日本がもしコミュニストの国になったら


 

ZOLにシベリア抑留の話を書いた。

そのときふと思い出したので、詩人・石原吉郎の言葉をここに記しておきたい。

1915年に静岡・伊豆に生まれた石原は、幼くして母を失い、苦学して東京外語大学に入学、ドイツ語を学ぶ。そこでマルクスと出会い、社会主義や共産主義の文献を読み漁るようになる。

大学卒業後は大阪ガスに入社、このとき徴兵検査を受けるが、第二乙種・第一補充兵役となり、兵役は免れた。この頃からキリスト教に関心を持つようになり、ドイツ人の神父から洗礼を受け、キリスト者になるべく東京神学校への受験準備を始める。

だが受験前の24歳で召集を受け、北方情報要員第一期生として大阪露語教育隊でロシア語を学んだのち、1941年、太平洋戦争開戦の年に満州に移った。配属先は関東軍情報部(特務機関)で、ソ連軍の内情分析にあたった。

1945年、敗戦とともにシベリアに抑留。最初の冬をかろうじて生き延びたものの、49年に刑法58条(反ソ行為)6項(諜報)により、死刑廃止後の最高刑である重労働25年の判決を受け、バム鉄道(バイカル―アムール鉄道)沿いの収容所で流木、土工、鉄道工事、採石などに従事。収容所の環境は劣悪で、生死の境をさまよい、極度の影響失調のため2回入院。

1950年にハバロフスクの収容所に移送され、日本人受刑者と合流する。53年12月、スーターリンの死去にともなう特赦で8年ぶりに日本に帰還。38歳になっていた。

帰国後石原は、自身のシベリア体験を言葉にすべく苦闘し、何冊かの詩集を上梓した。

シベリアで共産主義社会の本質を見せつけられた石原は、1960年8月、次のような一文をノートに書きつけている。

日本がもしコンミュニストの国になったら(それは当然ありうることだ)、僕はもはや決して詩を書かず、遠い田舎の町工場の労働者となって、言葉すくなに鉄を打とう。働くことの好きな、しゃべることのきらいな人間として、火を入れ、鉄を灼き、だまって死んで行こう。社会主義から漸次に共産主義へ移行していく町で、そのようにして生きている人びとを、ながい時間をかけて見つづけて来たものは、僕よりほかにいないはずだ。(『望郷と海』1960.8.7のノートより)

この当時、革命によって日本をコミュニズムの理想社会にしようとする若者たちが大学や国会前でデモを繰り返していた。

そしていまも、格差や不平等を批判し、性急に“理想社会”を求めるひとたちは後を絶たない。

コメントを閉じる

7件のコメント

  1. 理想社会の実現を阻んでいるものは、自分以外のものだという思い違いが
    大きいからね。

    他人に文句を言うだけで理想社会が実現するなら楽でいいね。

  2. 後ろから殴ってやりたいとか、足を引っ張ってやりたいとか、のたまう輩は私の周囲に私も含めて多いですが、理想社会を目指してる奇特な方はとんとお目に掛からないなあ。

  3. 個人資産を認めず、今よりも管理(監視)された世界が、
    共産党の世界観。
    それが望みなのでしょうか?

  4. >>個人資産を認めず、今よりも管理(監視)された世界が、共産党の世界観。それが望みなのでしょうか?
    「“理想社会”を求めるひと」というのは時間割引率の高い人間達なんですよ。
    明日のことよりも今日のメシのことしか考えられないような浅はかな連中なんです。
    連中が夢見る「理想社会」が実際には個人の自由などありはしない、理想社会をコントロールする官僚とそれに連なる者達に搾取されるディストピアであることなど、考えすらしないでしょう。
    決して望んでいるわけではないのです。
    ただ考えていないか、おぼろげながら認識していても意図的に無視しているのです。

  5. と言うか、もう、日本はコミュニストの国なんですけど。

    ビジネス関係で役所へ行くと、タライ回しにされたあげく、始めのカウンターに戻って来た
    経験があります。住民票1枚もらうのに申請書を書かされ印を押して、整理票を取って待っ
    て、やっともらえたかと思うと紙1枚に2,3百円も取られます。eTAXに利用するカード
    は3年しか有効でなく、その都度役所へ出かけて手続きです、しかも手数料が高~い。
    楽語「ぜんざい公社」は、今でも演って十分笑いが取れます。

    運転免許更新は最悪。高いケーサツ天下り団体の本を強制的に買わされ、運転のスマートな
    私などは3年ごとに、長い講習まで強制されてる。更新センター内ではあっちこっちで列に
    並ばされるのに、何故か高額な費用がかかる。まっ、この待ち時間が作家「橘 玲」の原点
    だと、橘さんの著書にありましたから、最悪なんてファンとしては言ってはいけませんねw。

    競争しないと生き残れない民間業者はそのほとんどが、サビ残など当然のグレー・ブラック
    で、使用人達は本当に忙しくて、自分たちが資本主義社会に生きていると錯覚している。
    でも、落ち着いて身の回りを見れば、公権力の既得権の渦巻く社会主義社会だと気付くハズ。

    元々敗戦直後に、霞ヶ関官僚は天皇さんを見限り、厚木天空から降臨した魔火裟悪にケツを
    売った。「あなた様の統治に全力協力するので、まず命は助けて欲しい、そして戦前からの
    既得権は取り上げないで下さ~い」 カミカゼの国に及び腰だった魔火裟悪は、「コイツら
    を利用すれば、日本の統治なんてチョロイじゃん」

    >革命によって日本をコミュニズムの理想社会にしようとする若者たちが大学や国会前でデモ
    を繰り返していた。そしていまも、格差や不平等を批判し、性急に“理想社会”を求めるひと
    たちは後を絶たない。

    可哀想ですが彼等は噛ませ犬です、革命なぞ出来る訳がなかったのです。今回でも、参院選の
    サヨク党の壊滅がいい例です。

    なぜなら日本国は、官僚機構統治の点から見れば、少なくみても明治維新からすでにガチガチ
    のコミュニストの国だったからです。コミュニストの国を革命してコミュニストの国にする
    など、日本人の居ない素晴らしい日本国をつくる、のと同じ位不条理なことですから。

    日本は最も成功した社会主義国として、中国共産党のサンプルにもなっているらしいです。

  6. 最近、ZOLの方がおもしろいですね。
    と言いながら、ZOLの記事にコメントです。
    『不毛地帯』壱岐正ですね。山崎豊子(そんなに読んでないんですが)では一番好きです。

    >敗戦間際の日本政府は、“国体護持”と引き換えに日本兵をスターリンの奴隷にすることになんの躊躇もなかった。

    これにはアグリーできません。
    そもそも、日本側には交渉できる状態ではなかった点は書いておられると思いますし、国体を守らないことを前提に日本兵の帰還が認められたかわからないですよね。
    (相手はやるき満々の確信犯だったわけですし、天皇をひきずりおとすこと(国体護持)と50万人の奴隷を獲得することのどちらにうまみを感じたでしょうか。)

    日本人としては、韓国人ばりにロシア(当時のソ連)を非難する方が妥当だと思いますが。

    >「国家」なるものの底知れない冷酷さ

    というものを問うのであれば、現在の生活(戦後)というものが、このような犠牲の上に成り立っているという事実を私たちがあまりにも知らない(教えない)ということではないでしょうか。

  7. >個人資産を認めず、今よりも管理(監視)された世界が、
    >共産党の世界観。
    >それが望みなのでしょうか?

    唱えている人たちは監視する側に回れると思ってるから言うんだろうね。
    彼らは特権が大好きですから。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

投稿したコメントが表示されない場合は、SPAM判定された可能性があります。詳細はこちらをごらんください。

管理スタッフはコメント欄への投稿をしません。管理人を詐称してのコメント投稿はおやめくださるようお願いいたします。