『上級国民/下級国民』をベルカーブとロングテールで説明する


新刊『上級国民/下級国民』が発売されたあと、後期近代において不可逆的に格差が拡大していく理由を「ベルカーブからロングテールへ」で説明できることに気づきました。以下にまとめておきますので、本を読んでいただいた方は参考にしてください(未読の方にもわかるように書いています)。

「ベルカーブ(正規分布)の世界」では、平均付近にもっとも多くのひとが集まり、極端にゆたかなひとや、極端に貧しいひとは少なくなります。下の図では平均から1標準偏差以内(偏差値では40~60)の範囲に全体の約7割(68.3%)が収まります。

これを「中間層」とするならば、平均から2標準偏差以上離れた「中流の上」(偏差値60~70)と「中流の下」(偏差値30~40)はそれぞれ1割強(13.55%)で、「(広い意味での)中流」=平均値の2標準偏差以内に全体の95.4%が収まります。まさに、昭和の「1億総中流時代」です。

それに対して「ロングテール(べき分布)」の世界では、ほとんどのことはショートヘッドに集まりますが、恐竜の尻尾のようにテールがどこまでも伸びていって、「とてつもなく極端なこと」が起こります。その典型がインターネットで、大半のホームページはたいしたアクセスがない一方、Yahoo!やGoogle、Facebookのような少数の「ロングテール」に膨大なアクセスが集中します。

下図では、ベルカーブの「中流」が崩壊して、ショートヘッドの「下級国民」とロングテールの「上級国民」に分断されています。これが「前期近代(ベルカーブ)」から「後期近代(ロングテール)」への移行です。

ここで重要なポイントは、ロングテールの世界では、「テール(尻尾)」が右に伸びれば伸びるほど「極端なこと」がたくさん起きるということです。

世界一の大富豪はアマゾン創業者のジェフ・ベゾスで、その純資産は1310億ドル(14兆4100億円)ですが、ロングテールの右端に1人だけぽつんといるわけではありません。2位は純資産965億ドル(10兆6150億円)のビル・ゲイツ、3位は840億ドル(9兆750億円)のウォーレン・バフェットで、ベルナール・アルノー(LVMH〈モエ ヘネシー・ルイ ヴィトングループ〉会長)、カルロス・スリム・ヘル(メキシコのコングロマリット創業者)、アマンシオ・オルテガ(ZARA創業者)、ラリー・エリソン(オラクル創業者)、マーク・ザッカーバーグ(フェイスブック創業者)などが続きます。

日本では柳井正氏(146億ドル)、孫正義氏(117億ドル)がロングテールの右端で、滝崎武光氏(キーエンス名誉会長)、三木谷浩史氏(楽天創業者)、森章氏(森トラスト社長)らが続いています。

このように、グローバル世界が拡大し、とてつもない大富豪(ロングテール)が登場することによって「テール」は右に大きく伸び、「上級国民」全体の富は増えていきます。その結果、アメリカではおよそ10世帯に1世帯(10%)がミリオネア(金融資産100万ドル以上)となり、日本でもおよそ20世帯に1世帯(5%)が「億万長者」です。「上級国民」と「下級国民」の分断は、社会全体がゆたかになることの代償なのです。

ロングテールの世界(複雑系)を発見した数学者のブノワ・マンデルブロは、50年以上前に資産がベキ分布することを指摘していました。資産とは日々の収入を積み立て、運用した結果ですから、わずかな収入の差が何年、何十年と継続するうちに蓄積され、「格差」はどんどん開いていくのです。

私たちは無意識のうちに、「ベルカーブの世界」を正常、「ロングテールの世界」を異常と思っていますが、これはまちがいで、(マンデルブロがいうように)ロングテール(複雑系)こそが世界の根本法則です。

それではなぜ、戦後の日本に代表されるように、先進国はどこも(それなりに)ベルカーブの世界を実現できたのでしょうか。その理由を解き明かしたのが、アメリカの歴史学者ウォルター シャイデルの『暴力と不平等の人類史: 戦争・革命・崩壊・疫病』(東洋経済新報社)です。

シャイデルはこの大著で、人類史に「平等な世界」をもたらした4人の「騎士」を取り上げています。それは「戦争」「革命」「(統治の)崩壊」「疫病」です。二度の世界大戦やロシア革命、文化大革命、黒死病(ペスト)の蔓延のような「とてつもなくヒドいこと」が起きると、それまでの統治構造は崩壊し、権力者や富裕層は富を失い、「平等」が実現するのです。

そのように考えれば、戦前までは「格差社会」だった日本が戦後になって突如「1億総中流」になった理由がわかります。ひとびとが懐かしむ「平等な社会」は、敗戦によって300万人が死に、国土が焼け野原になり、アメリカ軍(GHQ)によって占領された「恩恵」だったのです。

シャイデルは、人類史において、「4人の騎士」がいなければ社会の格差は開く一方だといいます。私たちが目にしているロングテールの世界は、戦後の「とてつもなくゆたかで平和な時代」が生み出したものなのです。

「いかなる犠牲を払っても平等な世界を実現しなければならない」と主張するひとは、その前にまず社会全体を「破壊」しなければなりません。シャイデルによれば、そのもっとも効果的な手段は「核戦争」です。

たしかに映画『マッドマックス』の世界では、ひとびとはいまよりずっと「平等」でしょう。

コメントを閉じる

9件のコメント

  1. 要するに、

    「定期的なガラガラポンが起こらないと平等な社会は実現しない」

    ってことでしょ。

    このことは、10年以上前に赤木智弘氏に論じられていますよ。

    「丸山眞男」をひっぱたきたい–31歳、フリーター。希望は、戦争。(まるやままさおをひっぱたきたい さんじゅういっさい フリーター きぼうは せんそう)とは、赤木智弘によって著された論文。「論座」2007年1月号に掲載された。この論文は2007年10月に出版された「若者を見殺しにする国 私を戦争に向かわせるものは何か」(ISBN 978-4902465129)に収録されている。
    これは当時、非正規雇用であった赤木智弘によって著された、その立場からによる社会論である。この論文によれば、著者は「日本が戦争をするということを希望している」ということである。現代の社会は地位が固定されており、戦争が勃発したならばこの固定された地位が流動化すると考えたからである。これは著者の属している非正規雇用という下の地位に就いたならば、地位が固定された現代では上の身分に上がることが不可能であり、戦争が起きたならば自身が上の身分に上がれる可能性が出てくると考えたからである。「丸山眞男をひっぱたきたい」というタイトルは、当時の社会学者であり東京大学卒の丸山眞男が、軍国主義の日本を批判したということから政府に嫌われ徴兵され二等兵という軍隊では最も低い階級に置かれて、当時の中学校も出ていない上級兵にいじめられていたから付けられたということである。戦争が始まったならば貧困に置かれている自身が兵士となり、後輩として入ってくる丸山眞男のような政府に嫌われたがために二等兵とされた高学歴の部下をひっぱたきたいがためである。

    さらに言えば、30年以上前の「北斗の拳」でも同じですな。

    北斗の拳のシン
    「「力こそが正義!いい時代になったものだ。勝者は心おきなく好きなものを自分のものにできる!」

  2. 橘さんの言う上級国民は大富豪ってなってますね。

    ネットから産まれた上級国民って言葉は今や政治家や役人もちろん資産家も含む言い方です。
    橘さんの示してる事よりもっと広く使われてます。

    >「上級国民」と「下級国民」の分断
    これもおかしくて分断はそれほどされて無くて
    橘さんがあげてる大富豪は1代で富を築いた人達が結構いますよ

  3. まあ、都内に一軒家をもっているサザエさんなら、
    十分富豪と呼べる資産があるわけです。
    ttps://togetter.com/li/1288245

    仮に磯野家に相続が発生して、あの場所でアパート経営するなり、
    タワーマンションに引っ越すなりして節税するはずです。
    相続税の軽減対策をする前に考えたいこと
    ttps://blogos.com/outline/162330/

  4. 国境のない世界で自由に人的移動、経済活動ができるグローバリズムには賛成していますが、

    ロングテールで増えた弱者が立ち直るチャンスの少なさが、格差の拡大につながっていると思うので、

    金がたんまりある人は今以上の税金を納めて弱者を救う新社会主義体制を作るべき。

    自分より弱いものを無条件で救えばいい。金持ちは無条件で金を出せばいい。
    優しくて気の良い金持ちが増えれば、世界は平和になるよね。

    結局は、人間性。

  5. >自分より弱いものを無条件で救えばいい。金持ちは無条件で金を出せばいい。
    >優しくて気の良い金持ちが増えれば、世界は平和になるよね。

    >結局は、人間性。

    呉智英bot @gotieibot より引用

    ポルポトが、レーニンが、バブーフが、ロペスピエールが、
    そして毛沢東が「差別のない明るい社会」をめざさなかったか。

    目指した。そして一億人が惨殺されたのである。

  6. 冨の集積ではなくて、才の発揮の度合いで考えています。

    すなわち、
    稀な才能だけで最大限の発揮が、最上級。
    次に、稀な才能と平凡なものを混ぜて、上級。
    更に、平凡な才能を混ぜて、上中級、
    以下は、省略。

    現在地は、上級。

  7. 専門家を自認するリーダーが思わず足元をすくわれる結果になるのは、洋の東西どこでも起こることですが、今回の例でもそれが言えます。

    二人の科学者による生命の神秘の解明の成功理由

    ジェームス・ワトソンとフランシス・クリックによるDNAの二重らせん構造の発見者による成功理由を次のように語っている。

    最も重要な問題点を早期に割り出せたこと
    二人とも自分の仕事に無我夢中になれて目の前の課題に一心不乱に取り組めたこと
    自分達が精通している分野以外の方法も積極的に取り入れたこと

    などを語っているが、DNAコードを解読できた一番の理由は、”この問題を追求していた科学者のなかで彼らがそれほど優秀ではなかったから”だと語っている。

    この問題を取り組んでいたなかで当時一番優秀だったのが、ロザリンド・フランクリンだったが、彼は優秀だったために、めったに人にアドバイスを求めなかった。

    一番賢いということは、厄介なことなんだと語っている。

    影響力の武器 実践編
    https://www.amazon.co.jp/exec/obidos/asin/4414304172/decipherswitch-22/
    より引用。

    やっぱりいちばん正しいのは、
    「目玉の数さえ十分あれば、どんなバグも深刻ではない。」
    given enough eyeballs, all bugs are shallow.

    「私がかなたを見渡せたのだとしたら、それはひとえに巨人の肩の上に乗っていたからです。」
    If I have seen further it is by standing on the sholders of Giants.

  8. 一代で大富豪になり格差が開くのはいいことじゃないですか。

    問題は相続ですよ。

    代替わりのときに、個人個人に小さな「ガラガラポン」が起きれば、
    社会全体の大きな「ガラガラポン」は必要ないかも知れません。

  9. つまり、ググった時に
    自分の名前が第一ページに出る歓喜。

    橘さんですら、まだ成し遂げてない!

    ごめんなさい。先にやり遂げます。

    では、失敬

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

投稿したコメントが表示されない場合は、SPAM判定された可能性があります。詳細はこちらをごらんください。

管理スタッフはコメント欄への投稿をしません。管理人を詐称してのコメント投稿はおやめくださるようお願いいたします。