“モテキ”はなぜやってくるのか? 週刊プレイボーイ連載(47) 


ちょっとした本屋にはかならず“モテ本”のコーナーがあります。その名のとおり、どうすればモテるかを指南した恋愛ハウツー本です。その中身はさまざまですが、多くはモテるファッションや会話術、デートスポットやラブホの誘い方など、個人的な努力について書かれています。

ところで、恋愛には相手が必要です。この世のすべての恋愛術をマスターしても、女の子がいなければ宝の持ち腐れです。

「なにを当たり前のことを」と思うかもしれませんが、これはけっこう奥の深い問題です。モテるために大事なのは、ファッションセンスやシャレた会話ではなく、どれだけ異性と知り合える機会を持っているか――社会的ネットワークのなかで自分がどの場所にいるか――かもしれないのです。

アメリカでは、恋愛行動と性行動についての大規模な社会調査が行なわれています。それによると、知り合いの紹介で配偶者やセックスパートナーと出会ったひとは約7割で、「自力」で出会ったひとは3割程度しかいません。そのなかでももっとも多いのは友人の紹介で、35~40%にもなります(次に多いのは家族による紹介の15%です)。ほとんどのひとは、ゆるやかな友だちネットワークのなかでカノジョ(カレシ)を見つけているのです。

恋愛でなぜ紹介が有効なのかは、ものすごくかんたんに説明できます。バーで(道端や電車のなかでも)ばったり出会った異性のことを、あなたはなにも知りません(当然、相手もあなたのことを知りません)。そんな二人がなにかのきっかけでつき合いはじめて長続きするかどうかは、まさに「神のみぞ知る」です。

ところがあなたの親友のカノジョが、自分の友だちをあなたに紹介する場合、二人のことをよく知っていて、お似合いのカップルだと思っています。自分のことは自分ではよくわかりません。だったら、自分(たち)のことを知っている他人に任せてしまったほうがうまくいく可能性が高いのです。

集団のなかでの恋愛(性愛)行動は、いまでは社会心理学の重要なテーマです。その研究によると、ひとは絶対的な評価(キムタクと比べて8割はイケてる)よりも、所属する集団のなかでの相対的な地位(あいつよりはイケてる)を気にします。

チンパンジーは、アルファオス(アルファメス)を筆頭に、集団内で序列をつくります。これは友だち集団も同じで、アルファオス(男の子のリーダー)はアルファメス(女の子のリーダー)とごく自然にカップルになります。一夫一婦制では、集団内の序列を上げることがよりよい(繁殖力の高い)異性を獲得する鉄板の戦略なのです。

恋愛戦略(繁殖戦略)のちがいで、男と女のすれちがいも説明できます。

さまざまな調査で、女性は、魅力的な女性とつき合っている男性に魅かれることが知られています。これは、モテることが、その男性の繁殖能力の高さの社会的な証明になっているからです。なにかの偶然で素敵なカノジョができると、それと同時に“モテキ”がやってくるのです。

ちなみに男性は逆に、“モテる”女性を避ける傾向があります。競争相手が多いとそれだけ繁殖可能性が下がるのですから、これも「進化論的に合理的」な行動なのです。

参考文献:ニコラス・A・クリスタキス/ジェイムズ・H・ファウラーつながり 社会的ネットワークの驚くべき力』

 『週刊プレイボーイ』2012年4月16日発売号
禁・無断転載

コメントを閉じる

13件のコメント

  1. やはり、経済的に自立した時間が、非貨幣経済において最上の価値を持つのでしょう。

  2. あんた、いっつもいろいろ書いてるけど、ほとんど何かいてるかわからんよ。

  3. そうして、世の男性は功成り名を遂げると「糟糠の妻」から「トロフィー・ワイフ」に乗り換えて行くんだね。

    ところで、参照元・引用先・出典を明らかにしている場合はただちに「パクリ」とは言えないんじゃないのかね。昨今のパクリとはそれらを明らかにせずにコピペの労だけ費やしてしていかにも自分のオリジナルに見せかける行為をいうんだろうよ。

  4. ときどき気まぐれのように参考文献を書いているけど、それはAmazonのアフィリエイトリンクだ罠。

    だいたい、元文献を読んでない人には、どこからどこまでが引用かわからん。しかし、実際に引用文献を読んでみると橘玲のコラムにはオリジナル意見なんてどこにもなかったり、最初に結論ありきで、都合の良い話の寄せ集めなんだよね。

  5. An essay is an impulsive meditation , not science reporting.
           by The Black Swan ;prologue xxx
    エッセイとは思ったことを勢いにまかせて書くもので、科学の論文とは違う

    ここは、橘氏のエッセイの世界で橘氏の言葉や考え方に触れる場所。
    それ以上でもそれ以下でもない。
    これは、私の考えです。

  6. だから、その言葉や考え方がパクリだと言われてるんだけどね。
    あんたも最初に結論ありきで都合の良い引用ばかりのようだね。
    おわってるわ。

  7. 多様性は、遺伝子が進む方向だから、いろいろな受け止め方といろいろなご意見があるのは自然として。

    ただし、見ず知らずの初対面の状況で、「・・あんた・・・」は、やめていただきたいのですが。

  8. たしかにいくら恋愛ハウツー本を読み漁っても、出会いの機会が無ければ話になりませんね・・・。
    いかにして異性と出会うか・・・僕にとっては夢のような話ですが、この記事を機会に是非橘さんには恋愛指南?のような本を書いていただけたらいいな、と思います!

  9. That is a great idea!We have one thing we do, for birthdays. It’s called a &#ib02;28rthday ring,” and you walk around the candle the number of years your child has been alive (to represent their time here on earth). During the walk, you share stories of their experiences, milestones, etc. I wrote it about for my son’s first birthday,here. Thanks again,Genny, for sharing another very sweet and inspired idea with us!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

投稿したコメントが表示されない場合は、SPAM判定された可能性があります。詳細はこちらをごらんください。