『上級国民/下級国民』あとがき


出版社の許可を得て、新刊『上級国民/下級国民』の「あとがき」を掲載します。電子版も発売されました。

****************************************************************************************

知識社会化・リベラル化・グローバル化の巨大な潮流のなかで、現代世界は、国や歴史・文化、宗教などのちがいにかかわらず、ますますよく似てきました。なぜなら、すべてのひとが同じ目標──よりゆたかに、より自分らしく、より自由に、より幸福に──を共有しているからです。

「後期近代」になって人類史にはじめて登場したこの価値観は、今後もますます強まって私たちの生活や人生を支配することになるでしょう。

その結果、欧米や日本などの先進国を中心に、社会の主流層(マジョリティ)が「上級」と「下級」に分断される現象が起こるようになりました。アメリカではグローバル化にともなって白人中流層が崩壊し、日本では1990年代後半からの「就職氷河期」によって若い男性の雇用が破壊され、中高年のひきこもり(8050問題)が深刻化するなど、国によって「分断」の現われ方は異なりますが、その行きつくところは同じです。

このような未来をどのように生き延びていけばいいのか。すべてのひとに向けた万能の処方箋はありませんが、今後のトレンドは大きく2つに分かれていくでしょう。

ひとつは、高度化する知識社会に最適化した人的資本を形成する戦略。エンジニアやデータサイエンティストなどの専門職はいまやアスリートと同じになり、10代で才能を見出され、シリコンバレーのIT企業などに高給で採用され、20代か遅くとも30代前半までに一生生きていけるだけの富を獲得するのが当然とされるようになりました。

こうした生き方をするには、大学でのんびり一般教養を学んでいる暇はありません。いまでは高度なプログラミング技術を教え、「ナノディグリー」という学位を発行するオンライン大学出身の人材がテック業界で争奪戦になっています。

もうひとつは、フェイスブックやツイッター、インスタグラムなどで多くのフォロワーを集め、その「評判資本」をマネタイズしていく戦略で、SNSのインフルエンサーやユーチューバーなどがその典型です。高度化する知識社会では、テクノロジーが提供するプラットフォームを利用して、会社組織に所属することなくフリーエージェントとして自由な働き方をすることが可能になりました。

もちろん、年収数千万円のエンジニアも、有名ブロガーやユーチューバーもごく一部でしょう。しかし、私たちが生きている「とてつもなくゆたかな社会」では、「最先端の技術を理解してわかりやすく説明する」「新商品やサービスなど新しい情報をSNSで発信する」といったスキルでも、それなりの(あるいはひとなみ以上の)収入を得られるようになるでしょう。「知識経済」と「評判経済」は一体となって進化し、地球を覆う巨大な経済圏を形成しつつあるのです。

そうはいっても、この潮流からこぼれ落ちてしまうひとたちが生まれることは避けられません。民主政治では、有権者の総意≒ポピュリズムでこの問題に対処する以外ありません。

それはユートピアなのか、ディストピアなのか、私たちはこれから「近代の行きつく果て」を目にすることになるのです。

本書は2019年4月13日(土)に東京大学・伊藤国際学術研究センター伊藤謝恩ホールで行なわれた日本生物地理学会の市民シンポジウムの講演「リベラル化する社会の分断」をもとに加筆修正し、新書のかたちにまとめたものです。PART1「「下級国民」の誕生」の一部は、「令和の「言ってはいけない」不都合な真実」として、月刊『文藝春秋』2019年6月号に掲載しました。

シンポジウムを主催した日本生物地理学会会長の森中定治さん、司会をしていただいた副会長の三中信宏さん、講演に「論評」していただいた文筆家の吉川浩満さん、哲学者の神戸和佳子さん、生物地理学会会員の春日井治さん、および会場を満席にしていただいた400名を超える参加者のみなさまに感謝いたします。本書の執筆にあたっては、会場で集めた質問や、講演後の懇親会でのご意見なども参考にさせていただきました。

2019年7月 橘 玲

コメントを閉じる

3件のコメント

  1. たとえば、ラーメン通選手権とかで
    スープと麺をちょっと食べただけで

    このラーメンは
    「ナニナニ軒のナニラーメン」
    とかを当てる猛者はたくさんいます。

    もっともその人が美味しいラーメンを作れるわけではなかったりします。

    逆に人気店の店主であっても、
    他軒のラーメンについてはまったく無知だったりします。

    この種の「暗黙知」が占める領域は
    実は思った以上に大きく、
    GAFAやAIがどんなに強大化したところで
    とても追いつくものではないでしょうな。

    コカ・コーラとペプシコーラが違うことは誰でもわかりますが、
    その違いをきちんと説明できますか???

    ***********************************************
    暗黙知(あんもくち、英: Tacit knowledge)とは、経験的に使っている知識だが簡単に言葉で説明できない知識のことで、経験知と身体知の中に含まれている概念。例えば微細な音の聞き分け方、覚えた顔を見分ける時に何をしているかなど。マイケル・ポランニーが命名。経験知とも。

    簡単に説明できないが、理解して使っている知識が存在する。誰かの顔を見分けるということは、その人の写真を見せてもらえば覚えることができるが、諸々の特徴をいかにして結び付けているのかについては説明しにくく、これが暗黙知である。

    たとえば、自転車に乗る場合、人は一度乗り方を覚えると年月を経ても乗り方を忘れない。自転車を乗りこなすには数々の難しい技術があるのにもかかわらず、である。そしてその乗りかたを人に言葉で説明するのは困難である。

    それゆえ知識から人間的要因を「恣意的」として排除しようとすると、決して操作に還元しえない「知る」という暗黙の過程をも否定することになり、知識そのものを破壊してしまう。「暗黙知」を単純に「語り得ない知識」と同一視することが広く行われているが、これは安冨歩が指摘したように誤解である。

  2. 気になるのは仮に落ちこぼれてしまったまま歳を取ってしまった場合、
    果たしてリカバリーできるのかどうか?という点ですね。
    昨今問題になっている8050の問題も、50歳の引きこもりの人に
    高度な仕事をやってカネを稼ぐ、ということができるとは到底思えません。
    スーパーとかで働いているパートのおばちゃんとかも厳しそうですし・・。
    日本は幸い!?、介護建設運送工場サービス業農業漁業林業ブラック営業と、
    色々とキツイ笑仕事はあることはあるので、しばらくは大丈夫と言えば
    大丈夫とも言えなくもないですが・・笑。

  3. 後は津田大介氏のように振り切った評判資本を作る戦略?笑は
    正しいのかどうか気になりますね。
    片方の勢力からは称賛されるけど、片方からは強烈に嫌われる。
    まぁ飯のタネにできているので一応成功になるのかな。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

投稿したコメントが表示されない場合は、SPAM判定された可能性があります。詳細はこちらをごらんください。

管理スタッフはコメント欄への投稿をしません。管理人を詐称してのコメント投稿はおやめくださるようお願いいたします。