みんなバブルを待っている 週刊プレイボーイ連載(91)


 

いまの若いひとに80年代のバブルの頃の話をするとほんとうに驚かれます。

当時は、クリスマスイブに大学生がホテルのスイートルームでパーティをしたり、OLが週末にハワイや香港に行って、最高級ホテルに泊まってブランドものを買いあさるのが当たり前でした。皇居の地価がカリフォルニア州と同じで、東京の不動産を担保にすればアメリカ全土が買えるといわれ、不動産成金たちは自家用ジェットで世界じゅうを飛び回って札束をばら撒いていました。

アベノミクスによって、これから日本は人類史上例をみない大規模な金融緩和を行なうことになります。経済学者のなかには、それによって資産バブルが起こると警告するひともいます。

80年代のバブルが崩壊して、日本経済は「失われた20年」に沈みました。サブプライムバブルが崩壊したアメリカではマイホームを失ったひとたちが路上にあふれ、若者たちは格差是正を求めてウォール街を占拠しました。ユーロ導入で空前の好景気に沸いたギリシアは、いまでは国そのものが解体しかけています。このような惨憺たるあり様を見れば、「資産バブルは起こしてはならない」というのはそのとおりです。

しかしその一方で、80年代のバブルを経験したひとたちは、「あんな面白い時代はなかった」と口を揃えます。夜中まで働いてから六本木に飲みに行き、朝まで騒いでタクシーで帰宅しても、5万円の飲食費も2万円のタクシー代もぜんぶ会社が払ってくれたからです。

いまでは接待交際費やタクシー代はもちろん、取引先との喫茶店代すら経費精算できないこともあります。そんなショボい会社しか知らない若者たちは、バブルの話を聞くと、「いちどでいいから自分もそんな時代を体験してみたい」と思います。

ひとはみな近視眼的にできていますから、将来どれほどの不幸が待っていても目先の快楽を追い求めます。経済合理性でバブルを抑制できるのなら、ダイエットに苦労するひとなどいなくなるでしょう。

「アベノミクスが資産バブルを起こす」と警告すると、アベノミクスへの支持が上がります。好景気と資産バブルのちがいなど、ほとんどのひとにとってはどうでもいいのです。

だとしたら、アベノミクスは成功しても失敗してもやってみる価値があるのでしょうか。

アベノミクスの最悪のシナリオは、実は別にあります。

物価と金利が上がっても資産バブルが起こらず、逆に地価や株価が下落すると、金融機関が次々と破綻して日本国の債務だけが膨張していきます。これが「財政破綻」と呼ばれる国民経済の全面的な崩壊ですが、この不吉な予言に現実味があるのは、80年代と比べて日本国の借金が増え、潜在成長力が大きく下がったからです。

未来は誰にもわかりませんが、実際には、アベノミクスで80年代バブルが再来するよりも、財政破綻で大不況に陥る可能性のほうがずっと高そうです。

その経済的混乱から、私たちはどのようにして身を守ればいいのか? その方法を『日本の国家破産に備える資産防衛マニュアル』で書いたので、興味のある方は手にとってみてください。

 『週刊プレイボーイ』2013年3月18日発売号
禁・無断転載

コメントを閉じる

19件のコメント

  1. 今の若者は、バブルに踊った我々ほど愚かではないと思います。
    バブルを期待する中年以上の連中に冷ややかな視線を浴びせつつ、堅実に生きるのではないでしょうか。

  2. ・中央銀行に自国通貨発行権があり、
    ・国債の殆どを自国で消化しており、
    ・借金の何倍もの資産がある
    ような国での財政破綻は考えられないらしいですが、、
    将来どうなるのかはよくわかりませんね^^;
    仮に国レベルでは破綻しないとしても夕張市等の市町村レベルでの
    破綻はありましたし。

    ただ確実なのは、、、
    財政破綻や国家破産などと将来不安を煽った本を出版し、
    いつか紙くずになるはずのお金を印税でコツコツと
    貯めこむ優秀な人間は確実に存在することだけは確かです。

    ん、いや、まてよ、、、そのお金を別の資産に替えるというわけか。。。
    ちょっと本屋に行ってきますwww

  3. 橘センセーお得意の結論ありきの記事といったところでしょうか。
    就活廃止デモなんかするバカは別にして、いまの若者はもっと地に足がついた考え方をしていると思いますよ。不安定な時代だからこそ公務員が人気職業になり、大手志向が強まるように、無い物ねだりの羨ましさがあるだけでしょう。
    むしろ、「あんな面白い時代はなかった」といまだに言ってるような中高年バブル世代を、内心では馬鹿にしている若者の方が多いと思います。バブルおじさんたちの若いころとは比べ物にならないくらい、いまの若いこは努力していますしね。
    しかし、橘センセーであっても、週刊誌の記事がいつも表面的で薄っぺらい内容になるのは、字数制限があるからではなく、読者層を意識しているためなんでしょうか。

  4. 太平洋戦争で言えば、もうミッドウェイで大敗して大分経った頃。

    ポイント・オブ・ノーリターン過ぎてる、ド借金は返せず雪ダルマ式に増えてる。
    国会の予算審議を見てると、サラ金でファイナンスして馬券を買うオヤジと変わらない。
    「なぁに、今度はデカイ穴がくるさ、デカイ◯◯◯◯はごめんだがな」なんて。

    「早く原爆落とせよ、ああ、俺の街だけは絶対ダメだぞ!」
    そう思ったら、橘さんの本を読みましょう・・・ヨイショ。

  5.  私は若い人ではないですが(30代前半)、50代前後の方たちに『昔はこうだった』的な判断基準で物事を考えられる方が多いように思います。自分を変えられず、既得権益を手放せない。最悪のシナリオに進むことによって、価値観を変化させることができ、幸福だと感じる人もふえるのではないでしょうか・・・。

  6. バブル経済時自分は小学生でしたが親が株で億万長者になった時は普通に
    「大人になって社会に出るとこういう世界(人生)が待ってるんだ」って思いました。
    ※現状親は資産を確実に減らしていく行程に入りました、年金はあてになりません。

    今年ひょっとしたら資産バブルが来るぞ~さぁ儲けるぞ~…らしき暗号が出てても、

    「資産バブル!?…どうせ金持ちが騒ぐだけで俺らには関係ない…」が、今の
    大半の若者の思考だと思うんです、夢がないようですが逆にシビアでサヴァイバー。

    デフレが続くと過去のバブルのような天国を目指すより、物欲嗜好がほぼ消滅してしまい
    なんだろう…バーチャル世界での依存が生活標準化されるような生活を目指すと思う。

    若者にバブルの話しをするより、上の世代の方は夢の見方を模索し話した方がいい。

    たまにのる電車内で携帯ばかり眺めてる若者を見ると、余計そう感じます。
    何か夢を見て叶えようと努力するより、携帯を見ながら死んでいくんじゃないか!?…と。

    あと若者ってバブル時の話しよりも、自分達が少子化世代である事にすごく驚きますね!
    そうすると少子化による国家破綻防止マニュアル作成国際会議なんて起こるかもしれない。

    本拝読させていただきました、国家破綻の流れにおいて小説とはいえモラル崩壊が
    ないのは違和感です、素直に買い物が出来るでしょうか?強盗犯が増えると思います。

    またハイパーインフレが発生すると、例えば携帯電話が普通に使える状態でしょうか?
    誰もが働くのを辞めて完全失業者であふれ、海外へ渡航したい者が大半だと想像します。
    しかしそこに悪徳運転手がいて他国で奴隷に…これは個人的な悲惨過ぎる未来予想ですが。

    当然そんな破綻段階より以前に資産を守る為の準備や対策本だしすごく参考になります。
    ただ…小説はもっと身震いする世界感が欲しかったです、これでもかというぐらい。

  7. バブルを知らない世代の若者なら、あぶく銭が手に入っても、それは使い込まないで
    貯めこむという行動に出ると思う。

    >夜中まで働いてから六本木に飲みに行き、朝まで騒いでタクシーで帰宅しても、
    >5万円の飲食費も2万円のタクシー代もぜんぶ会社が払ってくれたからです。
    なんて緩い時代なんだ!!うらやまし過ぎる。
    今の時代にそれやったら、飲食店やタクシー運転手と組んで利益抜く奴が続出の予感。

    バブル時代を知っておられる方に質問です。
    ゆるい経費が使い放題だった時代は、懇意にしてる店や業者と組んで、
    実際以上に飲食したことにしてキックバックもらい放題
    だったんですか?それとも、本当に飲食したんですか?
    うちは研究開発部門なんで、どんなに経費使えてもまっすぐ家に帰る生真面目な上司ばっかりで、
    こういう情報入ってこないんですよ。。

    キャバクラで5万使うより、使ったことにして2万でも3万でも何らかのキックバックを得て
    それで彼女と遊んだほうが合理的に思えるんですが。

  8. このエントリーを読むと、商売人ならみんな分かっていることが、残念ながら橘さんも他の阿呆マスコミと同じく分かっていないようだ。

    バブル真っ只中の1988年、竹下内閣(を実質的に動かしていた大蔵省)は消費税を導入した。
    消費税を始めるには資産バブルによる「好景気」は必要不可欠だった。
    今回のアベノミクスも基本的構図は全く同じ。
    日本経済の根源的な問題が需要不足であることも25年前と変わっていない。

    当時と違うことといえば、竹下内閣は自分の命と引き換えに増税の道を作ったが、安倍内閣はフリーライダーで漁夫の利を得ていること。

    これから数年で日本は経済面では消費税の増税を境に景気は大きく後退し、イデオロギー面では右旋回するが、個人としてはそれに備えて手を打っておくしかない。

  9. 私も、80年代のバブルを経験しましたが、「あんな無駄な時代はなかった」と思っています。高価なものを飲食し、ブランドものを身に着け、豪華な車に乗り、豪華なマンションに住むことが、どれだけの価値があるのだろうかと冷ややかに見ていました。まだ、日本は先進国になったばかりで、成金国家と軽蔑していました。
    あれから20年以上たちましたが、地に足のついた「豊かな国(人)」を目指す人が多くなってきたので、昔のようなバブルが起きないし、起こしてはいけない。

  10. 最新刊を読了しました
    私がネットに口座を開き、得られるはずが無かった少しばかりの利益を上げられたのも橘さんの著作に出会ったからです
    大勢の私と同様に震災に対し何が出来るのか苦悩され、ドンキホーテとして振舞おうと言う決意が伝わってきました

    思えば私が子供の頃、未来の街は手塚治虫氏、アーサーCクラーク氏の示した様に清潔で、車がチューブの中や空を飛びまわり、人の代わりにロボットが働いていました
    しかし、ハメット、チャンドラー、ローレンスブロック氏が描いた現実から、ロバートAハイライン、フィリップKディック、ウィリアムギブスン氏の著した未来観へと取って代り、どうやらそれが現実化したため、サイバーパンク以降、上手く未来を描くことが出来ていないように感じます(アニメに移行したのかもしれませんが)

    私が橘さんの著作に何故親和性を感じたのか、ずっと不思議に思っていましたが、今作のプロローグから上記のような事が、ふと頭の中をよぎり得心しました

    同時に安倍晋三氏の「新しい国へ」と、もう何度も読んだ新渡戸稲造氏の「武士道」を読み、「遂に今では宗教家が科学者のように話し、科学者が哲学者のように話し、哲学者がSF作家のように話し、作家は何も話さなくなった」(うろ覚えな上に間違っているかもしれませんが)と言う誰かの言葉が浮かびました(もしかしたら橘さん?)

    リンダグラットン氏の「ワークシフト」等は、少し前の「ハヤカワ文庫」の様です
    「YAKUZA」は今の所、自前の「情報、攻撃衛星」を持ってはいないようですが、NPOや老人ビジネスに入り込み、復興予算さえロンダリングしています
    代わりに、監視衛星はグレインメジャーの「カーギル」が穀物の生育状況を監視するために持っていると何かで見ました

    テクノロジーやインフラは豊かに成っているのに、個人は未だ遺伝子の乗り物でしかなく、いがみ合い、愚かしさの追体験、憎悪の再生産しかしていないかに思います
    そして、その原因は私自身に有るのだとブルーハーツは歌い、その通りだと思います

    橘さんの著作の魅力は、今すぐに参加できるゲームを紹介し、参加の最良の方法、ゲーム内の歩き方、身の守り方をツアーガイドの様に案内してくれる事でしょうか
    絵空事で有ったとしても、私には冒険が必要で、その為にする情報収集も私の世界を広げてくれます
    そして、利益が出たなら少しでも何処かへ寄付をすることを自身に義務付けています
    ご活躍を楽しみにしております

  11. 僕は飲酒可能年齢に達したばかりの若僧ですが、正直バブル時代の大人たちの行動を見ても軽蔑する気にしかなれません。

    でも、周りの同世代の大学生を見ると、バブル期と比べてメンタリティはそんなに変わっていないのかなと思ったり・・・毎日勉学そっちのけで飲み会・合コンに明け暮れ、不純異性交遊に勤しみ、夜な夜な酒池肉林の贅沢三昧・・・まあ、正直うらやましくもあるけど。

    僕自身は家族も資産もなく、大学に進むことはできなかったけれど、橘センセイのご著作も含めて毎日読書をし、勉学に余念がない・・・つもりです。英語には自信があって、TOEICも900点越えしてるけど、そんなものはただの紙切れ、いったん新卒レールから外れれば実務経験がないと一蹴され、ワーキングプア生活が待つのみ・・・。

    ま、世の中カネとコネとちょっとばかしの能力を持つ者のみが高みに上ることを許されていますが、最初の二つともない奴はただひたすら能力を磨くしかないのであります。

    世の迷える若者たちに、なにとぞご垂訓をば給はなむ・・・。

  12. The World is Shit! さん:
    貴方よりも10歳ちょっとしか違わない 、同じく若僧からコメントします。

    ・家庭環境に恵まれた人たちを敵視する姿勢には賛同できません。
     そうした態度が日々の言動に現れているのであれば、人間関係を狭め、貴方にとって
     かなりの不利益になっていると思います。
     貴方が反感を持っているものって、恵まれたもの同士の馴れ合いに過ぎないですよ。
     恵まれない子たちを税金で支援している納税者を非難するのは筋違いかと。
     新卒レールに乗った者ではなく、貴方をそういった家庭環境に追い込んだ者に
     非があると思います。
    ・橘さんの著作を勉強の一環のように捉えておられますが、
     図表の使い方、数字の解釈の仕方などに誤りがあることは、他の皆さんの指摘する通りです。
     私は、図表の精査はひとまず置いて、物事をいろんな方向から見ることを楽しもう、
     それを面白く伝えようという橘さんの姿勢には共感しておりますので、
     娯楽として楽しんでいます。それは勉強や職務経験の代わりとはなりえません。
     あくまでもきっかけです。
     TOEICの点数のみを誇示する姿勢といい、何かピントがずれているという印象を受けます。
     

  13. バブル時代はホントに浮ついていてバカバカしかったと思いますが、
    それを経験した先輩たちの余裕みたいなものは、これまた貴重だと思います。
    真にバカを理解できるものはバカをやったものだけかもしれません。
    経験値が低い分だけルール通りのことしかできなくなってきている現在の方が
    スクエアで窮屈かもしれませんね。宮崎学や宮台真司はそんな風にいってるみたいですが。

    90年初頭のバブル崩壊は銀行の総量規制が原因のようですが、
    バブルが崩壊してよかったと思います。ハガキ1枚の面積で1500万円にもなった
    東京の地価が正常なわけはないでしょう。
    今地価が上昇すれば都市部の非正規雇用や無職の方はどうなるか考えるとアベノミクスも
    明るい気持ちで評価はできないですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.

投稿したコメントが表示されない場合は、SPAM判定された可能性があります。詳細はこちらをごらんください。