自民や維新は「リベラル」、立憲民主や共産党は「保守」? 週刊プレイボーイ連載(395)


7月の参院選は自民、公明の与党で改選定数の過半数を上回ったものの、日本維新の会と合わせた「改憲勢力」は憲法改正に必要な3分の2の議席に届きませんでした。自民は8つの選挙区で現職が落選しており、有権者の判断は、長期政権の安定は評価したものの全面的に信任したわけではない、という微妙なものになったようです。

これを受けて安倍首相は憲法改正を「加速」させたい意向ですが、そもそも国民の多くは改憲に興味があるわけではないので、前途多難が予想されます。対する野党も、「年金2000万円不足問題」で攻勢をかけようとしたものの、「消費税増税反対」との股割きで一貫した主張ができませんでした。高齢者の関心はいまの年金収入を守ることで、「増税しなければ社会保障の財源が枯渇する」との主張を覆すのは容易ではありません。

私はこれまで繰り返し、「日本社会は“リベラル化”しており、右傾化と呼ばれるものは“日本人アイデンティティ主義”だ」と述べてきました。はからずも今回の選挙では、このことがはっきり証明されました。

安倍政権は同一労働同一賃金など「働き方改革」で年功序列・終身雇用の日本的雇用制度を「破壊」し、「すべての女性が輝く社会づくり」を掲げて女性が家で子育てに専念する性役割分業を否定し、「事実上の移民政策」ともいえる外国人労働者受け入れ拡大に舵を切りました。いずれも「世界標準」ではリベラルな政策で保守派は反発していますが、これによって得票が減ったという話は聞いたことがありません。

象徴的なのは、ハンセン病患者の家族と韓国の元徴用工への扱いのちがいです。

安倍首相は選挙前に、ハンセン病患者の家族への賠償を命じた地裁判決への控訴を断念するという「リベラル」な決断をしました。その一方で韓国に対しては、半導体などの製造に使う材料の輸出規制を断行しています。政府は否定していますが、これが元徴用工への賠償を求める韓国への報復であることは間違いないでしょう。

世論調査を見ても、ハンセン病患者家族への謝罪と、元徴用工への謝罪(賠償)の拒否は、ともに高い支持を得ています。慰安婦や徴用工で植民地時代の「歴史問題」を蒸し返す韓国の「反日」は「日本人というアイデンティティ」を傷つけますが、それ以外のことはリベラルでかまわないのです。――河野太郎外務大臣は原発廃止を主張するなど自民党のなかではかなりの「リベラル」ですが、徴用工判決を「国際法違反」と強く批判したことでいまやネットの保守派にも大人気です。

共同通信の出口調査をもとに、18歳から30代だけの投票行動から割り出せば「改憲勢力」の議席は3分の2を超えることになり、安倍政権が一貫して若者の支持を受けていることは明らかです。さまざまな意識調査が示しているのは、その若者の価値観が、夫婦別姓や同性婚、外国人労働者の受け入れなどで高齢者よりもずっとリベラル化していることです。

リベラルな若者によって支持されているのだから、自民や維新は「リベラル(改革政党)」で、高齢者が投票する立憲民主や共産党などの野党が「保守(守旧政党)」です。この逆転現象もこれまで何度か書きましたが、それも今回の選挙で証明されたようです。

『週刊プレイボーイ』2019年8月5日発売号 禁・無断転載

コメントを閉じる

12件のコメント

  1. 自民党が支持をふやすために、リベラル風な政策をも
    取り入れなければならないのに対し、
    (公明党が主張した軽減税率なんかがその代表ですね。)

    旧来の左翼政党が旧来からの支持者を失わないために、
    先鋭化・原理主義化してしまうだけの話ですよ。
    民主党なんかどんどん分裂してしまったでしょ。

    それはさておき、
    「象徴的なのは、ハンセン病患者の家族と韓国の元徴用工への扱いのちがいです。」
    ですが、

    ハンセン病患者に対しては、国内問題なので
    とりあえず謝っておけばそれで済むのに対し、

    「韓国の元徴用工問題」なんて、

    囚人のジレンマゲームにおける

    「韓国側の裏切り」なだけですよ。

    それでもやるというなら

    「しっぺ返し戦略」ですよ。

    韓国経済の屋台骨ともいえる、
    半導体製造に不可欠な薬品類を制限する
    という手は
    なかなか良い手ですな。

    もっとも、囚人のジレンマゲームに対して、
    「しっぺ返し戦略」に勝ったことがあるのが、

    「主人と奴隷戦略」です。

    2004年に開催された「囚人のジレンマ」誕生20周年記念大会において、それまで最強とされていたしっぺ返し戦略とその亜種を破り、優勝を果たした。

    主人と奴隷戦略,主人-奴隷戦略と表記されることもある。

    この戦略は、イギリスのサウサンプトン大学のニック・ジェニングズ教授と同大学の博士課程に在籍しているゴーパル・ラムチャーンが率いたチームによるものである。サウサンプトン大学チームは60のプログラムを大会に参加させている。
    ttps://ja.wikipedia.org/wiki/主人と奴隷

    これを考えると、「日本」も「韓国」も
    やっぱ「アメリカ様」には勝てないですな。

  2. 橘さんは元ネタの無い時事ネタは相変わらず切れが全くないですね。

    橘さんは進歩的文化人の癖がどうしても抜け無いのか、韓国に関しては異様な態度を取りますね。
    尖沙咀さんも指摘してますけど、国内問題と国際問題を同列に扱う時点でおかしいですけど
    何故か同列扱うのは韓国だけですよね。

  3. 韓国のナショナリズムを焚き付けて、大統領になったは良いものの
    その矛を収められなくなったのが文政権と言っても良いでしょう。

    日本からすれば、その矛がダモクレスの剣となって
    為替や貿易で
    韓国自身を苦しめることになるんだから、

    「自滅を待つ」というのが賢い戦略なのです。

    この構造は、かつて自民党が社会党と連立して村山党首を首相に据えた時に
    似ています。

    自衛隊の存在を憲法違反として否定することが
    レゾンデートルであった社会党の党首が
    自衛隊の存在を認めざるを得なくしたことで、

    社会党の求心力をなくさせることに成功したわけです。

    意外と自民党政治家やその手先の高級官僚には
    切れる人材がいるのですよ。

  4. 切れ味は確かにない記事だけど、橘玲さんの言っていることは相変わらず正しいです。

    「日本社会は“リベラル化”しており、右傾化と呼ばれるものは“日本人アイデンティティ主義”だ」

    徴用工裁判やあいちトリエンナーレの慰安婦像が、なぜ日本人のアイデンティティを傷つけると言われるのか、私はすごく謎です。なぜなら、私もみんなと同じ日本人だけど、徴用工裁判や慰安婦像で傷ついた!なんてなっていないからです。
    傷ついたと言っている人って、要は(良く言えばですが)加害者としての良心の呵責ですよね。あとは、自分自身に誇れるものがなくて、“日本人アイデンティティ”にすがる事でしか存在を示せない哀れな人間ってことですよね。

    徴用工も慰安婦の件も、わたしは自分が被害者で、加害者に調子に乗られたら許せないし怨みしか持たないと思う。いまの日本人に足りないのは、「もしも自分が被害者だったら」という視点だと思う。
    あなた自身が元慰安婦だったり元徴用工で、ずっと心の傷が残ったままで苦しんだまま今も生きていて、加害者が調子に乗っていると、どうだろう??
    きっと蒸し返すな!韓国!って思っている人たちだって、自分が被害者だという視点を持てば、心の傷が残っている以上は蒸し返すのも仕方ないよね、ってなると思う。

    今年の春に植民地支配したことや奴隷労働していたことを改めて謝ったベルギーを見倣って、日本も今一度きちんと謝って最後の賠償をすれば良いと思うのよね。
    「今度こそ最後にしてくれ」って被害者の韓国にはっきり言えばいいだけなのよね。
    私が被害者だったら、謝られ方が平謝りで誠意を感じなかったら嫌だけど、改めて謝罪されたらそろそろ許してもいいかな??って思う。

    日本って国内の事件事故でも加害者に甘くて被害者に厳しい国ですよね。娘をレイプした父が無罪になったり、慶応の集団レイプもお咎めなしだったり、性犯罪加害者に優しい国が日本ですよね。他の事件事故、交通事故でも加害者には甘い処罰しか下らないですし。加害をして得を得られるなんて日本くらいだと思う。
    日本人って性格悪いなあ、って、私も同じ日本人だけど、すごく思います。
    こうして私の意見を言うと、反日日本人なんてレッテルを張って虐めるのが日本人ですよね。
    日本人って単一思想しか持っちゃいけないのかな??ってすごく思う。

    国内だ国外だ関係なく、被害者軽視は本当にダメだと思います。

  5. >国内だ国外だ関係なく、被害者軽視は本当にダメだと思います。

    財産及び請求権に関する問題の解決並びに経済協力に関する日本国と大韓民国との間の協定

    第1条が日本から韓国に対して経済協力が行われるための手順規定、第2条が日韓両国間の請求権問題が「完全かつ最終的に解決されたこととなることを確認する」規定、および、第3条が日韓両国間で「この協定の解釈及び実施に関する両締約国の紛争」を解決するための手順規定となっている。

    で、解決されたことを
    何度も
    蒸し返して要求してくることを批判しているのですよ。

    「被害者」の末裔は
    「加害者」の末裔に

    いつまでも「タカる」ことを許してはいけない
    だけの話です。

  6. >いつまでも「タカる」ことを許してはいけない

    タカってないよね。個人の請求権があり、被害者たちが個人で請求して、韓国の裁判所できっちりと判決が出た。個人の人たちが政府に代理で日本へ請求することを求めて、国同士の協議が必要という段階に来ているというだけですよ。

  7. >タカってないよね。個人の請求権があり、被害者たちが個人で請求して、韓国の裁判所できっちりと判決が出た。個人の人たちが政府に代理で日本へ請求することを求めて、国同士の協議が必要という段階に来ているというだけですよ。

    あんたに一つだけ教えてやろう。

    「条約=国家間の取り決め」は「法律=その国内で通用する取り決め」に優先するんだよ。

    もしこれを許すと、

    「原爆は市民に対する暴虐でした」
    という判決が「日本の裁判所」で出れば、
    原爆の被害者やその末裔は、
    いつまでも
    「アメリカ」に
    「謝罪と賠償」を請求できる!

    ということになるだけの話ですよ。

    米、徴用工で日本に理解=ポンペオ氏、河野氏へ伝達
    2019年08月14日17時38分

     韓国最高裁が日本企業に元徴用工らへの賠償を命じた判決をめぐり、米国が「徴用工を含む請求権問題は1965年の日韓請求権協定で解決済み」とする日本の立場に理解を示していたことが分かった。複数の日本政府関係者が14日、明らかにした。日本側は判決が協定に違反しているとして、引き続き韓国に是正を求めていく方針だ。
    対抗措置の応酬に発展=日韓対立、激化の一途

     政府関係者によると、東南アジア諸国連合(ASEAN)関連外相会議が開かれたバンコクで1日、日米外相が立ち話をして、日韓の問題が話題に取り上げられた際、ポンペオ米国務長官が河野太郎外相に伝えた。
     この中で河野氏は、韓国の主張通り賠償請求権を認めれば、日韓請求権協定が基礎とする1951年のサンフランシスコ講和条約の見直しにつながると説明。「条約をひっくり返せと言われたらできるか」と問うと、ポンペオ氏は「それはできない」と応じた。

    米、徴用工で日本に理解=ポンペオ氏、河野氏へ伝達:時事ドットコムsoc https://www.jiji.com/jc/article?k=2019081400838&g=soc

  8. ゆん(27歳若年男性ミグタウ)さん=志田未来ちゃんのファン=横槍申三
    いい加減名前をコロコロ変えて投稿するのは辞めなさいよ
    情けない

  9. >NEWEST

    えっと、わたしは、ゆん(27歳若年男性ミグタウ)さんでも、横槍申三さんでもないです。

  10. あべのハルカス超えては遺憾。

    萩生だが、忖度して止めよ!

    止めれないなら、大阪から八王子の
    末裔である、橋下さんを呼んで

    スガさんが呼ぶ八人に入れよ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

投稿したコメントが表示されない場合は、SPAM判定された可能性があります。詳細はこちらをごらんください。

管理スタッフはコメント欄への投稿をしません。管理人を詐称してのコメント投稿はおやめくださるようお願いいたします。