SNSの「正義」はオルガスムと同じ? 週刊プレイボーイ連載(373)


最初は、たわいもない話でした。ロックバンドの女性が、親友だった男性ミュージシャンと絶交したとフェイスブックに書き込んだのです。

きっかけは、そのミュージシャンが知人の女性にひわいな写真を送りつけたとSNSで告発され、ライブ会場から出入り禁止になったことでした。バンドのメンバーは疑惑を否定しましたが、#MeToo(ミートゥー)運動で社会がセクハラにきびしくなっていることもあって、彼女は「ひとりの女性として、彼がしたすべてのことを拒絶する」と書きました。それはたちまち「炎上」へとつながり、ミュージシャンは仕事を失い、アパートを追い出され、別の街に引っ越さざるを得なくなって、人生は過酷なものになりました。

その後彼女は、ロックバンドのボーカルとして(すこし)有名になりました。すると突然、高校時代の出来事を蒸し返されて大炎上することになります。誰かが女子生徒のヌード写真をSNSにアップし、その写真に対して彼女が辛辣なコメントをしたというのです。

この「糾弾」はたちまちネットに広まり、彼女は音楽業界から出入り禁止になりました。友だちはみんな離れていき、なにもかも失った彼女は、この世界から消えてしまいたいと思ったといいます。

10年以上前の「ネットいじめ」を告発したのは若い男で、「彼女がつらい思いをしていることが気にならないのか」と訊かれ、こうこたえています。

「セックスでイッたときみたいに楽しかったよ。あいつのこと? どうだっていいよ。ヒドいことをしたんだから自業自得だろ。生きようが死のうが俺には関係ないね」

このようにいう男は、幼い頃から親に虐待されていました……。

立派なことをいうひとは世の中にたくさんいますが、「正義」にとって不都合な真実は、他人をバッシングすると脳内に快楽物質(ドーパミン)が出るようにヒトの脳が「設計」されていることです。脳の画像を撮影すると、復讐を考えたときに活性化する部位は、快楽を感じる部位ときわめて近いことがわかりました。道徳的な不正をはたらいた者を「糾弾」すると、セックスと同じような快楽が得られるのです。

さらに不都合なのは、匿名で道徳的な「糾弾」を執拗につづけるひとには「実生活の幸福感が低い」という共通する特徴があることです。仕事が充実していたり、恋人や家族から愛されていれば、こんなことで「自己実現」する理由がありません。バッシングによって「オルガスム」を得るより、ふつうにセックスしたほうがいいに決まっているのですから。

このようにして、「非モテ」や「インセル(非自発的な禁欲主義者)」などと呼ばれる集団内でお互いをディスったり、女性やLGBTのようなマイノリティを攻撃して気分よくなろうとする現象が起きました。「モテ(上層カースト)」に所属する男女は、こうした「炎上騒動」を困惑しつつも高見から見物しています。

ネットの効用は、誰でも自由に自分の意見を主張できるようになったことです。これは素晴らしいことですが、その代償として、世界じゅうで「糾弾」というドラッグを手放せない「正義依存症」のひとたちを大量に生み出したのです。

ちなみに、これはアメリカで実際に起きた話です。日本ではどうでしょうか?

参考:David Brooks“The Cruelty of Call-Out Culture  How not to do social change.”The New York Times Jan,14,2019

『週刊プレイボーイ』2019年2月25日発売号 禁・無断転載

コメントを閉じる

4件のコメント

  1.       
    >ネットの効用は、誰でも自由に自分の意見を主張できるようになったことです。これは素晴らしいことですが、その代償として、世界じゅうで「糾弾」というドラッグを手放せない「正義依存症」のひとたちを大量に生み出したのです。
                          
    >ちなみに、これはアメリカで実際に起きた話です。日本ではどうでしょうか?
                      
    日本でも頻発していますよ。

    この掲示板でも、
    ******************************************
    尖沙咀
    2016年2月14日 12:24 AM
    ミイラ取りがミイラになるように、粘着ストーカーに粘着するのも粘着ストーカーです。

    閑話休題。
    本題から外れて、粘着ストーカーの動向を話題にするのはいかがなもんでしょうか?
    気に入らなければ「ハンドルネーム」が見えたら読まなければよいわけですから。
    私もいつもそうしています

    大事なことなので二回言いました

    橘ファン
    2016年2月14日 7:07 AM
    わたしも橘ファンのひとりとして、コメント欄の私物化にはうんざりしています。迷惑なので早く消えてください。
    ******************************************
    これなんか、まさに、
    #MeToo(ミートゥー)
    ですな。

    私のTwitterアカウントへのレスでも、同じこと(正義依存の症例)は頻発しています。
    ******************************************
    呉智英先生のとおり。

    おそらく日本中で私一人が、団塊の世代のはしりであり、全共闘体験もある私一人が、差別は正しいと言っている。
    差別は正しい、差別と闘うのが正しいのと同じぐらい正しい、と。人類が目指すべきは「差別もある明るい社会」である。差別さえない暗黒社会にしてはならない、と。
    ttps://twitter.com/yoga5ch ttps://twitter.com/kuchibirusensei/status/1000549512941715456

    309右や左の名無し様2018/05/27(日) 21:48:27.85ID:CV7cPobp
    将鼓もこんだけフルボッコに遭ってほしい

    犬派(猫にも寛容)@juriemarie21
    差別的な気持ちの肯定の是非と、それに対する「理性」の話からはそれますね。

    国民の生活が一番@buggta
    偏食は、個人の問題で誰も傷つけない。
    差別主義と同列に語るのは、おかしい。

    ともや@TOWAputtyo
    それがどうしても自分の行動や選択にでてしまう
    だから差別し、たとえ人を傷つける行動をしてしまっても仕方がないんだ。

    なんて簡単な言葉では済まされないんですよ。

    フラットマン@flatman1031
    で、差別するのはいいの?悪いの?

    whitestockings@whitestockings2
    持ってるからしょうがないってんなら、人間の理性ってなんだよって話

    毒吐きヘラクレス@goodyoshio
    あんたの言うこと全部間違ってるとも思わないし個人的な経験もいろいろ背景にあるんだろうけど、このレスはくだらないと思うぞww

    Tekitoukozou@tekitoukozou1
    人間にはなあ、少なくともお前以外の人間には、そういう劣情に流されない知性と理性があるんだよ(´・ω・`)

    九郎政宗@claw2003
    ▼知性と理性があるからこそ「レイシズムを放置しない」という行動ができるのです(@∀@) まあナチスの手口に学んだわけですよwww 放置すれば大変なことになると。この星ではレイシズムは #ユニバーサルエネミー ですwww
                                      

  2. 橘さんは専業主婦批判をした時は、専業主婦が辛い思いをする事が気にならなかったんですか?
    それともセックスでイッたときみたいに楽しかったですか?

  3. >SNSの「正義」はオルガスムと同じ?

    というより、
    「正義」といわれたり、思われているものすべてが
    実はオルガスムスやカタルシス
    そのものなのです。

    わかりやすい例で言うと

    賭博破戒録カイジの
    「地下チンチロ」
    ttps://ja.wikipedia.org/wiki/賭博黙示録カイジ#地下チンチロ
    ですな。

    地下チンチロでやられて45組に落とされたカイジは
    班長大槻のイカサマ(456賽)に気づき

    知略を駆使して
    最終的にピンゾロ賽で大逆転しますが、

    カイジ視点の読者は
    ピンゾロ賽での大逆転劇で
    カタルシスを得て、さらにオルガスムスも得られるのです。

    そういう人間の心理機構があるからこそ、
    すべての文学や芸術、映画や文学、マンガやアニメが成立しているのです。

    つまるところ、
    人間の心理機構をうまく利用した者だけが
    「勝っている」
    のですよ。

  4. 尖沙咀さん。橘ファンさんの「コメント欄の私物化は嫌い」発言って意味不明な非論理的コメントですよね。
    コメント欄にそもそも所有権なんかない。私物化ってなんぞやw
    まあ意味はわかるけど、理解できない、したくないw
    ブログって発信者があるテーマを発信して、それやそれに付属するような内容について議論を交わすのがブログのコメント欄の役割なんだけどな。

    私は普段別に暇じゃないから、普段から橘玲さんブログにコメント付けていないし、今日むしろたぶん初めて色んなテーマについてコメントしているけど、もしこれを荒らしとか私物化とか言われると、意味不明だわマジで。

    荒らしって、それこそ意味不明な、アライノガシタヌイレセノツ、とか書きまくることじゃないの?w 意見を言い合ってああでもないこうでもないって言い合う人間味って私は大事だと思うし、そういう人間味は大好き。

    さて本題。オーガズムと同じ感覚かどうかっていうのはよくわからないけど、でも橘玲さんが言っている事は全部正しいと私は思うし、アメリカだけじゃなくて日本でも普通にたくさん起きてるし。日本の方がむしろ陰湿というかね。。。

    >匿名で道徳的な「糾弾」を執拗につづけるひとには「実生活の幸福感が低い」という共通する特徴があること

    正しいんだけど、別に匿名じゃなくても、道徳的な「糾弾」を執拗につづけるひとは実生活の幸福感たぶん低いよね。その最たる今の時代分かりやすい例が維新議員や候補者連中。とそれに群がる匿名の信者たち。維新の人たちも間違ったことを言っているわけじゃないからタチが悪くて。でもそもそも、問題意識を広めるためという理由だとしても、足立議員みたいにバカとかアホとか平気で使ったり、長谷川豊候補みたいにとにかく論破したい欲求の強い自射暴言マシーンとか、政治家の前に人としてどうなの?っていつも思う。

    他の政党の人の失言をマスコミが取り上げるのって、別に頻繁ではなくてたまの話なんだけど、維新に関しては、たまの失言じゃなくて毎度の道徳的な糾弾を偏った正義面でするから、人間性を疑わざるを得ないんだよね。

    >バッシングによって「オルガスム」を得るより、ふつうにセックスしたほうがいいに決まっているのですから。
    その通り!ww 海外にいると、女性から声かけてもらうこともあるけど、男性からも声かけられたことがあって、日本じゃ同性に声かけられるなんてなかなかないから新鮮だった。私はゲイじゃないからって即座に断っちゃったけど、今思えば、食わず嫌いみたいなもんで、同性と経験してないのにゲイじゃないと思い込むのも変だったし、怖いものみたさで経験してみればよかったかもwww もしかしたら異性よりもオルガズム得られるのかも・・・・食わず嫌いは良くないねって話ww

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

投稿したコメントが表示されない場合は、SPAM判定された可能性があります。詳細はこちらをごらんください。

管理スタッフはコメント欄への投稿をしません。管理人を詐称してのコメント投稿はおやめくださるようお願いいたします。