『人生は攻略できる』あとがき


新刊『人生は攻略できる』の「あとがき」を、出版社の許可を得て掲載します。

この本で書いたのは一般論だから、ぼくがどのような生活をしているかなんて興味ないだろうけど、知りたいという奇特なひともいるかもしれない。といっても、とくに他人に自慢できるようなことがあるわけではない。

ぼくの仕事はもの書き(文筆業)で、文章を書く、本を読む、ときどきサッカーを観るというほぼ3つのことしかしていない。その代わり、年に3カ月くらいは海外を旅している。

2018年はワールドカップに合わせてロシアに行って、日本対ベルギー戦をスタジアムで観戦してから、ウクライナ領でロシアに併合されたクリミア半島を訪れた。アメリカ、ヨーロッパ、アジア、アフリカ、中南米など、ふつうのひとが思いつく観光地はすべて行ったし、ボスニアとかマダガスカルとかあまり馴な染じみのない場所も訪れたことがある。中国では観光ガイドから、「お前みたいに中国を旅行してる奴は中国人にもいない」といわれた。――ぜひ訪れてほしい観光地を挙げるなら、アスワンからルクソールまでのナイル川クルーズ、ヨルダンのペトラ遺跡、アメリカのグランドキャニオンで、ここはラスベガスからレンタカーで行きたい。

フリーエージェントになってから20年間、ずっとこんな生活をつづけてきた。ぼくは特別な才能を持っているわけではないが、それでも「幸福の資本」を手に入れることができたのだから、いまこの本を読んでいる君なら楽勝にちがいない。これはいい加減なことをいっているのではなく、欧米や日本のような「ゆたかな社会」では、才能、運、努力のどれかひとつがあれば(あるいはすこしずつ持っていれば)成功できるし、若い君にはそのための時間がじゅうぶんあるのだから。

これまで何冊か人生設計について書いてきたが、ここではそれを、若い読者に向けてシンプルにまとめてみた。ここで述べたことはすべて証拠(エビデンス)があるが、煩わしくなるのでいちいち出典は示していない。詳しいことを知りたければ、以下の本を読んでみてほしい。

人生の3つの土台のうち、金融資本(お金)については、『新版 お金持ちになれる黄金の羽根の拾い方』(幻冬舎文庫)などで書いている。株式など金融市場について知りたいのなら、『臆病者のための株入門』『臆病者のための億万長者入門』(文春新書)が初心者向けだ。

「やればできる」というのはまちがっていて、得意なこと、好きなこと以外は「やってもできない」という話は、『残酷な世界で生き延びるたったひとつの方法』(幻冬舎文庫)で書いている。これは進化の過程でヒトがそのようにつくられてきたからだが、興味があるなら『言ってはいけない』『もっと言ってはいけない』(新潮新書)を読んでほしい。

20代、30代の読者を対象に、「幸福になるには3つの資本が必要だ」と説明したのが『幸福の「資本」論』(ダイヤモンド社)。結婚して会社を辞めようか悩んでいる女性に向けては、『専業主婦は2億円損をする』(マガジンハウス)を書いた。

ぼくの考え方の背景には「現代の進化論」がある。大学でなにを勉強すればいいか悩んでいるなら、『「読まなくてもいい本」の読書案内』(筑摩書房)をぜひ手に取ってみてほしい。

ついでにいうなら、ぼくはここで書いたような人生戦略を最初から実践してきたわけではない。大学を出てから30代半ばまでの「バカだった頃」の話は『80’s(エイティーズ)』(太田出版)という本に書いたから、読んでみてくれるとうれしい。

本書は、ライター大隅光彦さんによるインタビューにもとづいている。

2019年2月 橘 玲

コメントを閉じる

3件のコメント

  1. わたしの想像通りの人間です。
    橘玲さんは言っていること、十中八九正しいし、励まされたことも、やっぱりそうだよなぁとわたしの考えを後押ししてくれて自信をつけてくれたこともあります。
    橘玲さんには求めても仕方ないから求めていないけど、やっぱり橘玲さんは自分より下の世代の本当の苦しみを理解できてないなと感じます。
    わたしだって、年上の世代の苦しみを理解はしていても実感はないから本当の意味では解らないし、誰だって世代が違えばもう異人だから。

    でも橘玲さん支持者として、橘玲さんには正しくても薄っぺらい言葉で若者を励ましたつもりにならないでほしい。所詮一握りの成功者になれたから、高みの見物にしか感じ取れなくなってしまう。

    少子化を本気で解決したいとみんなが思うなら、
    みんなが他人を支配するされることなく個性を大切にして生きられる社会は何か、ちゃんと考えてほしい。
    面倒な仕事を他人にやらせておけばいい、これは他人を支配することだから。

  2. 誰かに期待するぐらいなら、自分で行動を起こす方が早い。と思って生きてきました。
    そこそこの時間を経て、世間一般でいう勝ち組、富裕層の部類に入ると思います。

    途中、都度都度、橘さんの著書を拝読。
    株式投資より自分の会社に全力投資してきたので、マーケットはこれからかな。
    ETFは少しありますが。

    他人に期待している暇があるなら、稼いで納税する。
    全てにおいて完璧なと存在せず、この残酷な社会で生きていくしかないのです。

    他社への再配分は、その道のプロの任せる。(使途への不足不満はありますが、
    今の平和な社会に生まれた事に感謝し、それへの恩返しのターンと思ってます。)

    現実は残酷で厳しいが、それが生きているものへの試練かと。

  3. 「現実は残酷で厳しいが、それが生きている者への試練」
    とかいう達観ぶった、正論ぶった、世の中そんなものという諦めムード満載な発言は、結構な人が平気でするけど、ちゃんちゃらおかしいわ。

    単純な話。
    そんな残酷な現実で自分や自分の家族、自分の分身を生かしていきたいと心から思えるのか。結局感受性の強い敏感に感じ取れる純粋な優しい人は知らぬ間に世界から消えていく。そして世界には汚い人間しか残らない。

    風俗とかキャバクラとか、ガールズバーとかパパ活とか、昔からずっとこんな阿保みたいな商売が残存し続けるけどさ、胸に手を置いて心から自分の人生誇れるの??
    こういうことによって、自分自身も知らぬ間に傷つけるわけだけど、そういう人に純粋に関係を持っている人のことも傷つけることになるよね?
    私の自由だからほっといて!私の身体をどう使おうが自由!っていうバカ女。
    じゃあ、本当に誇れるなら別に身バレしても堂々としていられるのよね?
    なら本名でやれよ。テレビとかで実はパパ活やってます!みたいな輩、顔隠すなよ。
    誇れる人生なら、隠す必要なんてない!!!

    こんな本当の意味で愛がない日本という国で、Mettoが阿保みたいにムーブメントになって、Himtooもインセルも叩かれ、男性が気軽に誘うこともできなくなった国で、心から好きな人と生涯を共にして生きて行こうとする純粋な想いは実現不可能。
    まじで結婚なんてしちゃいかんな!と若年男性の一人として強く感じる。
    特にジェンダギャップ指数の低い男性差別様様な日本ではより一層感じる。

    男性をもてあそぶのやめろよマジで。
    心の奥底で白馬の王子サマを女性が待っている。
    男性だって純白のお姫様を心の奥底で探し続けています。
    自分の結婚しようとしている彼女が実はパパ活やってましたとか、バレない様に色んな男を見て品定めしてましたとか、許せるわけないからね。

    インセルがただの非モテの八つ当たりなのか、実際に最低な女に出逢ったことがきっかけなのかでは、全然意味が違う。
    そして8割とは言わないが、女の7割はやっぱりハエだ。
    10分の3で出逢える誠実な女性の中から、さらに自分と価値観の合う人と結ばれる可能性なんて奇跡。

    女性が、10分の10で誠実な男性に出逢うために、
    男性が、10分の10で誠実な女性に出逢うために、
    みんなが高尚にならないとダメ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

投稿したコメントが表示されない場合は、SPAM判定された可能性があります。詳細はこちらをごらんください。