公務員は障害者に席を譲れ


住民票が必要になって、自宅近くにある区役所の出張所を訪ねた。窓口の担当は、右腕のない青年だった。私が身分証明書類を持ち合わせていなかったため、彼は住民票をめぐるトラブル(1)を簡潔に説明し、本人確認のために個人情報を尋ねる非礼を詫び、手際よく事務を処理してくれた。

出張所のフロアには20人ほどの職員が働いていたが、障害者は彼1人だった。書類が出来上がるのを待ちながら、私はふと疑問に思った。世の中にこれほど障害者に適した職場がありながら、なぜその場所を健常者(2)が独占しているのだろう?

私たちは好むと好まざるとにかかわらず、市場経済の中で生きていかざるを得ない。そこは、簡単に言えば、「如何にして効率的に利潤を拡大するか」という価値観で動く社会である。アダム・スミスは、一人ひとりが利己的に行動することで社会全体の富が増大する、と説いた。社会主義体制の崩壊と冷戦の終焉は、計画経済の破綻と自由な市場経済の優位を証明した。だが、すべての人が市場経済に適合して生きていけるわけではない。

市場経済はすべての評価を金銭に還元するきわめて平等なシステムだ。人種や性別・宗教はもちろん、障害の有無も関係ない(3)。金を稼ぐ能力さえあれば、誰にでも成功の可能性は開かれている。産業社会から知識社会(情報化社会)への転換は、ハンディキャップを負う人たちにさまざまなチャンスを提供するだろう。だがそれでも、効率的に利潤を追求する能力を奪われている人たちが市場経済からこぼれ落ちていくのを防ぐことはできない。

厚労省は「障害者雇用促進法」によって、常用労働者の1.8%の人数にあたる障害者の雇用を企業に義務づけている。だがこの法律は強制力を持たず、不足人数1人につき5万円を支払えばよいだけなので、ほとんどの企業は金を払って済ませている。株主は経営陣に対し、社会福祉ではなく利潤の最大化を求めている。営利企業にとって障害者は不必要なコストと見なされているのだ(4)

私たちの社会では、自分や家族の生活を自らの労働によって支えるのが当然とされている。障害者年金を受け取っているだけでは自尊心を持つことは難しいが、障害者が働きたいと願っても、企業はその扉を固く閉ざしている。

だが私たちの社会には、利潤の最大化を原理とせずに働ける職場がある。それが、国家や自治体の「公務」だ。

国家(自治体や特殊法人を含む)と営利企業の違いは、企業が利潤を追い求めるのに対し、国家が国民の「幸福」の増大を目標とすることだ(5)。郵政公社や道路公団など、経済効率を考慮すべき国営事業は民営化が進められている。残された公務の中で、国防や警察・消防など、一定以上の身体能力を必要とする業務を除けば、障害者を雇用しない合理的な理由があるとは思えない。

厚労省は全国の社会福祉法人に対し、施設の建設費ばかりか職員の給与まで支給している。だが福祉に携わる公務員はもちろん、こうした社会福祉法人の職員もほとんどが健常者で占められている。なぜ彼らは障害者の職を奪うのか?

日本には300万人の身体障害者、50万人の知的障害者、200万人の精神障害者がいる。彼らが労働の喜びを知れば、日本の福祉は大きく向上するだろう。福祉施設や福祉関連団体に莫大な税金を投入する前に、80万人の国家公務員と300万人の地方公務員は自らの席を譲るべきだ。

(1)他人の住民票を勝手に移動し、運転免許証を取得して、消費者金融から借金をする詐欺が多発していた。
(2)PC(政治的妥当性Politically Correctness)の基準では、「障害者」「健常者」は差別語とされている。米国では健常者normal peopleを「非障害者non-disabled people」、障害者disabled peopleを「神から挑戦すべきことを与えられたchallenged」「異なる能力を持つdifferently able」人々と呼ぶべきとの主張もあるが、本稿では広く使用されている表記に拠った。
(3)もちろん、現実にはさまざまな社会的差別が存在している。だがそれは、グローバルな資本主義の進展の中で徐々に解消されていくだろう。米国のビジネスの現場では、「金を稼ぐ人間」「稼げない人間」という究極の価値基準の前で、人種や性別は問題にされなくなってきている。
(4)障害者が常にコスト要因というわけではない。「共同作業において、障害者のいるチームの方が健常者だけのチームよりも効率が高い」とのデータもある。障害者をサポートしようとすることで、チームの団結力や仕事への貢献度が高まり、高いモチベーションを維持できるからだと考えられている。
(5)現在の日本国の問題は、肥大化した公共部門が逆に国民の「幸福」を減少させていることだが、それについてはここでは触れない。

橘玲『雨の降る日曜は幸福について考えよう』(幻冬舎)2004年9月刊
文庫版『知的幸福の技術』(幻冬舎)2009年10月刊

後記:2010年7月施行の改正障害者促進法により、納付金徴収対象が常用労働者数201人以上の中小企業にまで拡大された(それ以前は301人以上)。2015年4月からは、101人以上にさらに対象が拡大される。

コメントを閉じる

21件のコメント

  1. いいアイデアですね。
    気がつかなかった。
    まったく、同感です!!!

  2. 本当に同感です!
    私はその公共部門でつい最近まで働いていました(私自身は派遣社員でしたので公務員ではありません)が、いままで経験した事がない不思議な空間でした。 
    悶々とした気持ちがスッキリしました。  
    総務・経理部門であった為、特に公共部門と民間企業との違いを感じてしまったのかもしれません。
    一番に感じた事は 職員の給与が 職員の労働とが全くつりあってない事でした。 
    有給休暇は民間よりも早く、多く付与され、使いきるよう努力します。(使いきるよう指導したりします。) 管理者はまわってくる書類に印を押す事が業務となっていました。
    一般職員は年齢の高い方が多く、年齢が高い方のほうが能力が低いという特徴をもっていました。(パソコン操作に至ってはメールがまともにできない。やっと一本指で打ってる等)。 こういう方はパソコンの前に座って たまに電話の受付をしたりして業務を終えます。(給与 退職金は部長クラス?ですよ)
    全体的に 「数字」と「管理」というのは苦手なようでした。 
    私の職場では  管理者は 「自分の異動(または昇格)までは問題が起きなければいい。」 一般職員は「自分の負担が増えるのはやだ」という空気を感じました。
    民間企業との違いは 細かい部分を含め、書きはじめたらキリがないほどありましたが、国民の為に働いていると思っていた私は明らかに間違っていた事を実感しました。
    そしてもし私なら 一流企業の上層部にいるよりも 公務員のヒラ社員でいたほうが絶対得だ とも感じました。
    私はこの 「公務員は障害者に席をゆずれ」 という提案はすばらしいものだと思います。

  3. まったく同感です。今後はすべての議員選挙において、候補者はこのことを公約とすべきでしょう。先ずは選挙での投票をとおして実現に向けて一歩を踏み出しましょう。

  4. 視点が素晴らしい!
    納得です。
    公務員の場所こそ、そのポジションと役割に応じて20%とか80%とか目標値を設定してはどうか?
    全国の市町村、都道府県知事、いろいろとできない、あるいはやれない理由はあるかもしれませんが、まずは先鞭を切られてはいかがでしょう。率先していかがでしょうか?

  5. はじめまして。
    『雨の降る日曜は幸福について考えよう』をはじめ、すべての著書を拝見しております。
    先生と同じ時代に生きて、先生の文章を読めることを幸せに思っている人間のひとりです。
    この、公務員は障害者に席を譲れも秀逸だと思いますし、全く同感です。
    あと、『雨の降る日曜は幸福について考えよう』で述べられているマイホーム論などは、是非全国民に読んで聞かせたいくらいの名著だとおもいます。
    これからも楽しみにしております。

  6. 主張内容に対して文章が長すぎる。
    行数を稼ぐことに重点をおくところに職業作家のいやらしさがでてる。

    >国家が国民の「幸福」の増大を目標とすることだ
    現実には日本政府はそういうふうに機能していないってことでしょうね。
    国税局OBが顧問をしている企業の税務調査に手心くわえてえりしてるんでしょ?

  7. 日本は、現状のままですと、公務員の方が一般的な民間企業従業員よりもエリートということになりますね。

  8. 「公務員は障害者に席を譲れ」というのは正論ですが、一人ひとりの公務員にそう訴えかけたところで彼らは席を譲らないでしょう。

    負担の軽い労働で高い給料を得ている彼らは経済合理性によって動いているのだから。

    村役場の職を得るために数百万払ったり、議員に口利きしてもらったりするのは、それに見合う十分なリターンがあるからです。

    政治的な判断で、公務員制度から変えなければ公務員の大半を障害者に置き換えることはできないでしょう。

    その前に防衛、外交、治安以外の公共サービスはそもそも不要ですけどね…

  9. 素晴らしい視点と主張です。全面的に賛成します。

    >こういう方はパソコンの前に座って たまに電話の受付をしたりして業務を終えます。(給与 退職金は部長クラス?ですよ) (by tae taeさん)

    これも、同一労働同一賃金の制度を整備して解決したいものです。

  10. 営利企業にとって障碍者が不必要なコストと見なされているのだとすれば、それは国や自治体の経営にとっても同じことではないでしょうか? 国や自治体の「公務」は利潤の最大化を原理としておらず、「幸福」の増大を目標としているとしても、そのためのコストの増大をなぜ許容できるのか? 

    日本の福祉は大きく向上させたいのなら、言うべき台詞は、
    「公務員は障碍者に席を譲れ」ではなく、
    「障碍者でもできる仕事を健常者が独占するな」ではないですか?
    (または「『障害者雇用促進法』に強制力を持たせろ」ではないですか?)

    そもそも住民票の発行など「公務」にしておく必要があるのでしょうか? すでに2年ほど前から、一部の自治体では、セブンイレブン店頭などで住民票、印鑑証明を発行するサービスが始まっています。本来、民間にアウトソーシングすれば費用対効果の面でメリットのある仕事が公務員には多すぎます。また、民間でも、コールセンター業務など身体能力にハンデがあっても健常者と同等にこなせる仕事は少なからずあります。

    もちろん、公務の中にも外注などできない「核」となる仕事で、かつ障碍者にふさわしい仕事もあるのかもしれません。その場合は、障碍者を公務員として働かせるべきだと思います。(それが何か、具体例を挙げることは出来ませんが、少なくとも住民票の発行などが「核」となる仕事に該当するはずはないでしょう。なにしろコンビニで出来るのですから。)

  11. すみません。誤字訂正です。

    2段落目
     日本の福祉 は 大きく向上させたいのなら、言うべき台詞は、
     日本の福祉 を 大きく向上させたいのなら、言うべき台詞は、

  12. 別に募集に当たって身障者排除なんかありませんよ。
    寧ろ身障者枠作ってたりもします。
    採用後は冒頭に記載の人のケースのように
    それぞれの身体的に可能な業務の部署で異動してもらいます。
    身障者の管理職もいます。
    また健常者だった職員が事故や病気で障碍者になるケースもたまにありますが
    その場合も同様です。

    でもまず採用試験受けてもらわないとどうしようもありません。

  13. 市役所にきた客 「いつまで待たせるんだ! 早くしろ!」
    障害者 「すいません、 片手でキーボードをうっているので、 時間がかかってしまいまして。」
    客 「資料の照合だけでどれだけ待たせるんだよ!」
    障害者 「すいません、 目が見えないので時間がかかってしまいまして。」
    客 「おい! そこの職員! なんで何もせずに突っ立ってるんだよ!」
    障害者 「あー、 あばやあああびゃー。」
    客 「だめだこりゃ。」

  14. 市役所にきた客 「いつまで待たせるんだ! 早くしろ!」
    能力の低い健常者 「すいません、 片手でキーボードをうっているので、 時間がかかってしまいまして。」
    客 「資料の照合だけでどれだけ待たせるんだよ!」
    能力の低い健常者 「すいません、 頭が悪いので時間がかかってしまいまして。」
    客 「おい! そこの職員! なんで何もせずに突っ立ってるんだよ!」
    能力の低い健常者 「あー、 あばやあああびゃー。」
    客 「だめだこりゃ。」

  15. >営利企業にとって障害者は不必要なコストと見なされているのだ(4)。
    >(4)障害者が常にコスト要因というわけではない

    いや都合の良いこと言わなくても結構ですよ。
    確実に社会的コストだよ。揉め事も多々あるしな。
    此処は橘氏が普段主張する「自己責任」として
    障害者には退場してもらおう。

    >金を稼ぐ能力さえあれば、誰にでも成功の可能性は開かれている。

    いやだから生まれながらの肌の色、性別と同じように、
    金を稼ぐ脳みそを持ち合わせていない人間には
    可能性は閉ざされているんですが?それが何処から
    齎されるかと言えば「生まれ」なわけですよ。
    前述二つ(肌・性別)を排したところで
    差別が無くなった、これは至上のものだ(代替案もないしね?チラ)
    泣き言は言うんじゃねえ自己責任だ!はねえわな。

  16. 国民年金の項で「国家に依存するな!」とか言ってたが
    歪な人口構成が問題なだけで年金(保険)自体は
    別に責められるものでもないと思うのだがな。
    それを言い張るのならば諸々の障害者に
    「国家に依存するな!」と言わなければダブスタだろう。
    また「国家に国民を保護する義務はない」とも言っていたよな?
    障害者だけがその枠から外されるのは可笑しくないか。
    要はアンタの基本的な主張は障碍者を
    コストだとして殺し回った植松聖と大して変わらない。

  17. アンタはアンタで良いご身分だよな。作家ということで
    「国家に頼ってない俺は恰好良い」としたいのか知らないが
    早稲田に入れるだけの頭脳(IQ)持ち寄り世渡りしているのだから。
    そういう奴が「自己責任」と言ったところで
    此方には何ら響かないんですよ。

  18. >アダム・スミスは、一人ひとりが利己的に
    >行動することで社会全体の富が増大する、と説いた。

    だから堀江にシンパシーを感じているのか。
    冷戦が終了したとは言え錆付いた老い耄れの主張に
    縋る必要はないと思うけどな。権威というそれに
    縋りたい橘という男が居るということだろう。

    >彼らが労働の喜びを知れば、日本の福祉は
    >大きく向上するだろう。

    よくもまあ此処まで隠し通すよな。要は
    アンタの言いたいことは「コストカット」だろう。
    福祉なんてまるで考えてないだろうに
    よくもまあ・・・・物は言い様とはこのことだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

投稿したコメントが表示されない場合は、SPAM判定された可能性があります。詳細はこちらをごらんください。