民主党政権とはなんだったのか(1)


菅首相が退陣を決意し、1週間後にはこの国に新しい首相が誕生する。これを機に、「民主党政権とはなんだったのか」を考えてみたい。

といっても、私は政治学の専門家ではないから、ここでは政治学者・飯尾潤の『日本の統治構造』を導きの糸としたい。同書は、この国がどのような権力関係よって統治されているのかを、政治家や官僚への膨大な聞き取り調査(フィールドワーク)に基づいて検証した労作で、今後も長く日本の政治を語る際の基本文献になるだろう。

飯尾は、日本の統治構造の特徴を「官僚内閣制」「省庁代表制」「政府・与党二元体制」の3つのキーワードにまとめる。これら3つの要素は互いに相補的な関係(ナッシュ均衡)にあり、安定的な(なかなか変わらない)日本の「政治」をかたちづくっている。

そもそも議院内閣制とは、 民主的な選挙で選ばれた議員(国民代表)が議会を構成し、その議会に権力を集中する仕組みだ。大統領制では大統領と議会に権力を分散するのに対し、議院内閣制では、議会主権による権力の集中が行なわれる。

連邦債務上限問題をめぐる米議会の混乱を見ても明らかなように、アメリカの大統領は議会を統制する権限をほとんど持っていない。日本に政治リーダーシップがないからといって、大統領制に変えても問題はなにも解決しない。

議院内閣制では、議会内で多数を占めた政権党(政党連合)が内閣総理大臣を選出し、総理大臣は各省庁の国務大臣を指名して政府を組織する。このような権力フロー(統治構造)からすれば、政府と政権党は一体であり、議会内での対立は政権党と野党の間で起こるはずである。

ところが実際には、日本の政治には本来の議院内閣制ではあり得ない奇妙なことが頻発する。

ひとつは、各省庁の大臣に実質的な拒否権が与えられていることだ。自民党時代の閣議は全員一致が原則で、大臣が反対するものは閣議決定に回されなかった。大臣は担当する省庁の代理人(エージェント)として、省庁の利害を代表することを求められていた。

このため閣議決定には事前の根回しが不可欠で、前日に各省庁の事務次官が集まる事務次官会議が開かれ、そこで反対のなかった案件だけが翌日の閣議の議題とされることになった。

大臣が各省庁の代理人となり、その合議体として内閣が構成されるのが官僚内閣制だ。

官僚内閣制では、政府における最終的意思決定の主体が不明確化し、必要な決定ができなくなり、 政権が浮遊してしまう。これが日本中枢の崩壊だが、それは議院内閣制の問題ではなく、日本的な統治構造の必然的な帰結なのだ。

コメントを閉じる

7件のコメント

  1. 官僚制では何といっても首都が優遇されます。
    金融街、企業の本部も首都に置くべきでしょう。
    首都圏人口4000万はこのシステムを維持したほうが良いでしょう。

    地方圏は人口の供給基地として機能してきましたが、このところ、送り込まれる人が激減しとります。商業に悪影響です。街も衰退してしまいます。

  2. 鶴田浩二 白いかもめはなにを見た
    http://www.youtube.com/watch?v=Owsdfqc00e8&feature=youtube_gdata

    白いかもめは 何を見た 空の上から 何を見た
    あの子母さに 叱られて 泣いて軒端に 立たされた
    大寒小寒の 風が吹く 青い日暮れの 港町
    白いかもめは 何を見た 波に浮かんで 何を見た
    あの子父さに 連れられて 舟の櫓をこぐ カジをとる
    大波小波の くりかえす 白い夜明けの 港町
    白いかもめは 何を見た 死んでゆく前 何を見た
    あの子姉さの あと追うて 嫁ぐ相手に 石投げた
    大雨小雨の 降り止んだ 赤い真昼の 港町

  3. 約束手形

    東京 神奈川は福島県人の新たなる故郷である 約束します

  4. いつも著書やブログを興味深く拝見しています。

    「省庁連邦国家日本(United Ministries of Japan)」とは言い得て妙でした。

    さらに、省庁内部の事情を考えると、個々の「村」や「畑」レベルで自律している面もあり、
    日本は未だに村社会が続いているのだろうと思いました。

  5. 民主党が当初目指した「政治主導」の本当の意味と、なぜ大きな視野の政治家(政府)がなかなか現れないのかが、とてもよくわかった気がしました。

    『日本の統治構造』を読んでみたくなりました。

    ところで、話は変わりますが、つい最近『貧乏人のデイトレ 金持ちのインベストメント』という本を読みました。
    『不道徳教育/不道徳な経済学–擁護できないものを擁護する』で、橘さんが『訳者註』として、とても情熱的に経済構造の説明をなさっていましたが、
    私にとっては、『深遠なる、私の知らない世界を知らせてくれたもの』として非常に衝撃的でしたが、私にリテラシーが足りないのか、何度読んでも、何度読んでも、全体構造の把握には至りませんでした。この『貧乏人の~』を読んでみて、厳密なところは多少異なるかもしれませんが、とてもクリアにリバタリアニズム(を含む、政治的・経済的な信条のありかた)が解説されていたので、ようやく『理解した』気になりました。
    2006年の本ですが……。

    話は逸れましたが、橘さんは、この本のことをご存じなのかしら……? と思って書いてみました。

  6. 2ちゃんのN+でスレが立ってるよw
    かっちょいいタイトルにつられて読んでみれば、
    民主党をどこも褒めることができなくなったジミンガーが、
    「そもそもですねぇ、」と持って回った長話を始めてるだけじゃんw

    たちばなれいとか、だれよ?バカ?w
    りっぱなブログ名ぶらさげてんじゃねえよ紛らわしいんだよタコw

  7. 日本で2大政党? この国で違う価値観は右左以外あるのかな? 今は訳もわからず何かに期待し左に入れたことが判り後悔してる話だけど… 自民が公明と組んだとこから価値観が崩壊したんじゃないかな? 平和ボケといわれここまで落ちて何かの期待に騙されてこの現状ってこと、、、

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

投稿したコメントが表示されない場合は、SPAM判定された可能性があります。詳細はこちらをごらんください。

管理スタッフはコメント欄への投稿をしません。管理人を詐称してのコメント投稿はおやめくださるようお願いいたします。