誰もが逃れられない「心理的偏向」のリスト


今週は『週刊プレイボーイ』の連載が正月進行で休みなので、代わりにアメリカの心理学者、生物学者デイヴィッド・リヴィングストン・スミスの『うそつきの進化論』から、人類に普遍的(ヒューマン・ユニヴァーサルズ)な心理的偏向のリストを紹介したい。こうした偏向はすべてのひとが(もちろん私も)持っていて、世の中で起きるさまざまな不愉快な出来事の多くを説明するだろう。自戒したい。

  1. 自己奉仕的偏向 成功したことを自分の功績と考えようとし、失敗した場合は外部に原因を求めて非難する傾向。
  2. 自己過大視的偏向 集団で力を合わせて得た結果に対して、自分の貢献度を不相応なほど大きく考える傾向。
  3. 自己中心的傾向 過去の出来事について、自分の果たした役割を過大に評価する傾向。
  4. 総意の誤認 大多数の人が自分と同じ意見や価値観を持っていると信じ込む傾向。
  5. 独自性の思い込み 自分は他人と違う特殊な存在だと思い込む傾向。
  6. 支配力への幻想 自分が外部の出来事に対して及ぼす支配力の強さを過大に評価する傾向。
  7. 結果論的偏向 何かが起きてしまったあとで、その出来事が起きる可能性を実際よりも高かったように考えてしまう傾向。
  8. 独善的偏向 自分がほかの人びとよりも高い道徳的基準を持ち、言行一致を実践していると見なす傾向。
  9. 内集団・外集団の区別による偏向 自分が所属する集団(内集団)のメンバーを自分が所属していない集団(外集団)のメンバーよりも肯定的に見る傾向。外集団のメンバーにはあまり価値を認めず、不運に見舞われるのも本人に責任があるように考え、成功した場合は運がよかっただけと考える。内集団のメンバーよりも外集団のメンバーを型にはめて見てしまう。
  10. 基準値に対する誤認 ある出来事の可能性を推測するとき、対象とする集団の性格やその出来事の一般的な確率をあまり考えない傾向。
  11. 誤った結合 それぞれ独立して起きる二つの出来事を結びつけて考えてしまう傾向。
コメントを閉じる

16件のコメント

  1. だから、こういう傾向が人間にあるから、安易に

    「独立起業」

    を促すこと(「黄金の羽根」とか「貧乏はお金持ち」とかで繰り返し勧められている!)は

    リスクが高いことを再認識するべきなのです。

    企業の歯車であれば、こういった傾向の非常に強い人間でもなんとかやっていける
    (というより、「半沢直樹」で描かれていたように、大企業の偉い人間ほどこういう傾向が強い)
    のですが、独立起業した途端にだれにも相手にされなくなります。

    橘さんには、そういう人間に対する洞察をこそ、本に書いてほしいのですが。

  2. 逆に、この様な傾向、特に1から6が、まったく、もしくは僅かしか無い人の人生は悲惨なものでしょう。
    人が前向きに生きていくにあたって、ある程度必要な要素でもあるのは疑い得ません。

  3. うつ病患者はバイアスなく可能性を評価できる傾向が強いと
    何かで読みました

  4. 私は、特に10、11がダメなようです。私の投資が、なぜ凍死ばかりになって
    しまうのか、その理由がまさにココに書いてあります。いえ、自分でも解っ
    ちぁーいるけどヤメられない。自戒できずに自害しちゃあシャレにならない
    ので、このスミスさんの心理的偏向リストを噛み締めさせてもらいます。

  5. >(というより、「半沢直樹」で描かれていたように、大企業の偉い人間ほどこういう傾向が強い)
    大企業では偉くないイイ年齢の人間の方がこういう傾向では?
    >橘さんには、そういう人間に対する洞察をこそ、本に書いてほしいのですが
    ブログでもいいのでご自身で書いてみては?リプライしますよ

  6. 心理的抵抗はあるが10年、20年して助けられる。
    これがベーシックインカムである。
    苦しいことから逃げればもっと苦しくなるのである。

  7. 人間、間違いを犯すから人間なのです。それで呻吟して、腸を捻りながら生きてゆく。其れで良いのです。間違いなど犯さないなどと狭量に思い上がって、間違いや失敗や、欠陥に気づかぬ事の方がはるかに危険です。この国の多くの企業を滅ぼしているのも、そこに理由があります。

  8. >大企業では偉くないイイ年齢の人間の方がこういう傾向では?

    偉くなった人は、こういう心理的偏向を原動力とし、他の人に承認されたから会社で昇任したわけで、
    偉くなれなかった人はこの心理的偏向を別の方向にねじ曲げて昇華しています。

    たとえば、会社の中では偉くなれなかったけど、組合の幹部になって指揮を振るうとか、
    自分の子供の学歴とかに異常にこだわったりとか。

    まあ、「半沢直樹」はサラリーマンの慰撫物語だから(実際にはあんな人間はいないし、
    いたとしてもすぐに潰されます)、あれだけヒットしたのですが。

    >ブログでもいいのでご自身で書いてみては?リプライしますよ
    かつてはホームページも掲示板も運営していましたけど、お客がほとんど来ないし、
    そのうち運営会社も潰れてしまったのでやめました。

    TwitterもFacebookでもそうですが、自分から発信するより、他の有名人に
    つっかかっていったほうが、第三者からも含めて「レスポンス」がよくなります。
    いわゆる粘着コバンザメ戦略ですね。

    これはLinuxのオープンソース運動にも似て、自分だけでやるよりも
    他の人のプロジェクトに寄りかかったほうが貢献度が評価されたりします。

    まさに「伽藍とバザール」です。
    私は橘さんの運営するバザールに出店する小さな露店みたいなもんです。

  9. >12
    11を書いた瞬間に私がミイラになりました。
    残念ながら、もう意味のある言葉を発することはできません。

  10. スレッドがまさに「アンチ・オイディプス: 資本主義と分裂症」な状況になっていますね。

    (アンチ・オイディプスからちょっと引用)
    *****************************************
    まともなひとたちはいう。逃げてはいけない。それはよくないことだし有効ではない。改革をめざして努力しなければならない、と。しかし、革命家は知っている。逃走は革命的で、引きこもりや気まぐれさえも、テーブルクロスを引っぱって、システムの一端を逃げ出させるのなら革命的である。
    *****************************************

    一つ不思議に思うのですが、ジル・ドゥルーズ/フェリックス・ガタリによって徹底的に
    批判されたフロイトのいうところの「エディプス・コンプレックス」ですが、

    日本のマンガやアニメでは、「巨人の星」から「エヴァンゲリオン」に至るまで、繰り返し描写
    され続け、さらにそれが読者の共感というか支持を受けているのはなぜなのでしょうか???

    ただ単にエディプス・コンプレックスはデタラメとして片づけてしまっていいのでしょうか
    というのが私の疑問です。

  11. 「粘着的コバンザメ戦略」「バザールの露店」尖さんのコメントの意図ってそういうことだったのですか。なるほど。今はやりの行動経済学も11の誤認と同じような理論散りばめられていますね。「脳神経経済学」も面白そうです。セロトニンやドーパミンその他の脳内物質の量で、様々な判断が左右されるというようなコラムを日経で読んだことがあります。血液型占いなど信じていなかったのですが、もしかすると血液型で脳内物質の割合が異なったりしてるのではないかとの仮説も立てられるのかな。例えばB型の人はセロトニンの量がA型よりも多く常にポジティブ行動を取る傾向あり、とか。あとは「失うものの量」によっても人の判断は大きく影響されますよね。ご本人には失礼かもしれませんが、ジェイコム男さんは、定職についておられなかったからこそ、多額のデイトレードでリスクを背負えるのでしょうし、退職金をあてにする大企業サラリーマンは、チマチマした行動(会社組織の論理にあわせざるを得ない)を取らざるを得ないですよね。小椋桂さんの私の履歴書を読んでると小椋さんのようなサラリーマン人生は稀有な例かもしれません。シクラメンのかほりのような「綺麗な」曲だったからこそ、第一勧銀との両立ができたようにも思えます。今でこそ「パンク」や「ヘビメタ」なども世の中で受け入れてくれるようになりましたが、小椋さんが当時セックスピストルズのような活動をしていたなら、おそらく辞表提出に追い込まれていたような時代の空気を感じました。

  12. ジェイコム男(ネットではB・N・F氏が一般的)は、言ってしまえばあまたの投資家の中のブラック・スワンなわけで、その他に有象無象の凍死家がいるのです。

    >小椋桂さんの私の履歴書を読んでると小椋さんのようなサラリーマン人生は稀有な例かもしれません。シクラメンのかほりのような「綺麗な」曲だったからこそ、第一勧銀との両立ができたようにも思えます。

    「しりあがり寿」という天才漫画家もいて、『ヒゲのOL薮内笹子』などすごい作品も描くのですが、1994年にキリンビールを退社するまでは二足のわらじを続けてました。
    https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%81%97%E3%82%8A%E3%81%82%E3%81%8C%E3%82%8A%E5%AF%BF

    いってしまえば、天才もいれば私のような凡才でしかない人間もいるのです。

    ただ単に神経伝達物質の量とか、それの代用品に過ぎないドラッグで世界が変貌するすごい作品とか
    ができるわけではないのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

投稿したコメントが表示されない場合は、SPAM判定された可能性があります。詳細はこちらをごらんください。