「公営住宅をもっとつくれ」という奇妙な理屈をふりかざすひとたち 週刊プレイボーイ連載(143)


低所得者向けの公営住宅で抽選倍率が100倍を超え、希望者が入居できない事態になっています。都営住宅はとりわけ人気が高く、1500戸に4万3000人が応募し(平均倍率28.5倍)、場所によってはさらに倍率が上がるためです。

このことを報じた新聞記事では「自治体の財政難で公営住宅が増設できない」と書かれていましたが、これが問題の本質なのでしょうか?

日本はこれから人口減少社会へと向かい、民間アパートの空室率も高くなっています。そんななかで自治体が住宅を大量供給するのでは民業圧迫そのものです。社会全体で住宅が余っているのだから、公営住宅は減らしていくべきです。

公営住宅の供給に対して需要が極端に大きいのは家賃が安すぎるからです。そのため入居者を抽選で決めようとすると、民間アパートの家賃を払えるひとまでが大挙して申し込んできます。財布はひとつなので、家賃を節約できればその分をほかのことに使えます。認可保育園や特別養護老人ホームと同じく公営住宅も、市場原理を無視したために入居希望者が多くなりすぎたことが問題なのです。

この混乱を解決する第一歩は、不要不急の申込者を減らして、家賃の安い住宅をほんとうに必要としているひとがとばっちりを食わないようにすることです。現在でも入居時の所得制限(都営住宅の場合は月収15万8000円以下)はありますが、これだけでは多額の資産(貯金)のある退職者や、所得を調整できる自営業者を排除できません。また入居時の資格制限だけでは、幸運にも抽選に当たったひとはそれを既得権にして、家計が楽になっても退去しようとはしないでしょう。国民の税金を投入している以上、公営住宅の利用にあたっては資産を含めた経済力を公正な方法で測ることが不可欠なのです。

日本でも国民全員に共通番号を振るマイナンバー(社会保障・税番号制度)が2016年から始まることになりましたが、銀行・証券口座への登録が義務づけられるのは(可能だとしても)まだずいぶん先のことです。現状では自治体が入居(申込)者の資産を把握するのは不可能で、それが不公平をもたらしています。

これを解決するには、公営住宅の申込時に金融資産を税務署に申告するとともに、税務署から金融機関に照会できるようにすることです。これで「そんな面倒なことはしたくない」というひとが大量に脱落するでしょうが、それに加えて、一部の口座しか申告しないなどの不正が発覚した場合は厳しい罰則を科すようにしておけばほんとうに必要なひとだけが残るでしょう。たったこれだけのことで、公営住宅の抽選倍率は劇的に下がるはずです。

さらに、今後はますます空き家が増えていくのですから、自治体が公営住宅を運営するのをやめて低所得者向けの家賃補助に切り替えた方がずっと効率的です。公営住宅から退去させるのは困難でも、じゅうぶんな収入や資産があることが判明した利用者への補助を打ち切るのはかんたんです。これで限られた予算をより有効に使うことができるようになります。

社会問題を取り上げることはメディアの重要な役割ですが、その問題を合理的に解決(改善)する方法がある場合、それもあわせて提起することでより立派な「社会の木鐸」になれるのではないでしょうか。

『週刊プレイボーイ』2014年4月14日発売号
禁・無断転載

コメントを閉じる

28件のコメント

  1. 確かに自治体が建設する必要はありませんね。住宅バウチャーにするのはすぐにでも出来そうですね。

  2. 「公営住宅をもっとつくれ」という声は需要の側の問題というより、「供給の側」の
    声の方が大きいのではないでしょうか。

    消費税増税に伴うマンション建設の落ち込みが予想される現在、新聞の広告主でもある
    建設業界の意向が多分に含まれていることは容易に考えられます。

    それ以前に、東京オリンピック決定以前にも、都市インフラの老朽化がやたらと報道
    されていましたよね。地方の誰も通らない高速道路を通す金があれば、都市インフラの
    整備に回せば良いだけの話ですが、そうすれば地方の議員からの反発が目に見えています。

  3. 「たったこれだけ」がなぜできないのか、もうちょっと掘ってほしいなあ。

  4. 霞ヶ関をはじめとして、ムダに税金で喰ってる連中が多すぎるのです。

    彼等もさすがに、朝出てきてバックオフィスでウェブを覗いて終業2時間前には帰宅用意
    も済ませて雑談で時間ツブして帰る、のにバカ高給取りではあまりに世間体がワルすぎる。

    たとえ民間を圧迫しようが知ったこっちゃねぇ、と自分達もワケわからん省令などを乱発
    しては仕事をしたフリをしてる。低所得者向けの公営住宅についても、答えはみんな同じ
    で既に出てる、橘さんの言うとおりです。が、が、が、それでは仕事が失くなってしまう
    高給取りが続出して・・もとい、どうでもいい仕事で高い税金取ってたのがバレてしまう。

    彼等も必死です。政治家センセイを木に登らせたり、民間に恫喝まがいに法をネジ込んだ
    かと思えば融通を効かせてやったり、最弱者には善意の敷石を並べてやったり、中間層に
    は何もしてやらなかったりと、とにかく自分達に注目が集まらないように撹乱するのです。

    巨大化した官組織は、もう今さらどうにもなりません。増税につぐ増税で「すべてを、
    国民への福祉の為に使います」とカモフラージュしておいて、まるで犬のシッポを切っ
    て、半分をその犬に喰わして残り半分は仕事の報酬として自分達が食べるのです。

    まあ、橘さんのブログを読むような方には大変優秀な頭脳をお持ちの方も多いでしょう
    から、日本国が虚しく財政沈没するシナリオでも、個人としては儲ける手はずを整えて
    いるのでしょう。全体を変えるのは大変でも、自分や家族だけならナンとかなると。

    今のままではいくら徴税されても財政はもちません。大穴開いた巨大なドラム缶に洗面
    器で水を満たすようなものです。新品のバケツを買って満杯にした方が良いに決まって
    います。が、もう手遅れのようです。

  5. まさに今回のテーマは私が思っていたことです。
    つまり、メディアは問題を取り上げるのはいいけれども、変な思い入れを持って、人間の性向を無視した、いい加減な意見をするために、結果として問題を悪化させることばかりしています。
    したがって私が思うに、経済学や法学などの学問分野として、新しく「仕組み学」、「解決学」のようなものを提唱したいと思います。
    一例として自由主義・資本主義は人々を自律的に努力させる素晴らしい仕組みです。
    世界をよりよくするためには、愛と正義に訴えることも大事ですが、もしかしたらそれ以上に、いい仕組みを取り入れることが有効かもしれません。
    中東の問題や、ウクライナ、貧困、政府債務など世の中にあふれる問題を解決するためにはどういう仕組みが有効なのか。これらを世界中で冷静に科学的に研究していくことが今、最も必要に思います。

  6. 公営住宅は「低所得者」への住居提供なんですが、
    駐車場があり、維持費の高い3ナンバー車や新型車が停めてあります。

    外国人の入居者をよく見ますが、
    日本人が入居しにくいのに、どうして入居できるの?

  7. 公営団地って、河川敷を不法占拠してた在日朝鮮人を押し込む為に作ったところが結構有るんじゃなかったっけ?
    札幌○区の公営団地はオリンピックの時にソレ用に建てられて、未だに治安は比較的悪い。

  8. 本論の趣旨には共感、賛同します。
    公が資産の把握という点をタブー化しすぎてきたのかもしれません。

    一点、認可保育園が同様の事例として挙げられている点に違和感を持ちました。
    想定されている文脈がよくわからいのですが、安価な保育施設の供給は、出生率や女性の社会進出の観点で必要なはずです。端的に言って税金の投入が足りなすぎる問題だと思います。
    基本的には自己責任で取得すべき住宅の問題とは別の論点が含まれているはずですので。

  9. >>7
    そうですね、在日朝鮮人を入れてる話を、聞いたのを思い出しました。
    河川敷に、違法建築して住んでいたりしてましたわ。

    日本が嫌いなら、帰国して欲しいんですけどね。

  10. >安価な保育施設の供給は、出生率や女性の社会進出の観点で必要なはずです。
    >端的に言って税金の投入が足りなすぎる問題だと思います。

    近年の出生数が、年間約100万人。
    保育園に投入される税金が、一人当たり年間約400万円。
    保育に5年必要とします。

    100万人×400万円×5年=20兆円

    近年の日本の税収は約40兆円しかありませんが、女性の社会進出のために必要ならば、20兆円払うのも仕方ないのでしょうか? 20兆円も払うくらいなら、わたしは、男性に5年間の休業を義務づける方が良い気がします。

  11. 「出生率の向上」や「女性の社会進出」という大義のもと、
    裕福な正社員夫婦の子供に多額の税金が投入され、
    ほんとうの意味で福祉を必要としている貧しいシングルマザーがとばっちりを受けている。

  12. シングルマザーが不利な状況におかれているのは、
    問題が認識されずに放置されているというよりは、分かったうえでの事のように思う。

    どうしても、ギャルがDQN男とデキ婚して、DQN男が浮気して出て行って、
    その尻拭いを税金でやってくれと言われたら、冗談じゃねえ、と思うでしょ。
    シングルマザーが貧しいのは、夫婦どちらかまたは双方に責任のあることなんだから
    元夫婦内でなんとかしろよ、ってことです。

    やっぱり、一定の教育水準のある、ちゃんとした会社に勤めている正社員の男女が結婚し、
    きちんとした教育環境で国家有為の人材を育てる事に対して
    税金を投入するのであれば、無駄な浪費でなく有意義な投資になるのですよ。

  13. 貧困の連鎖の放置は犯罪率の上昇につながるよ。
    貧困層の救済は裕福な人たちのためでもあるよ。
    というか、それが主な理由だよ。
    お金を持っている人から税金を取ってまた戻すのだったら、
    お役人を食べさせるための税金になってしまうよ。

  14. ゆうじさん
    >一定の教育水準のある、ちゃんとした会社に勤めている正社員の男女が結婚し、

    不幸にも交通事故で亡くなることもある。病気で死ぬこともある。
    片親になれば、収入は半減では済まない。
    不幸なシングルマザー(ファーザー)のために、席を譲るのが「教養のある大人」の態度。

    13の匿名さん
    >貧困の連鎖の放置は犯罪率の上昇につながるよ。
    >貧困層の救済は裕福な人たちのためでもあるよ。

    その通りですね。福祉は社会の安定のためにあります。
    社会が安定すると、裕福な人たちが最も恩恵を受けますね。

  15. ゆうじさん
    >きちんとした教育環境で国家有為の人材を育てる事に対して
    >税金を投入するのであれば、無駄な浪費でなく有意義な投資になるのですよ。

    文部科学省が小学6年と中学3年を対象に実施している全国学力・学習状況調査によれば、
    保育園出身の子より、幼稚園出身の子の方が高学力という結果が出ています。
    まあ、当然の結果だと思いますが。

    保育園は家庭の代わりに子供を預かり、遊ばせておくのがメインです。
    教育らしきものは、あまりありません(ゼロではないですが)。

    優秀な正社員夫婦の子供だったら素質があるだろうに、保育園なんかで可能性を摘んだらかわいそうです。

    そういう意味でも、今の保育園に、さらに税金を投下しても無駄金になるだけです。

  16. 橘先生が述べている低所得層への家賃の補助法はスペインが一部実施してますね。ただスペインは空虚と化したソーシャルハウジング群があふれてます、それでも家賃が払えない貧困層が多いから。
    ちなみにゆうじ氏のシングル・・・は定義自体が偏見に近いので止めて欲しい、葵絆さんは正しいと思う。

    ただソーシャルハウジング問題は、欧州ではこれらの建物が占める割合が以前高いままなのでグローバル化するんじゃないでしょうか、日本では官主導か民主導になるかは不明ですが・・・。
    TPPで自動車や肉などの関税うんぬんの前に、安価なハウスから高級なハウスまでを自由に輸出入出来るトレードを結ぶ事を各国提案するのもありかもしれません。だって土木業界では建てる人材(大工さん)すら今少ないわけですし、移民を受け入れないのであれば安い家を買うしかない。この問題は日本だけじゃないわけだし、各国の首脳陣は一度賃貸で過ごしてみたらいいと思う。

  17. 日本の集合住宅(マンション)は、まだ「質より量」てな感じで、
    貧相なんですよね。
    考え方が、高度成長期で止まってる感じですわ。

  18. 葵絆さん

    >保育園に投入される税金が、一人当たり年間約400万円。
    >保育に5年必要とします。
    >100万人×400万円×5年=20兆円

    これってどこのデータですか?
    大きすぎません?
    参考までに教えてください。

    >本来の趣旨からいえば、保育園は福祉なのですから、

    今は「安価な託児サービス」ですよ。

    児童福祉法が変わったんです。
    (児童の保育に欠けるところがある場合において、保護者から申込みがあつたときは、
    それらの児童を保育所において保育しなければならない)

    昔は保育に欠けるか欠けないかを判断するのは市町村、
    今はその判断をするのは保護者です。

    シングルであろうが共働きであろうが、福祉を受けることができる要件は変わりません。
    つまり税金を使った「安価な託児サービス」ですね。

    >恵まれた彼らはシングルマザーに席を譲らなければなりません。

    べき論をいうのであれば、「教養のある大人」の態度に期待して、席を譲れというのではなく、
    法律を戻せとか、この記事のように所得制限をかけるべきとかではないですか。

  19. わたしが言いたいのは XとAという ひとがいて 決定のリズムがことなってしまうということなんです。

  20. AとXでは  ちがう世界が一回だけある 一回だけなんです それが利他  うーん わかんねーだろうなー   良くも悪くも 一回しかないから 一回 一回!

  21. あなたが いかに啓発しても  けっかはきまってるってことがいいたいんです、、、  それが狙いなんです、、、、

  22. TAさん

    税金の計算については、概算です。
    保育園に投入される額は、自治体ごとに違うと思います。
    そのため、一人当たりの単価は、保守的に、高めに見積もっています。

    しかし、単価をもっと小さく見積もっても財政に与えるインパクトは大きいままです。

    また、役所の仕事というのは企業と異なり、コスト面では合理化されませんので、
    預かる子供を増やして、スケールメリットで単価削減というのも期待できないと思います。

    役人の行動原理は、予算を増やす、機構・定員を増やす、天下り先を増やす、だけですから。

    >べき論をいうのであれば、「教養のある大人」の態度に期待して、席を譲れというのではなく、
    >法律を戻せとか、この記事のように所得制限をかけるべきとかではないですか。

    それは、おっしゃる通りです。
    しかし、一般の人は、この構造に気づいていないし、
    構造を熟知している人(内部の人)は、必死に既得権を守ろうとするでしょう。
    だから、まずは、一般の人に気づいてほしいのです。

    待機児童を減らせとか、税金の投入が足りなすぎるとか、言っている人たちにです。

    気づく人が増えれば、入園要件を厳しくせよとか、法律を見直せという世論につながると
    思います。

  23. 福祉を減らす、年金制度を廃止するだけで、
    少子化問題は無くなるんだけどね。
    同時に、各税金も減らしてだけど。

  24. 別に財政の均衡が取れているのであれば、何作ろうがかまわん。それが市営住宅でも無料の託児所でも。さらに黒字ならホームレス相手にヘリコプターでカネ撒いてもかまわん。選挙権と言うものがあるのだから選挙で信任された代表者が配分を決めれば良いだけのこと。

    現状では膨大な赤字。それの出所はどこか?将来の納税者に請求書が回ってくるわけだ。
    早いところ国債の調整を行ったほうがいい気がしている。いつか、輪転機は何時までも回せるものじゃない事に気がつくべきだ。

    自分は海外在住者だから言えるのかも知れんが。

  25. ↓公務員がよく書くデマだよねw

    TA より:
    2014年4月26日 4:22 PM

    葵絆さん

    >保育園に投入される税金が、一人当たり年間約400万円。
    >保育に5年必要とします。
    >100万人×400万円×5年=20兆円

    これってどこのデータですか?
    大きすぎません?
    参考までに教えてください。

  26. 地方に無駄な橋やダムや道路つくるより、首都圏に公営住宅作った方が公共事業としてはよっぽどいいと思うけどね。
    年金暮らしやコガネ持ちの年寄りは田舎に引っ越せば家賃安いから生活保護や公営住宅要らんだろ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

投稿したコメントが表示されない場合は、SPAM判定された可能性があります。詳細はこちらをごらんください。