投稿者「tachibana」のアーカイブ

自分の妻も管理できない人物に国家を管理できる? 週刊プレイボーイ連載(281) 

大阪府の学校法人が首相夫人を「名誉校長」に迎えて新設する小学校の建設用地として、国有地を格安で随意契約した事件が波紋を広げています。「国民の財産」が不当な安値で払い下げられるのはたしかに大問題ですが、それ以上にひとびとの … 続きを読む

カテゴリー: Column, そ、そうだったのか!? 真実のニッポン | 19件のコメント

「ヘンなひと」を黙らせるエポックメイキングな事件 週刊プレイボーイ連載(280)

歴史にはエポックメイキングな事件というものがあります。 日本経済の変調が明らかになった1990年代はもちろん、2000年代になっても、年功序列・終身雇用の日本的雇用制度が日本人(男性サラリーマンだけですが)を幸福にしてい … 続きを読む

カテゴリー: Column, そ、そうだったのか!? 真実のニッポン | 16件のコメント

若手女優はなぜ親の宗教に「出家」したのか? 週刊プレイボーイ連載(279)

若手女優が突然、新興宗教団体に「出家」するとして芸能界を引退しました。不安定な人気商売で精神的に追い込まれていたようですが、この団体を選んだのは両親が信者で、自身も子どもの頃から宗教行事に参加していたからでしょう。 この … 続きを読む

カテゴリー: Column, そ、そうだったのか!? 真実のニッポン | 13件のコメント

アメリカで起きているのは「ふたつのリベラル」の対立 週刊プレイボーイ連載(277)

トランプ旋風があいかわらず止まりません。イスラーム圏の特定の国からの「入国禁止令」は全米ではげしい抗議デモを引き起こし、トランプはメディアでも「暴君」「差別主義者」「サイコパス」などさんざんないわれようです。 しかしその … 続きを読む

カテゴリー: Column, そ、そうだったのか!? 真実のニッポン | 5件のコメント

文科省の天下りスキャンダルはすぐに消えていく 週刊プレイボーイ連載(277)

トランプ新大統領が引き起こす混乱はいまだ収まる気配がありませんが、今回のテーマは文部科学省による天下りの斡旋です。なぜかというと、いまはたくさんにひとが怒っていますが、この話題はすぐに消えていく運命にあるからです。 すで … 続きを読む

カテゴリー: Column, そ、そうだったのか!? 真実のニッポン | 13件のコメント