小4女児虐待死事件で、やはりメディアがぜったいにいわないこと 週刊プレイボーイ連載(372)


目黒区で5歳の女児が虐待死した事件につづいて、千葉県で小学4年生の女児が父親の虐待によって死亡しました。このふたつの事件に共通するのは、児童相談所など行政をバッシングする報道があふれる一方で、メディアがぜったいに触れないことがあることです。

報道によると、今回の事件で逮捕された父親と母親は沖縄でいちど結婚したあと離婚し、そのあと再婚しています。被害にあった10歳の女児は最初の結婚のときの子どもで、再婚後に次女(1歳)が生まれたようです。

長女を虐待していた父親は沖縄の観光振興を担う財団法人に勤めていましたが、千葉への転居を機に退職、18年4月からは同じ法人の東京事務所の嘱託社員として働いていました。「家族の話も頻繁にし、同僚は家族仲が良いと思っていた」とされ、沖縄時代の元同僚も「愛想が良かった」と証言しています。

ここから浮かび上がるのは、ジキルとハイドのような「モンスター」的人物像です。そうでなければ、職場ではごくふつうに振る舞い、家庭では子どもを虐待するような非道な真似がどうしてできるでしょう。

たしかにそうかもしれませんが、実はもうひとつ可能性があります。

あらゆる犯罪統計で幼児への虐待は義父と連れ子のあいだで起こりやすく、両親ともに実親だった場合に比べ、虐待数で10倍程度、幼い子どもが殺される危険性は数百倍とされています。逆に、実の子どもが虐待死する事件はきわめて稀です。長大な進化の過程で、あらゆる生き物は自分の遺伝子を後世に残すよう「設計」されているからです。――不愉快かもしれませんが、これが「現代の進化論」の標準的な理論です。

そう考えれば、真っ先に事実関係を確認すべきは父親と長女の血縁関係です。報道では実子にように扱われていますが、戸籍上はそうなっていても、実際に血がつながっているかどうかはわかりません。

英語圏を中心に9カ国約2万4000人の子どもを検査したところ、約3%の子どもが、「父親」と知らされていた男性と遺伝的なつながりがないことがわかりました。イギリスでは2007~08年に約3500件の父子鑑定依頼が持ち込まれましたが、鑑定の結果、約19%の父親が他人の子どもを育てていました。こうしたケースは、一般に思われているよりずっと多いのです。

目黒区の事件では、5歳の女児を虐待していたのは継父でした。仮に今回のケースでも父親が長女を自分の子どもではないと疑っていたとしたら、その行動を(すくなくとも)理解することは可能です。だとしたら、行政はDNA検査を促すこともできたのではないでしょうか。

もしこの仮説が正しいとすると、検査の結果、実子であることが証明できれば虐待は収まるでしょう。逆に別の男との子どもであることがわかれば、子どもの身の安全は強く脅かされますから、行政が女児を保護する正当な理由になります。

ひとつだけたしかなのは、「なぜ虐待したのか」を知ろうとせず、行政担当者の不手際を集団で吊るしあげて憂さ晴らししているだけでは、問題はなにも解決しないということです。このままでは同じような悲劇がまた起きるでしょう。

参考:「温厚・威圧的 二つの顔 小4死亡事件 容疑の父親」朝日新聞2019年2月7日
参考文献:オギ・オーガス、サイ・ガダム『性欲の科学』CCCメディアハウス

『週刊プレイボーイ』2019年2月18日発売号 禁・無断転載

コメントを閉じる

17件のコメント

  1. それを言うと、まともな継父らが、

    「そんなことはない、おれはちゃんと愛情をもって接している。一部のおかしな奴らと一緒くたにするな。差別だ!」

    と騒ぎ出すからでしょう。大抵の人は他人の命より自分達の世間的評価のほうがが大事なんだからさ。

    そんな面倒をマスコミが引き受けるとは思えない。

  2. 確かにひとつのポイントではありますが、あくまでも傾向と可能性の問題で、それで全てを説明できるわけではありません。実子でも虐待している可能性があります。行政の不作為も深刻で、法改正も含めた抜本的な改革が必要と強く感じています。行政担当者の不手際を集団で吊るしあげて憂さ晴らししているだけ、という言い方はinsensitive で失礼です。

  3. だから、生物にはそもそも自己遺伝子保存の強い本能があるから、

    カッコウは、自分の卵を托卵してべつの巣に生み、
    孵化したカッコウのヒナはもともとあった卵やヒナを追い出して殺すのです。

    そういう利己的な遺伝子があったからこそ、
    自分がいまここに存在するのです。

    そういう利己的な遺伝子があるのにもかかわらず、
    なぜマスコミは連日虐待事件を大々的に報道するのか???

    もちろんそれも、マスコミの利己的な遺伝子
    (衝撃的な事件を報道したほうが視聴率があがるから)
    なのです。

    問題なのは、
    そういった虐待事件を大々的に報道することが
    「社会的証明」
    (あいつがやったんだから、俺もやってもかまうまいな!!!)

    を助長してしまうことなのです。

  4. 小4女児虐待死事件は実子のはずですよ。同じ相手と離婚再婚しています。
    ちゃんと調べた方がいいのではないですか?

  5. >英語圏を中心に9カ国約2万4000人の子どもを検査したところ、約3%の子どもが、「父親」と知らされていた男性と遺伝的なつながりがないことがわかりました。イギリスでは2007~08年に約3500件の父子鑑定依頼が持ち込まれましたが、鑑定の結果、約19%の父親が他人の子どもを育てていました。こうしたケースは、一般に思われているよりずっと多いのです。

    生物に遺伝子保存の本能があるとして,
    それをより白日のもとに晒すことになるだけの

    「遺伝子検査」は

    「パンドラの箱」に
    なるだけのハナシですよ。

    リバタリアンを自称する橘さんにお伺いしたいのは、

    仮に自分の子供が「実子ではない」
    とわかったとき、いったいどうするのでしょうか???

    リバタリアニズムは伝統的価値や社会の安定を軽視しているなどと
    批判されることがありますが、

    これなんかまさにそうですね。

    これこそがリバタリアンに突きつけられた

    「ダモクレスの剣」

    なのです。

  6. 偏見です。
    義母、義父とか関係ない。
    そういうの本当にやめてほしいです。

  7. 可能性としてはあり得る仮説です。離婚は妻の浮気を疑ってからかもしれませんし。
    しかし、結婚している間に生まれた子供の父親は、生物学上の繋がりとは無関係に扶養義務を負います。
    義務を果たさない人間の言い訳を行政がサポートする必要はありません。もし子供の血縁が不本意に疑われて家庭不和や虐待が起こったのなら、家庭内で妻側からDNA鑑定を言い出すことはできたかもしれませんし、逆に妻の告白などで実子でないことが分かっても、父親の言い訳にはならないことはもちろん、そんなことを理由に子供を引き離すことなどできませんから、どちらにしても行政の仕事に変化は生じません。つまり、実子でもそうでなくても義務に変わりはないので、行政やましてやマスコミが介入すべきことではないということです。
    まあ、もし裁判で父親がそういう疑いに遠因があったことを言い出して、弁護側が情状酌量を狙ってDNA鑑定を主張するような流れにでもなったら、そのときに初めて鑑定される話であって、その後もしかしたら家庭外にも出てくるかもしれませんが、事件が起こる前に家庭外で考慮することではないと思います。

  8. 例えばさ、「男は女より犯罪を起こす確率が高い」と言われても、
    そのデータがあれば、偏見だ男女差別だなどとは言わないよね?
    「人気のない夜道では怪しげな男に気をつけろ」は、社会生活を送るにあたって(特に女には)絶対に必要な知識だろう。そういう傾向が現実にあるのだから。

    なぜこの虐待の話では、データも示さず、違う、偏見だと言う人が出てくるのだろう。
    一般的にそれを示すデータが(小4女児虐待死事件がどうかは判らないが)あるという話なのに。

    仮にそのデータが事実と言えるなら、まず一般的事実を認めて、
    自分がそうではないことを証明するしかないんじゃないかな?

  9. 被害者が加害者の実子でないかもしれないと勝手に仮定
    父親である犯人が実子でないと疑っていたと勝手に仮定
    そりゃ都合の良い仮定すれば、いくらでも好きな結論導けますよ
    橘さんの好きなエビデンスに基づいてない
    血縁関係が無いことで虐待リスクを高めることを言いたいのであれば、統計で十分証明できるはず
    義父による虐待は、血縁関係が原因、実父による虐待は血縁関係を疑っていたためでやはり血縁関係が原因
    反証不可能な理論の構築は、もはや単なる疑似科学

  10. 女性専用車両ってあるけど、あれ小さな子供にうまく説明出来ないんだよね。
    事実や可能性で現実を歪めると、社会はどんどん歪になると思う。
    レイシストが増えてるのは社会がそうさせていると思う。
    変質者や痴漢は明らかに昔の方が多かったはず。
    社会は今後ますます分断されていくんだろうね。
    そうなったとき日本は外国人労働者をどう受け入れていくのだろう・・・。
    そもそも受け入れますといっても来てくれない可能性のほうが高い気がするが。

  11. >あらゆる犯罪統計で幼児への虐待は義父と連れ子のあいだで起こりやすく、両親ともに実親だった場合に比べ、虐待数で10倍程度、幼い子どもが殺される危険性は数百倍とされています。逆に、実の子どもが虐待死する事件はきわめて稀です。

    私はこの15年ほどの間、予備校で公務員試験の対策授業を行い、都内の大学で1年生向けに社会科学の入門の授業をしていますが、そこで接している受講生のうち、複数の人から、上の記述について「普段自分たちが授業で学んでいる内容とずいぶん違う」という質問を受けました。
    私も普段の授業で、「日本での子どもへの虐待の(認知)件数で断然多いのは、実の親から」と教えておりましたが、こちらの教授内容が誤っているかとも思い、あらためて厚生労働省の資料:「子ども虐待による死亡事例等の検証結果等について 社会保障審議会児童部会児童虐待等要保護事例の検証に関する専門委員会第13次報告(平成29年8月)」
    https://www.mhlw.go.jp/file/06-Seisakujouhou-11900000-Koyoukintoujidoukateikyoku/0000177954.pdf
    を見てみましたところ、
    22ページの「表2-3-11-1:主たる加害者(心中以外の虐待死)」
    で、(少なくとも日本では)やはり「実母や実父が加害者」の占める構成割合がきわめて高く、養父や養母、あるいは継父や継母からの虐待はそれと比較してきわめて少数、「実母と養父」・「実母と交際相手」の組合せでも、かなり低いように見えます。

    あるいは、橘氏はこのようなデータをすでに承知の上で、もっと別の、多角的な見地から議論をされている可能性もあるか(あるいは、こちらのデータ活用の能力や方法に見間違いや問題があるのだろうか)とも思いましたが、高校で政治経済や現代社会を学び、大学や予備校でも社会科学を学んでいる若者がもっている、上記のような疑問にご教示をいただければありがたく存じます。何卒よろしくお願い申し上げます。

  12. 連投恐縮です。
    ツイッター記事を拝見しまして、橘氏が議論の典拠とされた文献では、「実親と義理親それぞれのケースで、子どもの数を同じ数と仮定した場合の虐待数(つまり、それぞれのケースでの子ども全体に占める比率)」の比較をしており、当方が確認した文献では、「発生件数全体に占める、実親と義理親それぞれのケースの比率の比較」としているので、出てくる結果(解釈)は同じではない、ということを理解しました。ただ、現代(すくなくとも、ここ数年間)の日本でも、このカナダの協会の掲げたデータと同じことが言えるのかどうか、確証が持てずにいます。
    橘氏の著作や記事は、当方の授業でもしばしば取りあげさせていただいており、また、それらに興味を持っている学生も多いようですので、お手数をおかけしますがご検討ご教示をいただければ幸いです。

  13. >女性専用車両ってあるけど、あれ小さな子供にうまく説明出来ないんだよね。
    マレーシアに行ったとき、ちょっと鉄道に乗る機会があったのですが、
    そこにも「女性専用車両」というのがありました。
    ttp://nangoku-nikki.jugem.jp/?eid=128

    イスラム教は、ヒジャブなど女性にのみ課せられる戒律がいろいろありますが、

    あれは要するに「女性保護」のためだと理解すれば良いわけで
    「女性差別」が目的ではないのです。

    >高校で政治経済や現代社会を学び、大学や予備校でも社会科学を学んでいる若者がもっている、上記のような疑問にご教示をいただければありがたく存じます。何卒よろしくお願い申し上げます。

    ネタ本(通俗本)を入試や就職試験の教材に使うのは
    ハイリスクでおすすめしません。

    ただし、佐藤優が言っているように

    佐藤優の「人生が深まる読書」は専門書4割、エンタメ本6割!? | ニュース3面鏡 | ダイヤモンド・オンライン
    ttps://diamond.jp/articles/-/195135?page=2

     通俗本と一般にいわれる書籍には大きく分けて2種類あります。一つはファラデーの本のように本物の専門家が書いたもの。もう一つは、それこそ門外漢の人物がよく理解せずに書いたもの。後者の場合、専門知識をもっていないため、何が重要で何が重要でないか、どんな順序で説明すればいいかをまったく把握していないのです。そうした本に引っかからないように気をつけなければなりません。著者を確認して、まずその分野の専門家かどうかを確認することが大事でしょう。

    最近の橘さんの本は後者の場合がほとんどですね。

  14. 調べてみたら、千葉で虐待死したのは実子だった。橘氏は所詮この程度なのだ。(付け焼き刃の知識で、思い付きで書き物をする柳田理科雄氏やアイリス・チャンと同レベルだ)
    まあ、「自殺したければ夜道を歩け」と言われるヨハネスブルグでもない限り13%以上もの人が有罪判決を受けるはずもないことは、常識があればわかるはずだから。

    話は変わるが、遺伝子研究の世界的権威で筑波大学名誉教授の村上和雄氏の著書『幸せになる遺伝子の使い方』を読んでみたが、『言ってはいけない』がどれほどナンセンスかが改めてわかった。
    村上氏は著書で良い遺伝子のスイッチを入れる方法を述べているが、『言ってはいけない』を読んで悪い遺伝子のスイッチが入ってしまった方には治療薬として村上氏の著書をお勧めする。
    橘氏は、筑波大学で村上氏と対談されてはいかがだろうか

  15. このコメ欄で橘玲さん叩きをしている人って、
    橘玲さんのいう、まさに日本語の読めない日本人の部類よね

    こういう言い方すると暴言とか言われちゃうのかな、、、

    実親より義親の方が虐待が多いのは正しいよ。
    まず実親の方が多いよっていう人には、そりゃ数は実親の方が多いよってことを伝えます。だって実親の方が母数圧倒的多数なんだから。義親は実親に比べれば数は少ないですからね。
    要は、割合が多いってことを橘玲さんは書いているだけ。

    でね、実親の方が多い、義親の方が多い、別に数か割合かの違いだから正直そこはどうでもよくて。
    問題は、実親にしろ、義親にしろ、「虐待」が存在する事実。
    明らかな虐待ももちろんよくないけど、わかりづらい毒親問題も、面前DVも虐待の一種だということをちゃんと理解してほしい。多くの人に。
    セックスは男女の合意はあっても、子どもの合意はないからね!
    養子も、引き取る側や施設・政府の管理側の合意はあっても、本当の意味で子どもの合意はないからね!
    結局、子ども(ヒエラルキーの下の方にいる人達)は常に振り回される運命。これがどんだけ残酷なことかを多くの人に理解してほしい。
    じゃあどうすればいいのか。
    教育って言葉でするわけでも手や足を使うわけでもなくて、背中。
    父さんはこうやって生きています、
    母さんはこうやって生きています、
    先生はこうやって生きています、
    日本は歯車的な生き方しかできない一本軸・信念のない人が多いから、かっこわるい大人ばっかりだから、子どもが、若者が、大人になれないんだよいい加減気づけよ
    (これ、ドラマ女王の教室の内藤剛志さんの台詞と、ドラマ家族ゲームの櫻井翔の台詞の合作です)
    若い世代が、日本の枠に嵌る生き方嫌だなあと思っても、別の生き方の例がない。
    手本がないから途方に暮れる。
    日本脱出もバカッターもユーチューバーも、ぜんぶ若い世代が、大人が何にも教えてくれないから自分たちで考えた新しい生き方。

    親って勝手にセックスしてるんですよ。それだけ一人の人間の運命を握っているんですよ。親がかっこわるい大人なら、義務教育で受ける先生がかっこわるい大人なら、小6までで受ける影響は最悪。人格形成上手くいくわけない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

投稿したコメントが表示されない場合は、SPAM判定された可能性があります。詳細はこちらをごらんください。