こんなに若者が幸福な時代はない


この20年はほんとうは「幸福」だったのではないかか、というエントリーを書きましたが、それに関する興味深いデータがあるので、あわせてアップしておきます。

下のグラフ(画像をクリックで拡大)は、社会学者・古市憲寿の『絶望の国の幸福な若者たち』に掲載された図をスキャンして、わかりやすいように着色処理したものです。同書によれば、古市自身もこのデータを豊泉周治『若者のための社会学』で知ったとのことで、その後、一部の社会学者のあいだで話題になったようです。

このデータは内閣府の「国民生活に関する世論調査」によるもので、グラフを見れば明らかなように、20代男子の「生活満足度」は1970年~90年に比べて、この10年間で15%近くも急上昇しています。いまの若者は、1980年代のバブル最盛期の若者たちよりもずっと「幸福」なのです。

世間では、「グローバリズムによる格差社会で若者が不幸になった」と大合唱されています。だったら、なぜこんな奇妙な結果が出るのでしょうか。

古市はそれを、社会学者・大澤真幸の論を引きながら、次のように説明します。

「幸福」というのは相対的なもので、私たちが「今は不幸だ」とか「生活に満足していない」と感じるのは、「将来はより幸福になれる」と思っているからだ。これからの人生に「希望」があるひとにとっては、今の人生を「不幸」として否定しても、自分を全否定したことにはならない。

だが、もはや自分がこれ以上幸福にはなれないと思えば、ひとは「今の生活が幸福だ」とこたえるしかない。すなわち、若者の幸福度(生活満足度)が急上昇しているのは、2000年以降、彼らが将来に「希望」を持てなくなったことの裏返しなのだ……。

日本の若者が置かれた状況は、アメリカの若者たちが、将来に対してきわめてポジティブに考えていることを見るとよりはっきりします。

アメリカでは、1980年以降に生まれた世代を「新千年紀世代」と呼びます。“新千年紀(西暦2001年からの1000年間)に入ってからはじめて大人になった世代”のことで、2011年現在では18~30歳の若者たちにあたります。

この新千年紀世代の意識をアメリカの大手世論調査会社「ピュー研究センター」が調べたところ、X世代(1965~80年生まれ)やベビーブーマー世代(1946~1964年生まれ)と比較して、以下のようなことが明らかになりました(調査報告は2010年2月)。

アメリカの新千年紀世代に特徴的なのは、「人生でなにがたいせつだと思うか」という質問に対して、他の世代に比べ、「良い親になること」(52%)や「良い結婚をすること」(30%)という回答が際立って高いことです。

しかし彼らは、たんに保守化しているわけではありません。「移民はアメリカを強くする」とこたえているひとの比率は、30歳以上では4割ですが、新千年紀世代では6割に達しているのです。

さらに、「アメリカでは、いろいろなことがうまく進行している」という意見に賛成するひとの比率が、30歳以上(26%)に比べて新千年紀世代の若者が顕著に高い(41%)、という結果も出ています。(以上のデータは、山岸俊男+メアリー・C・ブリトン『リスクに背を向ける日本人』より)。

アメリカの若者たちは、伝統的な価値観(よい家庭をつくる)を重視する一方でリベラル(移民は積極に受け入れるべきだ)でもあり、自分たちの将来にきわめて前向きなのです。

「ウォール街を占拠せよ」のような若者の運動がなぜ日本では起きないのか、という議論がありますが、その理由は日本とアメリカの若者たちの「希望」のちがいによってきわめてシンプルに説明できます。

日本の若者は、「将来にたいして希望は持てないけれど、いまはそこそこ楽しく暮らしていけるからとりあえずこれでいいや」と思っています。それに対してアメリカの若者は、「未来はもっとよくなるし、そうなるべきだ」と考えています。だからこそ、現状に対する不満が「運動」へとつながるのです。

それともうひとつ、「生活満足度」のグラフの大きな特徴が、この20年で30代~60代の幸福度が大きく下がっていることです(とりわけ2010年の調査では、50代の2人に1人が生活に満足していません)。

これは、彼らが将来に大きな「希望」を持っている(だから現状に不満だ)ということでしょうか。しかしこの説明は、あまりにも無理があります。

大澤のいうように、「ひとは希望をなくすにつれて現状に満足するようになる」と考えるならば、1970年代~90年代のように、年齢とともにに生活満足度が上がっていくのが通常の姿です(年をとると「先が見えてしまう」のです)。それが急激に下がっているとすれば、2000年以降、日本の中高年世代に“なにか特別のこと”が起きたと考えるほかはありません。

このことは、私が『大震災の後で~』で述べた、「1997年のブラックスワンが日本の中高年層を直撃し、累計で10万人を超える死者を出す“見えない大災害”を引き起こした」という仮説と整合的です。彼らは若者たちのような“漠然とした不安”ではなく、経済的な“リアルな危機”に見舞われているのです。

それともうひとつ、このグラフがきわめて示唆的なのは、現在の20代の若者たちが(おそらく)戦後もっとも「幸福」だとしても、その生活満足度は、今後、年をとるにしたがって急速に下がっていくだろう、ということです。そしてまた、いまよりもさらに「幸福」な若者たちが、登場することになるのでしょう。

コメントを閉じる

39件のコメント

  1. 私の娘も今32で結婚していますが、一度も選挙に行ったことがありません。
    「なんで行かないの」と訊ねたところ、「不満無いもん」と言ってました。
    まあ確かに好き勝手やってます。
    こちらも手が離れたわけだし、男に任せて楽でいいわと思っとります。

  2. >すなわち、若者の幸福度(生活満足度)が急上昇しているのは、2000年以降、彼らが将来に「希望」を持てなくなったことの裏返しなのだ……。

    このグラフを見る限り、50代の方々は20代の頃から幸福度が非常に低いように思えるのですが、今でも将来に希望を持っているという事でしょうか。将来の事が今の幸せにどう影響するのかよくわからなかったのですが、昔の人ほど今の若者は将来に関心がないから今が幸せなのでは、、?

  3. “生活満足度”ってグラフの注釈に書いてあり“幸福”なんですか?
    “生活満足度”というのは言い換えれば、
    八目山人さんの娘さんのように「不満がない」という事であって
    それは「幸福≠不満がない」ではありません。
    とりあえず、どこを見ても先行きがない状況で「満足」と言い切れる若者に開いた口がふさがりません

  4. 20代~30代の7割が金に余裕がなかったりして恋人も作れない状況って調査もあるし
    そんな低いところでも満足するようになってるとも言えるのかな。

  5. 30代より上の人達は、バブル期を知っているわけですから。
    そのバブル期より今は悪いといっているけど。
    20代からしてみると、バブル期を知らないわけですから。
    「悪い、悪い」といわれても、そんなに、悪いなんて思えませんね。
    政治に対する不満はありますよ。

  6. 満足度アップのカラクリは技術の進歩ではないだろうか。異論はあるだろうが昔に比べ生活はより便利により快適になっている。今の若者でこの文明の利器を使いこなしている人は満足しているのではないか。逆に昭和の良い時代を生きてきた人にとっては、便利にはなったが大切なものが失われていく感じを抱いているのではないか。高齢の方には当てはまらないが。

  7.  やがてやって来る、いやそこまで来ている新しいホームレスの波。
     林信吾は10年におよぶ英国生活の体験を経て、日本に忍び寄る英国型階級社会の警笛を鳴らした。今の日本に照らし合わせてみれば、林の警告はまんざらでもないなと思うのだ。
     かの国をずいぶん前に私も訪れたのだが、我が国や他のアジアの国にはあまりみられないことのひとつに、10代や20代のホームレスの多さがあげられる。彼らは貧しいからとか、職がないからという理由よりも、行き場がなく路上生活を始めるようだ。
     彼らの家庭は崩壊している。両親は離婚し、父あるいは母は暫くすると、パートナーと呼ばれる相手と暮らし始める。いくらかの子供たちはそんな家庭に安住できず、家を出、路上生活を始めるのだ。
     もちろん日本にも家出少年少女はいる。しかし繁華街で彼らに「小銭を恵んでくれ。」などと言われたことは、一度もない。
     日本もここにきて、他の先進国並みに離婚率が上昇した。子供がいようがいまいがお構いなしだ。もちろん両親が毎日喧嘩をする姿を子供達はみたくない。しかし、崩壊する家庭も子供にとってはショックだ。
    こんなに若者が幸せな時代に・・・いったい彼らは幸せな少年少女時代を送れたのだろうか。
     先日も少年が母の恋人に殺された。
    「真夜中に争いの声が聞こえても、どうか何もきかないで。」少年ルカの話は巷にあふれている。

  8. どうあれ若者で無い人々が、今の若者が不幸だと決め付けるのも、今の若者は幸福だと言うのも、同じ穴の狢だと思いますよ?
    今の自分を幸福だと思っている人に『今の貴方は実は周りと比べて不幸です』と知らしめる、あるいは不幸を嘆いている人に『貴方はまだましです、客観的には幸福なのです』と告げるのと同じくらいの無粋さ、とも言えると思います

  9. 何となくですが
    今の若い人間は「日本が好景気の時に前の世代に食い散らかしたゴミを贅沢品と教えられて育ってる」感じがします。もちろん自分もです。
    何でもあるし別に今幸せー
    インフラも整ってるしとにかく衣食住揃ってるし今日明日大丈夫だしー
    という感じだと思いますが
    震災を経てそんなことも考えられなくなってる気もします。
    2012年に調査したらどうなるか気になります。

    個人的には今死にたくないですが長生きも特にしたくないです。
    生活満足度が急激に下がる前に死ねたらいいなーと思います。

  10. これって幸福っつーか、ただ危機感が無いだけなんじゃないの??さらに言えば将来を想像し、予測する力の無い若者が増えているってことでしょ?

    今の60代の人たちが若い頃に幸福度が低かったからこそ将来を思い描いて努力してこれた。
    広い視野でものを見たり、時代を超えて物事を想像できるような教育をちゃんとしてこなかった人にもその責任はあるよ。

  11. 誰でも自分が不幸だと認識するのは嫌ですよ。
    先を見る力がないわけではなく、
    見てしまったら今を不幸だと感じてしまうのが怖いのでは?
    先を考えれば暗い話ばかり。
    今の子は賢いですよ。
    大きくは変わらないであろう未来に対して、
    先を考えないことで、今だけでも楽しくあろうとしていると
    感じます。

  12. ニート歴は6年くらい。
    正社員経験は2回、合計期間は2年ほど。
    5年ほど前、イギリスに1年ちょっと留学。TOEIC825点。
    日本語教師免許。「Postgraduate Certificate of Teaching Japanese as a Foreign Language」持ってます。
    言いたいことは、会社員より資格もってるニートはいるという点です。
    会社と言う「選択をしていない」ということです。
    ニートの生活に満足し、そこに幸福を感じています。

    アメリカ型の「more&more志向」はかっこわるいです。
    日本型の「知足」のほうが今の流行なんです。
    価値観の変化は起きてきています。
    あとは、世代間のギャップが気になる所です。

    ちなみに新しい志向の指し示す方向は
    ジョンレノンの「イマジン」が全てを語っていると思います。

  13. 30歳ニート男さんへ
    あなたのニート生活はご自分で支えられているのですか?そうであれば、それは個人の自由ですからそれ以上いうことはありませんが、もし、あなた以外の誰かがによってあなたのニート生活が支えられているのであれば、その立派な数々の資格を誇ることに意味があるとは思えません。

  14. 2010年のグラフで、50代が突出して幸福度が低いコトに驚きました。
    これについても考察がありましたら教えてください。

    高度成長期が終わった頃(1970年頃?)に20代だったので、
    高度成長期と現在とを比べてしまい、「昔は良かった」となって
    幸福度が低くなるのでしょうか?

    そうなると、就職難を経験している今の20-30代はどん底を知っているから、
    今後も幸福度が高いかもしれないと感じました。

  15. 足るを知る若者
    足るを知らない中年
    ってところだと思いますね。
    幸不幸は相対的なもので、不幸なときと比べて幸福・幸福なときと比べて不幸ということですから。若者はずっと失われた20年を過ごしたので今が相対的に見て悪いわけじゃない。
    それに対して中年はバブル時代を生きたのでそれから比べれば悪い。日本では年取ったときに世間的に見てそこそこの地位にいることが幸福とされるが、社会が変化し、経済が悪化して中年層では格差が広がった。老人たちの時代のように誰でもそこそこの地位にということがなくなった。それなのに足るを知らず無理して求め続ける。それが中年の不幸の本質でしょう。

    とはいえ、もうすぐ財政が破たんして今までの失われた20年よりも悪い時代が来ます。中年だけでなく若者にとっても老人にとっても相対的に見て悪い時代が来るのです。

    ”ナイアガラフォールの手前では水は静かに流れている”

  16. 「それから」の大助はいい年をして働かない。それは漱石の理想で、漱石は高等遊民に憧れていた。さしずめニートは現代の高等遊民なのかもしれぬ。
    知足。良いではないですか。私もニートになってみたいものだ。

  17. 幸福感は人と比較して得られるもの まさしくそうだと思います。
    今と昔は違う、変化は当たり前なのだと思います
    一向に変化の無いほうがおかしいと思います。
    例えば 大学新卒=今では卒業後3年まで新卒になってしまった
    例えば 若年層=今や35歳以下を若年層採用と呼ぶ。
    昔は30歳フリーターといえば 珍しく恥ずかしくもあったのに
    いまや 堂々と地位を築いている。
    派遣 昔は新しい働き方、自由な働き方だったのに、今や、格差の代表として
    不幸の売り物になっている。
    先進国日本が 全世界相対的に不幸なわけないと思うのですが。

  18. 〉「それから」の大助はいい年をして働かない。それは漱石の理想で、漱石は高等遊民に憧れていた。さしずめニートは現代の高等遊民なのかもしれぬ。

    たしか大助は女性を妊娠させて破綻したのでは?
    細木和子がニートに向かって言っていましたけど、いつまでも親が生きているわけではなく、現在のニートを養っている親の世代がいなくなってからこの問題は顕在化しますよ。

  19. 見事に、バブル崩壊前の右肩上がり型ラインの左肩の部分が、バブル崩壊後のお椀型ラインのお椀の底に移ってきている

    80年代に20~40代は、何らかの不満を感じつつもそれゆえ希望を感じてて、その気持ちのままバブル崩壊後を生きてきたことになる
    そして、かつては希望ゆえの不満だったろうが、現在はただの不満だけが残った、と
    これもバブルの爪痕ですね
    指の間から栄光が漏れていく…

    僕のアドバイス
    夢見るな、現実見ろ

  20. 自分たちで日本ダメにしておいて、若者に不満をぶつける老害が財産だけ残して死滅すれば、日本の若者の将来の展望は一気に花開いて経済もガンガン急上昇マチガイナイと思いますがね。

    若者が不甲斐ないと言う前に、希望のあり方を具体的に実証してみなさいよ。
    出来なきゃこの国の未来を担う若者の負担を減らすために今すぐ死ね。

  21. 50年後には、あなたも時の若者から同じ言葉を投げつけられるかもしれないね。
    だって、あなたもその時は「若者」ではないのだから。

  22. 欲求が満たされているかどうか(=幸福か否か)という本人にしかわからないことを、客観的な統計データで分析することは面白いですが、大澤さんの主張は、話の展開の仕方が強引かなと感じました。

    言っていることも目新しくはなく、「足るを知らざる者は富むといえども貧し」ということわざ通りではないでしょうか?

    「将来への希望をなくせば、現状を幸せに感じる」というのは所詮「足るを知る」を言い換えているにすぎませんよね。

    それから、橘さんは以前からずっと「幸福」について興味があるようですが、放射能汚染された福島の桃を安値で買い叩いて満足感を得ているような人が語る「幸福」っていったい何なのですか?

  23. 福島産の桃が放射能汚染されていると言い切れるshenye
    「格安で購入した」を「安値で買い叩いた=相手の弱みに付け込んで値切って買った」と同じ意味で使えるshenye
    あなた、凄い人ですね。

  24. 福島の桃はクリーンです。なぜなら汚染されている証拠がないから。
    格安の桃を買うことは買い叩きではありません。なぜなら直接弱みに付け込んだのは悪徳業者で、彼らから買った自分は何の関係もないから。

    笑止。

  25. あなたは、今後数十年、もしくは多分一生福島産のものは口にしないのがいいでしょう。あなたの健康のために。
    ネット通販も利用しないほうがいいかな。悪徳業者に引っかからないために。

    ま、できないことじゃないですけどね。

  26. 「幸福」という言葉は、橘さんの著作のすべてに通じるキーワードだったように思います。
    2004年に出版された『雨の降る日曜は幸福について考えよう Think Happy Thoughts on Rainy Sundays』は、その集大成だったのではないでしょうか?

    しかしながら、その後は、様々な学説の紹介(つまみ食い?)、他人の受け売りばかりが目立ち始め、アウトプットを出すことに焦っているように思えます。

    「金が必要だから書くことをやめられない」というのならば仕方がないですが、一人の橘玲ファンとしては、しばらく筆を止め、充電期間を作ってほしいです。

    「幸福」の定義すらブレまくってるなら、幸福について語るのをやめた方がいいのでは?

    福島の高級桃について言えば、食料としての美味な桃を安く手に入れて満足するのも幸福。
    マズローの欲求段階説で言えば、生理的な欲求を満たして幸福になった状態です。
    が、もともと親和の欲求を満たすためのアイテムとして作られた特別な桃のはずですから、
    それを満たせないのならば、不幸でしょう。

  27. >27
    昨日、文科省はセシウム汚染の立体地図を公開しました。
    親切なことに、日本全国の3月から6月のフォールアウトの数値も併せて。
    もうすぐ12月なんですけどね。

    立体地図にすると、汚染の事実が、実感を伴ってきます。

    残念なことに「今後、福島産のものは口にしない方が良い」というあなたの忠告を聞き入れなければならないようです。

  28. あなたのことだからとっくにそうしているかと思っていましたよ。

  29. 余裕で放射線管理区域に指定できるような場所で栽培された農産物が食べられるわけない。
    というより、そんな場所で農作業してたら、どうなるかわかるでしょう。

  30. この本の「はじめに」と「あとがき」をアマゾンで読んできました。
    著者の古市氏は26歳なんですね。
    私の息子はさらに10歳ほど下ですが、北米に生まれ育ち、裕福でない移民の家庭でもそこそこ満足、こぶしを突き上げるほどの怒りも不満も社会に対してはないようです。

    とはいえ、社会の問題を無視しているわけではなく、どちらかというとそれに冷静に向き合い、有効な解決策をみつけようとしているように思えます。学園闘争の時の若者はなんにでも「ハンターイ」と叫んでいたけど、10年後私たちの世代はそうではありませんでした。

    今、息子たちの年代はいじめや、同性愛者や、ホームレスについて、感情的にならずに論じ、自分はそれについてどういう態度をとるのが一番よいのかということを、大人たちよりもよくわきまえているようです。

    日本ではどうなのか、いまひとつよくわかりませんが、北米では問題解決の方法や姿勢は昔より進歩していると思います。少なくとも私よりは冷静。

    それでも熱くならないわけではなく、占拠の運動が支持を得たのもそれぞれが「宿題(ホームワーク)」をやっての上で判断して「熱い支持」を送ったように思えます。

    古市氏が「80年代の若者になりたいか」というのを読んで、まさしくそのときに若者だった私は今の人とのギャップに愕然となりました。私のアパートにはエアコンもテレビもなく、黒い電話が玄関に鎮座していました。それも贅沢といわれながら、親に頼み込んでやっとつけてもらったものでした。

    今、高校生はスマートフォンを持っています。
    幸せでないわけがない、と思う一方、日本での自殺の多さ、異常な殺人事件などの多さも心配です。それにしても、自分の年代がどの時代にも幸福度がかなり低く、現在も最低というのにはちょっとがっくり。(あ、でもこれは男性のデータですね)

  31. 僕は今年成人式を迎えたばかりですが周りの大学生を見ると確かにみな幸福そうです(合コン、飲み会、サークル活動etc etc)。
    だけどそれは単に迫りくる不安(単位取得・就職活動・はたまた人生そのもの)から逃れたいためにそう振舞っていたいだけなのかもしれません。
    他方、僕も含めて大学に行くお金も無く早くから働いて生活の糧を稼がねばならない若者もいます。
    まあ、単に勉強が嫌いでフリーターになる人もいますが。
    どちらにせよ彼らは普通の大学生とは違い若さゆえの幸福を噛み締める余裕すらありません。
    彼らは一様に不安定な立場ゆえに生きる糧を失う恐怖と戦いながら毎日働いています。
    だがひとたび僕のように会社(いや社会?)からドロップアウトすると生きる基盤を失いどうすることも出来なくなります。
    親の援助で大学に行かせてもらっている幸運な若者は、不安から目を背け、幸福であることを装う時間的余裕を手にします。
    だがそれも卒業するまでの僅かな間・・・。
    僕はもう既にこの世が残酷な運命で回っていることを知っている。
    それは動かしようの無い事実だから絶望するしかない。
    それでも僕は本当の幸福を手にしたい。
    でなければ今まで生きてきた甲斐がなくなるのだから・・・。

  32. クソジジイが借金してひでえ家をおったてて、
    往生間際に自慢げにドヤ顔して
    「おまえらはいい家に住めただろ俺に感謝しろ」
    っていったら誰だってその脳天を蹴りたくなるだろ。
    ましてや、罪悪感なんて存在しないうえに
    その借金を子や孫に背負わせるっつうんだからな。

    ひでぇ話だよ。

  33. 外敵が少ない場所を好む(家とか)
    行動範囲が狭い(地元だけとか)
    知的好奇心がない(半径1m)
    服装はこぎれい(ユニクロとか)

    その本質は、動きが取れない状況にただ適応しただけと取れる。
    自分の意思がなく流されて生きることで余計な苦労は背負わなくていいという
    単なるご都合主義です。ストレスにめっちゃ弱そうですね。

  34. A「テストできた」
    B「できなかったなあ。君は」
    A「俺もぜんぜんダメや」
    AB(なんとなく、安心)

    構造が同じw↓

    A「なんかおれら若者に未来がないよね」
    B「ないなあ、ほんとないよねぇ」
    AB(なんとなく、安心)

  35. じい「お国のためにがんばれ!(わしらを支えろ)」

    団塊「死ぬまで働け!(わいらが儲かる)」

    ジュニア「もういっぱいいっぱい!(アリ)」⇔突然変異種ほりえもん

    ゆとり「ニートで何が悪い!(キリギリス)」⇔突然変異種与沢

    さとり「     」⇔突然変異種 “coming soon”←ここ、わくわくしますね

  36. バブル就職組「テキトー」
    ↓カベ
    ジュニア「ガンダムのジムですがなにか」
    ↓カベ
    ゆとり「あ、残業代とかいらないんで」
    ↓カベ
    さとり「足るを知る」
    ↓カベ
    覚醒「天上天下唯我独尊」←この世代に期待。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.

投稿したコメントが表示されない場合は、SPAM判定された可能性があります。詳細はこちらをごらんください。