文庫版『国家破産はこわくない』まえがき


文庫版『国家破産はこわくない』のまえがきを、出版社の許可を得て掲載します。

******************************************************************************************

本書は2013年3月に発売された『日本の国家破産に備える資産防衛マニュアル』(ダイヤモンド社)を文庫化したものです。

親本の発売当時はギリシアが国家破産寸前に追い込まれ、地中海の島国キプロスはそのギリシアに多額の融資をしていたことで財政破綻し、実質的な「金融封鎖」に追い込まれました。島内の銀行は2週間にわたって閉鎖され、顧客は預金を引き出すことができなくなり、EUによる支援の条件として10万ユーロ超の預金に9.9%、それ以下の金額に6.7%が課税されることが発表されて大騒動になりました(その後、修正のうえ大口預金者のみが負担)。

その一方日本では、アベノミクスによる大規模な金融緩和がはじまっており、「このままではギリシアやキプロスと同じことになるのではないか」との不安が広がっていました。そのため「資産防衛」を前面に出したタイトルにしたのですが、文庫化にあたって、当初予定していた『国家破産はこわくない』に戻すことにしました。お読みになっていただければわかるように、本書は「国家破産」をいたずらに煽るものではなく、私の主張は「個人の努力ではどうしようもない戦争や内乱とちがって、経済的混乱は適切な対応によって乗り越えられる」ということだからです。

一般的に資産運用関係の書籍は、株式や為替市場の変化によって文庫化に適さないのですが、本書は親本の記述をほぼそのまま踏襲しています。これは私に先見の明があるということではなく(そうだったらよかったのですが)、本書が前提としている経済条件がほとんど変わっていないからです。

この本では、近未来に起きることを次の3つのシナリオで検討しています。

(1)楽観シナリオ アベノミクスが成功して高度経済成長がふたたびはじまる
(2)悲観シナリオ 金融緩和は効果がなく、デフレ不況がこれからもつづく
(3)破滅シナリオ 国債価格の暴落(金利の急騰)と高インフレで財政は破綻し、大規模な金融危機が起きて日本経済は大混乱に陥る

日銀の黒田東彦総裁は「2年で2%の物価上昇」をコミットメントし、大規模な金融緩和に乗り出しましたが、5年ちかくたった現在(2017年12月)でも物価が上昇する兆しはなく、リフレ派が強硬に主張していた金融緩和政策ではインフレを起こすことができないことが事実によって証明されました。

コミットメントとは「結果がともなわなければ責任をとる」ことで、リフレ派の経済学者は白川方明日銀前総裁を「デフレ脱却にコミットしない」と罵倒していましたが、黒田総裁はもちろん「リフレ派の首領」と呼ばれて副総裁に就任した経済学者も、自身のコミットメントが達成できなくても責任をとる気配は毛頭なく、任期をまっとうするつもりのようです。近年の心理学は、「高い知能は現実を客観的に認識して正しい判断をするのに役立つのではなく、そのもっとも重要な機能は自己正当化である」ことを明らかにしましたが、これはそのことがとてもよくわかるケースでしょう。

その一方で、幸いなことに、一部の経済学者や財政学者が警告していたような国債の暴落や財政破綻も起きていません。そればかりか少子高齢化による人手不足もあって、失業率は2.8%とほぼ完全雇用の状態で、求人倍率は1.52倍でバブル最盛期を上回り、大学生の就職内定率も9月時点で9割を超えています。その結果、内閣府の調査(2017年8月)では、現在の生活に「満足」とこたえたひとが73.9%と過去最高になりました。

アベノミクスの5年後の評価は、「金融緩和は効果なかったものの、それなりの成果はあった」ということになるでしょう。

そうはいっても、このまま将来もずっと安泰とはとうていいえません。

リフレ派が妄想していたような「日本経済大復活」は難しそうで、1000兆円を超える日本国の借金は増えつづけています。超高齢社会で社会保障費が膨れ上がっていくにもかかわらず消費税増税は先延ばしされ、増税してもその財源は借金返済に使わないというのですから、今後も日本国債への高い信頼が維持できると考える(まともな)経済学者はほとんどいないでしょう。

それに加えて、「金融緩和に効果がないなら政府債務をさらに拡大して無理矢理インフレにしろ」という、マッドサイエンティストのような主張をする学者も出てきました。私たちはいまだに、いつ日本国の財政が行き詰まり、国債が暴落し急速な円安が進むかわからない崖っぷちの狭い道をおそるおそる歩んでいるのです。

そんな不確実な未来に不安を感じているひとにとって、本書の提案はいまも役に立つはずです。

2017年12月   橘玲

コメントを閉じる

5件のコメント

  1. 2017年9月末国債保有者構成

    日銀   445兆円 40.9%
    民間銀行 183兆円 16.8%
    保険年金 235兆円 21.6%
    公的年金  46兆円  4.3%
    家計    12兆円  1.1%
    海外   120兆円 11.0%
    その他   46兆円  4.2%

    さて、この内誰が国債を売り叩くんでしょうか。

    日銀が国債を暴落させるなんてアホな事はしません。
    銀行、保険、年金にとって国債は金利を稼ぐ飯の種です。
    海外の保有者が一斉に全部売り払ったとしても120兆円です。
    日銀が全部買い取れます。それで終わりですね。

    しかもその海外勢が全部売ったとしても海外勢の手元に残るのは
    「日本円」です。
    その日本円をどうするのでしょうか。
    米ドルに替える?しかしその米ドルを売った銀行は日本円を現金のまま
    おいておくなんてしません。銀行にとって現金は負債です。
    結局米ドルを売った銀行は国債を買わざるを得ません。

    それで急激な円安になる?
    USD/JPYが200円以上になれば、日本企業は今の半値で海外で売っても
    儲けが出ますね。今まで蓄積した米ドル資産を日本円に替える動きも出るでしょう。
    その前にトランプに円安をなんとかしろって怒られますか(笑)

    ということで国債の暴落というのはまず可能性は低いですが、
    あったとしてもすぐに元に戻るでしょう。

  2. mikuraさんの書いてることは素晴らしいですね。
    日銀が保有してる国債は借金から消しても良いぐらいですしね。

    あと日本の借金の計算は他の国じゃやらない全ての借金を計算してるから高いだけで
    あって、他の国(アメリカやドイツなど)は中央政府の債務だけ国の借金と行ってるん
    ですけどね。

  3. >日銀が保有してる国債は借金から消しても良いぐらいですしね。

    ただし、政府が国債を発行し、日銀がそれを引き受けることは

    「究極の錬金術」

    に他ならないわけで、
    これがいつまでも続くとは考えないほうが良いのではと思います。

    ビットコインに象徴される仮想通貨に
    本質的な価値はどこにも実在しません。

    (こういえば、ドルや円の本質的な価値はどこにある?と訊かれるでしょうが、

    ドルの価値を担保するのは、米軍の軍事力で、
    円の価値はそれにフォーク(分岐)しているだけなのです。)

    昨今は、「存在」を自足的な実体を中心に捉えるのではなく、
    関係性こそが第一義的で実体はいわば結節点にすぎない
    という、構造主義的な考え方が主流ですが、

    仮にそうであれ、
    殴られれば痛いし、(安全保障の必要性)
    腹は減るのです。 (経済的独立こそ究極の目標)

    ジャン=ポール・サルトル曰く、
    実存は本質に先立つ
    l’existence précède l’essence
    のです。

  4. 日銀が国債最大保有者だから暴落しないと言う理屈は面白いですね。
    ええ、国債は暴落しないでしょうが、円は暴落するかもしれませんよ。

    日銀が昨今の異次元の金融緩和で国債を買い集めているのであって、それは個々数年です。国内の金融機関から買い集めました。だが、いまそれが問題になりつつあります。

    景気が回復したら、国債の4割を保有する国内金融機関は、国債からよりリスクのある資産に投資対象を振り向けるでしょう。長期金利は上がり、国債価格は下落するでしょうね。そのときに、日銀の保有する国債評価格が下落し、債務超過になる可能性が高いです。

    はたして、裏付けのない紙幣をみんなは保有するのでしょうか?現金から外貨、有価証券にシフトが加速し、円は急激に価値を失うのでは?

    円安になるから輸出企業にとっては追い風だという声も聞きますね。それはあくまで帳簿上であって、マツダを除く自動車メーカーは現地での生産比率が7から8割に達しています。円安になったから競争力が増すなんてことは昔話なんです。

  5. 負債と、我らの国有財産をバランスさせればいい、と元財務官僚は言う。

    海外に持って行けない不動産はREIT化しろ、税制は資産税と付加価値税の
    二本建てで万事を解決と自由人は言ってる。

    だけども、広まらないのは、最大多数の最大幸福の論理かも、、、

    つまりは、名目の火の車の財政のほうが関係全員にとって都合がよい

    なにやら、過去の賠償責任を蒸し返す人もでてくる

    あらゆるステークホルダーからコヅチ振ってくれとの要求が来るもの

    いまアベは、偉大な祖先王のように身近なファミリーを切れない弱み

    そういう時に、かよわき女は、いったい誰に直接陳情すべきか?

    まよわず助言している

    女房役のスガに頼れと。。 添え言葉は、、 二文字だけ。 慈悲

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

投稿したコメントが表示されない場合は、SPAM判定された可能性があります。詳細はこちらをごらんください。