未公開文章(おまけ)


「リバタリアニズムとコミュニタリアニズム」で市場と倫理と統治の倫理の話をしましたが、そのことを『残酷な世界~』の第1稿で書いていたことを思い出しました。もともと現在の1.5倍くらいの分量があったのですが、読みやすいように編集する過程でカットしたためです。

DVD映画の付録に「未公開映像」が付いていることがありますが、それと同じ趣向で、「未公開文章」をアップすることにしました。「市場の倫理と統治の倫理」は、第2章「自分は変えられるか?」の「『20世紀少年とトリックスター』に出てくる政治空間/貨幣空間の議論の一部です。

コメントを閉じる

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

投稿したコメントが表示されない場合は、SPAM判定された可能性があります。詳細はこちらをごらんください。

管理スタッフはコメント欄への投稿をしません。管理人を詐称してのコメント投稿はおやめくださるようお願いいたします。