日本を蝕む「内なる移民問題」 週刊プレイボーイ連載(388)


川崎市で51歳の無職の男が登校途中の小学生を襲った事件のあとに、元農水事務次官の父親が自宅で44歳の長男を刺殺しました。長男は中学の頃から家庭内暴力があり、いったんは自宅を出たもののうまくいかず、自ら「帰りたい」と電話して戻ってきたばかりだったとのことです。

事件当日は自宅に隣接する区立小学校で運動会が開かれており、「運動会の音がうるさい。ぶっ殺すぞ」などといったことから、「怒りの矛先が子どもに向いてはいけない」と殺害を決行したと父親は供述しているようです。

長男は、帰ってきた翌日に「俺の人生はなんなんだ」と叫びながら父親にはげしい暴力をふるったとされ、「(小学生を)ぶっ殺す」というのも、川崎の事件で動揺する両親への嫌がらせでしょう。親の世話にならなければ生きていけないにもかかわらず、「自分をみじめな境遇に追いやった」親を憎んでいるという、どこにも出口のない関係がうかがわれます。

内閣府の調査では日本全国に100万人以上のひきこもりがいるとされ、事件直後からひきこもりを支援するNPO団体などに高齢の親からの相談の電話が殺到しているようです。内閣府の調査はアンケート形式で正直にこたえているかどうかはわからず、実数ははるかに多いはずだと専門家は指摘しています。

しかし、このふたつの事件で衝撃を受けたのは、子どものひきこもりに悩む親だけではありません。

これまで子育ては、子どもをそこそこの大学に入れれば、あるいはそこそこの会社に就職させれば「終わり」と考えられてきました。しかしいずれのケースも、40代や50代になってから居場所を失った子どもが実家に戻ってきています。

すべての親にとって残酷な事実でしょうが、「子育てに終わりはない」のです。

1990年代後半の「就職氷河期」から20年が過ぎ、80歳の親が50歳の子どもを養う「8050問題」が現実のものになってきました。そのあとに来るのは「9060問題」ではなく、親がいなくなったあと自宅に取り残された60代のひきこもり問題です。

彼らの多くは無職か非正規の仕事しかしたことがなく、じゅうぶんな年金を受け取れないでしょうから、生活保護を申請する以外に生きる術がありません。しかしその頃には日本の高齢化率はピークに達しており、年金制度が破綻しないまでも保険料の負担は重くなり、受給額が減らされるのは避けられないでしょう。

そうなれば、社会の憎悪がどこに向かうかは考えるまでもありません。

ヨーロッパでは移民問題が深刻化し、北欧のようなリベラルな国でも移民排斥を求める「極右」政党が台頭しています。ひとびとの不満は、(働かない)移民が手厚い社会保障制度に「ただ乗り」していることにあります。

それに比べて日本は移民の受け入れに消極的で、保守派はこれによって社会の安定と治安が保たれてきたと主張しています。ここには一面の真実があるでしょうが、しかし私たちの気づかないところで、日本社会は「内なる移民問題」に蝕まれていたのです。

『週刊プレイボーイ』2019年6月17日発売号 禁・無断転載

コメントを閉じる

19件のコメント

  1. 日本と欧米の移民問題は根本的に違う。

    まず陸続きか否か。
    空か海の港での管理がきちんとされている限り、陸で続いていない日本で確信犯的な不法滞在はほとんどあり得ない。

    次に欧米の移民には現地民の雇用を奪わないかどうかが求められる。母国で、第一次産業とか介護・育児系とかサービス業とか、一般的な普通の仕事ができる人は、移民として就労を認められない場合が多い。
    一方で、日本はそういう一般的な普通の仕事に安月給で奴隷的に移民を使う。日本人が嫌がって就かない職業に安月給でこき使える移民を宛がう奴隷の国。

    欧米なら移民が行きたい国である場合が多いけど、日本には来たがらない移民の方が多い。せいぜい日本に来るのは東南アジア系とかアフリカ系の安月給でも来るような人のみ。

    欧米は移民がいなくても自国民で自国を回せる、もしくは回す気概と努力ができるけど、日本は移民が居ないと自立できない国。
    日本で移民反対を叫ぶ人は、ならば人手不足と叫ばれている第一次産業とかサービス業、介護育児系の職種にもっと日本人自身が就けばいいだけなのに、反対を叫ぶ奴に限ってそういう嫌な仕事には就かない。日本人は自分がそういう職に就くことは嫌がって人手不足を自国民で何とかしようとしない。

    「内なる移民問題」

    日本の移民問題は、移民ではなくて、日本人の性格・精神性の問題が浮き彫りになった。サラリーマンという奴隷生産のための日本式教育をはやく根絶して、日本式の会社経営をはやく根絶して、転職をしやすくしたり気軽にフリーターや無職になれるようにして、他人の空白期間を気にしない社会にするべきなのよね。

    「雇用の流動性」と「退職および解雇のし易い環境」へ

    空白期間があると受け入れられない日本の性格・精神性って、自分の人生を自分の判断でちょっと休憩!ってことができない、他人の心を束縛して安月給で買おうとする性格の悪さ。
    高校卒業して、大学卒業して、死ぬまで働け!年金は受給年齢上げます!途中で死んだら貰えないよ。障害年金は障碍者のレッテルを完全に張れる人間にしかあげません!

    年金問題を語るとき、障害年金をもらうために払うって人、本当に馬鹿。厚生年金の財源が国民年金に回されている事実。他人の会社に負担押し付けて個人が集っている状況。障害年金って、完全に介助されてないと貰えない。障害患って、でも生きている限り、自分の人生を自分で考えて自分でできる限り動きたいと頑張る人には支給されない。

    自分で動けない老後なり障害人生を楽しく生きれるのだろうか??

    年金問題の解決法って、国民年金と厚生年金を完全に分離すべきだし、受給年齢下げて昔と同じように運用するべきだし、「積極的安楽死(自殺幇助)」を法律で完全に認めて、完全に老いる前や病気になる前、障害を患った時に、自分の意志で死ねるようにすればいい。

    橘玲さんの、日本人は自分勝手の記事は今回の記事ともつながりますね。

  2. >そうなれば、社会の憎悪がどこに向かうかは考えるまでもありません。

    安易に本件を外国人差別に結びつけることはいかがなものでしょうか???

    「子供さんが小さい時は何度か、顔を合わせましたよ。子煩悩でごく普通のご家庭に見えました。英一郎さんは勉強がよくできて、駒場東邦に中学から行っていたと聞きました」と農水省時代の同僚は話す。
     進学後も成績は優秀だったという英一郎さん。だが、中学2年生ころから、イジメが激しくなり、クラスでは孤立していたという。そのイジメは壮絶だったと同級生はこう話す。
    ttps://www.msn.com/ja-jp/news/opinion/元農水事務次官に刺殺されたの長男の壮絶な家庭内暴力といじめ体験/ar-AACqMBE#page=2

    過去の橘さんの著書で、
    私学の中学校には
    「いじめがない」
    (私学でいじめがあれば、学校運営に支障をきたすから、排除する機構を備えている)
    との仰せでしたが、

    「高級官僚エリートの子供」ということを鼻にかけると
    こうなってしまう場合もあるのです。

    一つだけ言えることは、
    所謂エリート中高一貫校に入るより
    そうでない学校に入っていたほうが
    この子には良かったはずです。

    「虎の威を借る狐」
    「鶏口となれども牛後となるなかれ」

    やっぱり昔の人はよく解っていますね。

  3. >安易に本件を外国人差別に結びつけることはいかがなものでしょうか???

    外国人じゃなくて生活保護受給者に向かうと言いたいんだと思います。

  4. >外国人じゃなくて生活保護受給者に向かうと言いたいんだと思います。

    右であれ左であれ、
    社会問題を
    ある原因に安易に結びつける
    「愚」
    を戒めているのです。

    かつて関東大震災のとき
    「朝鮮人が井戸に毒を入れた」
    とのデマで虐殺されたことがありましたが、

    これは
    支那でも朝鮮でも
    現在行われている洗脳教育
    つまり
    「何でも悪いのはかつて侵略した日本」
    の裏返し
    なのです。

    現在の日本でも、
    「アベノセイダーズ」は
    かまびすしいですな。

    「アベノセイダーズ」とは北朝鮮のミサイルから自然災害に至るまで、様々な事柄の原因を安倍晋三内閣総理大臣に求める人々を揶揄する言葉である。

  5. みんな全部ちゃんと理解できていないね。

    私もコメントしたけど、
    日本人の精神性・性格はかなり悪い。自分勝手で陰湿。

    今まで救われなかった弱者が年金に頼る事もできなければ、生活保護でしか生きていけないわけだけれど、日本人は生活保護を受ける奴を悪だとして叩いて虐めるので、弱者になった人が気軽に生活保護を受けられない。審査も通って、周りの目を何とかごまかして、生活保護を受けられても受給額が少なすぎる。
    こうなると、社会に恨みを持つわけだけど、日本人の精神性・性格はかなり悪いので、実害のある強者日本人に憎悪が向くのではなく、子どもや女性、外国人といったカテゴリーの立場の弱い人を狙うようになる、と橘玲さんは言っていると思います。

    ひろゆきの無敵の人案件なわけで、ただ強者だろうが弱者だろうが日本人は本当に性格が悪いので、弱者の無敵な日本人は実害をもたらした強者日本人に立ち向かうのではなくて、社会の立場の弱い人に対して憎悪を向ける。

    多様性を認めない、性格の悪い日本人という民族は一回消えてなくなればいい。
    日本全土が地震で消滅するか、核でも早く落とされて日本国内の日本人なんて消えてなくなればいい。

    「内なる移民問題」
    日本の移民問題は、移民の問題ではなくて、日本人の性格・精神性の問題が浮き彫りになった。サラリーマンという奴隷生産のための日本式教育をはやく根絶して、日本式の会社経営をはやく根絶して、転職をしやすくしたり気軽にフリーターや無職になれるようにして、他人の空白期間を気にしない社会にするべきなのよね。日本人の精神性・性格が悪いことが諸悪の根源。

  6. ゆん(27歳若年男性ミグタウ)さん

    貴方の悪い癖のレイシストが又出てますよ。
    そろそろ人種差別は辞めてください。

    >性格の悪い日本人
    性格が悪いのはゆん(27歳若年男性ミグタウ)さんですよ。
    人種差別を延々と続けたいのでしたらせめて自分のアカウントでやってください。
    橘さんの掲示板に来てまでする事では無いです。

  7. >やんさん

    読みましたが、ゆん(27歳若年男性ミグタウ)さんのどこがレイシストなのでしょうか?
    怒りを表す表現としてスラング等は出ていると思いますが、全然レイシストではないと思います。

    URLを2個以上張るとスパム扱いされてしまうので、たくさん張れませんが、
    https://matome.naver.jp/odai/2153335352905303301
    調べると2019年3月時点のネイバーまとめでつぶやきをまとめてありました。

    日本人の精神性・性格が悪いことは、ゆん(27歳若年男性ミグタウ)さんだけが感じているわけではなく、多くの方が感じているようですので、差別ではなく真実です。

    レイシストはやんさんの方です。人の揚げ足を取って、個人攻撃をして、話を逸らす。
    やんさんこそ、最低だと思います!

  8. みんな全部ちゃんと理解できていないね。

    私もコメントしたけど、
    朝鮮人の精神性・性格はかなり悪い。自分勝手で陰湿。

    現在日本にいる在日のほとんどは、そもそも自らの意思で来日したけど、
    帰国事業があっても今まで帰国しなかったし、さらに年金を払っていないからと言って、
    生活保護を受け取るのは、やっぱり筋違いです。

    日本にかぎらず、殆どの国は、自国民でない外国籍の人に生活保護なんか出していない。
    仮に審査や周りの目を何とかごまかして、生活保護を受けられるなんて他の国ではありえない。

    こうなると、社会に寄生虫するしかないだけど、朝鮮人人の精神性・性格はかなり悪いので、
    自業自得と反省するのではなく、普通に働いて納税している日本人や、
    各国ニューカマー外国人といったカテゴリーの立場の
    弱い人を追い出すようになる、と橘玲さんは言っていると思います。

    ひろゆきの無敵の人案件なわけで、ただ強者だろうが弱者だろうが朝鮮人は本当に性格が悪いので、寄生虫の無敵な朝鮮人は実害があるかもしれない普通の日本人に立ち向かうのではなくて、発言力の弱い人に対して憎悪を向ける。

    多様性を認めない、性格の悪い朝鮮人という民族は一回消えてなくなればいい。
    朝鮮半島が地震で消滅するか、自ら作った核兵器で朝鮮半島の朝鮮人なんて消えてなくなればいい。

    「内なる在日問題」
    日本の在日問題は、日本人の問題ではなくて、朝鮮人の性格・精神性の問題が浮き彫りになった。在日韓国人、朝鮮人という寄生虫のための日本の福祉をはやく根絶して、世界で一般的な普通の国の福祉のありかたをはやく徹底して、帰国をしやすくしたり即時国外退去できるようにして、朝鮮人を送り返すべきなのよね。朝鮮人の精神性・性格が悪いことが諸悪の根源。

  9. 感情は子孫を残すための合理的な行動を沢山、素早く実践するためにあります。
    この感情は他の感情を駆逐していくので、他の感情はそれを喜び称える感情とともに消えていくでしょう。

    子孫を残すための合理的な行動を心地よいと感じる前提がないまま、性格がいいとか悪いとか連呼していると「イーヒト」が昔この星に住んでいた猿の鳴き声になってしまいます。

    自分たちが万物の霊長であることを前提としたものの上に何かを積み重ねていたとしても、実は「ジユー」と鳴きイリオモテヤマネコより先に絶滅した間抜けな猿でしかないことに気づいてしまったときに何もかも崩れ去っていくでしょう。

    真の万物の霊長となりたければ、その思想や手段が子孫を残すという目的に対して合理的であるか?
    またその手段が目的に対して合理的となる条件は何か?再点検が必要となるかと。

    目的のためには手段を選ばない奴だ!と思われないようにする、という目的より優先度の高い目的の為なら手段を選ばないでいいと思います。

  10. ゆかりさん

    これでレイシストを感じないって事は問題ですね。
    しかもネットのサイトだけで真実認定するのは驚きですね。

    https://matome.naver.jp/odai/2137822718301411701
    ではこれを持ってこの民族は嫌われてるのは真実としていいのですか?
    自分はそう思わないです。
    あまりにも短絡的です。

  11. そもそも、似たような民族(日本と支那、朝鮮とか、イギリスとアイルランド、ドイツとフランスなど)
    の諍いが繰り返されてきたのは、歴史が教えるところです。

    本題にもどると、

    超高級官僚エリート
    (事務次官というのは、官僚にとって最高位職です)が

    なぜ自分の子供を殺さなければならなかった
    ことを再考しなければならないのです。

    橘さんはなんども、

    「学校空間というのは、
    要するに
    自己アイデンティティ獲得競争
    空間だ」
    と言っているように、

    中高一貫校というのは、
    「学力」が自己アイデンティティにならないところ
    という
    逆説を孕んでいるのです。

    今日日の中学入試問題は大人でも
    手こずる問題が出されているわけで、

    そこいら辺の優等生が
    仮にエリート中高一貫校に入れたとしても

    入ってからは、逆に
    「劣等生の烙印」をおされてしまうといった
    リスクをはらんでいるのです。

    そういった「元優等生」が
    ゲームやマンガといった
    サブカルチャーにハマると、

    それが、自分にとって最高位の
    「アイデンティティ」
    になってしまうのです。

    元農水次官と殺された息子 親子でコミケに出店していた – Togetter ttps://togetter.com/li/1362940
    は、
    まさにこれを表現していますね。

  12. 管理人さん

    >ヘイトは禁止
    これには凄く賛成です。
    でも貴方は日本人に対するヘイトをしてますよ。

    ゆん(27歳若年男性ミグタウ)さん
    いい加減にレイシストを辞めてください。

  13. いやいや、先生のメインの役目である推薦本を紹介していただかないと!今回なら良い子育ての本でしょうね。それが今回無理なら、せめて罪を犯し判決後刑務所に入る事になった年金受給者の老人は、入所後も年金が振り込まれるか否かだけでも教えて下さいよ。データをなぞるぐらいなら官僚だってとっくにしてるはずですから。

  14. >当該サイトでは他国籍の方に対するヘイトは禁止しております。

    かつて、橘さんはこう書いていますね。

    同和地区を掲載することは「絶対に」許されないのか? https://www.tachibana-akira.com/2012/10/5137 #橘玲公式BLOG

    (引用)
    今回のケースでは表現の自由の範囲に収まると主張することもじゅうぶんに可能だ。したがって、この2つだけでは連載を中止する理由にはならない。それ以外の「不適切な記述」については、いまに至っても一切説明がない。

    そもそも、リバタリアンを自称し、表現の自由をこそ優先させるべきと言うべき
    編集者や出版関係者であった橘さんが、

    なぜか在日外国人問題になると踵を返すのは、
    一貫性のなさを問われても仕方ないですな。

    (引用)
    原理主義的なリバタリアニズムでは、表現の自由こそが絶対でプライバシーは権利として認めない。私はこうした異端の主張で議論をいたずらに混乱させるつもりはないが(この論理に興味のある方はこちらをどうぞ)、表現の自由とプライバシー権は相対的なものだというより穏当な主張なら多くのひとが同意するだろう。

    これが、「ダブル・スタンダード」だ。

  15. 管理人さん

    >ヘイトは禁止

    私に対する
    ヘイト、中傷、罵倒、煽りその他

    GPLに基づき、

    All freeです。

    私を唸らせるような

    ヘイト、中傷、罵倒、煽りその他の文章

    を是非とも読んでみたいですな。

  16. >尖沙咀 さん
    回答ありがとう、(おそらくだけど)日本国憲法ってほんと厄介だな。
    ついでになりますが、特に若者が子育てしていくうえで参考になりそうな推薦出来る本や情報もご存じですか?

  17. >ついでになりますが、特に若者が子育てしていくうえで参考になりそうな推薦出来る本や情報もご存じですか?

    「子供」にとって、
    「父親」は、

    「最初に乗り越えるべき壁」
    になるべきでしょうね。

    「母親」が、その嵐を避けるための
    「避難のための港」
    であるべきのように。

    この農水次官があまりにも優秀かつ完璧であったからこそ、

    「乗り越えられない壁」
    としてそびえ立ってしまったことが、
    この子供の不幸といえます。

    これこそが
    「エディプス・コンプレックス」の一種なのです。

    「巨人の星」の星一徹、
    「エヴァンゲリオン」の碇ゲンドウ、
    そして
    「グラップラー刃牙」の範馬勇次郎
    ですね。

    父親は子供に
    「俺の屍を超えてゆけ」
    と教えるべきです。

  18. ゆん(27歳若年男性ミグタウ) = ゆかり = 管理人

    管理人のコメント消されてるwww
    ゆん(27歳若年男性ミグタウ)の荒らしに流石に掲示板の人が一文を付け足したよw

    「管理スタッフはコメント欄への投稿をしません。管理人を詐称してのコメント投稿はおやめくださるようお願いいたします。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

投稿したコメントが表示されない場合は、SPAM判定された可能性があります。詳細はこちらをごらんください。

管理スタッフはコメント欄への投稿をしません。管理人を詐称してのコメント投稿はおやめくださるようお願いいたします。