「女人禁制」の伝統は男の既得権を守るため 週刊プレイボーイ連載(333) 


京都府舞鶴市での大相撲春巡業で、挨拶をしていた市長が倒れた際、救命措置を施した女性看護師に対して繰り返し、土俵から下りるよう場内放送されたことが波紋を広げています。放送したのは若手行司で、女人禁制の土俵に女性が上がったのを見て気が動転したのだと説明されていますが、独断ではなく周囲の人間から促されたと考えるのが自然でしょう。

女性が下りたあと、土俵に大量の塩をまいて“清め”ていることからわかるように、神聖な土俵に女性が上がってはならないのは「穢れ」ているからです。これは典型的な性差別ですが、相撲協会はずっと「日本の伝統」だと強弁してきました。

インドを旅行して驚くのは、レストランでもカフェでも、どこの飲食店にも女性の従業員がいないことです。ヒンドゥー教では体内から排泄されたものに触れると浄性が落ちるとされており、糞尿を専門に処理する不可触民と同じく、女性の生理も忌み嫌われています。バラモンなど「浄性が高い」とされる階層は家族以外の女性が触れた食べ物には手をつけないため、女性は飲食店で働くことができないのです。

このような理不尽な文化が定着した理由は、インドが高温多湿で人口の稠密な社会だからでしょう。最大の脅威は伝染病で、「腐ったものや汚れたものに触れると病気になる」という因果関係は早くから知られていたはずです。そのため権力者は「浄性」に極端に神経質になり、不浄なことはすべて身分の低い者にやらせ、彼らとの接触を禁忌(タブー)とするようになったのです。

日本の寺社でも女人禁制のところがありますが、浄と不浄の意識はヒンドゥーのカースト制が仏教を介して伝わったものでしょう。女性が土俵に上がってはならないのは日本の伝統ではなく、もとをただせば「インドの伝統」です。

とはいえ、女性を排除する文化が現在までつづいている理由は伝統だけでは説明できません。インドの飲食店を見ればわかりますが、これは男性にものすごく有利な制度です。なんといっても、人口の半分が飲食業の労働市場に参入できないのですから。あらゆる差別に共通するのは差別する側に利益があることで、だからこそ既得権にしがみつこうと屁理屈をこねるのです。

「日本は先進国の皮をかぶった前近代的な身分社会」だと、これまで繰り返し指摘してきました。日本的雇用は非正規や外国人を会社(イエ)の正メンバーから排除する制度で、これによって「正社員」の身分と利権が守られます。こうした身分差別を当然とする社会で、「女は不浄」という性差別が「伝統」の名の下に温存されてきたことは不思議でもなんでもありません。

カースト制の桎梏に苦しむインドは、男女の社会的な性差を示すジェンダーギャップ指数で108位と低迷しています。農村ではいまだに、家同士が決めた結婚を断った女性が顔に硫酸をかけられる「アシッドアタック」が行なわれているのですから当然でしょうが、じつは日本はそれを下回る114位です(2017年)。

今回の出来事を相撲界の珍事に終わらせるのではなく、私たちは自らの内なる差別と向き合うことを求められているのです。

『週刊プレイボーイ』2018年4月16日発売号 禁・無断転

コメントを閉じる

14件のコメント

  1. >カースト制の桎梏に苦しむインドは、男女の社会的な性差を示すジェンダーギャップ指数で108位と低迷しています。農村ではいまだに、家同士が決めた結婚を断った女性が顔に硫酸をかけられる「アシッドアタック」が行なわれているのですから当然でしょうが、じつは日本はそれを下回る114位です(2017年)。

    インドのカースト制をダシにして、日本の現状を批判するのなら、
    現在のイスラム女性のさまざまな制約
    (女性は運転できない等)
    も批判しないと釣り合いがとれませんよ。

    **********************************************
    サウジ女性、権利向上にはさらなる「いばらの道」

    【4月22日 AFP】イスラム教徒の女性が着用する全身を覆い隠すニカブに身を包んだメルバト・ブクハリ(Mervat Bukhari)さん(43)は、侮辱的な言葉や嘲りにひるむことなく、サウジアラビアの女性として初めて同国のガソリンスタンドで働き始めた。少し前なら考えられないことだ。

     かつては女性のわずかな自由さえ保守派に抑制されていたこの王国では今、近代史上最大の文化的大改革が進められている。ムハンマド・ビン・サルマン(Mohammed bin Salman)皇太子の号令で始まったこの改革には、女性に対して車の運転(今年6月に解禁)やサッカー試合の観戦、伝統的な男女の役割分担という狭い範囲に収まり切らない職業への従事を認めるなどの歴史的な決定が含まれている。

     しかしブクハリさんたちが直面してきた反発は、女性が「目に見える存在になる」ことに慣れていない国で、女性に対するエンパワーメントがいかに社会的な避雷針になり得るかを物語っている。

     昨年10月、4人の子どもの母親であるブクハリさんが同国東部の都市ホバル(Khobar)にあるガソリンスタンドの主任に昇進すると、国内のソーシャルメディアには「サウジ女性はガソリンスタンドで働くな」というハッシュタグ付きの中傷があふれ始めた。

     以前は親会社でもっと下の立場で働いていたブクハリさんは、現在は管理職に就いているのであって、ガソリンスタンドで実際に給油ノズルを扱っているわけではないと反論し、弁解姿勢を取らざるを得ない状況に追い込まれた。

    「私は主任なのです。私がガソリンを給油するわけではありません」。階級意識の強いサウジ男性が見下す仕事の社会的地位を少しでも向上させようと考えているブクハリさんはこう説明し、「女性は今日、どんな職業にも就ける権利を持っているのです」と続けた。

     ムハンマド皇太子が進めるポスト石油時代のための改革計画「ビジョン2030(Vision 2030)」では、労働人口における女性の割合を現在の約22%から約30%に引き上げる目標が掲げられている。

    ttp://www.afpbb.com/articles/-/3171409?pid=20038158&page=1
    **********************************************

    世界にはさまざまに不合理なタブーが各種ありますが、
    むしろそれがあったからこそ、社会運営できてきたという面もあるのです。

    世の中がそうなっているのは、そうであることが妥当だからです。

    ヘーゲル曰く、
    「存在するものはすべて合理的であり、合理的なものはすべて存在する」

  2. 能楽は古い歴史を持ち、日本の芸能の中でもっとも神事色が強いといえますが、実は女人禁制ではありません。少数ですが女性能楽師もおり、国立能楽堂で公演を行っています。また日本能楽会への女性の加入も可能です。

    かつては女人禁制に近い状態でしたが、現在は緩和されたそうです。

    この件に、経済的な視点から説明を加えるならば、以下のことがいえるかもしれません。

    ——————————————————————–
    – かつて能楽師は大名おかかえだった。つまり公務員のようなものだった。江戸時代に、庶民は能楽を「見る」ことすらできなかった(だから、歌舞伎が発達した)

    – しかし明治になって殿様がいなくなり、収入源が途絶えた(この時期は、能楽の存立危機の時代でした)

    – そこで能楽師は一般人に仕舞や謡を教えることを始めた。この教授は、現在も能楽師の重要な収入源となっている。

    – ということは女人禁制は、集客の上で大変なマイナスになる。そんなことをしたら市場の半分をうしなうことになる。
    ——————————————————————–

    ちなみに、能楽協会への女性の加入が認められるようになったのは1948年(昭和23年)からです。

  3. 土俵にあがることが女人禁制ということが男の既得権を守るためならば、

    宝塚音楽学校に男が入学できないのも女の既得権を守るためになります。

    そもそも宝塚歌劇団は、トップ女優が「男役」をやるからこそ価値があるのであって、
    男が男役をするならば凡百の演劇団とかわらなくなります。

    男と女はそもそも非対称な生き物なのです。

    「その垣根をすべて取っ払え」というと、

    橘さんも「田嶋陽子」化してしまったのか?
    と心配になりますよ。

  4. >女性が下りたあと、土俵に大量の塩をまいて“清め”ていることからわかるように、神聖な土俵に女性が上がってはならないのは「穢れ」ているからです。

    もうすでにこの認識が間違っていらっしゃいます。
    土俵に塩が撒かれたのは「女性が上がったから」ではなく「土俵上で怪我人、病人が出たから」です。
    土俵上で怪我人が出た時に塩を撒いて清めるのは、相撲ファンなら誰でも知る慣例です。

    ここの時点が誤っている以上、その後の文章で何を書いてもまったく心に響きませんね。

  5. 日本において女性の立場が低いことに異論はないですが、多分にバイアスがこねくられたジェンダーギャップ指数などというものでドヤ顔されるのは頂けない。
    男女の平等性を測る指数はいくつもあり、国連の外郭団体が算出した指数を用いるのが、真っ当ではないだろうか。

    http://www.gender.go.jp/international/int_syogaikoku/int_shihyo/index.html

    もちろん平等ではないが、ゲリラやや少年兵が闊歩するルワンダなんかがトップテンに入る指数を真顔で持ち出す橘氏の頭は大丈夫なんだろうか。

  6. 世の男性は、不浄と言われている女性の体内から排出され、この世に生まれたのではないか。文化とは不思議なものだ。

  7. 宗教はどれも男尊女卑。
    ほぼ無宗教の日本はかわいいもんだよ。
    生理休暇がなぜか金曜日に多いのは三連休取りたいからだろ、と言ったら女性差別。

  8. 相撲も宝塚やカルト宗教と同じく、私的な営利集団に徹してくれれば、外野は文句言えないですね。ただの文化ビジネスにすれば。

    女人禁制守りたかったら、
    国技とか言わず、国や地方自治体に絡めるのをやめればいいと思います。

  9. 何でもかんでも「既得権益」認定して攻撃対象にするのはやめたほうがよろしいかと存じます。

    正社員(そもそも労働しなければならない身分で既得権益なんてものがあるのか)をやたら攻撃したかとおもったら、ついに「男であること」をも既得権益扱いとは。

    最後は当然「人間であること」も既得権益扱いするのでしょうね。肉体的に獣より脆弱で作業力は機械に劣り、情報処理能力でAIに負ける人間の生存は既得権益に守られ過ぎであるので滅ぶべし…
    …そこまでつきぬけた主張なら私は支持しますよ。

  10. 先日亡くなられた西部邁さんが、「伝統や慣習というのは、そこに生きる人間が、円滑に暮らしていくために生み出した先人たちの知恵だ」みたいなことを述べられていたことを思い出した。橘氏が「男女差別は、男を既得権益化させている」と言われることに対し、自分なりに葛藤したが、上に述べられている方々にも大いに納得させられる部分があった。氏自身、上記の方々に対し、どう自説を展開されるのか興味があるところである。  

  11. 女人禁制をカースト制度にこじつけるのは少々無理がありませんか? それに女性が土俵に上がれないのことを差別と主張しているのは、無責任なメディアとアンチ相撲協会と頭の悪そうな政治家くらいじゃないでしょうか。

    女性が汚れているという説は間違いです。女性が上がれない明確な理由は誰にも分かりません。相撲協会も良識ある識者も分からないのが現状です。本当に分からないのよ。今の時代、誰も差別とか汚れたとかそんな意識で相撲を見ていません。

    今回の相変わらず他人事できれいごとを並べる橘氏と同様、まるで世の男性が保守的で時には変態であるという前提でフェミニズムを語る女性弁護士など、メディアの偏ったまやかしの正義にはうんざりです。

  12. >氏自身、上記の方々に対し、どう自説を展開されるのか興味があるところである。 

    だから、橘さんは、「専業主婦は…」で新たに得た女性読者のために
    女性よりの言説を論じることによってアフターフォローをしているのです。

    つまり、新規女性読者のために商売上の必要からなのです。

    もちろん商売を否定しているわけではないですよ。

    「そこまで言って委員会」などに、なぜ叩かれるとわかっていながら
    「田嶋陽子」が出演し続けているかわかりますか?

    「そこまで言って委員会」にとって、「田嶋陽子」は
    カウンターとして必要で、だからこそ議論がすすむのです。

    橘さんも「男:田嶋陽子」としてがんばってほしいものです。

  13. 尖沙咀さん、お返事ありがとうございます。私自身は戦後生まれながら、戦前生まれの両親や叔父・叔母に囲まれて育った私は、「自由の大切さ」を重々認識しながらも、日本の伝統や慣習、日本人が築き上げてきた日本的な価値観(誠実・勤勉・謙虚など)がだんだん崩れてきているのではないかという寂寥感みたいなものをずっと抱き、葛藤してきたような気がします。貴公が「宝塚歌劇団」のことに触れておられるが、私も「女禁制」「男禁制」の世界があってもいいのではないかと思います。それと、よく「日本に女性の政治家が少ないのは、女性差別があるから」と言われますが、一方で、先日の冬季オリンピックの出場選手は、男性より女性の方が多かったと聞きましたし、ひと昔のなでしこジャパンはワールドカップでなんと世界一になっています。日本がもし「男尊女子」の国であれば、このようなことがおこるのかなと思います。単に女性は賢いので、マスコミや世論から常に監視され、尊敬されることもなく、称賛されることもなく、逆に非難の対象にされがちな政治家なんてなりたくない(私もまっぴらごめんですが)というだけなのではないでしょうか・・・と話はそれましたが、私見を述べてみました。

  14. >日本に女性の政治家が少ないのは、女性差別があるから

    どんな分野にも、向き不向きというのがあります。
    たとえば、IT分野では、女性の有名人というのはまず聞きませんよね。

    すこし考えてみれば、編み物を編んでいくように、
    慎重かつ確実にコードを書いていくという作業は
    女性にこそ適しているような気もしますが、
    女性プログラマで有名な方というのはまず聞きません。

    IT関係の有名人
    (実際にコードを書いてきた人で、
    スティーブ・ジョブズのような広告塔は別)
    は昔も今も、日本でも海外でもまず男性です。

    オリンピックや各種スポーツで日本女性選手が活躍しているのは
    他国の女性が宗教上の理由から抑圧されているからという見方もあるのです。

    イスラム女性の水泳選手って考えられないでしょ???

    なのになぜ橘さんは

    「日本の」女性差別問題を
    ことさらにとりあげるのか?

    その答えは、

    「日本の」女性読者こそ、
    自分の本を売りつけることのできる

    「未開拓の肥沃な市場」
    であることに気づいたからです。

    どんな「商品」でも、売りつける先がないと成立しません。
    本や言説ですらそうです。

    このことは自分も反省しないといけないのですが、
    株式のポートフォリオを組む場合ですら、
    自分が男であることに影響を受けるので、

    たとえば「化粧品関連」といった銘柄に
    関心があまりなかったのですが、

    ここ5年で見る限り、
    インバウンド消費の影響もあって、
    日経平均をはるかに上回るパフォーマンスを
    出している銘柄が多いですよ。

    化粧関連株(銘柄)
    ttp://www.rizumu.net/kanren/5/%E5%8C%96%E7%B2%A7/

    化粧品関連株で5年で5倍になった銘柄はざらにあります。
    ttps://kabutan.jp/news/marketnews/?b=n201710240574

    何が言いたいかというと、
    ITや株といった男性が中心となりやすい分野だからこそ、

    化粧品関連といった
    「女性が関心を持つ分野」が盲点になりやすく、
    そこに気づいたら大きな利益を得られることもある。

    ということです。

    橘さんからは、
    自分の本を売るためだけに
    「女性差別」問題をとりあげるのではなく、

    「女性の視点を取り入れる」
    ことによって
    一儲けできることもあるよ!!!

    という話が聞きたいですな。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

投稿したコメントが表示されない場合は、SPAM判定された可能性があります。詳細はこちらをごらんください。