“フィリピンのダーティーハリー”は「民主主義」の練習問題 週刊プレイボーイ連載(259)


ラオスで開かれたASEAN首脳会議でフィリピンのドゥテルテ大統領が、オバマ大統領への「暴言」を理由に首脳会談を中止される異例の事態が起きました。報道によれば、「フィリピンのダーティハリー」とも称される大統領は、「(オバマ氏は)我々に敬意を払うべきだ」と記者団に述べたあと、タガログ語で「クソ野郎」と罵ったとされています。英訳では“son of a bitch(売春婦の息子)”とされていますからたしかに尋常ではありません。その後、ドゥテルテ氏は「後悔」を表明しますが、これではオバマ大統領としても会談の場に出るわけにはいかなかったのでしょう。

事件の背景には、ドゥテルテ大統領就任以来の国家警察による大規模な麻薬密売人の殺害があります。これまでフィリピンでは警官の発砲に厳しいルールが課せられていましたが、「容疑者が抵抗したら迷わず発砲する」との方針が出されたことで、すでに1000人以上が射殺されたといいます。国連人権高等弁務官が「超法規的な処刑」を非難したことで国連脱退を示唆する騒ぎも起こしており、今回も「フィリピンは主権国家でもう植民地ではない」と反論したあとに、興奮のあまり暴言が飛び出したようです。

これは、「遅れたアジアの無思慮な指導者がアメリカに懲らしめられた」という話でしょうか。

ドゥテルテ氏はダバオ市長時代に、「殺人都市」と呼ばれた街の治安を同様の荒療治で劇的に改善させ、その実績を引っさげて大統領選に挑み大勝しました。選挙中から「自分が大統領になったらマニラ湾が死体で埋まるだろう」と明言していましたから、大統領就任後はその「公約」を実行に移しただけです。フィリピンの選挙は新興国のなかではきわめて民主的に行なわれており、「主権者」である国民が大統領に「超法規的な処刑」の権限を与えたともいえます。

その証拠に、7月21日の世論調査ではドゥテルテ大統領の信認率は91%と歴代最高を記録し、「信認しない」はわずか0.2%で、(麻薬組織を除く)国民全員がその強権を支持しているようです。フィリピンの麻薬問題は深刻で「人権より治安が優先する」と国民が考えているのだとしたら、「独裁者が市民の人権を蹂躙している」と一概にいうことはできません。

近代の主権国家システムでは、「国家が民主的な手続きを経て決めたことは、他国の利益を犯さないかぎり尊重する」のが大原則です。どれだけ麻薬密売人が殺されようと外国はなんの迷惑も被らないのですから、「内政不干渉」の範囲内ともいえます。しかしその一方で、国家が民主的に奴隷制を導入したとしても、国際社会はこれを容認できません。近代社会には主権を超えた普遍的なルールがあるからで、基本的人権もそのひとつです。

じつはこれは、「民主主義」のとてもいい練習問題です。人権が普遍的な価値であるとしても、主権者である国民の意思よりも麻薬密売人の人権が尊重されるべきでしょうか。国連やアメリカは非難するだけで、フィリピンの治安改善のためになにひとつするわけではないというのに……。

この練習問題は、18歳ではじめて選挙権を持った若者にも、国会前で「民主主義を守れ」と叫んでいたひとたちにも、ぜひ考えてみてほしいと思います。

『週刊プレイボーイ』2016年9月26日発売号
禁・無断転載

コメントを閉じる

27件のコメント

  1. フィリピンとかマニラというと、私の世代では、

    ベニグノ・アキノ氏がマニラ国際空港で暗殺されたり、
    マルコス大統領とイメルダ夫人の豪奢な生活ぶりとか
    その後大統領になったコラソン・アキノ大統領とか
    ベニグノ・アキノ3世(暗殺未遂事件)のことを思い出します。

    このような治安の地域ですから、麻薬密売人が射殺されようが、
    日本のヤクザやヒットマンの潜伏先だろうが、別に違和感は
    ないですよね。

    とはいえ、巻き込まれるのは御免ですから、東南アジア方面の
    セブ島だけでなく、ボラカイ島やパラワン島などリゾートとしての
    渡航先としては、ちょっと躊躇してしまうのが惜しい
    ところです。

    セブパシフィックエアなどが格安券などをよくだしているのですが。

  2. 近代社会の民主主義とは多数決のことではないからです。(単なる多数決、民意で決めたら絶対、というものは「多数決民主主義」であり決して「民主主義ではない。)
    多数決でも侵せない価値があるのが近代民主主義の前提です(自由とか人権とか)。多数派の暴走が数多の悲劇をもたらした歴史の反省です。直接民主主義が歓迎されないのもそういうわけです。

    概ね橘先生の解説はわかりやすい…と思ってたので練習問題に解答例を。
    >主権者である国民の意思よりも麻薬密売人の人権が尊重されるべきで
    そうです。手続きを守るとはそういうことです。それに主権者という単語に意味はありません。

    >国連やアメリカは非難するだけで、フィリピンの治安改善のためになにひとつするわけではないというのに……。
    そりゃ治安維持はその国の義務ですから。介入したら主権問題です。政治努力で解決しようとせず、暴力で、手続き無視で人間(アメリカ人含めた)が処刑されることを非難するのは当然でしょう。

    巨大な民意の前にはいかなる価値もゴミかクズ、価値観は多数決で決まる…
    この思考過程を含んだリバタリアニズムが世の中を席巻すると、ほぼ最悪に近い社会の誕生ですね。胡散臭いリベラルのほうがまだナンボかマシってなもんです。

  3. 安全な場所に身をおいて「人権がー」って言うのは心地よいし簡単だもんね。
    自分の家族や子供たちが今まさにその渦中にいるなら、ドゥテルテ大統領を支持したくなるのも無理はない。いつかわからない未来に国が良くなるよりも、今の自分たちを救ってくれってのが人ってもんですわ。

  4. だから、ドラッグ解禁論者である橘さんが、

    「麻薬密売人の銃殺と人権」を云々することの

    オカしさをこそ問題にするべきです。

    麻薬密売人は銃殺されるかもしれないリスクを背負って
    商売しているのだから、大統領もそれに見合う政策を
    取るべきですな。

    市内で銃撃戦が頻繁に起こるようだと、大統領としては、
    外国からの観光客が減るかも知れないというリスクも
    考えるべきです。

    結局のところ、「最終的には損得勘定」というのが結論ですよ。

  5. 「悪人に人権はない」ってえのもファンタジーフィクションで美少女魔道士がいうからOKなのであって、類人猿みたいなおっさんが命令する現実は悪夢そのものですな。

    そもそもリバタリアンが「フィリピンの警察」とか、この世で最も信頼できそうもない公共機関に、なんで殺人許可を与えることをOKするのか、わけがわからないです。

    無許可射殺も冤罪上等逮捕も、とりあえず私が群衆に紛れてマニラの屋台でメシ食ってる時にヤるのはやめてもらいたいもんです。

    群衆に紛れてるのが尖沙咀さんとかだったら……全然構わないです。むしろもっとやれ。

  6. >>群衆に紛れてるのが尖沙咀さんとかだったら……全然構わないです。むしろもっとやれ。

    本音が出てますよ。
    自分と考え方や思想が違う人は死んでもいい、むしろ死んでもらったほうがいい。
    左寄り思想の方に多い本音ですね。だから結局は内ゲバが起きるしなくならない。
    平和と平等を口にしながら本音はぜんぜん平和的でも平等でもなく、なんとも自己矛盾ですね。そんなふうなら、犯罪者が標的のドゥテルテ大統領のほうがナンボかマシってもんじゃないでしょうか。

  7. >本音が出てますよ。
    >自分と考え方や思想が違う人は死んでもいい、むしろ死んでもらったほうがいい。
    >左寄り思想の方に多い本音ですね。だから結局は内ゲバが起きるしなくならない。

    私は左翼ではありませんが、実は似たような考えで、外山恒一にシンパシーをもっています。
    http://ja.uncyclopedia.info/wiki/%E5%A4%96%E5%B1%B1%E6%81%92%E4%B8%80

    リバタリアンとしては、「神の見えざる手」に従って、
    ほたっておいても落ち着くところに落ち着くんだから、
    なるようになりやがれ!ですよ。

    まあ、福岡空港からマニラ便が格安(5000円以下!)で行けるのですが、
    フィリピンに行くのはしばらく延期ですな。

  8. >>私は左翼ではありませんが、実は似たような考えで、外山恒一にシンパシーをもっています。

    私自身は、実は左側の革新的思想を持っていると自分では思ってるんですね。
    ただ、左系の人たちは自己矛盾的なことやきれいごとを本気で、心酔して言うんで嫌いなんです。気持ち悪いんですよ。
    それなら、ドゥテルテ大統領みたいに抵抗する犯罪者は射殺すると正直に言う方がマシだと思うわけです。外山恒一みたいにスクラップアンドスクラップって言うのはぜんぜん良いわけです。

    いま外野の私達がすることは、とりあえず其処に行かないことぐらいでしょうね。

  9. 私の言いたいことはそこじゃないわー。
    私は、私と私の関係者とかが冤罪で射殺されるのがヤだから、類人猿似の大統領がやってる手続き無視のやり方はダメといってるだけで。

    冤罪上等!即射殺!てな人には冤罪負ってもらってもいいじゃない。射殺されても本人の希望通りなんだし。
    ドゥテルテ支持者が冤罪で射殺されても自業自得てなもんです。でもそれってちょっと不合理過ぎるよね。歴史的に不合理で不条理なことは分かってるのにわざわざ再現するのは。
    どの国でもバカやって煮え湯何度も飲まないと反省しないんでしょうか。

    まあ近寄らないことには賛成です。(そんなに安く行けるのは知らなかったです。)

  10. うちからほど近い福岡空港からは、セブパシフィックエアがよくセールをやっています。
    **********************************************
    Cebu Pacific Air(セブパシフィック航空)が本日9月29日から、日本路線セールを行っています。

    対象の路線と価格は、
    東京(成田国際空港)→フィリピン/マニラ(ニノイ・アキノ国際空港) 10,500円
    東京(成田国際空港)→フィリピン/セブ(マクタン・セブ国際空港) 10,500円
    大阪(関西国際空港)→フィリピン/マニラ(ニノイ・アキノ国際空港) 8,500円
    名古屋(中部国際空港)→フィリピン/マニラ(ニノイ・アキノ国際空港) 6,500円
    福岡(福岡空港)→フィリピン/マニラ(ニノイ・アキノ国際空港) 4,900円
    ※片道料金

    販売期間は2016年9月29日〜10月3日まで、
    搭乗期間が2017年2月1日〜3月31日、2017年6月1日〜8月31日の航空券が対象です。

    来年の春と夏の航空券が対象です。
    価格には燃油サーチャージや空港税などが含まれています。
    http://lcctrip.blog.fc2.com/blog-category-457.html

    なので、フィリピンに行ってみようかと考えたりしたのですが、こういう状況なので、
    フィリピン行きはちょっと・・・ですな。

    マニラを足場、すなわち経由地として使用して、コタキナバルやバリ島へ行くほうが無難かも。
    ただし、マニラ以遠の航空券が安く買えるかどうかが問題です。
    **********************************************
    この例をあげるまでもなく、「神の見えざる手」というのは
    強力で、それによって観光産業などへの影響が出てくれば、
    大統領もそれに応じて政策を転換せざるをえなくなるのですよ。

    やはり「レッセ・フェール=なるようになりやがれ!」こそが第一ですな。

  11. >>10

    そこじゃないのは分かってますが、
    言葉の端に本音が出てると言ったのですよ。

    私もドゥテルテ大統領の手続き無視の(といっても抵抗しなければ逮捕なわけですが表向きは)
    やり方には基本的に賛成しないのですが、例えば社会が混乱しているときに、人権がーとか、法律がーとかそういった人為的な決め事を妄信してると、自分や自分の大切な人たちが被害にあう可能性が当然高まるのです。簡単に言うと程度問題なんですよ。フィリピンがどの程度に現在あるかは、現にそこで生活している人々が判断することですね。ドゥテルテ支持の人たちが、射殺されても本人の希望通り、なわけはないですが、支持率に彼らがどちらが「ベター」と考えているかが現れてますね。

  12. >この練習問題は、18歳ではじめて選挙権を持った若者にも、国会前で「民主主義を守れ」と叫んでいたひとたちにも、ぜひ考えてみてほしいと思います。

    結論としては、「民主主義」が「独裁者」を生み出してきた歴史があり、その歴史はいまも繰り返されている。

    というだけの話ですな。
    ヒトラー支持者でも、ドゥテルテ支持者でも、トランプ支持者も同じですよ。
    国内でもハシシタやイシハラシンタロウもそうでした。

    誤解を恐れずに言えば、日本がナチス・ドイツのようにならなかった理由は
    やはり「天皇=皇室」の存在が大きいのでは?と考えています。
    つまり、「民主主義」で選ばれた大統領というのは「独裁制」に変貌しやすいため、
    それを緩衝する機構としての「皇室」の存在意義があるということです。
    現在でも王室を持つ国はいくつもあり、その意義について問い直さわなければならないのです。

    「それなら自分はどうしたら良いか?」
    ですが、イザヤ・ベンダサン=山本七平じゃないですけど、
    ある意味「ユダヤ人」的な生き方もあるのでは?
    と考えています。

    つまり、自分にとって状況が悪くなったら、さっさと国外でも逃げ出せるように
    身の回りやフットワークを軽くしておくという方法です。

    この意味において、「不動産などの固定資産に投資するのではなく、
    自分のアタマの中にこそ投資するべき!」という橘さんの御託宣が生きてきます。

    ユダヤ系フランス人であるのピーター・フランクルは、ハンガリー出身の数学者・大道芸人ですが、
    父親がユダヤ人として迫害を受け、全財産を没収されるなどの経験をしたため、彼の父親はピーターに「人間の財産は頭と心の中にあるものだけ」と常に語り聞かせた。こうした父親の影響からか、ピーター自身も「(今の)日本人は若いときにアルバイトや部活に時間を割きすぎ。もっと勉強して自分に価値をつけるべき。その方が将来もっといい条件で働けて、得られるものも多くなる」といった意見を、彼の著書(ピーター流外国語習得術)にて記載している。
    と言っています。
    https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%94%E3%83%BC%E3%82%BF%E3%83%BC%E3%83%BB%E3%83%95%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%82%AF%E3%83%AB

  13. 麻薬を合法化すれば、地下組織は壊滅すると主張してきたリバタリアンとは思えない発言ですね。
    あと、大統領の強権を危惧している人は、別に売人の人権を守るためではなく、権力が暴走して
    大統領に批判的な人間に向かう可能性があるからです。
    中国やソ連みたいな独差国家による粛清は、犯罪組織による殺人をはるかに超える死体の山を発生させてきたんですけどね。
    ドゥテルテ大統領が毛沢東にならないことを、祈ります。

  14. おいら、どんな政府に生まれたとしても、
    気に食わないなら他の国に移れる権利だけ
    保証してくれればフィリピンもOKっす!!

  15. 私が学生時代、左翼集団で学んだのは、自分が生き残りたければ迫ってくる相手を落とすこと。
    つまり、まずいと思ったら相手を“右だ!”と言えばいいのです。
    さらに自分の左に立ちそうな人が居れば、その間の壁に身体を押し込んで相手を“右だ!”と言えばいいのです。片方に毛沢東という壁がある以上、間に入りそうな人の左に立てばいい。

    自分の判断で“あいつは売人だ!”という結論が出れば処分して良い。別に売人じゃなくても田舎で急にお金の周りが良くなった人は売人の可能性があるという判断もありかもしれません。あくまでも“判断するのは自分”です。命を奪うというのは神に近づく瞬間です。そりゃ愉快でしょう。

    今のフィリピンのやり方も一種の究極の民主主義かもしれません。民主主義を究極的に分解すれば当然個人判断に行きつきますから。

    私は否定しませんし、今後どのような流れになっていくか大変興味を持っています。現代版リアルでボリシェビキとメンシェビキの対立が外野席で見れているのですから。
    ただ、片方が肥大すると歴史が結果を証明しています。中毒や依存症になります。

  16. 所でセブ島紹介された方 有難う
    ハワイが高いのでセブにでも行こうかな

    さすがにホテルのダイニングが吹っ飛ばされることはないでしょう

    数年後は分かりませんが

  17. >さすがにホテルのダイニングが吹っ飛ばされることはないでしょう

    >数年後は分かりませんが

    東南アジアのリゾートによく行くのですが、北欧やロシアの白人をよく見かけます。
    なぜロシアや北欧からわざわざ東南アジアまでやってくるかというと、
    ヨーロッパロシアや北欧から比較的近い地中海のリゾートではなく、
    東南アジアのほうが圧倒的に安くてコスパが良いからです(飛行機代が倍以上かかっても)。

    特に「食」については、ハワイやアメリカ、ヨーロッパとは比較になりません。
    もちろんこれは「華僑」の影響があります。

    セブだけじゃなく、他のアジアリゾートでもエアアジアXを使えば、
    羽田からでも片道1万円そこらで行けます。
    http://www.airasia.com/jp/ja/home.page

    イスラム教のテロが心配ですが、逆にイスラム教徒のいる場所の方が
    テロに巻き込まれるリスクが小さかったりしますよ。

  18. 三連休の真ん中に不愉快なことを
    言わせてください。

    日本ローカルやけど。

    もし阿蘇山がイタリアのベスビオ
    火山のような火砕流を産むのなら
    非常にやばいとのこと

    二千年近く前の話。大地震の半年
    あとに、ポンペイの都市を襲った。

    おおハズレの可能性を信じたいが、
    万一を考え特に人生まだ前半の人
    だけでも半年だけ九州から離れて
    ほしいと願う

    あるシミュレーションによれば、
    たった十数分で火砕流は九州を
    覆い尽くすって。

    日本でも数千年前に九州南の海で
    起きたらしい。

  19. 非暴力と言えば、ガンジーによるインド独立運動が有名ですが、「いさどんの七夜物語-第七夜「太陽の導き」」の中にそのガンジーについての言葉があり、とても印象に残りました。以下、その言葉を紹介します。

    ☆彡 ☆彡 ☆彡

    そして、ガンジー。平和を訴え、非暴力・不服従をうたいました。その時の映像をよく観てみると、暴力をふるうイギリス兵に対して、非暴力を掲げて果敢に挑戦する、非暴力の暴力をふるっている人たちがいるのです。

    それを非暴力と言うのでしょうか。その結果どうなったかと言うと、最後には非暴力が「勝った」と言うのです。暴力がないところに、勝ったも負けたもないはずです。そこでは、ただ銃を使わなかったとか相手を殴らなかったというだけで、精神はイギリス兵と同じなのです。

  20. > 主権者である国民の意思よりも麻薬密売人の人権が尊重されるべきでしょうか。

    その国の統治システム次第ではないですか?立憲制なら憲法に「人権を尊重する」と書いてあるかどうか。というわけで答えはNo。必要な手続き(改憲など)を踏めば民意によって人権の価値そのものをリセットできますから。

    > 近代社会には主権を超えた普遍的なルールがあるからで、基本的人権もそのひとつです。

    なので、この普遍的なルールに準拠しない超近代社会が誕生しても何もおかしなことはありません。

    上の論屋さんのコメントに

    > 多数決でも侵せない価値があるのが近代民主主義の前提です(自由とか人権とか)。多数派の暴走が数多の悲劇をもたらした歴史の反省です。直接民主主義が歓迎されないのもそういうわけです。

    というのがありますが、その反省の「一次的な答え」が基本的人権や自由の尊重というだけで、別のソリューションが出てくる可能性は大いにあります。
    (SF的なら価値観から意識まで共有するクローンだけで社会をつくるとかね)
    そのオルタナティブな価値観をその社会のルールとして採用するために必要な手続きが「多数決」なら「多数決」でも良い、ってだけでしょう。

  21. >その反省の「一次的な答え」が基本的人権や自由の尊重というだけで、別のソリューションが出てくる可能性は大いにあります。

    それはあると思います。人権・自由はいつ如何なる場合も絶対的か?批判を許さない価値か?それ以上の価値はないのか?というとそれは疑問です。

    しかし、近代という文脈で、資本主義や自由主義経済というシステムで生活している以上、人権や自由というフィクションに価値を置かなければ成り立たないのです。(結局、資本主義や自由主義経済もフィクションだし。)

    人権や自由に価値を置かなかった近代体制がどうなったか?は20世紀の歴史を観れば死体の山で代償を払うことが分かるでしょう。

    まだ経済含む社会体制と、人間の意識が、そのソリューションに達する日は遠い……ので、取り敢えずマシな偽りの価値を奉じるしかないんです。

  22. 麻薬についていえば、アメリカが麻薬の大消費地であるためにコロンビアやメキシコの麻薬カルテルが繁栄してきたということに反省はないのでしょうか。

    それからオバマ大統領って8年間も大統領をやりながら、何か実績を残したのでしょうか?
    イラクから早々に逃げ出して力の空白を作りだし、残虐なISISの台頭を許したし、国内では政治不信を増長させてトランプという怪物が大統領候補になるという異常事態を作りだしました。

    北朝鮮問題は解決するどころか、事態は悪化するばかり。(「核のない世界」どころか「「核の戦国時代」が始まる)

    ロシアとの関係だけでなくイスラエルやサウジアラビアとの関係も最悪。

    アジアシフトと言いながら、今度はフィリピンとの関係を悪化させてアジアから撤退するのでは。

    この8年間でアメリカの存在感がなくなりました。リーダーシップのない大統領として記憶されると思います。

  23. 愛子内親王の思いに寄り添い、もし象徴天皇への自発的な意志おありならば、全身全霊で応援します。

  24. 天皇譲位の稿に入れたつもりが間違えました。ごめんなさい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

投稿したコメントが表示されない場合は、SPAM判定された可能性があります。詳細はこちらをごらんください。