『人生は攻略できる』発売のお知らせ


ポプラ社から『人生は攻略できる』が発売されます。サブタイトルは「君たちはこれからどう生きるか?」で、高校生から大学生、若いビジネスパーソンに向けて人生設計を語っています。『幸福の資本論』(ダイヤモンド社)の若者版でもあります。

発売日は3月7日(木)で、明日から書店に並び始めます。Amazonでも予約可能で、電子版も同時発売です。

1999年の『ゴミ投資家のための人生設計入門』(『世界にひとつしかない「黄金の人生設計」』として講談社+α文庫に収録)以来、「人生を合理的に設計し、経済的独立=自由を手に入れるにはどうすればいいか?」について述べてきましたが、私自身は、こういう考え方ができるようになったのは30代半ばでした。

人生は(もちろん)ロールプレイングゲームと同じではありませんが、「攻略法」がまったくないわけでもありません。仕事や人間関係、資産運用の基本的なルール(鉄則)を知っていれば、これから出会う人生のさまざまな場面できっと役に立つはずです。

『80’s(エイティーズ)』(太田出版)で書いたように、20代の頃は(本人的には必死でも)その場しのぎのバカなことの繰り返しで、それはそれでいま思えば楽しかったのですが、その後に気づいたことを最初から知っていたらどんな人生になっただろうという興味もありました。

10代や20代の若い読者にこの本を読んでいただければ、10年もするとその結果がわかるのではと楽しみにしています。たぶんうまくいくはずですが、人生の結末までは保証できません(悪しからず)。

 

コメントを閉じる

1件のコメント

  1. 「人生の攻略法」って言っても

    結局のところ
    資産ストックによるキャピタルと、自分の能力によるインカムで

    カネができるかできないか?
    でしょ。

    インカムでもキャピタルでも、スタート地点で一流の人と、
    私のように三流以下だと格差があるわけで、
    橘さんの「攻略法」をきいたところで、

    「ゲームのルール」

    が変わってしまうと意味をなさないですよ。

    人類の歴史において、
    国家や社会体制が変わると、
    以前の「攻略法=勝利の方程式」が
    使えなくなることは何度もありました。

    かつてシナの詩人、杜甫はこう言いましたね。

    「国破れてサンガリア」
    と。

    さらに、かつて橘さんは、
    億万長者になるなんて簡単だ!
    [橘玲の世界投資見聞録]
    http://diamond.jp/articles/-/42557

     日本では、平均的なサラリーマンが生涯に得る収入は3億~4億円と言われている。共働き夫婦の生涯収入を総額6億円として、そのうち15%を貯蓄すれば、それだけで9000万円だ。仮に貯蓄率を10%(6000万円)としても、それを年率3%程度で運用できれば、やはり退職時の資産は1億円を超えているはずだ。

    を書いていますが、

    自分では全く実践せずに、
    バクチ的人生
    大学ドロップアウト→デキ婚→カストリ雑誌編集者→離婚→
    海外投資本で当たる→ノワール小説で大儲け→人生設計を語る(今ココ)

    なのが面白いですな。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

投稿したコメントが表示されない場合は、SPAM判定された可能性があります。詳細はこちらをごらんください。

管理スタッフはコメント欄への投稿をしません。管理人を詐称してのコメント投稿はおやめくださるようお願いいたします。