グローバリズムによって人類は幸福になり、ウォール街は占拠された 週刊プレイボーイ連載(24)


「ウォール街を占拠せよ」という若者たちの運動が、アメリカの政治を揺るがしています。FacebookやTwitterなどのSNSを通じてまたたくまに広がり、ニューヨークのブルックリン橋を占拠し、700人が逮捕・拘束される騒ぎにまでなりました。

アメリカやヨーロッパでデモや暴動が頻発するのは、グローバリズムによって人類が幸福になったからです。もちろんこれではなんのことかわからないので、順を追って説明してみましょう。

冷戦がつづいた80年代までは、一部のゆたかな国と、それ以外の貧しい国の経済格差が大きな問題となっていました。一人あたりの名目GDPで比較すると、1990年の中国の所得は、日本人の約70分の1しかなかったのです。

グローバルな市場経済というのは、かんたんにいうと、同じトヨタの車をつくるのなら、日本のサラリーマンも中国の工員も最終的には同じ賃金になる、という世界です。アジアだけでなく、アメリカと中南米や、西ヨーロッパと東ヨーロッパの間でも同様の関係が成立しています。

こうしたことが起きるのは、北(先進国)と南(発展途上国)の経済格差があまりにも大きかったからです。そのため、安い人件費で商品をつくるだけで、企業家は法外な利益を手にすることができたのです。

経済のグローバル化によって、貧しい国のひとたちの所得が大きく増えました。たとえば中国では、一人あたりGDPはこの20年間で約15倍になり、日本との差も9分の1にまで縮まっています。それに対して先進国はどこも低成長にあえいでおり、所得も頭打ちです。

ところで、先進国のひとたちの所得が1割減るかわりに、中国(13億人)やインド(12億人)のひとたちの所得が倍になれば、人類全体としての幸福の総量は明らかに増えています。これが、「グローバリズムによって人類は幸福になった」という理由です。

しかしこれは、バラ色の未来というわけではありません。市場の富はみんなに平等に分配されるわけではなく、北と南の(マクロの)経済格差が解消する一方で、先進国でも発展途上国でも、国民のあいだの(ミクロの)経済格差が拡大してきたのです。

その結果アメリカでは、一部の富裕層に富が集中し、世界一ゆたかだった中流層が没落しはじめました。こうして、さまざまな政治的軋轢が生じるようになったのです。

ティーパーティーと呼ばれる保守的な白人中流層は、移民を制限すると同時に、貧しいひとたちへの所得の再分配を拒否します。彼らが「小さな政府」を求めるのは、自分たちがゆたかさから脱落しつつあることに怯えているからです。

一方、「ウォール街を占拠せよ」の若者たちは、金融機関の救済を批判し、富裕層への増税によって社会保障を充実させる「大きな政府」を求めています。アメリカの若者(20~24歳)の失業率は15パーセントを上回り、7人に1人が無職のままで、彼らは将来の貧困に怯えています。

このように、ティーパーティーとウォール街を占拠する若者たちは、グローバル化のなかでの「中流の没落」という同じコインの裏表です。問題は両者の主張に妥協の余地がないことで、だとすればアメリカの分裂は歴史の必然だったのです。

 『週刊プレイボーイ』2011年10月24日発売号
禁・無断転載

コメントを閉じる

6件のコメント

  1. 米国の中流層没落に決定的な役割を果たしたNAFTAですが、それでメキシコが幸福になったかというと大いに疑問です。

    http://www10.plala.or.jp/shosuzki/edit/la/cartel/mexdrugwar.htm
    >シナロア・カルテルが分裂しながらも全体として急成長を遂げた背景に、94年に発効した北米自由貿易協定(NAFTA)をあげなければならないだろう。

    >この協定によりメキシコと米国の国境の壁は低くなり、麻薬密輸も容易となった。しかし主要な側面はメキシコ農業や国内産業の崩壊であろう。多くのメキシコ人が職を失い土地を失い、家族を食わせるための糧を失った。NAFTAが発効した95年から96年にかけて、米国への密入国者は急増した。不法在留者は総計で600万人と推定されている。

    >メキシコ政府によると、いまも毎年約40万人のメキシコ人が、アメリカに出ているとされるが、アメリカ側の発表はこれよりはるかに多い。米国土安全保障省によれば、国境警備隊が摘発した不法移民は毎年100万人を越える。彼らはカルテルの手引きで潜入し、受け入れ先を割り当てられ、カルテルの指示の下に麻薬密売網を形成する。アメリカ当局の取締りが厳しくなればなるほど、その結束も固くなる理屈である。

    >米国内の麻薬販売ルートは飛躍的に拡大し、組織の力もそれまでとは比べ物にならないほどに強化された。麻薬取引額は年間1兆円規模と見られる。(ちなみにJTの年間売り上げは約6千億円)

    メキシコ人はアメリカに不法入国し、その一部は麻薬を扱うようになり、メキシコ本国では麻薬戦争と呼ばれるほど治安が悪化しました。彼らのドル建てでの収入が増えたことは確かでしょうが、幸せになったと言ってのけるのは、あまりに傲慢でしょう。

  2. 橘さんのリヴァタリアンの立場からはティーパーティの主張はどのように映りますか?

    かつて、「皆が平等に貧しい社会」は存在したと思うけど「皆が(それなりに)豊かな社会」は存在が難しいんでしょうね。日本で「一億総中流」と言われた時期がそうだったのかな?

  3. それ、私も期待します。
    いっそのこと、TPP賛成派と反対派で2大政党作ったほうが2大政党制と言うにふさわしんじゃないか、と最近よく思いますから。

  4. ためになる文章に感謝しております。また、小説期待しております。
    今日はいい日だ。

  5. 僕の予測では、そろそろアメリカ国内で世界政府論が飛び出すと思うね
    ノージックがかつて唱えた「ユートピアのための枠」に当たるものが、僕の想定するそれだ
    橘さんがだ~い好きな無政府資本主義に近いものも、おそらく実現できるだろう
    拡大した人々の自由と権利を支えられる、さらに進化した社会と政府と世界組織が必要なのだ…

    世界は上部構造である世界政府(より統合された国連?)と下部構造である地方政府(かつての各国政府)で構成される
    つまり、でっかいアメリカ?
    ふーむ、そう考えるとアメリカという国は、最初から世界を統治することを想定し建国されたのかもしれない

    たぶん…上手くいかないだろう
    アメリカが中心になって進めるであろう新たな世界体制に反発する勢力が、地上に少なくとも二つある
    中国とイスラム連合(とロシアも?)
    最近世界の動きがあまりにも速いから、もうすぐにでも世界大戦が起こるかもね

    んで、世界はこれ以上無理ってくらい、より統合されるのだろうか?
    今回のグローバル化とそれによってもたらされた一連の世界の騒動は、人類進化の最終地点が近づいてる前兆かもしれない
    人類はよく頑張った
    多くのグローバル化の歴史と多くの社会体制を試し、多くの革命と戦争を繰り返し、ここまでたどり着いた
    これでエデンの園に帰れるのだろうか…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

投稿したコメントが表示されない場合は、SPAM判定された可能性があります。詳細はこちらをごらんください。