ひきこもりは「恐怖」と「怒り」に圧倒されている 週刊プレイボーイ連載(387)


神奈川県川崎市で51歳の男が、スクールバスを待つ小学生らを刃物で襲い、19人を殺傷したあと自殺するという衝撃的な事件が起こりました。

報道によれば、加害者の男は幼少期に両親が離婚したため伯父に引き取られ、10代後半で家を出たものの、最近になって戻ってきたとのことです。それからはひきこもりのような生活をしており、80代になる伯父夫婦は、自分たちが介護を受けるにあたって、第三者が家に入ってきても大丈夫か、市の精神保健福祉センターに相談していました。

夫婦が男の部屋の前に手紙を置いたところ、数日後、伯母に対して「自分のことは、自分でちゃんとやっている。食事や洗濯を自分でやっているのに、ひきこもりとはなんだ」と語ったとされています。

伯父夫婦は男が仕事に就かないことで将来を心配していたものの、家庭内で暴力をふるうようなことはなかったことから、大きな問題があるとは考えていなかったようです。近隣とのトラブルも報じられていますが、これも言い争いのレベルで、今回のような凶悪事件を予想することは不可能でしょう。

それでも、手紙を介してしか男とやり取りできなかったことからわかるように、家の中で会話がまったくなかったことは確かです。こうしたコミュニケーションの断絶は、ひきこもりの典型的な特徴です。

上山和樹さんは『「ひきこもり」だった僕から』(講談社)で、自身の体験をきわめて明晰な言葉で語っています。上山さんによると、ひきこもりは「怒り」と「恐怖」が表裏一体となって身動きできないまま硬直してしまうことです。

「恐怖」というのは働いていない、すなわちお金がないことで、生きていけないという生存への不安です。男は伯父夫婦からたまに小遣いをもらっていたようですが、2人が高齢で介護を受けるようになったことから、自分一人が取り残されたときのことを考えざるをえなくなったのでしょう。これはとてつもない「恐怖」だったにちがいありません。

「怒り」というのは自責の念であり、そんな状態に自分を追い込んだ家族への憎悪であり、社会から排除された恨みです。この得体のしれない怒りはとてつもなく大きく、上山さんは「激怒」と表現しています。ひきこもりは、一見おとなしくしているように見えても、頭のなかは「激怒」に圧倒されているのです。

そしてこれは重要なことですが、男のひきこもりは性愛からも排除されています。

「自分のような人間に、異性とつき合う資格などない」というのは「決定的な挫折感情」であり、耐えられない認識だと上山さんは書いています。性的な葛藤は「本当に、強烈な感情で、根深くこじれてしまっている」のです。

51歳で伯父の家に居候するほかなくなった無職の男は、これから定職を見つけて自立するのはきわめて困難であり、女性からの性愛を獲得するのはさらに不可能で、伯父夫婦が高齢になったことでこの生活がいずれ終わることを知っていたはずです。

もちろん同じような状況に置かれていても、ひきこもりが社会への暴力につながるケースはきわめて稀で、今回の事件を一般化することはつつしまなければなりません。しかしその一方で、社会的にも性愛からも排除された(とりわけ男性の)ひきこもりの内面を無視することは別の偏見を生むだけではないでしょうか。

『週刊プレイボーイ』2019年6月10日発売号 禁・無断転載

コメントを閉じる

6件のコメント

  1. 川崎の奴は「最近になって戻ってきた」のなら、それまでは自力で生きてきたわけだから、ここでいう引きこもりとは違うのでは?

  2. ただ事件を解説してるだけで、目新しい切り口も無いし、ただの連載の穴埋めなのかな。

  3. なぜ上山氏が引き籠りから離脱出来たか等のオチがない(言えない?)うえ自殺した加害者自身に対する真相ならぬ見識も相まって、結局何が言いたい文章なのかがみえずしっくりこない。性愛からの排除なら、若い女性に狂気が及びそうだが…はて?引き籠りへの偏見をなくす為ただの上山氏の著書の紹介ならば納得です。

  4. 久しぶりの投稿です。

    3ゼロ女は、女を武器にすれば男に取り入ることができて、相手の経済力を分けて貰えて、性愛も手にできますからね。(もちろん、手にしたからと言って幸せになれるとは断言していない)

    3ゼロ男は、女性の優生思想で排除されて、経済力を分けて貰うこともできず、性愛も手にできませんからね。手にできないということは、幸せになれるかもしれないスタートラインにすら立てないということですからね。女が女の武器を使うことが許されるように、男が男の武器を使って暴れることも、公正平等という観点からみれば許されないとおかしいですからね。

    私は欧州の様にgenderfreeをはやく日本でも広まればいいと思う。
    男が男の武器を使ってアンフェアに勝ち上がることがタブーなのであれば、
    女が女の武器を使ってアンフェアにのし上がることもタブーでなければ、
    フェアな世界は一生出来上がらない。

    女がハエは許されるのに、男がハエになると男のくせに言われる。
    女も当たり前のように普通に働ける時代に、結婚に逃げる女がいる。
    ならば、結婚に逃げる男も許されなければフェアじゃない。

    めいろまさんもTwitterでよく言っているけど、
    本当に日本は女性にとって甘い国ですからね。
    男と対等に生きたい女性にとっては生きづらい国です。

    男も女も対等にフェアに!
    本当に早くそうなって欲しい。

  5. 「性差別は文化の基盤である」 by 岸田秀

    女の肉体の商品化は、資本主義の発達によってますます露骨な
    形で現れてきているにせよ、資本主義の結果ではなく、はるかに
    もっと以前、つまり人類の文化の発生とともにはじまったとおもう。
    というより、人類の文化の成立の不可欠の一条件ではなかったかと思う。
    人類が進化のいたずらによって、自然な状態では生存できなくなったとき、
    それまでは必要でなかった労働が必要になった。人類の赤ちゃんはその養育に
    きわめて長い期間を要するようになったため、母親は、それに多大の労力を
    注ぐことを余儀なくされ、みずから生きていく能力を失った。

    したがって、種族保存をはかるためには、父親が子どもとその母親を
    養わなければならなくなった。すなわち、動物の雄にはやる必要のなかった
    余計な労働を人類の男はやらなければならなくなった。男の中に、
    このような労働へと駆り立てる本能などあろうはずもない。何をもって、
    男をしてそのような過重な労働をみずから進んで引き受けさせ得るか。
    ここで、この目的のために、男の性欲が利用されたのだと思う。

    食欲は、満足させなければ当人が死んでしまうから、食欲の満足を遮断して
    おいて、食の獲得へと駆り立てるエネルギーをほかへ逸らせ、別のことに
    ふり向けることは、ほとんどできない。できても、当人が空腹を感じてから
    餓死寸前にいたるまでの短期間だけである。それに反して、性欲は満足
    させなくても当人は死なないし、ただひたすら欲望がつのるのみである。
    それに、すでに別のところで述べたように、人間の性欲はさまざまな幻想と
    結びつき、さまざまな幻想に支えられているから、性欲のエネルギーは、
    本来の対象と目標とは異なったいろいろなことにふり向けることができる。

    つまり、男をして、本来はやらずにすんだ過重な労働を引き受けさせるために、
    男の性欲を遮断し、その対象である女の肉体を商品化し、商品価値をもった
    女の肉体を得るためには、それに見合う価値を生む労働をせざるを得なくしたのである。
    かくして、性行為は、両性の対等な欲望の発露ではなくなり、男にとっては、
    苦しい労働によって得たものを払って獲得する快楽となり、女にとっては、
    男に養ってもらうための男に提供するサービスとなった。理論的には、
    逆に、男の肉体を商品化し、商品としても男の肉体を得るために女が労働する
    という可能性も考えられるが、人類の大勢はその方向に向かわなかった。
    妊娠と出産と授乳は、どう転んでも女がやらねばならないこと、女の方が
    体力的に劣っていること、身体構造上、性行為は男が欲しさえすれば女が欲して
    いなくても可能なこと、などが、男の肉体ではなく、女の肉体が商品化された
    理由であろう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

投稿したコメントが表示されない場合は、SPAM判定された可能性があります。詳細はこちらをごらんください。

管理スタッフはコメント欄への投稿をしません。管理人を詐称してのコメント投稿はおやめくださるようお願いいたします。