「働き方国会」が紛糾する”恥ずかしい”理由 週刊プレイボーイ連載(327)


厚労省の裁量労働制調査で不適切なデータが見つかって、「働き方国会」が紛糾しています。とはいえ、いったい何が問題になっているのかよくわからないひともいるでしょう。じつはこれは、かなりややこしい話なのです。

ひとつは、裁量労働制の適用範囲を拡張したい政府に対して、それを批判する側が単純に「反対!」とはいえないことです。なぜなら、安倍政権と対決する“リベラル”なテレビ局や新聞社の社員の多くは裁量労働制で働いているのですから。

「なぜあなたと同じ働き方をほかにひとたちもしてはいけないのですか?」と問われて、「自分たちは特権階級でお前らとはちがう」とこたえるわけにはいきません。これが、メディアが「裁量労働制とは何か」という本質的な議論を避け、重箱の隅をつつくような話を繰り返す理由でしょう。

ふたつ目は、なぜ労働時間にばかりこだわるのかということです。国会では、過労死を招く長時間労働こそが元凶で、労働時間さえ短くすればすべて解決するような話になっていますが、その根拠は示されていません。

シリコンバレーのベンチャー企業では、エンジニアやプログラマは会社に泊まり込んで働いています。日本でも同じでしょうが、法律によって彼らの長時間労働を規制してなにかいいことがあるのでしょうか。

このような混乱が起きるのは、スペシャリスト(高度プロフェッショナル)とバックオフィスの働き方が根本的に異なることを理解できていないからです。

スペシャリストは「会社の看板を借りた自営業者」ですから、青天井の成果報酬で、求められた結果さえ出せば週休3日でも1日24時間働いても本人の自由です。それに対してバックオフィスは正規・非正規にかかわらず同一労働同一賃金の時給計算で、労働時間には上限を定め、サービス残業という「奴隷労働」など許されるはずがありません。

日本的雇用の特徴は、スペシャリストとバックオフィスが正社員という「身分」でいっしょに扱われていることです。そのため本来は裁量労働制を適用すべきでないバックオフィスに長時間労働させる一方で、自由に働きたいスペシャリストに窮屈な枠をはめて生産性を落とすことになっています。だからこそ、法によってスペシャリストを厳密に定義したうえで、彼らの自由な働き方を保証しなければならないのです。

3つめは、政策の決定にあたってこれまで「証拠(エビデンス)」になんの価値もなかったことが暴露されたことです。厚労省の対応を見れば、「裁量労働制の拡張」という結論が先にあって、それに見合ったデータを適当につくったことは明らかです。それがいきなり、データの学問的な根拠を問われてあわてふためいているのです。

しかしこれは、厚労省のお役人が経済学や統計学のなんの訓練も受けていないことを考えれば当然のことです。そもそも彼らは、「異なるデータを比較してはいけない」ことすら知らなかったのではないでしょうか。

こうして話はひとつのところに落ち着きます。日本社会のいちばんの問題は、会社にも官庁にもまともな専門家(スペシャリスト)がおらず、「仕事は苦役」と考える素人が適当なつじつま合わせをやっていることです。これでは、「高度プロフェッショナル」のための法律などつくれるはずはありません。

『週刊プレイボーイ』2018年3月5日発売号 禁・無断転

コメントを閉じる

9件のコメント

  1. >これでは、「高度プロフェッショナル」のための法律などつくれるはずはありません。

    そもそも、どんな分野であっても、
    自分が「高度プロフェッショナル」と自認しているならば、

    自分から起業するなり、フリーで働いているはずなので、
    それに対してわざわざ法律や規則を作ってもらわなくても???

    という疑問は持たないのでしょうか?

    法律や規則は「高度プロフェッショナル」でない
    凡百の人々を保護するためにあるのです。

    もちろん、企業の歯車でないと実現できない分野というのは
    あります。
    マツダの「スカイアクティブ(SKYACTIV)」エンジンの開発者
    の人見光夫氏なんかそうでしょう。

    「ずっとむなしい、なにもなく終わる・・・」 マツダの天才エンジン技術者、大逆転の軌跡(前編)
    人見 光夫氏(マツダ常務執行役員・シニア技術開発フェロー)
    ttp://tech.nikkeibp.co.jp/atcl/nxt/column/18/00134/030600024/

    エンジン開発において、
    カネがないからこそ、試作品での実験による検証ではなく、
    コンピュータ・シミュレータの可能性に先鞭をつけた人ですよね。

    結局のところ、

    政府や官僚は
    「いらんことをしない」

    ことこそ求められているのです。

  2. >そもそも彼らは、「異なるデータを比較してはいけない」ことすら知らなかったのではないでしょうか。

    んな訳ねーだろ。それなりの大卒公務員だろうが。
    統計でも実験でも条件を合わせないと信頼性が下がるのは
    中卒の俺でもある程度知ってるわ。

    知らなかったから仕方ないとでも言いたいんかね。
    自分の思想に合わせて都合よく書きすぎ。

  3. いつの間にか過労死と過労自殺がごっちゃになってる。
    過労自殺はいじめ自殺と同じでこの世には存在しない。
    過労やいじめで鬱になる。鬱で自殺する。

    書類を書き換えた奴は朝日にいじめられて鬱になって自殺した。

  4. 好きな職業でも土日無しで毎日20時間働かされれば、嫌になると思うけど。

  5. >シリコンバレーのベンチャー企業では、エンジニアやプログラマは会社に泊まり込んで働いています。日本でも同じでしょうが、法律によって彼らの長時間労働を規制してなにかいいことがあるのでしょうか。

    大いにあります。過労による労災を避けることができる。
    どれだけ好きな仕事でも遊びでも、1日16時間やったら体を壊す。過労のコストは、社会保障費として外部化されて、企業はレントを得る。そんな企業活動は禁止しなくてはならない。

  6. >大いにあります。過労による労災を避けることができる。
    >どれだけ好きな仕事でも遊びでも、1日16時間やったら体を壊す。過労のコストは、社会保障費として
    >外部化されて、企業はレントを得る。そんな企業活動は禁止しなくてはならない。

    かつて昔のPC関連で、黎明期にはそういった人たちがたくさんいました。
    ビル・ゲイツなんかまさにそうですね。

    1974年12月、ゲイツはアレンから、ポピュラー・エレクトロニクス誌にアルテア8800の記事が載っているのを教えられた。これを読んだゲイツとアレンはアルテア8800用にBASICインタプリタを作成することを考えた。ゲイツは、アレンの名前を騙って、アルテア8800を販売していたハードメーカーMITSに電話をかけ、実際には未だ何も作成していないBASICインタプリタについて「現在開発中であり、間もなく完成する。御社に伺ってお見せしましょうか。」と言い鎌をかけた。電話に応対したMITS社長エド・ロバーツは、「動作するBASICを最初に持ってきたものと契約する。」と答えた。これを受けて、彼らはBASICインタプリタの開発を開始した。

    彼らはアルテア8800の実物を持っていなかった。そこで、アレンはハーバード大学にあったPDP-10上でアルテア8800をエミュレートするプログラムを作成し、これを用いてBASICインタプリタを作成した。

    8週間後、ゲイツとアレンの寝食を忘れたプログラミングの結果、BASICインタプリタが完成した。1975年3月、デモのため、アレンがニューメキシコのアルバカーキにあるMITSへ向かった。この際、アレンがBASICのブートローダの開発を忘れていたことに気がつき、移動中の飛行機中で完成させた。こうして作られたBASICはMITSでのデモに成功し動作した。(このときゲイツはボストンの大学寮でアレンの帰りを待っており、同席はしていない。)

    黎明期のパイオニアにはそういった人物が必要なのです。
    Appleの2人のジョブズ、Linuxのリーナス・トーヴァルズ、
    Googleのラリー・ペイジとセルゲイ・ブリンもそうです。

    国内にもそういう人はたくさんいました。
    有名なところでは、チュンソフトの中村光一さんや
    ドラクエで有名な堀井雄二さんなど。

    「英雄」たちの時代が終わって、歴史はどんどんつまらくなった 週刊プレイボーイ連載(190)
    ttps://www.tachibana-akira.com/2015/04/6805

    とはいうものの、昔のPCでは、私も英雄と同時期を過ごしてきたのです。

    次の「英雄」はどの分野で生まれるのでしょうか???

  7. ジョブスは働いたのではなく働かせた方ね。

    海外の例を出すまでもなく本田宗一郎。
    今ならブラックだパワハラだとマスコミにボコボコにされるレベル。

  8. 『言ってはいけない』を読んで心が汚れてしまった方(笑)や、「蛙の子は蛙」という偏見を植えつけられてしまった方には、治療薬として次のような本をお勧めする。

    ・村上和雄『アホは神の望み』(サンマーク出版)
    遺伝子研究の世界的権威である村上氏が、良い遺伝子のスイッチをONにする方法を述べている。

    ・茂木健一郎『感動する脳』(PHP)※特にお勧め
    ・茂木健一郎『続ける脳 最新科学でわかった! 必ず結果を出す方法』 (SB新書)
    脳科学者の茂木氏はこれらの本の中で、遺伝や先天的素質は人生において大した意味を持たないと述べている。

    ・茂木健一郎『すべては脳からはじまる』(中公新書ラクレ)
    茂木氏はこの本の中で、数字を過信することの恐ろしさを語っている。

    ・落合信彦『「豚」の人生 「人間」の人生』(小学館)
    ・落合信彦『日本の正体』(小学館文庫)
    国際ジャーナリストの落合氏はこれらの本の中で、世襲が日本社会や日本文化をダメにしている(「蛙の子は蛙」など真っ赤な嘘)と述べている。

    ・碓井真史『ふつうの家庭から生まれる犯罪者』(主婦の友社)
    著名な犯罪者の多くは善良な親のもとに生まれていることが述べられている(そもそもヨハネスブルグでもない限り、13%以上もの人が有罪判決を受けるはずもない)。

    ・鈴木伸元『加害者家族』(幻冬舎新書)
    犯罪者の家族が受けている被害について、詳細に述べられている。

  9. アレクサ、教えて

    日本のためにアベノミクスの対案を・・

    ないなら無いって野党へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

投稿したコメントが表示されない場合は、SPAM判定された可能性があります。詳細はこちらをごらんください。