専門家は「わかったような気にさせてくれる」ことに意義がある 週刊プレイボーイ連載(347)


「おっさんジャパン」「思い出づくり」とさんざん酷評されていたサッカー日本代表ですが、ワールドカップ・ロシア大会のベスト16で強豪ベルギーをあと一歩のところまで追いつめる善戦を見せ、日本じゅうを沸かせました。大会前に「1勝すらできない」と断言していたサッカー評論家は、慌てて「手のひら返し」に走っています。なぜ彼らは間違えたのでしょうか?

じつはその理由はすでに明らかになっていて、予想を外したサッカー評論家を責めてもしかたありません。なぜなら、あらゆる分野において専門家の予想は当てにならないからです。

この不都合な事実は、株式投資の予測において繰り返し検証されています。どの銘柄が値上がりするかの専門家の予測は、壁に貼った銘柄一覧にサルがダーツを投げたのと同じ程度にしか当たらないのです。

しかしこれは、“サル並み”であるだけまだマシです。経済予測の分野では、ほとんどの専門家がリーマンショックのような重大な出来事をまったく予想できません。なぜ“サル以下”になってしまうかというと、「今年は去年と同じで、来年も今年と同じ」と考えるからです。経済には粘性がありますからこの予想はかなりの確率で当たりますが、その代償として景気の転換点を(ほぼ)確実に外してしまうのです。

サッカーのようなスポーツ競技では、「世間の空気を読む」影響もありそうです。

4年前のブラジル大会でザックジャパンは「史上最強」といわれ、ひとびとの期待は大きく高まりました。こんなときに「グループリーグを突破できるわけがない」などといえば、「選手の足を引っ張るのか」と格好のバッシングの対象となるでしょう。

一転して今回は、突然の監督交代と大会前の練習試合の低調なパフォーマンスもあり、「どうせダメ」というネガティブな空気が支配していました。そのなかで「ベスト8も目指せる!」などと強気の予想をすれば、「素人以下」とバカにされるのは目に見えています。あとから「手のひら返し」と批判されようと、みんなと同じことをいっていたほうがはるかに賢いのです。

だとしたら、専門家の意義はどこにあるのでしょうか。それは、素人が漠然と感じていることを言語化する能力です。

高級な赤ワインを飲んでも、素人は「いつものテーブルワインとはちょっとちがう」という感想しか持てません。そこでソムリエが、「エレガントな味わいでミネラル感が強く、かすかにナッツの香りがする」などと説明すると一気に納得感が増します。

ところがベテランのソムリエでも、ボルドーワインと、ラベルを張り替えた新興国ワインを区別できません。それでも、「わかったような気にさせてくれる」ことに価値があるのです。

同様に株式専門家は「なぜこの株が上がるのか」を、サッカー専門家は「なぜ日本代表は弱いのか」を高い納得感で説明できます――それが正しいかどうかは別として。

ちなみに私は、「グループリーグを勝ち抜ける可能性は3割くらいあるのでは」と思ってベスト16のチケットを買い、日本サッカーの歴史に長く語り継がれるであろうベルギー戦をスタジアムで観戦できました。専門家の意見は話半分に聞いておくのがよさそうです。

『週刊プレイボーイ』2018年7月30日発売号 禁・無断転載

ベルギー戦の試合終了後にサポーターに挨拶する日本選手・スタッフ(2018/7/3)
コメントを閉じる

10件のコメント

  1. 三割と見積もった根拠はどういったものだったのでしょう?
    そして、そう思っていたなら、何故、大会前に予想を宣言しなかったのですか?
    また、ポーランド戦で、パス回しをせずに戦った場合、確率はどこまで下がったとお考えですか?
    後、結果として、1人少ない相手に一勝しかできなかったのですから、専門家の予想はさほど外れていないのではありませんか?
    もし、明らかに予想外の事があったとすれば、ポーランド戦で見せた、あの戦法では?
    今までは批判を恐れ、恥ずかしくて出来なった事が出来るようになった、というのが、今大会で一番の収穫なのではないかと。

  2. 暑中お見舞い申し上げます。

    こんなテーマだと、久しぶりにコメントしたくなりますね。

    予想の本質を最近考える機会があって‥ある思想家から学びました。

    それは生きる力の一つ、「パターン発見力」とのこと。
    投資の世界でも‥実証済みの勝ちパターンを一つ見つけるまでがあって‥
    そのあとは同じようなパターンを見つけ応用するだけなんで、至極簡単でした。
    どうも‥その能力だけは他人より突出しているみたいです。

    それじゃぁ、実証済みの経験を盛り込んだノウハウ本でも出そうかと考えた時もありましたが、あまり意義を感じないと言うかモチベーションが湧かないんですね。

    橘さんもたぶん同じ理由で、金融系の著作の優先度を最近は下げておられるのだろうと勝手に推測してますが‥
    未来のある若者を本来行くべき方向からお金を気にする方向へと誘導してしまうことが非常に嫌なのです。

  3. ソムリエのような専門家でなくても、
    コカ・コーラと他社コーラの違いや
    オロナミンCと他社エナジードリンクの違いは
    普通に分かります。

    人間はある種の匂いや香りには大変敏感なのです。

    香港空港では八角の、バンコクスワンナプーム国際空港では
    パクチーの、シンガポール・チャンギ空港ではタイガーバームの、
    ホノルル空港ではファブリーズの匂いがしますよ。

  4. 専門家の存在価値は意外とあって、

    プロレス解説者だった故マサ斉藤は、
    辻よしなりアナの面白さを一番引き出せる人でしたよ。

    辻 「このバックドロップは受身が取れない!!!!」
    マサ「取ってます取ってます」

    tp://www.geocities.co.jp/Athlete-Sparta/6620/bbs-old/951741672.html

  5. 日本の空港は醤油の匂いがするね

    ところが日本にいると分からない

  6. 実は、マックのハンバーガーも日本のものは醤油のにおいがする

    しばらく外国にいてマックを食べていると帰国して気付く

  7. 橘氏の著作は私に金融の本質を分かった気にさせてくれます。
    だからと言ってそれで食えるかと言えばまったくそういうことではありません。
    分かった気にさせてくれるだけでいいんです。

    仕事をしていれば、それら各業界のほとんどの人は、
    その本質を分かった気になっています。というか分かっています。
    門外漢の人がニュース番組などでコメントしていると、違和感感じますよね。
    何言ってんだこいつ・・・。

    でも専門外の人間からしたら、それに気が付かない。
    メディアには時事ニュース全般の「解説者」みたいな人がいる。
    彼らの言うことが、けっこうな割合で民意を操作してたりする。
    あれって実は怖いことなんじゃないかって思ってる・・・。

    ニュースには各業界の専門家が、しかも数人が解説しないと
    本質にはたどり着けないと思ってる。
    そこは一人では駄目で、必ず数人が必要だと思う。
    でもそれだと話が思ったところに納まらなくて、駄目なんだろうなぁ。

    だから、というか誰かのためにも、
    皆を分かった気にさせるプロは、存在し続けるんだろう。

  8. >門外漢の人がニュース番組などでコメントしていると、違和感感じますよね。
    何言ってんだこいつ・・・。

    サンデーモーニングの左傾コメンテーターや張本勲の
    コメントに違和感を感じることもありますが、よく考えてみると

    あれはいわゆるひとつの「左翼芸能」なのであって、
    左翼エンターテイメントとしてみれば
    別に腹は立たないでしょ。

    そのカウンターが「そこまで言って委員会」で
    ちょっと「右より」のコメンテーターが出演する
    「右翼芸能エンターテインメント」なのです。

    そもそも専門家の存在意義は、

    故篠沢教授が奇しくも体現していたように、
    エンタメのためなのです。

  9. 専門家というのは多分にマスコミの道具なのでは。
    常に辛口のセルジオさんや常に株価上昇を唱える北浜先生は特定の意図に沿って紙面づくりするマスコミにとって欠かせない人達でしょう。
    なのでいくら予想を外しても需要があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

投稿したコメントが表示されない場合は、SPAM判定された可能性があります。詳細はこちらをごらんください。