日本は破産するのでしょうか?


Q日本は経済破綻するのでしょうか? もしそうなら、いったいどうすればいいのでしょうか?

日本の国と地方を合わせた財政赤字は1000兆円を超える空前の規模になり、さらには「人類史上未曾有」の超高齢化社会が確実にやってきます。もはや誰も、”日本国破産”の可能性を否定することはできなくなりました。

しかしそうはいっても、私たちは未来を見ることはできず、いつ「破産」するのかを予め知ることは不可能です。日本はいまだに世界第2位の経済大国であり、過去の莫大な資産の蓄積を考えれば、これから10年以上にわたって長い下り坂が続いたとしてもなんの不思議もありません。

中国の文化大革命やカンボジア・ポルポトの大虐殺を見るまでもなく、私たちにとってもっとも恐ろしいのは、強権を持った国家が暴走することです。これまでアルゼンチン、韓国、ギリシアなど多くの国が「破産」しましたが、その被害は、数百万から数千万の単位で屍が積み上がることに比べればぜんぜんたいしたことはありません。

「国家破産」本は商業的な理由からいたずらに不安を煽りますが、この世の終わりが来るわけではありませんから、そんなに気にすることはありません。日本国が財政破綻したとしても、ほとんどのひとは(今より貧しくなったとしても)それなりに生きていくことができるでしょう。

国家破綻は経済的な現象ですから、戦争や内乱とちがって、なにが起きるかをほぼ確実に予想できます(地震と経済は同じ複雑系のシステムで、いつどこで地震が起きるかは予知できませんが、大地震が都市を襲えばどうなるかははほぼ正確に予測できます)。

日本国破産が個人に与える影響は、次の4つです。

  1. 増税(保険料値上げ)
  2. 年金カット(自己負担増)
  3. 円安
  4. インフレ(金利の上昇)

こうした災厄に備えるには、国家のリスクを個人のリスクから切り離す必要があります。その意味でこれは、個人のリスク管理問題です。

幸いなことに、将来の経済的な損失可能性は保険(ヘッジ)によって最小化することが可能です。

円安のリスクをヘッジする

  • 外貨預金やFXで外貨を保有する。
  • 外国株や外国債を保有する。
  • 為替先物で円を売るか、プットオプションを買う。

インフレ(金利の上昇)のリスクをヘッジする

  • インフレ連動債を買う。
  • 海外資産を保有する(理論上は円安になるから)
  • 国債先物を売るか、プットオプションを買う。
  • 固定金利で住宅ローンを組む(借金する)

さらに将来の増税には、マイクロ法人を使って、税・社会保障コストを最小化するという対抗策があります。こうした「保険」が有効に働けば、年金の支給年齢が引き上げられたり、受給額がカットされても慌てることはないでしょう。

もちろん、あらゆる経済的リスクに個別に対処するのは現実的ではありません。そんなときは、世界市場にまるごと投資するというきわめて簡単で効果的な方法があります。

これについては、年金激減に備える投資法をご覧ください。

*******************************************************************************************

お問合せはこちらから。
なお、すべてのご質問に回答できるわけではありません。また個人的なご相談には対応できませんので、ご了承ください。

コメントを閉じる

7件のコメント

  1. 円建て国債がいくらあろうともそれだけで破産はしませんよね。
    財務省のページですが、

    http://www.mof.go.jp/jouhou/kokusai/p140430.htm
    >日・米など先進国の自国通貨建て国債のデフォルトは考えられない。デフォルトとして如何なる事態を想定しているのか。
    >・マクロ的に見れば、日本は世界最大の貯蓄超過国
    >・その結果、国債はほとんど国内で極めて低金利で安定的に消化されている
    >・日本は世界最大の経常黒字国、債権国であり、外貨準備も世界最高

    財政危機を唱え続ける財務省の言葉とも思えませんが(笑)、財務省自身の本音はこういう事です。

  2. 日本は破産するか?
    円建て国債だけでは破産しないのか?
    などの答えは、かなりの部分、「破産」とはどういった事を意味するかの定義によると思います。

    法的に言えば日本国家は破産法の適応外なので、
    法的には「絶対に破産しない」という事になります。

    「新円切替」のような状況も破産ではないというのならば、
    円建て国債だけでは「破産」は起こりそうにないですね。

  3. 日本は破産しません。
    庶民から資産を収奪して幕引きです。
    その後日本がどんな立ち直り方をするかは
    労働者の努力しだいですかね。
    努力と言うより貪欲さでしょうか。

  4. 私は数年前に橘さんの本に出会いお金について深く考えるようになり
    橘さんに大変感謝しております、が!橘さんの日本の経済破綻論に
    ついては非常に懐疑的です。

    日本の経済破綻に関心をお持ちの方は三橋貴明さんの
    『明るい経済教室』シリーズをはじめとした
    三橋貴明さん動画をご覧になる事をお勧め致します。

    http://www.youtube.com/watch?v=RI_XP29NLic

  5. 円安やインフレは個人でも簡単にリスクヘッジできます
    しかし増税リスクは個人単位ではヘッジできません
    官僚利権を潰せる政治家を選び、天下りをとことん排除していく事しか方法はありません
    そのような政治家が政権を獲るには、国民皆が団結・応援していくしかありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

投稿したコメントが表示されない場合は、SPAM判定された可能性があります。詳細はこちらをごらんください。

管理スタッフはコメント欄への投稿をしません。管理人を詐称してのコメント投稿はおやめくださるようお願いいたします。