメリカの「植民地」でした。

敗戦直後の日米の「経済格差」はとてつもなく大きく、ゆたかな米軍は日本人の憧れでした。それに比べて、「日本を破滅に追いやった」旧軍の後継である自衛隊への視線はきわめて冷たく、災害救援でも自衛隊の活動はいっさい報じないのがマスコミの常識でした。

それが変わってきたのは高度経済成長の時代で、円高で米軍基地が地元経済に貢献しなくなり、いつの間にか米兵は「迷惑なひとたち」になりました。大きな転換点は1995年で、阪神・淡路大震災(1月)での献身的な救援活動で自衛隊が大きく評価を上げる一方、沖縄ではアメリカ海兵隊員らが12歳の女子小学生を拉致・集団強姦する事件が起き(9月)、米軍基地撤廃を要求する大規模な集会が開かれました。この事件をきっかけに、住宅地の真ん中にある普天間基地を移設することになり、その候補地として辺野古が選ばれたのです。

その後の複雑な経緯はとうていここでは書ききれませんが、沖縄の反基地感情はますます高まり、自民党に所属していた翁長知事が辺野古建設反対へと態度を変えたことで決定的になりました。翁長知事の死にともなう県知事選や今回の県民投票でも、「迷惑施設はもう御免だ」という沖縄のひとびとの強い意思は明らかです。

これもいちいち説明する必要はないでしょうが、問題は辺野古以外の代案がないことです。鳩山元首相が「最低でも県外」と約束した民主党政権が、迷走の挙句、けっきょく辺野古への移設を容認せざるを得なくなったことが日本政府の苦境を象徴しています。「沖縄の負担軽減のため本土移設を」と述べる論者もいますが、これはただいってみただけで、いまや原発に匹敵する「迷惑施設」となった米海兵隊を受け入れる自治体など見つかるはずはありません。

こうして安倍政権は辺野古の海の埋め立てを強行し、民主党時代の失態で脛に傷を持つ野党も批判は口だけで、沖縄の怒りと絶望はますます募るという悪循環にはまっています。

それでも代案を出せといわれたら、唯一実現可能性が(わずかに)あるのは、「日本から米軍に出ていってもらう」ことです。トランプ大統領は、「アメリカが負担する軍の海外駐留は認めない」と断言しているのですから、首脳会談で「思いやり予算(在日米軍駐留経費負担)はもう払えません」といえば「解決」する話です。

そうなれば日本は真に「独立」して、大量の核兵器を持つロシア、中国、北朝鮮という隣国から自力で国民・国土を守ることになります。当然、「核兵器保有」を求める大きな政治勢力が登場するでしょう。米軍の「核の傘」があるからこそ、日本の右傾化=軍事化が抑えられてきたのです。

「沖縄に米軍基地はいらない」というリベラルは、この不愉快な現実とちゃんと向き合わなければなりません。

『週刊プレイボーイ』2019年3月11日発売号 禁・無断転載

コメントを閉じる

14件のコメント

  1. 不愉快な現実とは向き合う気ゼロでしょう (笑)
    でなきゃ今日日左翼なんてやってられないです(笑)

  2. 橘さんは古い左翼ですからどうしてもそっち目線で物事を見てしまいますね。

    >円高で米軍基地が地元経済に貢献しなくなり
    沖縄は米軍基地に経済的に依存してますよ。

    それと橘さんが好きな不都合な真実として沖縄以外で米軍基地反対運動が無いと言うことがあります。
    米軍基地は日本各地にありますけど反対運動があるのは沖縄だけです。
    理由は簡単で沖縄に早くから左翼が入り込んで沖縄の新聞各社は左翼になったからです。

    まあ沖縄ぐらいは米軍基地反対運動があってもいいと思いますけどね。

  3. 沖縄出身の
    DA PUMP(ダ・パンプ)は、日本の男性ダンス&ボーカルグループ。ライジングプロダクション所属。レーベルはSONIC GROOVE。
    初期メンバーは全員沖縄県および沖縄アクターズスクール出身である。

    が「USA」というアメリカへの憧れの歌でヒットをとばすのだから、
    沖縄人はアメリカ人に対してアンビバレンツな感情を抱いていることをこそ考えるべきです。

    そもそも、国内にも三沢空軍基地(青森県三沢市)、横田空軍基地(東京都福生市など)、横須賀海軍基地(神奈川県横須賀市)、岩国海兵隊基地(山口県岩国市)、佐世保海軍基地(長崎県佐世保市)
    があります。

    カナダのコンドミニアムに行ったとき、こちらが日本人と分かると、
    三沢にいたんだというアメリカ人から
    話しかけられたことがあります。
    日本の「酒」つまり、日本酒が大好きだ!と行っていました。

    沖縄は日本のアメリカなのだから、
    それを活かした町興しで発展するような
    政策を行うべきです。

    沖縄では英語公用語にするとか、
    米ドルがそのまま流通するべきとか。

    そもそも、ハワイのオアフ島も
    アメリカの軍事基地として発展してきたのだから、
    (パールハーバーなんかまさにそうですね)
    アメリカの不沈空母たりうる軍事基地として
    発展することを考えるべきべきです。

    沖縄にトランプタワーができても良いでしょ。
    ttps://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%88%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%83%97%E3%83%BB%E3%82%BF%E3%83%AF%E3%83%BC

  4. 私は今回の記事に関しましては、橘先生とまったく同じ立場です。
    少々違う点を挙げるなら、「不愉快な現実とちゃんと向かい合う」のではなく、日本は核武装すべきである、という主張があることでしょうか。
    この主張は別に目新しいことでも過激に見せること狙いでもなく、エマニュエル・トッドあたりが普通に言ってることです。

    沖縄の基地問題は典型的な「迷惑施設押し付け」の問題で、解決するには哲学的な価値判断と考察が必要です。

    ほかの地域では沖縄ほど米軍基地が集中していないので反対運動は盛り上がりません。また、地元の基地への経済依存度は3割くらい(沖縄県試算だともう少し減る…けどちょっと怪しい)で、地元のひとが「3割貧しくなっても基地がない方がええ!」といったらもうどうにもならないでしょう。

    気の毒なのは沖縄の人で、本土の手先である迷惑施設押し込め政党と、非現実的脳内お花畑政党しか選択肢が実質的にないことです。
    いっそのこと琉球王朝の末裔を見つけて来て琉球王国として独立の道を探ったほうがいいのではないかと思います。

  5. 沖縄問題は、橘玲さんが語るまで無く、橋下徹さんの著書を読んだほうがいいと思う。

    アメリカから独立する日本になるべきなのは確かですが、必ずしも、核武装とは限らない。
    隣国とうまく落としどころを探って解決に導く交渉力をもつ人がトップにたてば、核武装しなくても解決できる。しかし日本の現政権は無能。交渉力もないし、核武装してもうまく使いこなせないのがオチ。

    デニーさんが現政権の恥部を世界に発信し続けて、沖縄は沖縄で独立して、沖縄国としてアメリカより隣国と仲良くしたほうが現実的。遠くの家族より近くの他人論が現実的。沖縄にとって、アメリカも日本現政権もぜんぜんベストな間柄じゃないから。 

    日本人なんて、現政権だけに限らず一般人レベルでも偽善者が多くて真の助けは得られない、自分勝手な民族性なのだから、国同士のフェーズでも、一般人レベルのフェーズでも、日本人に期待するだけ無駄。

  6. 核の傘か自主防衛かというイチかゼロかではない、
    中間的な方策はないのでしょうか。

    海兵隊グアム移転という話もありましたが、
    施設を減らすことはありえないのでしょうか。

  7. 「核武装すればすべて解決!」

    みたいな戯れ言は北朝鮮のいうセリフです。

    アメリカが沖縄に大量の基地を置いているのは、
    アメリカにとって沖縄が地政学的に重要な拠点
    だからです。

    ロシアが北方領土の一部を日本に返還すれば、
    日本とアメリカはロシアを牽制するという
    意味合いからもそこに軍事基地を置くことは
    まちがいないですな。

    だから
    ロシアは「絶対に」
    北方領土を返還しないのです。

    ttps://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%B5%B7%E8%BB%8D%E6%88%A6%E7%95%A5_(%E3%83%9E%E3%83%8F%E3%83%B3)
    マハンは海軍兵学校の教官として海軍戦略を講義し、著書として刊行した。帆船時代の経験に基づいて書かれた1890年刊『海上権力史論』では世界の海軍関係者にその名を知られた。21年後に刊行され、最後の著作となった本書では、日清戦争や米西戦争、日露戦争で新たに戦史に加わった汽走海軍の戦いを踏まえた内容となっている。

    本書は海洋の戦略的意義を初めて体系的に分析し、国家戦略としての戦略思想を確立した。特に地理的要因を戦略理論の中に導入したことは後のハルフォード・マッキンダーの地政学でも参照されている。1914年のパナマ運河開通が近未来史に予測され、大西洋・太平洋に艦隊を分散配置せねばならないアメリカ合衆国の戦略環境が立論の背景となっていた。

  8. 私は、国際的な約束は、国民世論と無関係に守るべきという考えです。
    ですから、日本には、辺野古移転は、沖縄の世論や日本の世論と無関係に、
    進める義務があります。
    また、日本の防衛のイギリス化に賛成です。
    イギリスが、核保有していても、アメリカの属国、犬であるように、
    9条改正、核保有くらいで、アメリカとの力関係は変わりません。(犬に昇格
    くらいはしますが・・・)
    繰り返しますが、日本の世論は、9条改正や核保有をすごいことのように言いますが、アメリカとの関係では、大した意味はありません。
    橘さんが勘違いしているのは、日本や韓国が金を払わないと言っても、核保有したとしても、独立なんてさせてもらえません。
    「独立万歳」と叫べば、独立できる訳ではないのです。

  9. 沖縄本島は日常生活から米軍基地を迷惑施設と見るけど、同時に中国から生活・財産を守ってくれる存在という認識はないんだろうね。

    日本本土とナショナル・アイデンティティが噛み合わない沖縄民からすれば、生活さえ良ければ、別に中国帰属でも構わないくらいには、腹の底で考えてる可能性があるかも。

    沖縄が地政学上米中の要地である以上、有事の際に激戦区になる蓋然性が高いと思うけど、だからこそ、沖縄民はロシア軍によるウクライナ電撃戦のような占領されやすい地域になることを、沖縄民固有の利益という観点から狙ってるのかなと勘ぐってしまう 。

  10. >山本山さん
    約束は守るべき論は、強者の理論。所詮は、沖縄の苦しみを知らない奴の戯言。
    被害者に対して、既に約束してあることなんだから蒸し返すな論を出す奴は、人の痛みが分からない人でなし。
    9条改正も核保有もすごいことですよ。簡単に戦争が可能になりますから。
    9条改正や核保有くらいでアメリカとの関係が変わらないと簡単に予測できるくらい、日本の現政権は無能。9条改正や核保有というカードの使い合次第で、いかようにも独立できます。でも今の現政権ではそれを武器に独立しようなんて力量はない。
    9条改正と核保有をするなら、アメリカと離れる施策も同時に考えないと、9条改正や核保有をする意味がない。ただでさえ、この間もアメリカからゴミ武器を買っているバカ日本なのにwww

    >七志さん
    同時に中国から生活・財産を守ってくれる存在という認識はないんだろうねって、その発言、ただの人でなし。日常的にアメリカ軍人の窃盗やらレイプやらが起きているのに、安心して道も歩けない人もいるのに、その事実を見ずに、中国から守られているんだから基地くらい許せよ論はただの人でなし。
    ならお前の家の隣に基地作って、隣で騒ぎまくって常に不安で過ごさなきゃならない環境作ったろか??

    総じて、人の苦しみをわからない人でなし、日本人多すぎないか?
    被害者になってみろよ。

  11. >「日本人は人でなしだな」さん

    米軍基地が沖縄からいなくなっても、今度は中国人民軍が沖縄に来るだけで、沖縄民の境遇は向上するどころか、悪くなると思うのは、私の偏見・妄想かな?

    日本の無条件降伏後、満州に入植していた日本人がソ連兵にどんな目にあったか、チベットの人が中国人民軍にどのよう目に遭わされたか知ってるよね。
    国家の保護下にない民間人に対し、他国の軍隊が大惨事をもたらすのは歴史的経験則と呼べると思う。(教科書的にいえば南京事件もこれに該当するかな)

    沖縄は今、米軍によって最悪な目に遭っていて、日本政府はこれを放置しているように思ってるかもしれないけど、もっと最悪がある事を想像しなよ。(別に現状を許容しろと言いたい訳ではなく)

    日本の安全保障政策で沖縄が強いられている事は沖縄に不利益だけでなく、当然沖縄の安全保障の利益にかなっている事だと思うのよ。(被害者に対し、お前は利益を受けているのだぞって言うのは理不尽だと思うけど)

    その地域の安全保障は自国の軍事力(+同盟国の軍事力)を担保にしてる事実から目を逸らさないで。

    この事を踏まえた上で、沖縄民の人権が米軍によって侵害されているから、その救済のための運動(人権救済の為の制度作り ex,騒音補償や沖縄米軍軍事法廷における被害者参加など)をした方が、生産的だと個人的には思うよ。

  12. 九州の田舎県だけど、自分で話す範囲のオヤジどもやジジイ達は基地と補助金がセットなら大歓迎みたい。どうせどこに基地作っても、どこからともなく「いつもの連中」が集まってきて反対運動やるのは一緒だろう。

  13. >「日本人は人でなしだな」さん

    1 約束は守るべき
    2 約束は守らなくて良い

    大きく分けて1か2しかない。
    日本人は人でなしだなさんのように、2に立てば、法律も関係なく何をしてもよいという弱肉強食の世界しか残りません。
    議論も無意味です。
    日本が国際合意を覆したら、世界の他の国も含め、
    日本とは何かを話し合って、合意しても無意味だということになります。
    韓国レベルになってしまいます。
    被害者が納得しないから、合意が無効などといえば、
    韓国レベルになってしまいます。
    近代から近代以前に戻ってしまいます。
    沖縄が被害者だから、普天間基地に問題があるから、
    解決策として、被害を少なくするために辺野古移転を日米政府は、
    決めたのですよね。
    現状の普天間基地存続よりは、移転の方が被害が少ないわけです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

投稿したコメントが表示されない場合は、SPAM判定された可能性があります。詳細はこちらをごらんください。

管理スタッフはコメント欄への投稿をしません。管理人を詐称してのコメント投稿はおやめくださるようお願いいたします。